西郷隆盛の厳選34の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

リーダー

西郷隆盛は、武士、軍人、政治家と時代の節目のなか自身のリーダーシップで明治維新に貢献した中心人物のひとりです。島流し、入水、戦争、自決と時流にのまれながらも抗い、最後まで日本の未来を願った存在です。

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業は成し得られぬなり。」と語りました。

私利私欲でなく、公、つまり国民の利を願い、考え、実行してきた彼の思考や行動、言葉は多くのことを教えてくれます。

西郷隆盛の人生や仕事に対しての哲学的な言葉から厳選した名言集を紹介します。

西郷隆盛はどんなひと?

西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体:西鄕隆盛、文政11年12月7日〈1828年1月23日〉 – 明治10年〈1877年〉9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)・軍人・政治家。

Wikipedia

西郷隆盛の人生の名言 -志や利他の大切さを教えてくれる言葉

西郷隆盛は、下級武士ながら、当時の藩主に認められ大役を担い出世します。しかし、その藩主の失脚にともない、流刑(島流し)となります。しかも1度でなく、2度も流刑の難にあいました。のちに明治維新の中心人物である大久保利通などの計らいもあり復帰することとなります。西郷隆盛という人物は是非に問わず周囲に多大な影響力があることが伺えるエピソードです。

「人を言いくるめて、陰でこそこそ事を企てる者は、たとえそれがうまくいったとしても、物事を見抜く力のある者から見れば、醜いことこの上もない。人に提言するときは、公平かつ誠実でなければならない。公平でなければ、すぐれた人の心をつかむことはできないものだ。」

画策、策略など陰でのはかりごとを良しとせず、正々堂々と誠実に周囲を伝えることの大切さが含まれているように思える言葉です。

西郷隆盛の言葉は人生に対して、公明正大に生きる大切さを教えてくれます。

自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

己を利するは私、民を利するは公、

公なる者は栄えて、私なる者は亡ぶ。

自分を愛する(甘やかす)ことは、最もよくないことである。修業ができないのも、ことが成就できないのも、過ちを改めることができないのも、自分の功績を誇って驕り高ぶるのも、みな自分を愛することから生ずることであり、決して自分を甘やかす心を持ってはならない。

人を言いくるめて、陰でこそこそ事を企てる者は、たとえそれがうまくいったとしても、物事を見抜く力のある者から見れば、醜いことこの上もない。人に提言するときは、公平かつ誠実でなければならない。公平でなければ、すぐれた人の心をつかむことはできないものだ。

物事に取り組む際、自分の思慮の浅さを心配することはない。およそ思慮というものは、黙って座り、静かに思いをめぐらしているときにすべきことである。そのようにすれば、有事のときには、十のうち八、九は実行されるものだ。

策略は日常的にすることではない。はかりごとをめぐらしてやったことは、あとから見ると善くないことがはっきりしていて、必ず後悔するものである。

人の意表をつくようなことをして、一時的にいい気分に浸るのは、未熟者のすることで、戒めなければならないことだ。

世の中で、人からそしられたり誉められたりするといったことは、塵のように儚く消え去ってしまうものである。

何度も何度もつらく苦しい経験をしてこそ、人の志は初めて堅くなるのだ。真の男は玉となって砕けることを本懐とし、志を曲げて瓦となって生き長らえることを恥とせよ。我が家の遺訓。それは子孫のために良い田を買わない、すなわち財産を残さないということだ。

誠の心がないのに世間の人から誉められるのは偶然の幸運に過ぎない。誠の心が厚ければ、たとえその当時に知る人がなくても、後の世に必ず理解してくれる人があらわれるものだ。

自分の身を慎み、心を正して、君子の体を備えていても、事にあたって、正しく対処できない人は、木の人形と同じだ。

西郷隆盛の人生の名言 -自分にも周囲にも誠実にすることの大切さを教えてくれる言葉

リーダー

西郷隆盛は、薩長同盟、江戸無血開城と、近代日本の礎を築くうえで重要な功績を成し遂げた人物です。

現代に残る画にある風貌から豪快な人物のイメージこそあれ、武術よりも学に励んだ人物でもあります。

  • 武士の道徳
  • 朱子学
  • 儒学
  • 陽明学
  • 詩作
  • 言志録
    (西南戦争時にも座右に所持していた書、現代でも読まれている本)

など史実にある学習記録からも幅広く学んでいることが伺えます。

「人を相手にせず、天を相手にして、おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。」

西郷隆盛の言葉には、彼の思想背景からも読み取れる、「自分を律すること」、「利他の精神」、「天」つまり人の上にある存在、人を超えた存在から自身や世の中を考えることが伺えます。

自分にも周囲にも誠実にすることの大切さ。

西郷隆盛の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。

自分を信じ生きようと思える言葉・名言を紹介します。

人を相手にせず、天を相手にして、おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。

過ちを改めるには、自分が間違いを犯したと自覚すれば、それでよい。そのことをさっぱり思いすてて、ただちに一歩を踏み出すことが大事である。過ちを犯したことを悔やんで、あれこれと取りつくろおうと心配するのは、たとえば茶碗を割って、そのかけらを集めて合わせてみるようなもので、何の役にも立たぬことである。

急速は事を破り、寧耐は事を成す。※寧耐(ねいたい)とは、心静かに落ちつきはらって、迫りくる困難や苦痛に耐えること

物事を成そうとの意気込みを広く持つ者にとって、もっとも憂えるべきことは自分のことをのみはかり、けちで低俗な生活に安んじ、昔の人を手本として、自分からそうなろうと修業をしようとしないことだ。

徳に勤むる者は、これを求めずして、財自から生ず。

西郷隆盛の仕事の名言 -「人間として‘道’」仕事について考えさせられる言葉

西郷隆盛、彼を表する同時代の偉人の言葉を紹介します。

「なるほど西郷というやつは、わからぬやつだ。少しく叩けば少しく響き、大きく叩けば大きく響く。もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口なら大きな利口だろう」坂本龍馬。

「西郷隆盛は人の虚に乗じて事を行うがごとき卑劣なる人物にあらず。公明正大なる人物にして、策といい、略というがごときはその最も忌む所。磊々落々、日月の皎然たるは、彼の平生の襟度なり」板垣退助

西郷隆盛の後半生は、自身も貢献した政府との対立から西南戦争で自決することなります。

武士、軍人、として豪傑で人徳に恵まれた人物だからこそ革命ともいえる明治維新を起こせた西郷ですが、その後の近代化における政治家としては、国や時代との歩調を合わせることが難しかったのかもしれません。

それでも彼を語る人々の声や彼自身の言葉からうかがえる、ひととしての「道」を貫いた生涯は、いまでも多くのひとの心に届いています。

彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。

今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

人間がその知恵を働かせるということは、国家や社会のためである。だがそこには人間としての「道」がなければならない。

断じて行えば鬼神もこれを避ける

命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業は成し得られぬなり。

政治で特に大切なことは、教育文化を盛んにし、軍備を充実させ、農業を奨励するという三つである。

文明というのは、道理にかなったことが広く行われることを褒め称えていう言葉であって、宮殿が荘厳であるとか、衣服がきらびやかだとかといった、外観の華やかさをいうものではない。

国が辱めを受けるようなことがあったら、たとえ国が倒れようとも、正道を踏んで道義を尽くすのが政府本来の仕事である。戦の一字を恐れ、政府本来の使命を果たさないのなら、商法支配所といった商いの元締めというようなもので、もはや政府ではなくなってしまうだろう。

今の人は、才能や知識があれば、事業というのは思いのままにできると思っているが、才能にまかせて行うことは、危なっかしくて見ておられない。しっかりした内容があってこそ物事は立派に行われるものだ。

どんなに制度や方法を論議しても、その適任者がいなければうまく行われない。その人あって初めてその方法が行われるのだから、人こそが第一の宝であって、自らがそういう立派な人物になろうとする心がけが大事なのだ。

人が踏み行うべき道を実践する者には、困難な苦しいことはつきものであるから、どんな難しい場面に立っても、そのことがうまくいくかどうか、その身が生きるか死ぬかといったことなどどうでもいいことなのだ。物事をなすには上手下手があり、物によってはよくできる人、あまりできない人もある。そのことに動揺する人もあろうが、天の道を実践するという点では上手下手もなく、できないという人もないものなのだ。だから、ひたすら道を行い、道を楽しみ、もし困難に遭い、それを乗り切ろうと思うならば、ますますその道を実践し楽しむという心を持つがいい。

国民の上に立つ者は、いつも心を慎み、普段の行いを正しくし、驕りや贅沢を戒め、つつましくすることに努め、仕事に励んで人々の手本となり、国民がその仕事ぶりや生活を気の毒に思うくらいでなければ、政府の命令は行われにくい。

正論では革命をおこせない。革命をおこすものは僻論である。※僻論(へきろん)とは、偏っていて道理に合わない論のこと

人が踏み行うべき道を実践する者が、世間の人がこぞってそしっても決して不満をいわず、世間の人がこぞってほめても自分に満足しないのは、信念が厚いからである。

世間の人がいう機会とは、たいてい思いがけずに得た幸運のことを指している。しかし、真の機会というのは道理に適い、時の勢いを正しく把握して行動する場合のことだ。かねて天下国家を憂える真心が厚くないのに、ただ時の弾みに乗って成功した事業は、決して長続きはしないものだ。

思い切ってやりなさい。責任は私がとる。

人間の知恵を開発するということは、愛国の心、忠孝の心を開くことなのだ。国に尽くし、家のために勤めるという道が明らかであれば、すべての事業は前進するであろう。

人が踏み行うべき道は、この天地のおのずからなる道理であり、人はこれにのっとって実践すべきものであるから、何よりもまず、天を敬うことを目的とすべきである。天は他人も自分も区別なく愛されるものであるから、自分を愛する心をもって他人をも愛することが肝要である。

人は、己に克つを以って成り、己を愛するを以って敗るる。

西郷隆盛の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

超訳「言志四録」西郷隆盛を支えた101の言葉

音声版(Audible版)はこちら

『言志四録』、それは幕末に数々の人材を育てた儒学者の佐藤一斎が、40年にわたって書き継いだ「リーダーの聖典」である。明治維新の大功労者である西郷隆盛もまた、この書物に感銘を受け、101の言葉を抜き出して常に傍らに置いた。本書では、西郷が編纂した101の言葉のみをわかりやすく<超訳>するとともに、その生涯を併せて解説する。

Amazon

素顔の西郷隆盛

“今から百五十年前、この国のかたちを一変させた西郷隆盛とは、いったい何者か。 薩摩での生い立ちから、悩み多き青春と心中未遂、流謫の南島から幕末の渦中へと舞い 戻り、策謀と戦闘の果てに倒幕を成し遂げ、ついには賊軍として西南戦争で自決するまで ――後代の神格化と英雄視を離れて、「大西郷」の意外な素顔を活写、その人間像と維新史を浮き彫りにする。”

Amazon

西郷隆盛

近代日本の夜明け、明治維新に燦として輝きを放つ西郷隆盛。「西郷は真の政治家でありながら、世に横行する政治家ではない。西郷は詩人の魂をもった理想家であり教育家であった。芸術家になっても、すばらしい業績をのこしていたろう。そしてさらに、西郷は軍人でもなかったのである」と著者が言い切った男の半世紀の足どりを克明に追った伝記小説。名匠が描いた維新史としても読みごたえ十分の力作。

Amazon

新版 南洲翁遺訓

「己れを尽し人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬ可し」--。偽りのない人生を生き、そして死んでいった西郷。その言葉は、新政府への批判を含みながら、国家や為政者のあるべき姿を示し、人として広い度量と高潔な精神を持つ必要性を説く。「敬天愛人」に代表される西郷の遺訓四一条と追加二条すべてを、原文、現代語訳、くわしい解説で丁寧に読みとく。大きな文字で多くのふりがな付し、読みやすくなった新版。略年譜・読書案内付。

Amazon

西郷南洲遺訓

“・西郷隆盛の遺訓集「西郷南洲遺訓」が読みやすい現代語訳になって新登場。 ・明治維新を成し遂げ、近代日本の礎を築いた英雄が遺した唯一の語録集。 ・「西郷南洲遺訓」の成り立ちや西郷さんのエピソードもご紹介。”

Amazon

西郷隆盛の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

薩長同盟に貢献した人物、西郷隆盛では学び足りない方におすすめの記事です。

坂本龍馬の厳選28の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

松本人志の厳選23の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

松本人志は、日本の芸人です。お笑い界のカリスマ的存在として「松本人志以前以後のようなエポックな笑いを届けた存在です。

誰も想像できない発想で笑いをとるセンスだけでなく、「大喜利」「すべらない話」「ドキュメンタル」などお笑いの新しいフォーマットをつくる企画力においても日本のお笑い界にいまも新しいものを生んでいます。

松本人志の笑いの発想においてあえて挙げるなら悲しさがあります。

「おもしろい裏にはやっぱり悲しさがあって、悲しさの裏に、葬式でおかしくてしょうがないみたいなことになったり。なんかそういうもんの笑いってやっぱり持ってて。だからおもしろいこと、おもしろいことって考えているんですけど、ちょっと視点変えればすごく悲しくもなるし。だから笑いっておもしろいなぁって思いますね」と語りました。

自身の幼少時の体験から形成された貧しさや悲しみを笑いに変えるセンス。自身の視点を変えることで笑いを生むことができる体験があったからこそ、お笑いの世界の頂上にのぼりつめることができた彼の思考や行動、言葉は多くのことを教えてくれます。

松本人志の人生や仕事に対しての哲学的な言葉から厳選した名言集を紹介します。

松本人志はどんなひと?

松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 – )は、日本のお笑いタレント・漫才師・司会者・映画監督・作家およびコメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。

Wikipedia

松本人志の人生の名言 -笑うために生きる、心持ちの大切さを教えてくれる言葉

松本人志は、2000年に、ドラマ『伝説の教師』に出演しました。ドラマ原案は松本人志が手掛けています。イジメ問題や、死生観、性、少年犯罪などシリアスなテーマも取り扱っています。

お笑い界において数々の新しさを生んできた松本人志ですが、原案も手掛けたこのドラマ中に出る会話に彼の人生観が伺えるような言葉が多く散りばめられています。あるお笑い芸人はドラマ第8話を見て自殺を思いとどまり、お笑い芸人を目指す決意をしたそうです。

ドラマ第8話、余命僅かの生徒に放った南波先生(松本人志)の劇中の言葉、

「なんかお前らの話聞いてたらイライラしてきた。救えるとか救われへんとか、お前らそんな偉い人間なんか?他人をそんな簡単に救える訳ないやないか。お前もお前や。何や?灰になるって。お前は詩人かいうねん。そんななー、不幸背負ったよな顔した奴見たら、なんか腹立ってくんのよなー。この世の中、俺は死んでしまうかもしれん言うて頭抱えてる動物が他におんのか?犬とか猫とか虫とか花とか。何もそんなこと考えてへんやないか。生き物はな、死ぬために生まれてくるんや。次の肥やしのために。いちいち生まれてくるだけのもんなんや。死ぬとか生きるとかそんなこと考えてること自体がもうおかしいんや。」

さらに、何のために人間は生きているのか聞かれた時の南波先生(松本人志)の劇中の言葉、

「笑うためや。人間に許された勇逸の特権は笑うことや。笑いながら生きると言うことが人間としての証なんや。コイツはそれを拒否しとるだけなんや。無免許運転しようがセックスしようが、それはお前の勝手やけどな、笑いながらやらへんかったら何の意味もないんじゃ。お前、記念祭には絶対顔出せよ。そんなことがあっても、俺がお前のこと笑わしたる。そうやって眉間に皺寄せて苦しみながら死んでいきたかったら勝手にせえ、笑いながら死ぬか、笑わんと死ぬか、お前が決めたらええ」

もちろんドラマではありますが、彼の死生観と笑いとの関係について語る言葉には彼の本心、真実が含まれているように思える言葉です。

松本人志の言葉は人生に対して、眉間にシワを寄せるのでなく、目尻にシワを寄せながら生きる大切さを教えてくれます。

自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

生きた人の中で、一番笑い声を聞いた耳でありたい。

笑いは0円で作れる。

人間に許された唯一の特権は笑うことや。

笑いながら生きるという事が人間としての証や。

人は笑うために生きるんやで。

本当に君にプラダが必要なら生まれた時に持っているはず。

おれはおれしかやったことないから、おれ以外の人がどうなのか分からんけどな

松本人志の人生の名言 -やりたいことをやることの大切さを教えてくれる言葉

unsplash

松本人志は、お笑いにおいて0から1を作り、ルールすら作ってきたような存在です。新しさをつくることでの功績は、同じくらいに批判も浴びることでしょう。

「やりたいことやったらええから。」

「そいつの良い所悪い所10個ずつ言えて初めて友達や。」

芸人という人間の清濁どちらともいえる業を扱う仕事をする松本人志は、批判の声でなく、「誰よりも笑い声を聞きたい」という想いで何かを生み続けることを選んできました。

やりたいことをやるとはどういうことか?

