【おすすめ短編小説】石田衣良「約束」【全編あらすじ感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もう一度人生を歩きだす人々におすすめしたい石田衣良の短編集

大切な誰かを失ったり、大切な自身の身体や心や夢を失ってしまった人々がもう一度大切な時間を取り戻す短編集。各編それぞれ、再生の光が眩しく照らす最後が読んでいて気持ちがよかったです。石田衣良の短編集「約束」あらすじと良かった点などご紹介します。

約束 石田衣良

友達を失う悲しみに向き合う少年の短編

幼馴染の小学4年、カンタとヨウジ。いつまでもふたりの仲が続くと思っていた矢先、不意に別れは訪れる。

【おすすめ短編小説】「約束」石田衣良 大切なひとを失った悲しみと生きるすべてのひとへ【あらすじ感想】

青のエグジッド  石田衣良

きっかけがなく悩むときに読みたい短編

“清人が目を伏せたまま、ウェットスーツスーツのポケットを探った。何かつかみだして謙太郎にさしだした。手を開くと海水でふやけたてのひらに、まだ濡れ光る白い巻貝がふたつのっていた。「これ、おみやげ」  “

息子が歩くことができなくなり塞ぎがちになってから、家族間の関係も悪くなった。ある日、スキューバダイビングと出会った家族は、息子が少しづつ自分を取り戻す。

天国のベル  石田衣良

言葉することの大切さを知る短編

2年前に事故死した夫。残された妻、尚美と2人の子供。ある日、息子の雄太が突発性難聴を患う。何も聞こえない息子がただひとつだけ聞こえる音が電話のベルだった。届くはずのない人からのメッセージと奇跡を、家族は受け取る。

届くはずのない声が息子にだけ届く。奇跡ではあるけれど、なぜか共感できるのは、大切な人の存在を私たちは「感じている」からかもしれない。夫であり父である大切な存在はその人がいまここにいることではなく、大切に想った人たちの胸のうちにいつづけてくれます。

冬のライダー  石田衣良 ‪

ひた向きさが胸を打つ短編‬ 

モトクロスに夢中な高校生は小学生ライダーにも負けてしまう下手さ加減。それでも早朝から練習に励み続ける。その姿は、ある女性ライダーの止まっていた時間を動かす。‬

女性ライダーは、おなじくライダーの夫を事故で失う。この世にいない男性へを高校生の青年に重ねてかは分からないが、モトクロスを乗ることそのものの喜びや、昨日よりも少しだけ上手く乗りこなせた嬉しさなどに、また今日や明日を生きる強さをもらう。誰かのひたむきさは誰かの胸を打ちます。

夕日へ続く道 石田衣良

たまにはさぼってもいい短編 

学校にバカらしさを感じた中学生の少年はひなが1日公園のベンチに座って景色を眺めている。ある日、いつも決まった時間に昼食を買いに行く途中に廃品回収のおじさんの仕事を手伝うことに。次第に仲良くなった二人はある賭けをする。  ‪

学校が狭く感じることは誰でも通る感覚であり、社会や大人の世界に触れることで、世の中の広さを感じワクワクする感覚もまた同じように誰の胸にもある。その間の感覚にいる高校生に対して、寛大にサボることを認めてくれる大人や地に足をつけることの大切さを説く大人に出会えることはとても貴重な出会いだと懐かしく感じました。

ハートストーン

悲しみで崩れそうになりそうなときに読みたい短編 

息子が脳腫瘍で倒れた。大きな手術を控えた矢先、奇しくも祖父も倒れた。家族を襲う悲しみのなか、祖父が病床で離さずにいた小さな石が家族をつなぐ。  ‪

いつかひとはいなくなる。生まれた時も死ぬ時もひとりでこの世界から訪れ離れていく。それでも、確かにここにいたことを家族は忘れない。言葉にはできない感情や記憶や約束をリレーしていくように続く家族という人間賛歌。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。