きょう、 5月27日 に生まれたひとの言葉

トーマス・エジソンの厳選44の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トーマス・エジソンは、発明家であり起業家。

生涯に1,300もの発明から発明王王とも称されました。また実業家としても大きな功績をあげ、アメリカの電力系統を寡占した電力王でもあります。

彼の言葉には、過激で痛烈なものもありますが、彼ほどの成功を収めるためには、それ相応の努力が必要なのだということを教えてくれます。

人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的なトーマス・エジソンの言葉から厳選した名言集を紹介します。

トーマス・エジソンはどんなひと?

トーマス・アルバ・エジソンは、アメリカ合衆国の発明家、起業家。スポンサーのJPモルガン、秘書のサミュエル・インサル、そしてメロン財閥と、アメリカの電力系統を寡占した。

Wikipedia

トーマス・エジソンについて知ることができる映画「エジソンズ・ゲーム」

この映画に出てくる人物たちの言葉を紹介した記事も合わせてご覧ください。

エジソンが題材の映画「エジソンズ・ゲーム」厳選11の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

トーマス・エジソンの人生の名言 なぜ?は新しい世界を開く種と思える言葉

トーマス・エジソンは幼少期、正規の教育を受けられませんでした。

それでも彼は、図書館などで独学し、新聞の売り子として働き、お金をコツコツと貯め、自分の実験室を作ったそうです。

「われわれは何事についても1パーセントの100万分の一も知らない。」

「成功に不可欠なのは、肉体的にも精神的にも疲労を溜めずに、ひとつの問題にエネルギーを注ぎ込める能力である。」

彼の言葉には、万物への好奇心と新しいものをつくることに夢中であったことがうかがえます。

好奇心をとめるな、ひとつの関心にすべてを注げ、そんなことを考えさせられる名言を紹介します。

失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ。

もちろん、生まれつきの能力の問題もまったく無視はできない。それでもやはり、これはおまけみたいなものだ。絶え間なく、粘り強く努力する。これこそ何よりも重要な資質であり、成功の要といえる。

困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。

絶えず変化を求める気持ちと不満こそが、進歩するために最初に必要となるものである。

完全に満足しきった人がいたら、それは落伍者だ。

私はこれまで、偶然のひらめきで、価値ある発明をしたことなど一度もない。全ての発明というのは、その発明に関わった人の想像を絶するような熱意が注ぎ込まれているものなんだよ。

人生に失敗した人の多くは、諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。

成功に不可欠なのは、肉体的にも精神的にも疲労を溜めずに、ひとつの問題にエネルギーを注ぎ込める能力である。

他の発明家の弱点は、ほんの一つか二つの実験でやめてしまうことだ。わたしは自分が求めるものを手に入れるまで決してあきらめない。

ほとんどの人がチャンスを逃す理由は、チャンスは作業着を着て、大変そうに見えるからだ。

作ったものが計画通りに機能しないからといって、それが無駄とは限らない。

わたしは、決して失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。

それは失敗じゃなくて、その方法ではうまくいかないことがわかったんだから成功なんだよ。

人間は思考する努力を省きたいために、ありとあらゆる方便に頼ろうとする。

私の発明は、すべての人にとって役に立つ物でありたい。そして、世界の平和に貢献するような物でありたい。もし私の発明で一人でも人が死んだとしたら、私には人生を生きる意味も資格もない。