松本人志の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。

自分を信じ生きようと思える言葉・名言を紹介します。

そいつの良い所悪い所10個ずつ言えて初めて友達や。

まわりは何かと言うかもしれんけどそんなまわりの意見なんか気にせんでいい。

やりたいことやったらええから。

100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ。

10組のカップルがいたら20通りの恋愛がある

松本人志の仕事の名言 -「常に開拓者」仕事について考えさせられる言葉

松本人志、の出演する「水曜日のダウンタウン」の演出をされている藤井健太郎は、

「結局、あの人(松本人志)が新しいルールを作って革命を起こして全部変えてしまった。そのルールの上で今はみんなが戦っていて。あの人のルールでみんなが戦っているから、ルールを知っている状態でスタートしてるから成長が早い。今、芸人さん達ってみんな面白いですけど、ある意味では、あの人が作ったルールの中での『面白い』でもあるから」と語っています。

松本人志自身も新しいことをつくることについて、

「若手が何か新しいことをやろうと思っても、松本にすべてやられてしまった。新しいことは何もないと思わせたい。常に新しいことだけを追い求めるわけではないが、開拓者でい続けたい」と語っていました。

常に開拓者で有り続ける。この言葉にこそ松本人志の生き方が表れているようにも思える言葉です。

新しいことをつくるという姿勢において、自分はどう感じているのか、周囲の視線や批判を気にしていないか、自分だけの他の誰でもない問題と正解に向き合っているか?彼に学ぶ大切さを松本人志は教えてくれます。

彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。

今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

これで完璧だと思ったことは一度もない、「もっとできるんじゃないか」とはいつも 思ってるんで、「バッチリ手応えがあった」っていうことはあんまり無いですね。

僕らの漫才は、発想で笑わす漫才。

人の答案は問一から問題違いますからね。

最初から問題用紙が違うから解答も違うに決まってる。

自分の答案用紙の中で100点取るしかないんですよね。

島田紳助に弟子入りしなかったのは、弟子入りすると師匠を抜けないような気がしたから。

若手が何か新しいことをやろうと思っても、松本にすべてやられてしまった。新しいことは何もないと思わせたい。常に新しいことだけを追い求めるわけではないが、開拓者でい続けたい

おもしろい裏にはやっぱり悲しさがあって、悲しさの裏に、葬式でおかしくてしょうがないみたいなことになったり。なんかそういうもんの笑いってやっぱり持ってて。だからおもしろいこと、おもしろいことって考えているんですけど、ちょっと視点変えればすごく悲しくもなるし。だから笑いっておもしろいなぁって思いますね

(プロフェッショナルとは?)素人に圧倒的な差をつけて力を見せつけることじゃないですかね、と思います。

ただの芸術家になってしまったらあかんと思ってる

人の見方はそれぞれ違うから批判なんか気にしない。

松本人志の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

「松本」の「遺書」

「人間、コンプレックスがないとあかん!」と公言し、ストイックな生き方を実践する著者―お笑いに魂を売った男の、人と時代を見据える眼力は鋭く、語りには毒がある。「反論も悪口も大歓迎する、正々堂々と来てみやがれ」と刺激的に言い放った、超ベストセラー『遺書』+『松本』、待望の文庫化。

Amazon

松本坊主

不登校で人見知り、そして貧乏な家の少年が出会ったお笑い。その衝撃と舞台への憧れがダウンタウン松本人志を生んだ。相方・浜田との出会い、決意の吉本NSC入学、静まり返ったなんば花月の初舞台、大阪での成功と東京進出…。「絶対自分が一番や」。どんな時も揺るがない自信の源とは?お笑いを変えた男がその半生すべてを語りつくした。

Amazon

哲学

「そろそろ自分の死に際のことを考え始めている」島田紳助。「『もうあいつには勝てんな』と他の芸人にいわせたい」松本人志。互いに“天才”と認め合う二人が、照れも飾りもなく本音だけで綴った深遠なる「人生哲学」。お笑い、日本、恋愛、家族…ここまでさらけ出してしまって、本当にいいのか?

Amazon

松本人志 愛

鋭く本質を見抜く目で独自の世界観を構築する天才芸人・松本人志の『遺書』『松本』に続くベストセラー第三弾、待望の文庫化。理想の女性像、結婚、笑いに対する姿勢、トップを走る者の孤独、差別意識、引退、死についてなど、身近なテーマから、哲学的な命題まで、素の松本が真摯に語り尽くす。

Amazon

松本人志の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

芸人としての才気あふれるもの同士、、松本人志では学び足りない方におすすめの記事です。

ビートたけしの厳選100の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

白洲次郎の厳選29の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

白洲次郎は、日本の実業家です。しかし、戦後、連合国軍占領下、吉田茂の側近として、戦後日本の立て直しに活躍しました。

なにより国としての威厳を敗戦国でなく、いち国家として世界にみせることが彼の功績です。

白洲次郎の思想において欠かせないプリンシプルについて、「プリンシプルは何と訳してよいか知らない。「原則」とでもいうのか。日本も、ますます国際社会の一員となり、我々もますます外国人との接触が多くなる。西洋人とつき合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である。」と語りました。

自身の海外経験を惜しみなく日本のために注いだ白洲次郎。プリンシプルのような確固とした信念があったからこそ、世界と対等にやり合うことができた彼の思考や行動、言葉は多くのことを教えてくれます。

白洲次郎の人生や仕事に対しての哲学的な言葉から厳選した名言集を紹介します。

白洲次郎はどんなひと?

白洲 次郎は、日本の実業家。貿易庁長官。兵庫県芦屋市出身。 連合国軍占領下の日本で吉田茂の側近として活躍し、終戦連絡中央事務局や経済安定本部の次長を経て、商工省の外局として新設された貿易庁の長官を務めた。吉田政権崩壊後は、実業家として東北電力の会長を務めるなど多くの企業役員を歴任した。

Wikipedia

白洲次郎の人生の名言 -嫌われてもいい、心持ちの大切さを教えてくれる言葉

白洲次郎は、1945年(昭和20年)、吉田茂の依頼から終戦連絡中央事務局(終連)の参与に就任しました。

GHQ(日本で占領政策を実施した連合国軍機関)の要求に対し、留学・駐在経験のあったイギリス仕込みの英語で白洲による主張は、GHQ要人をして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめたそうです。

しかし半年も経たずうち、修行を放り出し、彼女と共に上京し、東京で一旗揚げようと試みる行動に出ました。

「われわれは戦争に負けたが、奴隷になったのではない。」

すべてをなくしてしまったように思える戦争でさえ、白洲次郎にとっては、負けた事実にしか過ぎず、いち国家としての尊厳がなくなったわけでも日本人の矜持が失われたわけでもないとした凛と姿勢で戦勝国に交渉を臨んだ。

白洲次郎の言葉は人生に対して、卑下せず嫌われる、相手の評価や好意を損なうことを恐れずに生きる大切さを教えてくれます。

自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

いま日本でいけないのはすぐ人の脚をひっぱることだね。これは大変な奴だと思うと脚をひっぱっちゃう。だから日本で何かのトップにゆく奴は、毒にも薬にもならない奴が大部分だよ。

プリンシプルは何と訳してよいか知らない。「原則」とでもいうのか。日本も、ますます国際社会の一員となり、我々もますます外国人との接触が多くなる。西洋人とつき合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である。

仮にも天皇陛下からの贈り物をその辺に置けとは何事か!

長く大事に持っているものは人に貰ったものより自分自身の苦心の結晶に限る。

われわれは戦争に負けたが、奴隷になったのではない。

今の日本の若い人に、一番足りないのは勇気だ。「そういう事を言ったら損する」って事ばかり考えている。

この憲法は占領軍によって強制されたものであると明示すべきであった

プリンシプルを持って生きれば、人生に迷うことは無い。

何かにしがみつかなければ、生きていけない根性なら、神頼みでもして、鰯の頭でも信心していた方が、他人様の御迷惑にならんだけでもましだろう。

(アメリカ人に英語の上手さを褒められ)閣下の英語も、もっと練習したら上達しますよ。

白洲次郎の人生の名言 -謝るよりも感謝することの大切さを教えてくれる言葉

unsplash

白洲次郎は、1949年に就任した貿易庁長官時代、汚職根絶、通商産業省(のち経済産業省)を設立と多大な功績を残しました。その辣腕ぶりは「白洲三百人力」とも言われたそうです。

「人に好かれようと思って仕事をするな。むしろ、半分の人には嫌われるように積極的に努力しないと良い仕事は出来ない。」

「「すみません。」は駄目だ、「SAY THANK YOU」だ。」

白洲次郎は仕事において、手段や人間関係などに目的からズレてしまいそうな事柄にも惑わず、多くの事柄を成し遂げていきました。

自身がいま行うものをどうしていきたいか?どうあるべきか?

白洲次郎の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。

自分を信じ生きようと思える言葉・名言を紹介します。

「すみません。」は駄目だ、「SAY THANK YOU」だ。

人に好かれようと思って仕事をするな。むしろ、半分の人には嫌われるように積極的に努力しないと良い仕事は出来ない。

運転手を待たしてゴルフする奴なんか、ゴルフをする資格はない。

金払いはよくしろ、明るくふるまえ、特定の女とばかりしゃべるな。そして、言い寄られたらノーと言え。

今の日本の若い人に、一番足りないのは勇気だ。「そういう事を言ったら損する」って事ばかり考えている。

人様にしかられたくらいで引込むような心臓は、持ち合わせがない。

白洲次郎の仕事の名言 -「葬式無用、戒名無用。」仕事について考えさせられる言葉

白洲次郎、1951年(昭和26年)9月、サンフランシスコ講和会議にて、吉田茂は当初英語演説を行うつもりだったそうです。

しかし、白洲は

「講和会議というものは、戦勝国の代表と同等の資格で出席できるはず。その晴れの日の原稿を、相手方と相談した上に、相手側の言葉で書く馬鹿がどこにいるか!」と一喝、急遽日本語に書き直したそうです。

日本の「尊厳」のために、日本語という自分たちの言葉で発言することの大切さを示したエピソードです。

「ボクは人から、アカデミックな、プリミティブ(素朴)な正義感をふりまわされるのは困る、とよくいわれる。しかしボクにはそれが貴(とうと)いものだと思ってる。他の人には幼稚なものかもしれんが、これだけは死ぬまで捨てない。ボクの幼稚な正義感にさわるものは、みんなフッとばしてしまう。」

正義感こそ白洲次郎の根底にある思想なのかもしれません。そしてその正義を曲げずに主張する、その姿は「従順ならざる唯一の日本人」として世界の目には映ったことでしょう。

「葬式無用、戒名無用。」

晩年、白洲次郎は自身の死後の身の振る舞いを、この短い語句で書き残しました。実はこの言葉、白洲次郎の父も同じように残したそうです。この言葉にこそ白洲次郎の生き方が表れているようにも思える言葉です。

自分の信念に忠実に、周囲をフラットな目でみつめる白洲次郎という生き方。

プリンシプル、尊厳、正義感、自身の思うことを周囲にフラットな目線で表現することの大切さを白洲次郎は教えてくれます。

彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。

今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

自分よりも目下と思われる人間には親切にしろよ。

イギリス人の気持ちが良いことの一つは、人間として公平な態度をとることだ。

(あなたのモットーは? と聞かれて)死んだらクサルということだ。

筋肉労働は好きだな。知的労働はしないよ。

ボクは人から、アカデミックな、プリミティブ(素朴)な正義感をふりまわされるのは困る、とよくいわれる。しかしボクにはそれが貴(とうと)いものだと思ってる。他の人には幼稚なものかもしれんが、これだけは死ぬまで捨てない。ボクの幼稚な正義感にさわるものは、みんなフッとばしてしまう。

葬式無用、戒名無用。

私は「戦後」というものは、一寸やそっとで消失するものだとは思わない。我々が現在声高らかに唱えている新憲法もデモクラシーも、我々のほんとの自分のものになっているとは思わない。それが本当に心の底から自分のものになった時において、はじめて「戦後」は終わったと自己満足してもよかろう。

日本人は盛んに、現実を凝視せよ、なんて言うけどね、事実を事実と認めて黙って見てるんじゃいけないんだ。議論したければ議論すればいいんだ。ところが、痛烈なこと言うと恨むんだね。人の前で恥をかかしたって、面子々々っていうけれど、八月十五日以来、日本人に面子なんてあるかっていうんだ。

家庭が面白くないから男は外で遊ぶのだろうが、それでおめかけさんを囲ったら、おそらくまたそこから逃げ出して、別の家庭を作らなきゃならない。僕はそんな無駄なことはしないよ。牛乳一杯飲むだけのために牛一頭飼う馬鹿がどこにいる。

あの大学はいい大学なんだよな。だってあそこを出ただけでは何にもならないんだから。

井戸の中の蛙は大海を知らないという諺があったようだが、大事なことは、この蛙が大海を知る可能性がないにしても、井戸の中にいる自分を、井戸の外から眺められることさえ出来れば、用はいくらか足りるような気もする。

外国なんていう意識がなくなれば戦争もなくなるかも知れぬ。そのかわり、あった時にはバタン、キューと一挙に全滅に突進するのかも知れぬ。世界各国がお互いのことをなるたけ早く、よく、知り合わないと科学の進歩に間に合わないかも知れぬ。もっともっと外国のことを知ろうという意欲を起すことだ。殊にその外国人の立場に立ってその外国を知ることだ。

人間は地位が上がれば上がるほど役得を捨てて、役損を考えろ。

白洲次郎の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

白洲次郎 100の言葉

戦後、日本を支配したGHQとハードなネゴシエーションをした男が白洲次郎である。彼は、多くの日本人が敗戦に打ちひしがれ、卑屈な政治家や役人ばかりだった中で、決然とGHQと渡り合った。そして、彼の言葉が多くの日本人を勇気づけ、敗戦から立ち上がる方向性を指し示したのだ。その珠玉の言葉を、秘蔵写真とともに紹介しよう。きっと現代人にも力を与えてくれるはずだ。

Amazon

白洲次郎 100の箴言

“第二次世界大戦では参戦中に日本の敗戦を予見し、食糧難を見越して農地を買い取り農業に従事する。 戦後はGHQと渡り合い日米交渉に奔走・・・ 日本独立のキーパーソンとなった風の人、白洲次郎。 彼が、死の瞬間まで貫き続けた「プリンシプル」とは何だったのか従順ならざる男から放たれるメッセージは、現代を生きる我々に「人生」の楽しみ方を語りかけてくれる。 ブレない男が残した100の箴言を読み解いていく–。”

Amazon

白洲次郎という生き方

戦後、GHQに「従順ならざる唯一の日本人」と言われ、アメリカに果敢に立ち向かった白洲次郎を、名言、秘蔵写真、伝説的エピソードでたどる。吉田茂の右腕として日本復活に貢献した一方、晩年は郊外でモダンな田舎暮らしを嗜んだ白洲。「日本一カッコいい男」が生涯貫き通した“プリンシプル”とは一体何か。白洲の人生哲学と誰もが憧れるその生き様を凝縮した、日本人必読の一冊。

Amazon

プリンシプルのない日本

「風の男」、そして「占領を背負った男」―戦後史の重要な場面の数々に立ち会いながら、まとまった著作は遺さなかった白洲次郎が、生前、散発的に発表した文章がこの一冊に。「他力本願の乞食根性を捨てよ」「イエス・マンを反省せよ」「八方美人が多すぎる」など、日本人の本質をズバリと突く痛快な叱責は、現代人の耳をも心地良く打つ。その人物像をストレートに伝える、唯一の直言集。

Amazon

風の男 白洲次郎

日本国憲法誕生の現場に立会い、あの占領軍司令部相手に一歩も退かなかった男。常に活眼を世界に注ぎつつ、わが道を行く天衣無縫の気概。物事の筋を通し、自説を枉げぬ強靱さ。と同時に、内に秘めた優しさ、しなやかさ、ユーモア。端正な面立ち、洒落た身なり、寸鉄の片言……。正子夫人をはじめ、この男に魅せられた人々の「証言」から蘇える「昭和史を駆けぬけた巨人」の人間像。

Amazon

白洲次郎の流儀

無類のカッコよさで、風のように20世紀を駆けぬけた白洲次郎―若くして英国に学び、カントリー・ジェントルマンとして自身をみがき、帰国後は自らのプリンシプルをたてに昭和史の危機を乗り越える。このセクシーでダンディな男の生涯を、愛娘の回想を中心にグラフィックによみがえらせる。

Amazon

白洲次郎の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

海外経験、日本人離れした強気な思考についてほかのひとがどんな風に考えているか、白洲次郎では学び足りない方におすすめの記事です。

岡本太郎の厳選66の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

明石家さんまの厳選36の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

明石家さんまは、日本の芸人、タレントです。タモリビートたけし、とならびお笑いBIG3と称される日本を代表するお笑い芸人です。彼にしかできない明るい笑いがお茶の間を楽しませてくれる存在です。

明石家さんま自身の笑いについて、「俺は幸せな人を感動させたいんやなくて、泣いてる人を笑わせて 幸せにしたいんや。これが俺の笑いの哲学や」と語りました。

底抜けの明るさで、観るひとを泣き顔から笑顔に変えてしまう明石家さんまですが、暗い感情に向き合い、明るい方へと自身を向かわせる思考や行動があったからこその明るさだと、彼の言葉は教えてくれます。

明石家さんまの人生や仕事に対しての哲学的な言葉から厳選した名言集を紹介します。

明石家さんまはどんなひと?

明石家 さんま(あかしや さんま、1955年〈昭和30年〉7月1日 – )は、日本のお笑いタレント、司会者。

Wikipedia

明石家さんまの人生の名言 -いまあるものの価値を感じながら生きる大切さを教えてくれる言葉

明石家さんまは、1974年2月、落語家を志し、高校3年の時に笑福亭松之助に弟子入りしました。

しかし半年も経たずうち、修行を放り出し、彼女と共に上京し、東京で一旗揚げようと試みる行動に出ました。

ただ、そんな東京での生活はうまくいかず、帰阪することに。

明石家さんまは、師匠である松之助の楽屋を訪ねると、「何もいうな、ついてこい」と、師弟で初めて食事に行ったラーメン店に連れ出したそうです。

明石家さんまについて語るときに、師匠の存在は欠かせません。師匠の優しさがあったからこそ、いまの明石家さんまがいるとも言えます。

「「人生に負けた」とか言いますけど、 誰でも裸で生まれてきたんで、 服一枚着てる時点で人生の勝利ですからね。 敗北者はいないはずなのに敗北感を味わう人が多すぎる、 と思いますけどもね。」

お笑いのトップにいるような明石家さんまでさえ、負けたことがあります。周囲の優しさに感謝し、目の前にものを大切にすることからはじめてみる。

明石家さんまの言葉は人生に対して、いまあるものの価値を感じながら生きる大切さを教えてくれます。

自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

生きてるだけで丸儲け。

恋に勉強なんてないんや。 勉強したつもりでも、新しい恋が始まって気が付いたらまた何にもわかってない自分がおる。 それが恋ってもんや。

結婚はゴールではない!スタート!しかも途中から障害物競争に変わる。

「人生に負けた」とか言いますけど、 誰でも裸で生まれてきたんで、 服一枚着てる時点で人生の勝利ですからね。 敗北者はいないはずなのに敗北感を味わう人が多すぎる、 と思いますけどもね。

人を好きなまま死にたい

やさしさを持った人は、それ以上の悲しみを持っている

女は毎日、生まれ変わんねん

やろうとすれば出来んねん、人間みたいなもんは

寂しいと思える人は余裕のある人。

俺たちは奇跡を生きてんねん。

満点なんか取らんでええねん。満天は星空だけで十分や。

明石家さんまの人生の名言 -自分から笑い、楽しむことの大切さを教えてくれる言葉

明石家さんまは、芸能生活開始当時、落語家でもあり着物を着ることが当然のなか、赤いブレザーを着用して放送に臨んだそうです。

それには、やはり師匠である松之助から

「人と同じことして売れるはずがない」

という言葉があったそうです。

「あほ、普段の俺でいたら誰が認めてくれるねん。」

と語るように、ひとと違うことが何よりの価値である芸能界のなかで、明石家さんまは、明石家さんまであることを体現していきました。

慣習や逆境など、自身が身を置く世界のこれまでに対し、自分の立ち位置を築くには、自分から動かないと始まりすらしません。

悲観せずに笑う、楽しむ、観た人が同じ用に笑い楽しむ、やがて周囲の環境が変わっていく。

明石家さんまの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。

自分を信じ生きようと思える言葉・名言を紹介します。

あほ、普段の俺でいたら誰が認めてくれるねん。

20代の借金は貯金や

落ち込みやすい体質とは感謝の足りない姿勢が原因

笑顔になるから、楽しい出来事が起こるようになる

人間、どんなに沈んでいても笑うんです

いっぺん夢中で生きてみい。毎日が夢中や

彼女の過去は彼女の歴史なんやからそれを否定すな!

泣くな、笑え。

楽しい、辛いとか分けるからオカシなんねん。

明石家さんまの仕事の名言 -「正解が一番つまらんのや。」仕事について考えさせられる言葉

明石家さんまの有名な名言「生きているだけで丸儲け」が生まれたエピソードとして、大阪東京間を行き来するためのいつも乗る飛行機便が、たまたま1便ずれて乗ったその日の、いつもの時刻便で墜落事故が起きことがありました。

「俺たちは奇跡を生きている」

そんな言葉もあるように、いま生きていること自体が何よりの価値じゃないかとも考えている彼の内面は、元来の明るさからより輝きを放つものになります。

もうひとつのエピソードとして、離婚後、当時バブル崩壊のなか、8億5千万円の豪邸は中々売却できずに、最後は3億円で売却されたため、5億円の借金が残ったそうです。

「俺たちの商売は恥を笑いに変えられる。」

「俺は、絶対落ち込まないのよ。落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。過大評価しているから、うまくいかなくて落ち込むのよ。人間なんて、今日できたこと、やったことがすべてやねん」

「まだやれる、明日があるんやから。」

と明石家さんまは語ってます。

自分次第で変えることができるものに懸けること。

どんなに辛い状況でさえも笑いに変えていくことは、正解を追いかけるのでなく、自分で正解をつくることができると、明石家さんまは教えてくれます。

彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。

今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

勝ち負けは努力の要素で左右されるほど甘くない。

俺は幸せな人を感動させたいんやなくて、泣いてる人を笑わせて 幸せにしたいんや。これが俺の笑いの哲学や

落ち込んだあなたは、頑張った証拠

何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、好きに変わる可能性が残っているから

大きな夢の方が見失わない

正解が一番つまらんのや。

俺は笑いを順位付けるのは嫌い。自分らが面白いと思うことをやってればええねん。

俺たちの商売は恥を笑いに変えられる。

俺は、絶対落ち込まないのよ。落ち込む人っていうのは、自分のことを過大評価しすぎやねん。過大評価しているから、うまくいかなくて落ち込むのよ。人間なんて、今日できたこと、やったことがすべてやねん

不安からは何も生まれない。続ければ必ず良くなる

人間の限界ちゅうのがどんなもんかやってみようということで、わざと週に14本レギュラーやってた

まだやれる、明日があるんやから。

努力は必ず報われると思う人はダメですね。努力を努力だと思ってる人は大体間違い。好きだからやってるだけよ、で終わっといた方がええね。これが報われるんだと思うこんだけ努力してるのに何でってなると腹が立つやろ。人は見返り求めるとろくなことないからね。見返りなしでできる人が一番素敵な人やね。

人間だと思うと腹が立つけど、賢いゴリラだと思えば素晴らしい。なんやねんこいつと思うことはあるけど、すぐ『こいつアホやねんな』と思う。人に腹立たす奴ってアホ。「立たない立たない。腹を立てる器でもない。そんなに偉くない。腹立って怒りたい人は偉いと思っているんじゃないの、自分のこと」オレは何言われても平気。ひがんどると思うもん。人生には嫌な事も必要なんや。この世に笑えないことはたくさんあるが、それを笑えたら全部勝ちになる。この世は夢やねん、頭の中が現実や。そう思ったら少しは楽になる。あとは不幸をどれだけ笑いとばせるかや。

我々の弟子稼業というのは、掃除をさせられるじゃないですか。で、掃除をしていると師匠が、『それ、楽しいか』って言うんです。『いいえ』って答えると『そやろ』って。『そういうのが楽しいわけがない』と、おっしゃるんですね。そのときに、師匠に、『掃除はどうしたら楽しいか考えろ』 って言われたんですけど、そこでしたねぇ。あの、掃除なんて、楽しくなるわけがないんですよ。 ところが、『楽しくなることを考えてることは楽しい』。っていうところにね、18歳のときに気づかせていただいたのが非常に助かりましたね。たぶん、ふつうの人は、「掃除は楽しくない」 というところでやめてしまう人が多いんじゃないかと思うんですけど、楽しくないものをどうすれば楽しいか、ということを考えていくと楽しいんです。

ジョージ・フォアマンとモハメッド・アリが試合したときにアリが言ったんですけど、『わざとボディを打たせるんだ』と。どういうことかというと、『わざと打たせたボディは効かないんだ』というんですね。『あかん』というときはなにをやってもダメなんです。そういうときには、打たせなきゃいけない。わざと打たせたら、耐えられるんですよ。ところが、『オレは大丈夫だ』と思って、行って打たれると、効くんですね。さすがモハメッド・アリっていう。

明石家さんまの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

本人vol.11

“明石家さんまが初めて自身の生き様(つまり「テレビ」と「笑い」と「テレビの笑い」)を語り尽くした巻頭40ページ・インタビュー。 ●徹底インタビュー 明石家さんま 「さんま道(みち)」 ~””明石家さんま””という生き方!~”

Amazon

Jimmy

1980年代の大阪。高校卒業後、どこにも就職できなかった大西秀明は、担任教師の口利きで、舞台進行見習いとして「なんば花月」に出入りしていた。幼い頃から何をやっても失敗ばかりの大西は、吉本でもとんでもないヘマばかり。そんな大西が、人気絶頂の明石家さんまと出会い、孤独や劣等感を抱えながら芸人として成長していく。

Amazon

明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生

著者のエムカクは、約25年にわたって、ラジオやテレビ、雑誌などでの明石家さんまの発言をすべて記録。己の人生を「明石家さんま研究」に捧げたライター。デビュー作となる本書では、その秘蔵ノートを武器に、プライベートや舞台・テレビ・ラジオ出演などの芸能活動を1年ごとに再現。あの伝説や有名エピソード、その時々の心境を、本人の発言とともにたどります。

Amazon

新さんまさん論

40年間、芸能界(お笑い界)に君臨している明石家さんまさんは、なぜ人気者でいられるのか。長寿番組を持っているのか。「人を飽きさせずに、売れ続ける法則・戦略」を発見し、構築し、実践し、かつ現役コメディアンとして大活躍しているのは、テレビ業界史上初のすごいこととの切り口から分析・解説する、類を見ない「さんまさん論」。

Amazon

草や木のように生きられたら

“さんまにわたしがいったことはただ一つ、 「人と同じことをしない」ということだけです。 (本文より) 九死に一生を得た神戸大空襲、ミヤコ蝶々の教え、 吉本新喜劇の誕生秘話、明石家さんまの徒弟時代――。 「お笑い」の最前線を常に走り続けた上方落語界の最長老がつづる、 人生のこと、芸のこと、日本のこと。”

Amazon

明石家さんまの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

楽観的な思考についてほかのひとがどんな風に考えているか、明石家さんまでは学び足りない方におすすめの記事です。

所ジョージの厳選102の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

高田純次の厳選17の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

高田純次は、日本のコメディアン、タレントです。高田純次=適当のイメージが浸透し、その小ボケな発言がお茶の間を楽しませてくれる存在です。

タモリは高田純次について「ああいう人がちゃんと成立する分野がないと、やっぱり社会はおもしろくない」と評しました。

高田純次 は適当という言葉について、「“適当”― 辞書で調べると適材適所という意味なんだよ」と語りました。

適当な?言動で賑わす高田純次ですが、その奥にある真面目に向き合った言葉には普段とのギャップにあり、より哲学的に聞こえます。

数少ない?高田純次の人生や仕事に対しての哲学的な言葉から厳選した名言集を紹介します。

高田純次はどんなひと?

高田 純次(たかだ じゅんじ、1947年1月21日 – )は、日本のコメディアン、俳優。 芸能事務所・テイクワン・オフィス所属で、代表取締役も務める。

Wikipedia

高田純次の人生の名言 -人生そこそこ、肩肘張らない大切さを教えてくれる言葉

高田純次は、デザインを学ぶかたわら、俳優を志します。

しかし、劇団の収入では生活できないこともあり、26歳の時に宝石営業とデザイナーの掛け持ちとなりました。

妻子を養うために「警察に捕まるようなこと以外の職は、一通りやった」とも本人は語っているとおり、現在のタレントとしての姿の以前には、妻子を養いながら下積み、不遇な時代がありました。

ただ高田純次には持ち前の気楽さのようなものがありました。

「人並みの努力をしたかといえば、そんなこと全くない。ただ一つ、他人よりも少しだけ「楽しく生きよう」と思っていたかもしれません。」

高田純次の、楽しく生きようとする意識は、誰しも持っておくとよい考え方のひとつでもあります。

高田純次の言葉は人生に対して、肩肘貼らず楽しむ大切さを教えてくれます。

自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

苦しい時は苦しいんだから、ふざけてる余裕なんかないっていうのももっともだけど、泣いても笑っても借金が減るわけじゃないんだから、ふざけてみる。笑ってみる。冗談をいう余裕もなくなると人は死んじゃうって考えるのは、単純すぎかな?少なくとも「今日電車に飛び込むのはや〜めた。明日にしよう」くらいの効用はある気がするけど。で、明日になったら、宝くじ3億円が当たったりして。あるかもよ。

僕だって、なぜ自分がちょいと成功しちゃったのかなんてわからない。人並みの努力をしたかといえば、そんなこと全くない。ただ一つ、他人よりも少しだけ「楽しく生きよう」と思っていたかもしれません。

「人生いろいろ」って言うけれど、僕の場合は「人生そこそこ」を目指してるつもり。そこそこ仕事があって、そこそこお金があって、そこそこの車に乗って、あとはそこそこのムヒヒがあって。そんなところでいい。人間の欲は限りないというけれど、お金持ちになりたいと思ってそうなったとしても、それに完全に満足できる人はなかなかいない。そうなったらそうなったで、ピーピー言ってる貧乏人の暮らしが妙に羨ましく見えてきたり。隣の芝生っていうか、ないものねだりをするのが人間ってものだから。

思うようにいかないのが人生というもの。「願いが叶う」とか「夢が叶う」っていう類の本がいっぱい出ているけれど、あれはいかにみんなの夢や願いが叶わないかっていう証明みたいなもの

よく“テキトー”なんて言われますが、僕自身はそう思ってやってきたことはないんですよ。言葉が独り歩きすると、何がテキトーなのか分からない

“適当”― 辞書で調べると適材適所という意味なんだよ

高田純次の人生の名言 -思い切って決めてしまうことの大切さを教えてくれる言葉

高田純次は、20代のキャリアはタレントでなく、営業やデザイナーなど一般的な仕事をしつつ、劇団員・俳優など芸能活動をされていました。

妻子がいるなか、家計も維持しつつ、先行きわからない芸能の世界に飛び込むことは迷いもあったことでしょう。

「やってよかったことをひとつ挙げれば、やっぱり30代で自分の道を選んだことかな。人生でやりたいことは早く決めたほうがいい、というけれど、俺はなかなか決められなかった。」

と語るように、30代でエイヤッと芸能に両足で飛び込みました。

他の発言や一般社会経験もあるように、彼はバランス感覚に長けた人物でもあったのかと思います。

だからこそ、決断できずにいる状況に迷われた経験もあったのかもしれません。

すぐに決められないことであっても、最後の最後は覚悟を持って決断することの大切さを教えてくます。

高田純次の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。

自分を信じ生きようと思える言葉・名言を紹介します。

やってよかったことをひとつ挙げれば、やっぱり30代で自分の道を選んだことかな。人生でやりたいことは早く決めたほうがいい、というけれど、俺はなかなか決められなかった。30代になっても、ずいぶん迷ったよ。でも迷った末に、エイやっ!と思いきったのがよかったのかもしれないね。ただそのときは、自分なりにアウトローとして生きる覚悟はしていたと思うよ

毎年目標を聞かれると、『ただ生きる』と答えています。これが僕の哲学、目標ですよね

「説教」、「自慢話」、「思い出話」、この3つを抑えていかないと自分は伸びない。

苦手な人は受け流しちゃうな。だから、ストレスはゼロ

何もかも上手くいかないと気が済まない完璧主義者は、それがいいことだと思っているフシがあるけれど、それで周りが迷惑することもあるんじゃないかな。

高田純次の仕事の名言 -「仕事が楽しくないときは、楽しくするしかないんじゃないかな。」仕事について考えさせられる言葉

高田純次のテレビデビューは32歳の時でした。

ビートたけしの冠番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』には、番組が終了するまでの11年間レギュラー出演し、破天荒なレポーター役で高田の人気と知名度は大ブレイクしました。

「この仕事をもらった時は、他に仕事もなく生活もきつかったので思い切りやった。ロケはほとんどがぶっつけ本番だったよ」

と高田純次は語ってます。

「まあ何でもやればいいし、やってることを天職だって思い込むことも重要だと思うよ。その仕事がだめだったら、また次の仕事を天職だと思い込めばいいんだから。何でも思い込みだって。」

「仕事が楽しくないときは、楽しくするしかないんじゃないかな。どうするかは分からないけど。」

彼の言葉にあるように、仕事自体がどうとかよりも自分がどう考えるかでできることは沢山ある、と高田純次は教えてくれます。

彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。

今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

「なんで俺はダメな人間なんだ」そんなふうに思いはじめたらキリがない。それよりもはじめから、「イチローだって7割近くは失敗する。3割成功すれば一流なんだから」と思った方が気が楽になる。

やる気が出るのはちょっと不安なときだし、逆に大金持ちになると気が緩んじゃう。そう考えると、今やる気がない状態だっていうのは歓迎すべきことかもしれないよ?次のジャンプが相当高くなるはずだもんね

まあ何でもやればいいし、やってることを天職だって思い込むことも重要だと思うよ。その仕事がだめだったら、また次の仕事を天職だと思い込めばいいんだから。何でも思い込みだって。オレは世界一男前に生まれちゃって幸せだし、うちの女房は世界一きれい、俺の脚は日本一長いし、足の裏はバラの匂いがする。とにかく思い込む

やっぱり人間は難しいことに挑戦したほうがいいよ。オレはいやだけど

1番、2番を目指すんじゃなくて、4番、5番を目指す

仕事が楽しくないときは、楽しくするしかないんじゃないかな。どうするかは分からないけど。俺自身はほとんど楽しくなかったことがないから。きつかったことはあっても、まあそのうち終わるしね

高田純次の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

適当日記

発言の「適当さ」「無責任さ」が魅力となり、一般視聴者はもちろん、各界の著名人にもファンの多い高田純次。本書は、還暦を迎えた2007年1月21日から“無理やり書かされ始めた”彼の日々の生活がすべてわかる日記。

Amazon

自伝 高田純次 適当男が真面目に語った〝とんでも人生〟

波乱万丈なその反省をユーモラスにそれでいて結構真面目に振り返っている自伝。

Amazon

高田純次のテキトー格言

“適当男”の第一人者、高田純次が贈る“名迷言集”。テキトーながらも思わず納得の珠玉の格言。不景気、法改正、戦争の危機などなど……、訳のわからない不安に呑まれ、なんとなく閉塞感を感じるこの世の中。でも、悩んでばかりじゃ仕方ない! そんな息苦しい現代を生きるヒントを見つけられる“テキトー格言”の数々。笑いと感動の50編!