機械は生活を便利にした、将来はもっと便利になるだろう。しかし、用心しなくては人間が機械に使われるようになってしまう。

自然界の秘密を解き明かすのに、人間の理性に頼っていては駄目だよ。

権威ある本といっても、すべては人の書いたものだ。

待っている間もがんばる人にすべてのものはやってくる。

われわれは何事についても1パーセントの100万分の一も知らない。

われわれが何かを成し遂げようとしているとき、ルールなどない。

もし我々が自分にできることを全て実行すれば、自分自身に対して文字通りびっくりすることだろう。

トーマス・エジソンの人生の名言 -いかに生きるかという方法を教えてくれる言葉

トーマス・エジソンは、夜間電信係として、1時間おきに勤務に就いていることを示す信号を送るという仕事をしていました。

エジソンは、時計を使って電信機が自動で電信を送る機械を発明し、勤務中に寝ていたところを上司に見つかり怒られたそうです。

これがエジソンにとって最初の発明でした。

この発明は、指示通り作業する仕事と本来の目的である勤怠報告について

「もっと良い方法がある」

と考えたらかこそ生まれたものです。

何事にもなぜを見出し、不満を糧に発明する彼の言葉を伝えてくれます。

トーマス・エジソンの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。

自分の既成概念に気づき、少しでも良い世界へ発明してみようと思える言葉・名言を紹介します。

大事なことは、君の頭の中に巣くっている常識という理性を綺麗さっぱり捨てることだ。もっともらしい考えの中に新しい問題の解決の糸口はない。

最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる。

人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる。

トーマス・エジソンの仕事の名言 -「仕事場に時計がなかったおかげ」仕事について考えさせられる言葉

エジソンは、発明のための研究に時間を忘れて没頭し、睡眠時間も3時間ほどしか取らず、ほぼ24時間体制と言ってよいスケジュールで仕事を続けていたたそうです。

彼は80歳を過ぎてもなお

「私にはまだやらなければならない仕事がある。少なくともあと15年は働かなければならない」

と言いながら

1日16時間のペースで仕事を続けていたそうです。

「一日8時間労働制に感じた危機感は、労働時間の不足などではない。働くということが、ただの決まりきった作業になってしまうということだ。」

「私が成功することができたのは、仕事場に時計がなかったおかげである。」

という言葉もありますが、本当にしたいことをしている状態においてはひとは時間の概念はなくなるのかもしれません。

「ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに。」

常に目の前のことに勝負を挑み続け探究し続けたトーマス・エジソンの生き方。

彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。

今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに。

一日8時間労働制に感じた危機感は、労働時間の不足などではない。働くということが、ただの決まりきった作業になってしまうということだ。

自分は毎日、18時間働くことにしている。

最初のひらめきが良くなければ、いくら努力してもダメだ。ただ努力だけという人は、エネルギーを無駄にしているにすぎない。

成功できる人っていうのは、「思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ」という前提を持って挑戦している。

私は、ひとたび自分が正しいと思う道を歩きだしたら、ゴールに到達するまでペースを崩さない。

発明とは、それが人類にとって本当に必要なものなのかを判断する能力である。

朝6時に起き、夜中の2時まで働くこと。これを最初に描いた図面が形になるまでやり続けるのだ。すぐにはうまくいかなくても、睡眠時間を減らし、起きている時間は精魂こめて働くようにする。このルールを守れば、発明家として成功できるだろうし、もっと言えば、どんな分野においても成功できる。

首から下で稼げるのは1日数ドルだが、首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。

天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。

私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。何をやっても楽しくてたまらないからだ。

売れないものは発明したくない。売れることが実用性の証明であり、実用性が成功を意味する。

私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

朝7時に起き、夜11時に就寝すれば、たっぷり16時間ある。大抵の人は一日中なにか仕事をしている。ただ一つ違うのは、彼らの仕事は非常に多岐にわたり、私はたった一つの仕事に全てのエネルギーを集中する点だ。

成功しない人がいたとしたら、それは考えることと、努力すること、この二つをやらないからではないだろうか。

今取り組んでいることに関心を持ち、全力を傾けてそのことだけを考える。時計を気にせず、ひたすら続け、休みたくなったら必要なだけ休む。休んだあとは、また同じ集中力で作業に取り組む。熱心に働くことの価値と満足感を知っている人に世間は高い評価を下すものだ。

まず世界が必要としているものを見つけ出す。そして、先へ進み、それを発明するのだ。

私が成功することができたのは、仕事場に時計がなかったおかげである。

トーマス・エジソンの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

トーマス・エジソン 神の仕事力

“あなたが何も持っていないのなら小学校を3か月で中退したエジソンに学べ! ”

Amazon

エジソン―20世紀を発明した男

“本書は従来あるエジソン伝のように、単なる成功物語であったり、超人・奇人ぶりだけにスポットを当てたものではない。衆知の業績や、有名なエピソードの、その背景までもが丹念な筆致で描き込まれた細密画である。そこには、ごく普通の人間が、人並みに悩み、傷つき、失敗しながら非凡な人生を獲得していく様が浮かび上がった。 ”

Amazon

トーマスエジソンの「ビジネスと人生を逆転させる魔法の名言集」 偉人の格言から学ぶ勝利の方程式シリーズ

“偉人の格言から学ぶ勝利の方程式シリーズ トーマスエジソンの「ビジネスと人生を逆転させる魔法の名言集」”

Amazon

トーマス・エジソンの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、53名、2088の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」 ウォルト・ディズニー
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
キング牧師
ゲーテ
「人生において重要なのは生きることであって、生きた結果ではない。」 ココ・シャネル
サン・テグジュペリ
「計画のない目標は、単なる願い事にすぎない。未来とは、あなたが予測するものではなく、自分で可能にするものだ。」 シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
ソクラテス
チャップリン
ナイチンゲール
ニーチェ
ハンナ・アーレント
ピカソ
ビル・ゲイツ
ブルース・リー
「本当に人生を愛しているなら、時間を無駄にするな。人生は時間でできているのだから。」 ヘミングウェイ
「ただ動いているだけでは、行動とは言えない。」 ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
「もし私がすべてのルールを守ってたら、成功なんてしていなかったでしょうね。」 リンカーン
岡本太郎
「自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。」 夏目漱石
「あらゆる芸術の士は、人の世をのどかにし、人の心を豊かにするがゆえに尊い。」 芥川龍之介
吉田松陰
宮沢賢治
宮本常一
「結局、いい仕事をしておれば、それは自分ばかりでなく、あとから来るものもその気持ちをうけついでくれる。」 孔子
江戸川乱歩
坂口安吾
坂本龍馬
志村けん
室生犀星
手塚治虫
「好奇心というのは道草でもあるわけです。確かに時間の無駄ですが、必ず自分の糧になる。」 勝海舟
西郷隆盛
赤塚不二夫
太宰治
白洲次郎
武田信玄
柳宗悦
「過去のものといえども真に価値あるものは常に新しさを含んでいる。」 柳田國男
「うずもれて一生終わるであろう人に関する知識を残すのが民俗学。」 老子
萩原朔太郎
葛飾北斎
三島由紀夫
ニュートン
福沢諭吉


※記事掲載していない人物もいます。

     

ご購入はこちら

     

SNSでもご購読できます。