Amazon

適当教典

日本中の老若男女のあらゆる悩み89連発に日本一のテキトー男が快刀乱麻の大回答!秘蔵写真をあしらったポエム、エッセイ、高田純次流・直筆人生訓もちりばめられ「笑っていつの間にか救われる究極の癒し本」とファンに噂された(らしい)幻の名著!本人によるあとがき「コンサートよりもインサート」を収録。

Amazon

高田純次の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

楽観的な思考についてほかのひとがどんな風に考えているか、高田純次では学び足りない方におすすめの記事です。

所ジョージの厳選102の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

落合博満の厳選36の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

落合博満は、元プロ野球選手。

日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王も達成した日本を代表する野球選手です。

多くのプロ野球選手とは違ったキャリアや独特の野球観は哲学すら感じさせます。

「最も厄介なのは、言葉は悪いが、感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。そんな勢いは決して長続きしないことを覚えていてほしい」

その言動からは一見理解しずらい理論にも聴こえる落合博満の言葉は実は考えつくされた結晶であり、努力の裏打ちから語られた言葉。

その言葉は、考え努力する王道の頑張り方に気付かされます。

人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的な落合博満の言葉から厳選した名言集を紹介します。

落合博満はどんなひと?

落合 博満は、秋田県南秋田郡若美町出身の元プロ野球選手・監督、野球解説者。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ・中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツ・日本ハムファイターズの計4球団に在籍。ロッテ時代には史上4人目の三冠王を達成したほか、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王も達成している。

Wikipedia

落合博満の人生の名言 -目標は高くすることの大切さを教えてくれる言葉

落合博満は、野球選手として身体が大きい訳ではないですが、3度の3冠王に輝くほどの実績をあげました。

誰よりも野球について自分の能力について考え、練習してきたからこその実績でもあります。

「志の低い人間は、それよりさらに低い実績しか挙げられない」

「今日の試合が終わった時点で、明日の試合は始まる。」

落合博満の、目標を常に高く設定し、達成するためにすべての時間をつかうことについて学ぶことが多くあります。

落合博満の言葉は目標設定の大切さを教えてくれます。自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

何でもできる人はいない

悪いとわかっていても、人間がどうしても捨てられないものに先入観がある

「獲りたい」などと言っていてはだめ。「獲る」と決めれば取れる

俺、負けたからっていちいちしょげていないからな

志の低い人間は、それよりさらに低い実績しか挙げられない

打率だけ狙うなら4割を打つのは簡単だ。でも3つ全部取らなきゃ意味がないから

壁にぶち当たった時に、自分のやってきたことを否定してしまうとすべてがスタートに戻ってしまう

人間がやること。何でスーパーマンみたいなことを期待するかなあ

代打で始まった俺の野球人生。最後も代打で終わりたい

今日の試合が終わった時点で、明日の試合は始まる。

自分の調子がいいときにあきがない、あきができたときに下降気味では何ともならない。いつお呼びがかかってもいいように、2軍の選手は1軍選手以上に体調管理が必要になる。

落合博満の人生の名言 -根拠を持って自分を信じることの大切さを教えてくれる言葉

落合博満は、キャリアは多くの野球選手とは少し違ったものがあります。

体育会系の風習が嫌いで高校時代は退部と復帰を通算7回繰り返していたそうです。

大学時代も体育系に嫌気が差し中退。

社会人野球から25歳でのプロ入りと遅いキャリの始まりながら2000本安打を達成するなど抜きん出た実力で功績を挙げました。

周囲の環境に振り回されず自分の意思を貫く姿勢が落合博満にはあります。

「最も厄介なのは、言葉は悪いが、感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。そんな勢いは決して長続きしないことを覚えていてほしい」

「信じて投げて打たれるのはいい。信じて投げて打たれたのなら、それは結果。一番いけないのは、やる前から打たれたらどうしようと考えること」

根拠を持って自分を信じる、落合博満の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。

自分を信じ生きようと思える言葉・名言を紹介します。

自分は頭を下げないと生活できないと思っているから、媚も売るし、喧嘩もできないんだ。人間、自分に自信があれば喧嘩もするのよ

信じて投げて打たれるのはいい。信じて投げて打たれたのなら、それは結果。一番いけないのは、やる前から打たれたらどうしようと考えること

良い時も、悪い時も同じ態度で接してくれた人だけ信じられんだ、そういう人と一生つきあっていきたい

最も厄介なのは、言葉は悪いが、感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。そんな勢いは決して長続きしないことを覚えていてほしい

精神的なスランプからは、なかなか抜け出すことができない。根本的な原因は、食事や睡眠のような基本的なことにあるのに、それ以外のところから原因を探してしまうんだ

どんなにいいヒントを貰っても、それを実行しなければ成果は上がってこない

落合博満の仕事の名言 -「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」仕事について考えさせられる言葉

落合博満は、プロ野球選手時代においても自身を貫く姿勢は変わりません。

初めての1億円プレーヤーとなったことでも知られますが、球団との交渉に引かず適正に自分の商品価値を提案しました。

その結果、プロ野球選手の給与水準があがったとされています。

ひとりのこだわりでなく、野球界をすら変えてしまう主張ができた落合博満は野球選手としてでなくビジネスマンとしての貢献も私達に考えさせてくれる人物です。

「皆さんも仕事をしてお金をもらっているならば、その道のプロ。その仕事を全うしなきゃ。」

「40本塁打してくれる大砲が貴重な戦力なら、送りバントを100パーセント決めてくれる選手も大切な戦力だ」

彼の言葉にあるように、プロフェッショナルとして誠実に仕事を全うする姿と適正な報酬をいただく健全さを落合博満は教えてくれます。

彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。

今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

いいんじゃない、うんと苦しめば。そんな簡単な世界じゃないよ

「まあ、しょうがない」と思うだけでは、しょうがないだけの選手で終わってしまう

素振りを1本でも多くやったヤツが、勝つ世界

40本塁打してくれる大砲が貴重な戦力なら、送りバントを100パーセント決めてくれる選手も大切な戦力だ

どうやってこのチームを、強くするしか考えていない。預かった以上は、俺のやり方でやる。周囲の声は、俺には関係ない

基本に忠実に、普通のことを普通にさせた。見る方はつまらないかもしれないが、それが上達の一番の近道

欠点を直すこと、それはよい部分が失われることでもある

最終的にこうなってくれればいいという形を示し、その人にあったやりやすい方法を探す。方法論は何も一つだけではない

うまくなるヒントは、なんぼでもその辺に落ちている

自分の好き嫌いで選手を使ってはダメ。自分で自分のクビを絞めることになる。勝負は勝たなくてはいけない。勝たなきゃみんな納得しないでしょ

理由をきちんと説明して納得させることができれば、どんな選手にも正しくやらせることができる

役割がはっきりしていれば、あとは全員で目標を目指して前進するだけだ。難しいことは何もないだろう

本当にその選手を育てたいと思ったら、「負けるなら負けてもいい。この試合はおまえに任せた」と言ってやるのが大切

自分のベンチで監督と戦ってもしょうがない。選手達には「戦う相手を間違えるなよ」と言っている

一番ブーイングを受ける場所、一番嫌な役割っていうのは、監督がしなきゃいけない

皆さんも仕事をしてお金をもらっているならば、その道のプロ。その仕事を全うしなきゃ。

働き場を与えれば、人は動く

はじめにマイナス思考で最悪の結果を想定し、そうならないような計画を立ててから組織や集団を動かす。そして、全体の流れが軌道に乗ってきたと見るや、プラス思考に転じて攻めて行く

上司という立場にいるのなら、任せる部分はきちんと部下に任せておいて、あとはうまくそれらを機能させるというやり方を取るべきだ

落合博満の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

采配

チームを53年ぶりに日本一に導き、2004年の就任以来8年リーグ優勝4回、2011年は史上初の2年連続リーグ優勝を果たす等脅威の数字を残した、中日ドラゴンズ監督・落合博満。常にトップを走り・育て続けた名将が初めて明かす、自立型人間の育て方、常勝チームの作り方、勝つということ、プロの仕事ついてetc.

Amazon

決断=実行

教える側・教わる側ともに知っておきたい。名将が明かす、人・組織・ルールetc.本質をとらえる「考え方」とは。42万部『采配』7年ぶりにアップデート!

Amazon

落合博満 バッティングの理屈―――三冠王が考え抜いた「野球の基本」

すべての打者に共通する「理屈」がある。三冠王が考え抜いた「野球の基本」が一冊に!プロ・アマ問わず、すべての選手、指導者、野球関係者必読のバイブル!!

Amazon

コーチング―言葉と信念の魔術

選手が勝手に育つまで指導者はひたすら我慢すべき。「そんなことは常識だ」という前に納得できる理由を説明する-。選手(部下)に対する禁句集、組織の中で自分を生かす術など、一般社会でも活用できるテーマで具体的に語る。

Amazon

落合博満 アドバイス――指導者に明かす野球の本質

短期決戦の戦い方・データ活用の落とし穴・チームマネジメント・適性の見極め・実践的練習法・コミュニケーションの流儀

Amazon

落合博満の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

野球人、名称、自分のやり方を築いた人物として、彼の考え・言葉を紹介します。

野村克也の厳選15の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

長渕剛の厳選47の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

長渕剛は、シンガーソングライター。「乾杯」「とんぼ」「しあわせになろうよ」等、多数のヒット曲がある日本を代表する歌い手です。その時の自分の人生をなすりつけたものが自身の音楽であると、弱さも全面に出しながら這い上がろうとする生き様を歌っています。「生きて生きて生きまくれ!お前の命は生きるために流れている。」長渕剛の歌にふれると、自身も「生きる」ことの本来の力強さに気付かされます。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的な長渕剛の言葉から厳選した名言集を紹介します。

長渕剛はどんなひと?

長渕 剛は、日本の男性シンガーソングライター・俳優・詩人・画家・書道家。デビュー時の芸名は長淵 剛で、名の読みが「ごう」。Office REN所属。 血液型はA型。身長172cm。

Wikipedia

長渕剛の人生の名言 -全力で生きることの大切さを教えてくれる言葉

長渕剛の幼い頃は体が非常に弱く、病院通いをしていたそうです。音楽が楽しみで、ギターをかき鳴らしては当時の流行歌をコピーしていたそうです。「力抜くのがダメで、余力を残して生きるのが嫌。ヘトヘトに疲れて生きたい。」「ぼちぼちしてらんねぇ。生きることに全力投球だ。」幼少の身体の弱さが原体験だったのかは分かりかねますが、いまでは鍛え抜かれた身体で生きることへの熱量を表現しています。長渕剛の言葉は全力で生きることの大切さを教えてくれます。自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

人生に勝ち負けなんてあるもんか。人間、精一杯生きても、怠けて生きても、最後はみんな死ぬんだから。だったら精一杯行きましょうよ。たったそれだけのことですよ。

俺はやりたかったんだ。だからやった。それでいいんじゃないかな。失敗したら、また前を向けばいいだけだ。

人生は一度きりだから、生まれかわるなら、生きてるうちに。

今の世の中、男がヘタレばっかじゃん!!野生がねぇんだよ。要するに狩りをしなきゃイカンのよ。男の中にひそんでいる野生を喪失しちゃったら、もう精神的な死と同じ。俺は常に生きていたいのよ。死臭を漂わせたくないんだ。

裏切ったヤツと街でばったり出会った時に、よっ、久しぶり!貴様!元気か?と笑える、本当の意味で強い人間になりたいと思った。

力抜くのがダメで、余力を残して生きるのが嫌。ヘトヘトに疲れて生きたい。

生きて生きて生きまくれ!お前の命は生きるために流れている。

ぼちぼちしてらんねぇ。生きることに全力投球だ。

女にはどうあがいても勝てないし、勝負の対象となるものでもない。女は偉大だ。男はつくづく闘争本能をぶら下げた毛虫のようだな。笑いたくなる。

自分の本当にやりたいことってなんだい?誰かに何かを言われてるからやってるんじゃないか?みんながやってるから、雰囲気で右にならえしてるんじゃないか。

父と母が亡くなったときのあの放り出されたかのような気持ちは半端じゃなかった。人生の先輩がたからは「甘えるな」と怒られるかも知れないけど、独りぼっちじゃん。

死んでからだね、父母が。恥ずかしい話だけど。俺、これでようやく自立なのかって思って。それまでずっと心のどこかに、父ちゃんに抱っこされたいっていう思いがあったんだと思う。

20代の時はさ、こんなクソ田舎、冗談じゃねえよっていって出てきたんだけど、母親が亡くなり、父親も居なくなりそうな状況に直面した時に、故郷というものがたまらなく愛しくなって、いつしか感謝の気持ちに変わり、しまいには恩返しをしたいって気持ちが湧いてきたんだ。

長渕剛の人生の名言 -いまを生きることの大切さを教えてくれる言葉

長渕剛は、家庭内暴力、大麻取締法違反で現行犯逮捕、スタッフへの暴行による訴訟など清廉な人物とは言い難い行動もされますが、その人間味すらも長渕剛の魅力となってしまうような存在でもあります。「死ぬほど今を生きるんだ。」「苦しい事など人に語るな。ドブに捨てちまったら一生だんまりきめろ。」彼の言葉には、自分の心に正直に生きようと行動しようと指針のようなものが多くあります。全力でいまを生きる、長渕剛の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分にとっていまを生きようと思える言葉・名言を紹介します。

人生はね、君達が思っているほど、長くないかもしれない。だから、今を思いっきり生きていこいうね。

ガキの頃の純粋さや一途さ、そういったものを持ち続けることの大切さを再確認したんだ。

苦しい事など人に語るな。ドブに捨てちまったら一生だんまりきめろ。

まず、自分をとりまく環境を変える。居場所を変える。簡単なことだ。心の痛みをしょい込むより、肉体の痛みを毎日実感しながら、昨日よりも強い精神を宿らせろ。

日誌を書くと、その日の自分のほんの小さな弱さを見逃さずに済む。反省もする。取り戻そうとする。自分のケツは自分で拭いてケジメつけて生きていくという当たり前の覚悟が宿る。

トレーニングでは、強さだけではなく、優しさも育つ。ホンモノのアスリートを目指すには、自分の力だけではレベルアップはできない。

今、何をしていようと、それに夢中になればチャンスはいくらでもある。

君が愛にしがみつくより、まずは君が強くなれ。

死ぬほど今を生きるんだ。

長渕剛の仕事の名言 -「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」仕事について考えさせられる言葉

長渕剛は、仕事に対する自身について厳しく律しています。筋トレや食事制限など人前に出る姿を日々の生活で作り上げているそうです。「オレの周りには、グウタラとかヘタレといわれるヤツはいない。人の前でパフォーマンスをやる人間にとってデブは敗北。」「デブは必要ない。これ、アーティストでなくても、あらゆるビジネスにも共通することなのだ。自己管理ができないヤツはだめだ。」「オレの場合、肉体改造と音楽は直結している。その時その時の人生をなすりつけたのが、オレの音楽だ。」彼の言葉にあるように、生き方そのものを自身の身体で声で歌で表現するためには、日々の時間をどう生きていくか、長渕剛は教えてくれます。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

デブは必要ない。これ、アーティストでなくても、あらゆるビジネスにも共通することなのだ。自己管理ができないヤツはだめだ。

こうして思うとね、30代後半に悔しい思いを体験したことはすごくよかった。順風満帆だったら、自分を変えようなんて考えなかった。有頂天だったころは、現場で力ずくで自分の筋を通したこともあった。おい!こら!とね。それは、オレの心が弱かったんだ。不安だったんだ。そういう態度が誤解も生んだ。頭も打たれた。悔しかった。でも、悔しさは力だ。神様が与えてくれた試練だ。悔しかったからこそ、自分から変わろうと思ったんだから。

「すごい」って言われるのはやっぱりすごいんですよ。「すごい」の三文字ね、それを色んな人に言わせたい。そこに集まる連中たちへ向けられる最高の3文字を僕はつくりたいんです。シンプルだよね。

仲間とか、一緒に上り詰める人とは本気が大事じゃない。本気の先には、狂気があるんですね。そこを今度は超えると殺気がある。本気、狂気、殺気を超えて、最後には覚悟がある。

ミスを犯すのが人間。だけど、そのミスを犯した時にどう補うかが、その人間の真価が問われている。

金庫にさ、出刃と契約書だけ入ってんのよ。わかるかな、この感覚。

「本番で一生懸命歌えばいい」とか「本番でアクティブなパフォーマンスをすればいい」という考え方は、僕は嫌いなんだ。

俺はいつだって俺の中にある本質を伝えたいんだ。だから根本は変わらない。どうしたって。

べつにへたくそでも、つたなくてもいいんだよ。大切なのは、俺の気持ちをお前に伝えたい!この純粋な想いのみだ。

オレの周りには、グウタラとかヘタレといわれるヤツはいない。人の前でパフォーマンスをやる人間にとってデブは敗北。

オレの作品は、いつも自分へ向けての音楽。何よりもまず自分を奮い立たせるために作り、歌う。「TRYAGAIN」もそう。しのぎを削りながら頑張ってきて、のし上がって、でもくじけて。後悔して、また自らを奮い立たせる。それをありのまま歌う。自分が倒れた時に立ち上がるための音楽を、オレはやる。

わざわざ難儀な思いをして、髪をかきむしりながら、言葉を書いて、それに曲を付けて、そうまでする理由っていったいなんだ?それは、どうしても伝えたいことがあるからだろう。

自分の心の中から歌いたいこと、いま言いたくてたまらないこと、そういったことが作品にならなくてはダメだ。

オレの場合、肉体改造と音楽は直結している。その時その時の人生をなすりつけたのが、オレの音楽だ。

人間は命がけの表現、本気でかかってくる者に対しては、逃げるか、行くかしかないんですよ。

俺はずっと一人で叫び続けてきたわけ。でもさすがに一人だと声も涸れて出なくなるぜ。一緒に走る仲間が心から欲しいんだ。弱虫でセンチメンタルな部分っていうのは俺の中にたくさんある。

聴く人がいなきゃ、俺なんかクソなのよ!

僕のライブパフォーマンスは「生きる」そのものであって。「死にたいほど生きる」、「おまえら、死にたいほど生きてるか」ってことなんですね。そんな厳しいこと言わないでよ、という人もいっぱいいると思うけど、でも「ゴメンネ、おれ学芸会やってるんじゃないんだよ」と言いたい。

巨大なエネルギーっていうのは一夜にできたものではありませんね。僕とファンがずっと長い歴史をつむいでつくってきたものなんですね。それは、高みを目指して挑戦し続ける、一途の道を追求しつづけるという、あくなき表現者として完璧を目指すという強烈な欲求でもある。

ファンが何を求めて僕のコンサートにやってくるかと言えば、自己を肯定して生きていきたいんです。「おれたち、結局頑張ってもさ…」と、どこか自己を否定して生きている社会がある。だけど、「長渕のコンサートに行くとそんなもの払拭してくれるんだ」という、そんな彼らの声がステージ上の僕に突き刺さってくるんです。「わかった、だったらおれらも飛びかかっていくからな!!」と、そこに全力で応えていく。

無理だと言われた瞬間に、やろうと思った。

僕は「ファン」という言い方が嫌いで、「仲間」と呼んでいるんですが、仲間に支えられて作ってきた自分のエネルギーをすべて使い果たして死ぬことが、今までたくさんの仲間を引き連れてきた僕にとっての礼儀だと思っています。60歳も目前にして、体力的にも厳しいけど、朽ち果てないように努力をしなきゃいけないと思います。だから、仲間には「絶対に観に来いよ」と言いたいです。

1つのヒットがあったときに、それを10年歌わない覚悟が自分にあるかどうか。それを上回る拍手をもらうために何が必要かを考えますね。

自分で決めた分の筋トレをしなかった場合は、翌日倍以上やる。

基本的に僕らの歌は大衆の中に流れていってるものですから、自分も大衆の中の一人としてどうなんだということを客観視しないと、ついつい自分は凄いことやってると思いがちなんですね。

長渕剛の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

長渕語・録

つまずいたとき、泣きたいとき、悔しいとき、人を信じられないとき、ひどく裏切られたとき…、勇気と力が湧いてくる言葉たち「長渕剛・オールタイムベスト語録」

Amazon

長渕剛 写真集 2011-2012 「未来」

伝説の自衛隊ライブから厳戒の福島県浪江町で見たもの、そして全国25万人のオーディエンスとひとつになったアリーナ弾き語りツアーまでの2年間を追ったドキュメントが完成!

Amazon

長渕剛の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

イビチャ・オシムの厳選57の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

イビチャ・オシムは、サッカー元日本代表監督。旧ユーゴスラビア代表の最後の監督、日本代表監督を歴任。考えて走るサッカースタイルを日本で表現した彼のサッカー哲学は含蓄に溢れ、サッカーを知らないひとでも自身の人生において考えさせられる言葉が多くあります。「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?要は準備が足らないのです。」イビチャ・オシムの哲学にふれると、自身も「リスクを冒す」ことの大切さに気付かされます。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的なイビチャ・オシムの言葉から厳選した名言集を紹介します。

イビチャ・オシムはどんなひと?

イビチャ・オシムは、ユーゴスラビアのサラエヴォ出身のサッカー選手、指導者。愛称はシュワーボ。なお、より原音に忠実な表記はイヴィツァ。 旧ユーゴスラビア代表の最後の監督であり、日本でもジェフユナイテッド市原・千葉、日本代表で監督を歴任するなど、世界各国で豊富な指導歴を持つサッカー指導者である。

Wikipedia

イビチャ・オシムの人生の名言 -自分の頭で考え行動することの大切さを教えてくれる言葉

イビチャ・オシムのユーゴスラビア(現・ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエヴォ出身です。彼の故郷は侵攻された場所でもあります。当時ユーゴスラビア代表監督をしていたオシムはサラエヴォ侵攻とユーゴスラビア分裂に抗議する意味を込め監督を辞任したそうです。「人の頭ではなく、自分の頭で考えなければならない。」「私にとって、サッカーは人生そのものだ。人生からは逃げられない。」彼は選手に指導する立場である前にひとりの祖国を想う人間として言葉の通りの姿勢を見せました。イビチャ・オシムの言葉は自分の頭で考え行動することの大切さを教えてくれます。自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

人の頭ではなく、自分の頭で考えなければならない。

あなたは、息子さんを「最後まであきらめずに走る子供」に育てましたか?

私には、理想とするサッカーはない。「こういうチーム」と決めてしまうとそれ以上のチームにはならないからだ。完璧と言えるチームはないと思っているし、起こりうる状況の中で常に前進して行くだけだ。

人生は100年も続かない。選手のサッカーキャリアなどもっと短い。その短い選手生命の中で、何か歴史に残ることをしようじゃないか。

大事なことは、昨日どうだったか、明日どうかではなく、今日一日を大切にすること。

サッカーの試合とは絶対に一人では成立しない。君たちの人生も同じじゃないか。

やることをやってもし負けるのなら、胸を張って帰れるはずだ。

トップクラスの選手は、シンプルにプレーするものであり、それが一番美しい。

自分を信じることだ。自信の無い者に戦う資格は無い。

サッカーとは、トータル的にこれが理想というものがない。だからこそ魅力的なんだ。

玄関を出入りするときに毎回つまずいて、転びそうになるならば、それはドアが悪いのではなく、つまずく方に問題がある。

タレント不足と言うならば、ユース時代から数年間にわたる強化が無意味だったということだ。つまり選手を否定することは彼らを選び、指導してきた人々も否定することになる。

偽物は、いつまでたっても偽物。模倣はどこまでいっても模倣なのである。

ポジティブシンキングに客観性が加わるときに、平常心は生まれる。逆に何も信じるものがなくなったときに、あらゆる可能性が泡となってその姿を消すのだ。

前に出ること。それだけでサッカーは即座に美しくなる。少しリスキーではあるが美しい。

追いつこうと思うから離されるのだ。

一生懸命探すニワトリだけが餌にありつける。

サッカーは人生のようなもの。勝敗を分けるのはほんの小さなニュアンスである。

やったことが返ってくるのが人生というもの。もっと走るべきだし、タイトにプレーすべきだ。全てが返ってくるのだからやらなくてはいけない。

私にとって、サッカーは人生そのものだ。人生からは逃げられない。

イビチャ・オシムの人生の名言 -自分の意思を信じることの大切さを教えてくれる言葉

イビチャ・オシムは、1990年ワールドカップ当時、ユーゴスラビア代表監督をしていました。ユーゴスラビア内での民族対立が激化していくなか、メディアは各民族のスターばかりを集めた選手起用を求めました。そんなメディアに対する当てつけとして、ワールドカップの初戦の西ドイツ戦でメディアの要求通りの選手起用で敗戦してみせ、次の試合ではオシムが本来考えた選手起用で勝利したそうです。「いったん掲げたら堂々とそれをめざせ。戦いの前から負け犬になるな。」「相手をリスペクトするのが負けない秘訣だ。」相手をリスペクトすれば、スター選手ばかりの起用の結果になりえないことをオシムは自身の決断で教えてくました。彼の言葉には、自分の意思を誰よりも信じたからこその発せられたものが多くあります。物事の本質をとらえる思考と揺らがない意思を持つ、イビチャ・オシムの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分にとって本質をみつめ自分の意思を信じようと思える言葉・名言を紹介します。

偶然で日本に来た。二年目からは偶然ではない。私の意志だ。

だれの真似もする必要はない。自分たちの道を探さなければならない。

いったん掲げたら堂々とそれをめざせ。戦いの前から負け犬になるな。

1点負けていたって、まだ試合には負けていない。

奇跡といっても、自然に起きるわけではない。奇跡がなぜ起きるのか、プロセスを研究する必要がある。毎日奇跡が起こるわけではない。奇跡を金で買うこともできない。入念に準備をした上でしか、奇跡は起きない。

すべてのチャレンジに応じられるように、フィジカルとフィットネスを万全に準備し、しっかりとディシプリンを正した状態でいることが肝心だろう。

アイデアが存在する間は常にアクティブになる必要がある。同じことを繰り返すようになると人間は終わりだ。今の私には仕事なしの状況が考えらない。金のためではない。いつも金は私にとって重要じゃないことだ。

相手をリスペクトするのが負けない秘訣だ。

イビチャ・オシムの仕事の名言 -「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」仕事について考えさせられる言葉

イビチャ・オシムは2003年、Jリーグのジェフ市原に監督就任しました。「走力」と「哲学」を備えた「賢く走る」スタイルを掲げ、リスクを意識して冒す「危険なサッカー」をキーワードとした指導をはじめ、年間通算成績3位と当時クラブ最高の成績を記録しました。「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?要は準備が足らないのです。」「ピッチで指示を待ち続けていたら、試合には負けてしまう。私が望んだのは、対戦相手のことを考え、敵にとって危険な地帯へ進入していくプレーだ。」「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない、が私の原則論である。」彼の言葉にあるように、自分で考え、自分で動き出し、自分でリスクを冒すことの大切さをイビチャ・オシムは教えてくれます。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?要は準備が足らないのです。

二本足で日本に来たが、杖をついて三本足で帰ることになるかも。それだけ多く足跡を残したということなら、私の財産はその杖だ。

ブラジルが一番と決まっているのだったら、ほかの国はサッカーをやる必要はない。だから、サッカーは面白いんだ。強いと言われていても、彼らが常に勝つわけではない。

リスクを負わないチャレンジはない。そういう日本人に欠けている哲学の部分を埋めたいと考えていた。

限界には、限界はありません。限界の定義は何だと思いますか。限界は個々の選手の目標で、限界を超えれば、次の限界が生まれるのです。

君たちはプロだ!休むのは、引退してからで十分だ!

負ける覚悟も含めて、すべてにおいて、完全な準備をしなければならない。準備に「やり過ぎ」などという言葉はないのだ。

相手より5歩余計に走れば、その5歩がすでに勝利の5歩だ。

サッカーに最も必要なのはアイデアだ。アイデアの無い人ももちろんサッカーはできるが、サッカー選手にはなれない。

ピッチで指示を待ち続けていたら、試合には負けてしまう。私が望んだのは、対戦相手のことを考え、敵にとって危険な地帯へ進入していくプレーだ。

監督というものは、常に何がうまくいっていないかを探さないといけない。私はブラシのようなもの。常にホコリをはらうことをしないといけないのだ。

監督というものは心理学者であり、教育者でなければならない。それにときどきは上手にウソもつかなければならない。

他人に責任を押し付けているならば、サッカーという仕事をすることはできない。

「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」が私の原則論である。

敗北は最良の教師である、と言われる通りだ。だが、「だから明日の試合で負けたい」とは私は言えない。

アイディアだ。監督にとって大事なのはアイディアだ。

いいチームとは、実は、大きな集合体が、やるべき仕事を確実にミスなく成し遂げているチームなのだ。

エゴイズムはプレッシャーへの強さでもある。エゴイストだから外す、では監督として単純すぎる。

巧い選手でも走らなければいけない。走らないぶんの借金は監督が払わなければいけない。

リーダーとは生まれつきのものだ。リーダーとして生まれるか、そうでないか。学べるものではないし、そのための学校もない。そこに難しさがある。

リスクを冒して失敗したらそれは褒めてやった。その代わり、同じ失敗は繰り返すなよ、と言った。そうすると選手は成長する。

サッカーは技術だけではなく、何かを感じる感覚-遠くを見たり、位置関係やタイミングを計る目、チャンスやピンチになりそうだと嗅ぎつける鼻-そういうものが大事だ。それを育てるためにはまわりの援助が必要だ。その上で、才能が努力によって開くのだ。

日本人はシステム論議が好きらしいが、システムは保証でしかないことを理解したほうがいい。システムの奴隷になってはいけないのだ。

本当に強いチームというのは夢を見るのではなく、できることをやるものだ。

厳しい状況に追い込まれるほど、選手は問題を解決しようと努力し、発想が豊かになるものだ。ゆえに悪条件下では、メンタルフィットネスの準備がとても重要になってくる。

古い井戸に水があるのに新しい井戸を掘るのはやめた方がいい。チームを作るならば経験のある選手たちを中心にして作らねばならない。

イミテーションを繰り返しても、彼らを超えることはできない。日本はコンプレックスから開放されて、自分たちのストロングポイントを自覚するべきだ。

一番大事なのは指導者が自分のチームの選手を尊敬すること。それから相手選手を尊敬することを選手に教えることだ。

規律を守ることとリスクを冒すことは矛盾することではない。規律を守りながら、いつ、どこでリスクを冒すかアイディアがなければならない。

イビチャ・オシムの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

オシムの言葉

言葉は極めて重要だ。そして銃器のように危険でもある―。スポーツの枠を超えて、各界の日本人に多大な教訓を与えたイビツァ・オシムの箴言。彼の言葉は、なぜこれほどまでに人の心を揺さぶるのか?祖国の崩壊から、日本代表監督就任、大病、奇跡の復活まで、激動の半生を綿密な取材でたどった、傑作ノンフィクション。

Amazon

オシム 終わりなき闘い

不可能と言われた民族融和を果たし、ボスニア・ヘルツェゴビナをW杯初出場へと導いたイビツァ・オシム。病に倒れ帰還した祖国での闘いとは―人間オシムの「その後」を長期取材で追ったノンフィクション。

Amazon

急いてはいけない ~加速する時代の「知性」とは~

本書は日本の皆さんから、イビチャ・オシムに聞いてみたいことを募り、オシムがその質問に答える、という形の企画としてはじまった。質問の内容はサッカーに限らない。仕事でも恋愛でも生き方でも何でもいい。毎日を生きるうえで、人生を生きるうえで直面しているさまざまな問題や、今日の日本社会を覆い尽くしている閉塞感の中で、希望を見いだそうとしている人々の悩みに、オシムなら応えられるのではないかという思いがあった。そして…意図した形とは違えど、オシムは我々の問いに「答え」を授けた―その中身とは。

Amazon

考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか?

「なぜ日本人はゴールの前で責任を放棄するのか? リスクを負わない者は勝利を手にすることができない。リスクとは負けることによって認識すべきものではない。だが日本人は、誰もが敗戦を恐れすぎているのだ」。名将が書き尽くした珠玉の戦術論・組織論・日本人論。

Amazon

Number PLUS オシム語録 人を導く126の教え

「言葉には、人間を変える力がある。運命を切り開く力がある。元サッカー日本代表監督イビチャ・オシム。監督としての手腕もさることながらヨーロッパ、とりわけ出身地である旧ユーゴスラビアでは、その人間性と品格・知性から偉大な人物として尊敬されてる。オシムの言葉には、道に迷い行き先を見失った人々に、勇気と希望を与える力がる。」知将・オシムの含蓄に満ちた126の言葉に学ぶ! 第1章部下を動かす言葉/第2章リーダーシップに必要な言葉/第3章組織を構築する言葉/第4章人生に効く言葉/第5章日本人に告ぐ

Amazon

イビチャ・オシムの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

所ジョージの厳選102の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

所ジョージは、タレント。テレビ番組だけでなく音楽や雑誌連載、YouTuberなど多方面で活動しています。その幅広い活動自体が所ジョージの遊び心を表すようで魅力でもあるのかもしれません。「遊びに理由なんてないんだよ。」と常に遊び続ける彼の姿勢はいまの時代により求められているのかもしれません。いまも所ジョージはどこかで遊んでいる。そう思うと、自分の日常ももう少し遊んでみようかなと思えてきます。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的な所ジョージの言葉から厳選した名言集を紹介します。

所ジョージはどんなひと?

所 ジョージは、日本のフォーク歌手、マルチタレント。本名・芳賀 隆之、旧姓・角田。既婚。 埼玉県所沢市出身。東京都世田谷区成城在住。ティヴィクラブ所属。身長172cm、体重63kg。

Wikipedia

所ジョージの人生の名言 -遊ぶことの大切さを教えてくれる言葉

所ジョージの芸能界デビューは「シンガーソングコメディアン」を自称し、ミュージシャン・コメディアンから始まりました。そのスタンスはいまでも変わらず、音楽と笑い、リズムと打ちながら、ギャップを見つけながら日々受け手に「楽しさ」を届けてくれます。「昨日より今日、今日より明日が充実してなきゃ。」「僕は毎日、今を楽しくしたいから、無理やり何かイベントしてますよ。」「誰の日常にも面白いヒントがたくさんある。」所ジョージの言葉は遊ぶことの大切さを教えてくれます。自分の人生を楽しみ、遊ぶことについて考えさせられる名言を紹介します。

俺が妻と結婚したのは妻の笑顔を長い時間見たいから。今、妻を笑顔にしてあげられてないなら、笑顔にしてあげれてない俺が全て悪い。

経験することが楽しい。だから生きていることが楽しい。だって生きていることが経験だから。死んじゃったら何も経験できない。でもそのうち、死ぬことも経験になる。

やりたい時に、やりたいことができる、これ以上の幸せってないよね。

綺麗な女なんかいないんだから。一人もいないよ。うちのかみさん以外。みんな骨にすると、みんな同じようなもんだよ。うちのかみさんだけ、素敵な骨だと思うよ。

人間は何のために生きてるのかなって考えてることが生きている意味だ。

世間様が色んなニュースとかで地球温暖化とか異常気象とか色々言ってるけど、何かこう、自然なものを相手に我々の都合で異常だとか、我々からの都合で言ってる訳じゃん。あっち都合なんじゃないの?ほんとは自然都合でしょ。

よくいったいわないでケンカしたりするでしょ。そういうのも馬鹿らしいよ。そんなことは過去のことなんだから、今お互いが幸せになる方向に行ければいいわけで、いがみ合うなんてくだらないよ。どうせ他愛もないことなんだから。

人は歩きたいし、外へ行きたいし、太陽浴びたいし、暑いって思いもしたい。そこが幸せを感じるとこだよ。だから、面倒くさいことでも、とにかくやることだよね。

熱いと言うから熱いんじゃなくて、熱いもんは熱いんだよ。

現在が未来だ。明日になったらそれが今日になっちゃうんだから。

世の中って何がおこるかわかんないね死のうと思って入った森の中でも運命を変えるものと出会えるんだから。

年を取れば取るほど面白い。若いころと違って身体動かないからつまらなくなると思いきや経験が豊富じゃん。もっとくだらないことが強烈に面白い。大人になったほうが返ってくるのは強烈だね。

遊びに理由なんてないんだよ。

星は誰にでもみんなに輝いている。ただ見上げる人と見上げない人の差で云々。

遊びがわかってないね。まずは一生懸命暮らすこと。

100%がいい物じゃないね。7割方、届かない感じが俺らの想像力を掻き立てるね。そこなんだよ。なんもかんも目一杯じゃダメなの。

誰でもいいよ。だって、生まれ変われるなら、その次も生まれ変われるでしょ?だから、次はこの人、その次はこの人ってことになるんだから。

決まり事がないんで。こうでなきゃダメだっていうのはなんにもないです。

人に何かを教えようとか、それは違うよって否定するつもりがない。

昨日より今日、今日より明日が充実してなきゃ。

最近10代の子とか自殺したりするでしょ?そういうのはね、もったいない。人生はそん時だけじゃないんだよ。ほんとに。50まではね、面白くないよ。人生は。50から相当面白いよ、俺は!10代で悩んでる方たくさんいるでしょ?20代でも悩んでる方。30でもまだ悩んでるよ。50なってみろよ。

少年少女に言っておこう。夏休みは、夏休みの宿題があるから充実するんだよ。宿題を溜めて、「あー、早くやんなきゃな。宿題やんなきゃな。あー、月末に溜まってくな。」っていうのがあるんで、遊びが充実するんだから。夏休みをいくらでも遊んでいいですよってなったら、退屈でしょうがないよ。

酒とか飲んでたまに昔の話することもあるけど、私は昔はこうだったなんて誇りに思わないね。だって今のほうがいいに決まってるもん。昔のほうが良かった人は悲しいよね。そういう人は昔を忘れなきゃ。それが嫌ならもう死んじゃえばいいんだもん。

思い出語りだすなら今以下のことをね。今以上のことなんて聞いててかったるい。

僕は毎日、今を楽しくしたいから、無理やり何かイベントしてますよ。

子どものうちはバカだから、何でもやるんだよ。できないことでもやるんだよ、ケガもするけど。大人になると、そういうのが向いてないからやっても無駄だとかやらなくなっちゃう、だからつまらない。ステップを踏むだけでいい。

無駄なことはひとつもない。

誰の日常にも面白いヒントがたくさんある。

勝つと思うな、勝ちだと思えば全部勝ち。

先のことをマイナスに考えちゃうとイヤになっちゃうよ。

世の中、大変なこともあるけれど、人生が楽だと思う人は、何やっていても楽。人生が苦しいと思っている人は、どんなに恵まれていても苦しい。「あれが嫌だ、これが嫌だ」って。どんなに貧乏だろうが、窮地に立っていようが、楽観的に捉えている人は、「これも人生だから」と楽しめるんだよね。なかなかそうは考えられないんだけど、生きているときにしか経験できないことなんだから、楽しいと思わなくちゃ。

時間が経つと全部のことが笑い話になるから。

所ジョージの人生の名言 -自分から動くことの大切さを教えてくれる言葉

所ジョージは、早朝、庭で日の出を眺めることが日課だそうです。「今日そのものが美しいわけ。みんな明日があるからって希望みたいなこと言うけど、今日が充実してないと明日にならないから。明日を夢見るんだったら、今日を充実させないとダメ。」「不自由の中にこそ楽しさがある。」「自分が動かねえからつまんないんだよ。」彼の言葉には、常にいまを楽しむことに向かっています。いまこの瞬間を楽しむことができれば、未来はつねに楽しい。健全でシンプルな思考を持つ、所ジョージの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分にとって少しでも良い世界にしようと思える言葉・名言を紹介します。

揚げ足取るのは簡単。文句言うんだったら、自分の意見をもってから言えよ。

甲子園の校歌斉唱は、勝った方の学校が歌うから毎回同じ校歌を聞かなきゃならない。負けた方を讃えて敗退校の側が歌うようにすれば、すべての高校の校歌が平等に聞ける。

人間は頭がいいから、明日のこととか、来年のことを考えちゃうでしょ。そうじゃなくて、もうちょっとばかになって、今日のことしか考えられないと、幸せになりやすいのにね。

良い事も悪い事も自分のせい!他人のせいにしてるとそういう自分になっちゃうよ!都合の良い自分にならない。厳しいし辛い時こそ、もっとそっちの方へ。

みんな自分がバカだと思ってりゃ、こんな楽なことはない。

自分以上のものを求めるのではなく、自分の持っているものを楽しむ。

ヒザが痛かったら、痛むヒザで何ができるか考えればいい。

悪い事も良い事もすべて自分の人生にするのだよ。

今日そのものが美しいわけ。みんな明日があるからって希望みたいなこと言うけど、今日が充実してないと明日にならないから。明日を夢見るんだったら、今日を充実させないとダメ。

楽しく生きることを覚えましたとかね、そんな手紙もたくさんきますよ。そうなんだよね。意外と、漠然と暮らしてると、毎日同じようなことやってると、何が楽しいのかなって分かんなくなっちゃうときがあんの。うん。そうすっと、忘れてんですよ、みんな。自分で動けばみんな面白いもん。

うちの娘が、かみさんいないときにご飯作ってくれるんですよ。俺はね、ありがたくて写真撮るもん。だって、元々無かったんだよ、あの人たちは。俺とかみさんが知り合わなかったら。それがあんな成長してだよ、私にご飯作ってくれるじゃん。これはね、トマトの成長どころの騒ぎじゃないよ。

「枠にとらわれたくない、自由でいたい」っていう言葉をカッコイイ意味で使う人がいるけれど、あれ間違っていると思う。みんな社会の中で生きているんだから、なんでもアリッてわけじゃないのよ。規則や枠の中で工夫したり創造したりするから楽しいの。

人間だけなのよ、先を読んで手出さなかったり遠慮したりするのは。犬とか猫は腹が減ったら食ってるし、鎖離すと走るし。今走ったら怒られるかな?なんてことはないんだ、あいつらはバカだから。でもそれは、ヤツの人生観っていうか犬の一生として楽しいわけで。

この現実の中で楽しいことは何なんだろうって考えたほうがいい。どんな状況でも、考え方次第でいくらでもプラスは見つかりますよ。

人生は「完成形」よりも「成長形」が大事。最初から成功のイメージを追いすぎて、何もしないんじゃ面白くないよね。

普通は、つまんないとこ行ったら、「俺もつまんないんだ」ってなっちゃうじゃん?だから駄目なんだよ。つまんないとこに行って面白がれる自分がいなきゃいけないの。

途中で意味を考えない。山に登る­意味を考えていいのは、登り切っ­た人か、途中であきらめて降りた­人だけ。

遊びっていうのはさ完璧にやるもんじゃないの。あまり完璧になりすぎるとプロになっちゃって、それが仕事になっちゃうから。

準備万端だと全部それに頼っちゃうから、靴がずるってなるぐらいがちょうどいいの。自分の体が1番の頼りなんだから。

今は「別に俺、何にもしなくてもいいもん」っていう態度の人が多いわけ。挨拶しなくたって生きてゆけるっていう。だから慌ててるんだよ。愛嬌とか愛想がいい人は、保険が潰れようが、別に医者が知り合いだし、あそこ行けばいいご飯食わしてくれるし、みたいなね。保険とか車とか決まりきったものを手にしたから、安心しきっちゃってるのよ。そうすると人間はダメになってっちゃう。無いほうがいいね。

楽しいも幸せも本人次第だからね。俺はなんでも面白いもん。ぶつけたって面白いんだから。「やっぱぶつかるんだ、ココ。やっぱりねぇ」ってなればもう面白い。

便利だから楽しいんじゃない。不便さの中にこそ幸せはある。

「そこは最低につまんないとこでしょ?」って紹介されても、そこ行って楽しめる自分が素敵なんだよ。だから、用意されたところで楽しめるなんてのは、みんなができることなんで、それは自立できてないわけ。

面白がる人は何でも面白い。何でも不満を持つ人は、どんなにお金があろうと不満だもんね。

このソファーをさあ、台車に乗っけてだよ、あのー、みんな歩道橋とか乗らないじゃん。あの上に持ってってみ?意外と歩道橋の上にこれ持ってってだよ、お茶のセットなんか持ってって、飲んで、歩道橋で、環八なんかずーっと忙しそうにみんな走ってんだろ?あれ見てんのも相当楽しいから。

目の前のものでお腹いっぱいにするっていうようなもんだよ。だって目の前にあるのに、あれ食べたい、これ食べたいって思うことのほうがおかしいだろ。目の前に用意されたものを美味しくいただくことのほうが幸せじゃん。

健康より前に健全を考えないと。

自分が動かねえからつまんないんだよ。

歌だけやっているとつまんなくなっちゃうの。例えば一曲詩を書いて、曲作りに煮詰まったら、ちょっと休憩するので戦車をいじっちゃう。そうなったら今度は戦車に夢中になっちゃうんだけど、戦車も煮詰まったりするわけ。で、次はまた歌でもやろうかなって歌に戻る。そうすると、この前煮詰まっていたことは忘れてるから、スッとできちゃう。

面倒くさい所に面白いことがいっぱいある。

明日できることは明日にしましょうよ。

不自由の中にこそ楽しさがある。

性能は落として楽しむ。

所ジョージの仕事の名言 -「自分が成功だと思えば、全部成功」仕事について考えさせられる言葉

所ジョージの最大に楽しみは夕飯だそうです。家族と食卓を囲み、自分が育てた野菜なんかも料理になり、ガヤガヤした他愛のない時間が好きだと語っていたそうです。仕事については、土日に予定はいれず、できるだけ夕飯に間に合うようなスケジュールをつくるそうです。仕事とプライベートを割り切っているというよりも、自分が楽しいと思える物事を大切にし、仕事も日常のひとつとして考えているからこその考えに感じます。「なりたいものになるんじゃなくて、なったものが自分なんだよ。なりたいものを求めるんじゃなくて、そこで楽しく暮らせよってことだよ。」「俺のやってることなんて、失敗って言えば全部失敗だし、成功って言ったら全部成功だもん。自分が成功だと思えば、全部成功だよね。」彼の言葉にあるように、自分がどう思うか、そこからすべてを自分で考え自分でつくってみる。それは生活や仕事、人生について自分自身でつくることとも言えます。自分でつくれば、自分にとっては楽しく面白いもの所ジョージは教えてくれます。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

考え込んでる時間があったら何かやればいいんだよ。何もしないでいるなんてもったいないよ。

メンドクサイことがイヤなら、寝ているのが一番。でも、ずっと寝ているだけじゃ、幸せも、生きてる時間もわかりっこない。メンドクサイことがいっぱいあるから、生きてるんだって実感が持てる。

なりたいものになるんじゃなくて、なったものが自分なんだよ。なりたいものを求めるんじゃなくて、そこで楽しく暮らせよってことだよ。そしたらやがて、勝手に夢が出てくるから。

お金がないから遊べないんじゃなくて、遊ぼうとしないから遊べないんだ。

なに電話に全部依存してんの?あのね、世の中の人はみんなおかしいよ?携帯電話とか、「電話出なきゃ!」とか、「言ったはずだ!」とかね、「電話に入れといた」とか、電話に依存してんじゃん。人生を。電話なんかふざけんなよだよ。なに邪魔してんだよっていう。

「やればできる」ってじゃあやれよ!「昔は凄かった」って昔なんかどうでもいいんだよ。今どうなんだよ。

僕はデビューのころから、自分が世界でいちばん幸せだと思ってた。給料が7万円だったときも幸せだった。給料だと思えば安いけど、小遣いだと思えば7万円はすごいじゃん。

才能は誰でもあるんだよ。失敗して試行錯誤しながら続けられるエネルギーを持っている人が才能ある人って思われているだけ。

あなたなんて居ても居なくても同じ!って言われたら「居てもいいんだ!ラッキー」って思っちゃうもんね。

何もかんもお金出せば、全部100%完璧な物が手に入るってのは図々しいんだよ。自分のなんか、こう、足す。色んな物を。それで100%に自分がしてあげる。っていうか、みなさんと比べたら120%になる。そこに何か楽しみがある訳じゃん。

自分に価値をもってない人はお金かかるわ。お金の方が自分より価値があんだって思う人は、お金に頼るだろうし。自分の方が価値があるんだって思う人は、お金関係ない。

私だって、「大変だ」って頭抱えりゃ何もしたくないわ。大変だって考えたら、もう全部大変なことになるから。めんどくさいって思ったら、全部めんどくさいことになっちゃう。だから「考えない」っていうことですよ、その言葉がないっていうことですよ。だからもう楽しいことしかない。

どうしても世の中が便利な物とか、自分が何もしなくてもすぐ手に入る物とか、お金を持ってる人が一番だみたいな風潮があるんで、みんなつまんない。隣にコンビニがあるから安心しちゃってる。どうしようもない時にコンビニを使う。それぐらいの使用頻度。これが楽しい。

俺のやってることなんて、失敗って言えば全部失敗だし、成功って言ったら全部成功だもん。自分が成功だと思えば、全部成功だよね。

どーしてもいい器を越えられない、そこそこの器があるとするじゃん?そうしたら、今度はその器の真ん中に穴をあけて、そいつを植木鉢にしてやればいいの。植木鉢の中では相当上位だからね。

無駄なことは何にもないの。ギターのペグを変えても音なんて変わらないっていう人もいるけど、変わるの。それをした張本人のポテンシャルがあがるんだから。本人が刺激されることが大事。

あのときが良かったって言うんだったら、今生きている意味がない。「明日やればいいや」じゃないよ。

自分で経験すればなんでも面白い。みんな早く手応えがほしい、早くいい結果がほしいってなってるよね。ズルしてでも早くほしいみたいな。そういうのは面白くなくて、なかなかいい手応えや結果にたどり着けない自分を面白がれっての。

芸能の仕事は努力してとか、順番守って入ってくものじゃないから。たまたま恵まれてたんでしょう、僕が。たまたま何かに引っかかった。

がっかりも度を超えると面白い。

こんなものが売れるわけないとか、俺には才能がないとか決めつけててやらないだけで、やれば何か形になる。作ればいいわけ。だから、歌は誰でも作れるし独特の才能じゃないと思ってるの。大人になるとやらないのよ。無駄だからとか言って。

そんながんばったって、しょーがないんだから。

いや、何にも考えてないから、困りようがない。手だてを先に考えちゃったら、困ったり成功したりはあるけど、僕は何にも考えてないから、手応えがないし、やり遂げた感はないよ。日々楽しいなっていうことだから。

完成品を求めようとすんじゃない?完成品なんかないから。

苦労とか努力っていう人はたぶん才能ないんだと思うよ。

僕はね、歌は誰でも作れると思ってるんですよ。みんなが作らないのは完成形を早く求めたがるから。例えば「誰でも作れるから」っていう歌詞を歌にするとして、「誰でも作れるから~」って歌う。こりゃ商業ベースには乗らないだろうって思うから、どうしよう、リズムつける?「誰っでも作れるっからっらっら~」とかやってみる?でもダメだな…って、結局みんな諦めちゃうわけ。だからね、諦めないで完成させればいい。みんな完成させないだけの話なの。歌は誰でも作れる。

腐る人には誰も見向きもしないよ。

皆さぁ、自分が賢いとか、できる人間だとか思っちゃダメだよ。私も含めて、皆バカなんだから、早くバカに気付かないと、バカだってわかれば人間慎重になるから。

子供にも言ってんですけども、何のために片付けるかっつったら、次遊ぶ時に早く遊べるように今片付けろってことなんだよ。散らかってて汚いから片付けろ、じゃなくて、お前らが次遊ぶ時にどこに何があるかが分かりやすいでしょ?そしたら、次遊ぶ時に早く遊べるでしょ?だから片付けなさいって。

忙しそうに携帯電話でメールを打ったり、留守電を聞いたりするのは生きている手応えがほしいから。でも正しい手応えではない。昨日と違うことを必ず見つけようと思わなければダメ。

何でもかんでも規則通りにやらせようとするのは機械の仕事。人間なんだから、いろいろな場面で臨機応変に対応しなきゃ。

失敗なんかないよ。朝起きて、夜布団に入れば大成功。そのかわり、布団から出ない、出たくないって奴はダメだけどね。布団から出ないと、いいから出ないと。とにかく自分を動かさないとドラマが生まれないもん。

人に指示されたレベルの仕事で満足していると、次の展開がない。損得を考えずに、夢中になる瞬間があった方が、いろんな可能性が広がるし、人生が面白くなる。

「なんだって自分は色んな人に負けてんな」とか、「なかなか1位になれないな」って思うでしょ?そんなの思うことはなくて、そのジャンルで1位になんなかったら、他のジャンルにそれを持っていけばいいわけ。

あのね、説明書はね、読んじゃったら分かっちゃうじゃん。それを探ってんのが面白いのよ。ドラマチックで。

今日失敗したら、明日なんとか上手くいくように、残業するなり、復習するなり今日のうちに全部やらなきゃダメ!そして、明日からリスタート。

何かやってるのは、うまくいくのかないかないのかなと思いながら曖昧な気持ちでやってるのね。でもうまくいかなかったことでも大声で発表する。そうすると楽しいことになっちゃう。うまくいかなかったことを見なかったことになんとかしようとすると、つまんない方向にしかいかない。

所ジョージの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

日々、これ口実

言葉の魔術師・所ジョージが、その奇抜な発想を基に書き下ろした「格言」を解説付きで集大成。毎日一語、まさに日めくり感覚で楽しめる数々の格言の中には現代を明るく生き抜くための知恵が満載。「急がば、まっすぐに行け」「顔で笑って、心で大笑い」なんて元気がでる標語から、「国家予算は、正確に、ケチに管理させよう」なんてシニカルな格言まで、天才・所ジョージの才能が凝縮された、思わずニヤリの珠玉の名言集。

Amazon

所ジョージの世田谷ベース VOL.37

“今回は「所さんのお悩み相談室」と題し、所さん流の人生論で色々な悩みを解決するというこれまでにない読み応えのある内容に。 新生活、新年度が始まる今、ぜひ読んで欲しい、明日へのヒントが詰まった一冊です。”

Amazon

所ジョージの世田谷ベースVol.27

“世田谷ベース的“人生論”” 楽しく生きるアイデア満載! 楽しく幸せに毎日を過ごしたい。って、誰もがきっとそう思うはず。 でも、一体どうやったらそんな毎日が私たちの生活に訪れるのでしょうか? って、考えてみても、意外と明快な答えが見つからない……。 ならば、“遊びの天才””所さんに聞いてみよう! !”

Amazon

所ジョージの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

伊坂幸太郎の厳選91の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

伊坂幸太郎は、小説家。軽快な会話と圧巻の伏線回収で構成された彼の世界観は多くの読者を魅了しています。作品やキャラクターそれぞれについてのファンも多く、彼らが語る言葉ひとつひとつに現実世界を生きるメッセージが込められているようにも思える力強い言葉が多数出てきます。「人生については誰もがアマチュアなんだよ。誰だって初参加なんだ。はじめて試合に出た新人が、失敗して落ち込むなよ。」人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的な伊坂幸太郎の言葉から厳選した名言集を紹介します。

伊坂幸太郎はどんなひと?

千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。

Wikipedia

伊坂幸太郎の人生の名言 -自分の人生を楽しむことの大切さを教えてくれる言葉

伊坂幸太郎は日本の小説家です。会話と伏線、ユーモアに包まれた世界観が魅力の作品つくりについて「以前、井上ひさしさんに会ったとき『嫌なこと、辛いことは生きているだけで経験できる。人間無理して作らなければいけないのは笑いだ』」と言われたそうです。それ以降、お金を払ってフィクションを読んでもらうなら『辛い話だったけど、明日も頑張ろう』『明日も会社行こう』みたいな気持ちになれるものがいい」と思うようになったそうです。「考えてもどうしようもないことにエネルギーを費やすくらいなら、やるべきことをやったほうがいい。自分の人生を楽しめよ。とりあえず、マンションに帰って、風呂入って、寝て、起きて、仕事行きな。」彼の言葉には、ときに皮肉が込められたシニカルな言葉もありますが、それらも含め人間讃歌の音が聴こえてくる言葉が多くあります。自分の人生を楽しむことの大切さを気付かさせてくれる名言を紹介します。

人生については誰もがアマチュアなんだよ。誰だって初参加なんだ。はじめて試合に出た新人が、失敗して落ち込むなよ。

大事なルールほど、法律では決まってないのよ。困った人に手を貸しなさい、とかね、そういうのは法律になってない。

誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まあ、時には自分が人生のプロであるかのような知った顔をした奴もいるがね、とにかく実際には全員がアマチュアで、新人だ。

誰だって自分だけはオリジナルな人間だと思っているんだよ。誰かに似ているなんて言われるのはまっぴらなんだ。俺は、ジョン・レノンに似ていると言われるのだって我慢できないね。

気軽に、「さようなら」が言えるのは、別れのつらさを知らない者の特権だ、と私は思う。

思い出っつうのは、だいたい、似たきっかけで復活するんだよ。自分が思い出してれば、相手も思い出してる。

人はただ生きていて、目的はない。死んでいるようにいきているのが、通常なのだ。

分かり合おうとするから、辛いのかもしれない。相容れないもの同士なのだ。それを前提にすれば、気は楽だ。

思い出は作るものじゃなくて、勝手に、なるものなんだよ。いつの間にか気づいたら思い出になってる、そういうものだよ。

幼稚園児が知っていても、大人が知らないことはあるんだよ。

人間にとって最大の贅沢とは、人間関係における贅沢のことである。

考えてもどうしようもないことにエネルギーを費やすくらいなら、やるべきことをやったほうがいい。自分の人生を楽しめよ。とりあえず、マンションに帰って、風呂入って、寝て、起きて、仕事行きな。

人が生きているうちの大半は、人生じゃなくて、ただの時間、だ。

簡単に感化されることはたぶん、十代の特権に違いない。

人間というのはいつだって、自分が死ぬことを棚に上げている。

ただ、たんぽぽの花が咲くのに価値がなくても、あの花の無邪気な可愛らしさに変わりはありません。人の価値はないでしょうが、それはそれでむきになることでもないでしょう。

人生というのは川みたいなものだから、何をやってようと流されていくんだ。安定とか不安定なんていうのは、大きな川の流れの中では些細なことなんだ。向かっていく方向に大差がないなら、好きにすればいい。

絶対と言い切れることがあるとすれば、人は死ぬ、ということだけだ。人は必ず死ぬ。

人間というのは前向きだ。かと思えば、めちゃくちゃ悲観的になるしな。ちょうどいい、ってのがないんだよ。

人間にとって、年齢とは、その人間の品質を表す数値ではない。つまり、年嵩が増しているからと言って、優秀であるとは限らず、それはただの、肉体の、主に、血管や内臓の使用年数に過ぎない。

偉くなる人間に必要なのは、現場の人間が苦労している間にも、コーヒーを飲んで会議を開ける神経だ。

びっくりするくらい空が青いと、この地続きのどこかで、戦争が起きてるとか、人が死んでるとか、いじめられてる人がいるとか、そういうことが信じられない。

魅力的で、力のある言葉は、いつだって扇動家に利用される。

世の中に酷くないことってないでしょ?生まれた時から、死ぬのが決まっているというのがすでに酷いんだから。

人間が作ったもので一番素晴らしいのはミュージックで、もっとも醜いのは、渋滞だ。

人生で味わうさまざまな出来事を、音楽にしてぎゅっと凝視している。騒がしかったり、壮大だったり、忙しかったり、ゆっくりしていたり、それが人生だ。

子供が寝ている間に、両親が話し合いを続けて、で、離婚が決まってから発表されるってのと一緒だ。国ってのは必要最低限のことしか、国民には教えようとしない。

ふいに有名な言葉を思い出した。「愛するとは、お互いに見つめ合うのではなくて、同じ方向を見つめることである」という、あれだ。何だか、今こうやって、僕たちが並んで花火を見ている状況に相応しいと思った。

たぶん絵というのは、紙に殴りつけた祈りだよ。

人間の価値はその友を見れば分かる。

昔は良かった、とかよく言うけど、昔も良くはねえんだよ。いつだって、現代ってのは良くなくて、だからな、俺たちは自分の生きているその時と向き合わないといけねえんだ。音楽も映画も、その時の自分たちの時代と立ち向かうために作られたものなんだよ。チャップリンの、「独裁者」にしたって、今見たら、ただの説教臭いコントだけどな、当時は命がけだ。ジョン・レノンの「イマジン」だって、当時の社会に向かって投げられただけだ。

世間が事実だと思ったことが事実なんだ。

伊坂幸太郎の人生の名言 -自分のやりたいを大切さにしたくなる言葉

伊坂幸太郎は、小説界の大賞である直木賞の選考を辞退しています。有名になることで、小説を書く時間が減ってしまうことや、受賞した場合、自分の本を本当に喜ぶ人には逆に届かなくなるような気がしたから辞退したそうです。彼の作品内に出てくる言葉ですが、「周りの雰囲気とか、世間体を気にして、やりたいことができないような自分はちょっといやだ。何のための人生なんだ、って思うよ。」彼の描く作品内の人物達は、常に人生や仕事、世界と自分、について向き合っています。彼らの発するこの世界へ向けた言葉の根底には、作者である伊坂幸太郎自身の、この世界との向き合い方が読み取れるかもしれません。伊坂幸太郎の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分にとって少しでも良い世界にしようと思える言葉・名言を紹介します。

人間は大きな目的のために生きているんじゃないの。小さな目的のために行動したら?

過去ばっかり見てると、意味ないですよ。車だって、ずっとバックミラー見てたら、危ないじゃないですか。事故りますよ。進行方向をしっかり見て、運転しないと。来た道なんて、時々確認するくらいがちょうどいいですよ。

気持ちは分かるけど、そんなに怖がってたら、できることもできなくなるし、どうせ生きていくなら、ある程度は開き直ったほうがいいよ。

「目の前で、子供が泣いてるとしますよね。銃で誰かに撃たれそうだとしますよね。その時に、正義とは何だろう、とか考えててどうするんですか?助けちゃえばいいんですよ」。

気が変わらないうちに行動しなさい。飽きたり、嫌になったり、怖くなったりする前に、思いついたことは、すぐにやったほうがいいよ。

善いことも悪いことも、やったことは、全部自分に戻ってくるんだ。今は違っても生まれ変わった後で、しっぺ返しがくる。

頼むぜ。車間距離ちゃんと取っておけよ。いいか、距離感なんだよ、人生は。

国家が望めば、国家が生き長らえるためなら、殺人も合法となるんだよ。国民のためにそうなってるわけじゃない。全部、国家のためだ。

けどな、教師たちは何もできないんだよ。「やめなさい」「暴力は駄目です」なんて口で言うだけなんだ。あれで教育できるって言うんだったら、あの教師たちは今すぐ紛争地域に行って、マイクで、「やめなさい」って叫ぶべきだったな。

痛みってのは脳への危険信号だ。非常ベルだな。そいつに慣れて、麻痺すれば、あんまり関係ねえよ。ああ痛いな、って思うだけだ。ああ鳴ってるな、ってな。小学校の非常ベルだ。

たとえばさ、太陽が空にあるのは当たり前のことで、特別なものではないよね。でも、太陽は大事でしょ。死ぬことも同じじゃないかって思うんだよね。特別じゃないけど、まわりの人にとっては、悲しいし、大事なことなんだ。

人間ってのは失わないと、ことの大きさに気がつかない。

周りの雰囲気とか、世間体を気にして、やりたいことができないような自分はちょっといやだ。何のための人生なんだ、って思うよ。

本を読み、内容を噛み砕く事で、語彙が増え、知識が増え、いっそう読解力が増した。本を読む事は、人の感情や抽象的な概念を言語化する力に繋がり、複雑な、客観的な思考を可能にした。

人間の最大の武器は、笑えることではないか?笑えば何かが充電できる。それも真実だ。

見かけで物事を信じるのは大事なことではあるけれど、恥ずかしいことでもある。

人生なんていつ終わってしまうかわからないんだから、話は交わせる時に交わしておくべきだ。

疑うのをやめて、信じてみるのも一つのやり方だ。

だってさ、人間は情報ではできていないのよ。その人の情報がどれだけ集まっても、その人間はできあがらない。逆に考えれば、情報がいくら漏れても、実はその人間が死ぬようなことにはならないはずなんだって。

「世の中って理不尽ですよね」気が利いているようでいて、実のところ何も言い表していない、という台詞を私は言ってみる。こういう空虚な言葉が、間を埋めることはよくある。人間が好んで使う手法だ。

誰だってそうだ。みんな自分の命が、人生が心配で、一番大事に決まっている。どんな事故や事件が起きても、人が真っ先に思うのは「それって私に関係するかしら」だ。むしろ正しい生き方だよ。

それだけで充分、凄いことだろ。宗教を持ち出す前に、生きていること自体に驚いて、拍手をすればいい。

「急いで結婚し、ゆっくり後悔しろ」って外国の諺だ。俺はそれから逆に学んで、結婚に焦っていないわけだ。

そもそも、大人が恰好良ければ、子供はぐれねえんだよ。

オリジナルな生き方なんてできるわけがない。

違うんだって。日本人はその報いをすぐ欲しがるだろ。ブータン人はそうじゃない。今じゃなくていいんだ。生まれ変わった後に、それが返ってくるかもしれない。そう思っているんだ。日本人は即効性を求めるから、いつも苛々、せかせかしている。それに比べれば、ブータン人は優雅だよ。人生が長い。

本当に大事なことは、小声でも届くものだ。

伊坂幸太郎の仕事の名言 -「 僕は練習が嫌い」仕事について考えさせられる言葉

伊坂幸太郎は、学生時代から会社員になっても執筆していたそうです。早朝、会社に行く前に小説を書き、夜中に小説を書きながら眠ることも。デビュー後も、賞や売上の実績をつくりながらも、自分の表現欲に素直に応え続けています。「誰のために小説を書くのかっていうと、一番は、自分のために書くわけじゃないですか。読者のために、というのも考えますけど、それを優先させると、ただの仕事になっちゃいそうですし、やっぱり僕は自分がわくわくすることを第一に考えちゃうんですよね。」「 どの仕事だって基本的には、歯車なんだから。で、歯車みたいな仕事をしていても、人生は幸せだったりもするし。」自分の欲を大切にしながら成果を出し続けることを伊坂幸太郎は教えてくれます。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

あのね、人間のやることの九十九パーセントは失敗なんだってさ。だから、失敗するのは普通の状態なんだ。フランク・ザッパが言うには、失敗するのを死ぬほど恐れているのは、自分を最高に恰好いいと思っている自惚れた人間なんだって。

どうせ死ぬのであれば、自分がやりたいことを納得いくまでやるべきじゃないか、と。よそから褒められる人間になったところで、毎日毎日、毎秒毎秒、死へと近づいていくのには変わりがない。明日死ぬかもしれない。やりたいことを我慢して、何が得られるのか。

黄金時代が現代であったためしはない。いつだって黄金時代は、その時代には気がつかず、後になってはじめて、「あの時は良かったな」と分かるもの、そういう意味なのだろう。もしくは、まだ見ぬ未来にだけ存在している、ということか。

人の上に立つ人間に必要な仕事は、「決断すること」「責任を取ること」の二つしかない、と雪子は思っていた。たぶん大半の政治家はそれをやらない。親だってやらない。もちろん大半のギャングのリーダーは言うまでもない。

人を騙すには、真実とか事実じゃなくて、真実っぽさなんですよ。

得てして人は、自分の得た物を、自分だけが得た物と思い込むというわけですよ。

誤りと嘘に大した違いはない。微妙な嘘は、ほとんど誤りに近い。

人生はきっと誰かにバトンを渡すためにあるんだ。今日の私の一日が、別の人の次の一日に繋がる。

悲しいことが起きてもトータルで見れば読後感が暗くならないようにしたい。それが僕の構成というか、小説としてのやりたいことです。あとは、やはり物事がフェアであってほしい、という気持ちが作品に影響するんですね。

いいかい、人間のやることの九十九パーセントは失敗なんだ。だから、何にも恥ずかしがることはないぞ。失敗するのが普通なんだからな。

綺麗事を言ってるうちは、何も変わらないんだ。

コップ半分の水を見て、「まだ半分もある」と述べることも、「もう半分しかない」と述べることも可能なように、情報や統計は見せ方により、どんなものの根拠にも使える。

誰のために小説を書くのかっていうと、一番は、自分のために書くわけじゃないですか。読者のために、というのも考えますけど、それを優先させると、ただの仕事になっちゃいそうですし、やっぱり僕は自分がわくわくすることを第一に考えちゃうんですよね。

どの仕事だって基本的には、歯車なんだから。で、歯車みたいな仕事をしていても、人生は幸せだったりもするし。

「なんだこれ?」みたいなのが作りたかったんですよ。「ガンダム」でいうと、ズゴックみたいな。

スマホの操作を、スワイプとかピンチとかいう言い方をせずに、知ってる言葉になおしていくような文章の書き方が好きなので、そういう意味でも僕好みの話になりました。

「正解がはっきりしなくて、重要な問題」ほど、人は他人の答えを真似する。

仕事を間違いなく遂行する、というのはプロの基本です。時にはいい加減なプロもいますが、それは仕事というよりは、趣味のようなものですよ。

関心を持てば、人はどうするか。検索するんだ。

基本とウォーミングアップはどんな仕事にも必要だ。

あんたたちの仕事で奇跡は起こせるのか?

これは作家によると思うんですが、僕は履歴書を準備しないし、小説の中では「見えているところだけ見えていればいい」と思っています。だから作品を映像化されたときに、自分が書かなかった設定ができたり、スピンオフのエピソードを作りたいと言われたりするとすごく違和感があります。それが嫌なわけじゃないし、つじつまを合わせようとしたらきっとできるでしょうが、省略された部分も作品の一部ですから、ない部分を書かないことも大事だと思っているんです。

「いろいろあったけど最後は幸せになりました」だと、僕は辛くなってしまうんです。フィクションだから全部嘘の話なんですが、ちょっと綺麗すぎる。死んだ人は生き返らないし、会えない人はやっぱり会えない。人生はそういうものなのだけど、それでも上を向いて生きていくことはできる、みたいな話にしたいというのはありますね。

人はいつだって、得意なやり方で、世の中とぶつかっていくほかない。

人間には選択する瞬間がある。決断の瞬間だ。フォワードが大事な試合で、ペナルティエリアに入り、シュートに行くのかパスをするのか、それも決断の一つだろう。その時、試されるのは、判断力や決断力ではなく、勇気なんだと思う。決断を求められる場面が、人には突然、訪れる。勇気の量を試される。

ある結論が出て、取りまとめる直前に、細かい追加条件を付け足せば、たいがい呑んでもらえるんですよ。

まずは押してみるべきだ。…押せば石は動くかもしれない。もしくは、地面に食い込む山のようにびくともしないかもしれない。けれど、押してはみるべきだ。

そういうのはさ、スランプ中のバッターに、キャッチャーのサインを盗んで教えるのと一緒なんだよ。その場しのぎなんだ。選手に本当に必要なのは、狂ったバッティングフォームを直してあげることなのに。

もっと大変な人がいるから、なんて思ったら駄目だよ。そんなこと言ったら、どんな人だって、「海外で飢餓に苦しむ人に比べたら、まだまだ」なんてなっちゃうんだから。

行き詰まっているとお前が思い込んでいただけだよ。人ってのはみんなそうだな。例えば、砂漠に白線を引いて、一歩も踏み外さないように怯えて歩いているだけなんだ。周りは砂漠だぜ、縦横無尽に歩けるのに、ラインを踏み外したら死んでしまうと勝手に思い込んでいる。

知る勇気をもて。自分の理性を使う勇気をもて。

常にベストをつくせ。見る人は見ている。

伊坂幸太郎作品のおすすめを紹介

伊坂幸太郎の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

中田語録

“日本サッカー界の若きリーダーであると同時に、今や“世界のNAKATA”となった伊坂幸太郎。その言動の一つ一つがどんな背景から生まれたのかが語られた初の“公認”発言集。昨年の熱狂が記憶に新しいワールドカップ本選やペルージャ移籍後のエピソードも書下ろしとして収録。物議を醸した彼の言動の真意がここにある―。 ”

Amazon

文体とパスの精度

“伊坂幸太郎の考え方や言葉を、よりわかりやすく、より広く伝えたい―。村上龍のその思いが結実した、六年間にわたる対談とeメールによる往復書簡。サッカーというスポーツ、そして「世界」でいかに戦い、いかに生きるか。本書はサッカーファンのみならず、自立した「個」として生きようとするすべての人に贈る、アスリートと作家の交流の記録である。日韓W杯以後の最新メールを追加し、文庫化。 ”

Amazon

に・ほ・ん・も・の

“伊坂幸太郎が47都道府県を旅して出会った日本の「わざ」と「こころ」。わざ、ごちそう、おもてなし、にほんしゅ、おみやげ―珠玉の53選。 ”

Amazon

伊坂幸太郎の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら

     

」「現在開発中であり、間もなく完成する。御社に伺ってお見せしましょうか。」と言って鎌をかけたそうです。需要があることを受けて、彼らは開発を開始しました。このときから、すでにビジネス感覚に優れた人物であり、実際に開発してしまう技術もあったことから彼の成功の未来はうかがえたのかもしれません。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的な伊坂幸太郎の言葉から厳選した名言集を紹介します。

伊坂幸太郎はどんなひと?

中田 英寿は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手、実業家。愛称は「ヒデ」。国際サッカー評議会諮問委員。株式会社東ハト執行役員。一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事。観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー。株式会社JAPAN CRAFT SAKE COMPANY代表取締役。

Wikipedia

伊坂幸太郎の人生の名言 -合理的な判断の大切さを教えてくれる言葉

伊坂幸太郎は倹約家でも知られいます。あるインタビューで、エコノミークラスを好む理由について「会社の金でも個人の金でも、無駄なことに金を使うことは理解できない。ファーストクラスの料金に(エコノミークラスの)何倍もお金を払ってみたところで、到着する時間は同じなのだから」と答えたそうです。伊坂幸太郎の成功は、驕りがなく、つねに客観的に物事をとらえるところにあるのかもしれません。「成功ってのは、やっかいな教師だ。やり手を臆病者に変えてしまうからね。」彼の言葉には、自身を律するというよりも合理的に判断した結果に得られる効果を考えれば、贅沢や怠惰のような私欲は取るに足らないものに思えるのかもしれません。人生について何を得たいのかを考えさせられる名言を紹介します。

私たちはいつも、今後2年で起こる変化を過大評価し、今後10年で起こる変化を過小評価してしまう。無為に過ごしてはいけないんだ。

なぜファーストクラスに乗らないかって、だってエコノミーでも到着する時間は同じだろ。

成功ってのは、やっかいな教師だ。やり手を臆病者に変えてしまうからね。

人生には学期は無い。夏休みもないし、「自分探し」を手伝ってくれるような雇用主もほぼ皆無だ。

自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。

人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された。

私は教える人間ではない。学ぶ人間だ。学ぶことが大好きな人たちと一緒に仕事ができることを大いに気に入っている。

人間にはものを考える時間が必要だ。

人生は公平ではない。そのことに慣れよう。

もしGMがコンピューター業界のように技術を追い求めていたのなら、私たちは、1ガロンで1,000マイル走行する、25ドルの車を運転していただろう。

テレビは、現実の世界ではない。実際には、人はコーヒーショップにいつまでもいられるわけはなく、仕事に行かなくてはいけないのだ。

子供のころからたくさん本を読んで自分でものを考えろと言われて育った。両親は、本や政治や、その他いろいろなことについて、子供たちを交えて話し合った。

この20年間は、信じられないような冒険の日々だった。

金持ちだからといって、それで得することはあまりない。

私は富を社会に還元せねばならぬと、10年ほど前に気がついた。想像できないほどの額の財産は、子供たちに継がせないほうがいい。彼らにとって建設的ではないからだ。

すべての子供をすばらしい方法で教育し、すべてのスラム街がきれいになるまで、やることがなくなることはない。

技術は単に道具に過ぎない。子供たちをともに勉強させ、動機付けを行なうには、先生こそが最も重要なのだ。

伊坂幸太郎の人生の名言 -誰とも比べないことの大切さを教えてくれる言葉

伊坂幸太郎は、ビジネスの一線から離れ、現在財団での貧困や教育、環境問題への支援活動をしています。彼のよびかけで、資産の半分を寄付しようという取り組みもあるそうです。「富を贈ることが最高の喜び」と語っているように、これまで築いた莫大な富を彼は世界の充たされていない場所に贈っています。「問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。」「自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。」彼の言葉には、常に自分は何をしたいかの答えが含まれています。誰とも比べずに常に自分のうちにある本音に素直に生きることこそ自分の人生においての成功の近道かもしれません。伊坂幸太郎の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分にとって少しでも良い世界にしようと思える言葉・名言を紹介します。

問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。

成功の鍵は、的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。

積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ。

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。

私は物事をとことん突き詰めるのが好きなんだ。そうすれば、たいてい良い結果が出るから。

同じ決断を二度するな。最初の決断に充分時間をかけて確固たる決断を下せば、同じ問題を二度考えずにすむ。

成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。

しばしば、直観が頼みの綱になる。

満点をとったことは自慢にならないよ。本当に大切なのは知識を丸暗記したり、教えられたとおりのことを答案に書くことではなくて、先を見る洞察力だ。

伊坂幸太郎の仕事の名言 -「仕事場に時計がなかったおかげ」仕事について考えさせられる言葉

伊坂幸太郎は、夕食のお皿を洗うのが好きでほぼ毎晩洗っているそうです。「他の人がやってくれようとするが、わたしは自分のやり方が好きなんだ」と語っているように伊坂幸太郎は自分のやり方に強くこだわります。「ビジネスは非常に簡単だと思う。売上からコストを引けば、大きな黒字が出る。計算は極めて簡単だ。」「あなたの顧客の中で一番不満をもっている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ。」ビジネス原理をシンプルに抑えながら、「世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。世間は、君が自尊心を満たす前に、君が何かを成し遂げることを期待している。」とも語り、顧客の需要を先に満たすことで全ては始まるとも聴こえます。伊坂幸太郎の考えは、彼のビジネスのはじまりでもあった企業の需要を確認して開発しはじめたようときから何も変わりありません。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

マイクロソフトの行動は非常に迅速だ。我々は顧客のニーズに応じて優先順位を決めている。

スピードこそが企業にとって最も重要になる。

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。

グーグルでも、アップルでも、フリーソフトでも、すばらしい競争相手だし、僕らの気を引き締めてくれるよ。

あなたの顧客の中で一番不満をもっている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ。

リスクを引き受ける気があるなら、悪いニュースに多少目をつぶることは必要だ。不安はあっても、「上手くいく保証はないが、ベストを尽くしてみようじゃないか」というぐらいの勇気がなくてはならない。

私は起業家という言葉をいつも拒否してきました。「会社を始めよう、何の会社にしようか」では決して成功はないと思います。

最初から、我々の目標は「すべての机と、すべての家庭にコンピュータを」だった。

一心不乱に働くこと、ベストを尽くすことが嫌だというなら、ここは君のいるべき職場ではない。

我々次第で会社がつぶれる可能性さえあるということを、常に念頭に置きながら毎日会社に来ている。常に気を引き締めて、重要な変化をもたらす革新的な研究に長期的な投資をしなければならないと考えている。

変化の速い産業で成功している企業は、カギとなるトレンドの最先端を行き、その新しい応用に価値を付加できる企業だ。

若い人を優先的に雇っている理由は、若い人の方が向上心があるし、新しいアイデアがどんどん出てくるからだ。

ノートパソコンの素晴らしいところは、どれだけ詰め込んでも、大きくなったり、重くなったりしないことだ。

徹底的な話しあいは、ムダに終わることが多い。

ビジネスは非常に簡単だと思う。売上からコストを引けば、大きな黒字が出る。計算は極めて簡単だ。

世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。世間は、君が自尊心を満たす前に、君が何かを成し遂げることを期待している。

難しい仕事があるとき、私は怠け者に任せる。だって怠け者は、仕事を簡単に片づける方法を見つけ出すからね。

成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだよ。

必要なのは強力なチームだ。なぜなら、どんなに良く管理されようと、平凡なチームからは平凡な結果しか生まれないからだ。

伊坂幸太郎の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

チルドレン

「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々――。何気ない日常に起こった5つの物語が、一つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。

Amazon

重力ピエロ

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは――。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

Amazon

アヒルと鴨のコインロッカー

大学入学のため引っ越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。標的は――たった一冊の広辞苑。僕は訪問販売の口車に乗せられ、危うく数十万円の教材を買いそうになった実績を持っているが、書店強盗は訪問販売とは訳が違う。しかし決行の夜、あろうことか僕はモデルガンを持って、書店の裏口に立ってしまったのだ! 四散した断片が描き出す物語の全体像とは? 注目の気鋭による清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。

Amazon

オーデュボンの祈り

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか? 伊坂幸太郎、伝説のデビュー作見参!

Amazon

死神の精度

CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。

Amazon

伊坂幸太郎の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、49名、2021の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満

     

ご購入はこちら