きょう、 5月28日 に生まれたひとの言葉

ブルース・リーの厳選52の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブルース・リーは、中国武術家、武道家、俳優、脚本家、映画プロデューサーです。

自身で確立した武術、截拳道(ジークンドー)は武術だけにとどまらず、人間としての生き方を表す思想も含まれたものです。

また、一般的には、彼は映画スターでも知られています。

スクリーンに映る彼の凛然とした立ち振舞、身さばきは観る人を熱くさせてくれます。

「考えるな、感じろ」

「水になれ」

大学では哲学を専攻するほど思慮深いブルース・リーでしたが、彼の言葉や思想は、思考の先にある無意識にまで及んでいたのかもしれません。

柔らかくいることを大事にしたブルース・リー。彼の言葉は多くのことを教えてくれます。

ブルース・リーの人生や仕事に対しての哲学的な言葉から厳選した名言集を紹介します。

ブルース・リーはどんなひと?

ブルース・リー、1940年11月27日 – 1973年7月20日は、香港の中国武術家、武道家、俳優、脚本家、映画プロデューサー。截拳道を創始したマーシャルアーティストとしても知られる。

Wikipedia

ブルース・リーを物語るエピソード

  • 何不自由なく育ち、日々喧嘩に明け暮れ、「俳優の不良息子」として悪名を知られたブルース・リーの将来を心配した父は、香港から渡米を命じる。18歳のリーは、わずか100ドルの所持金で単身渡米し、シアトルに移り住む。
  • 新聞配達のアルバイトをしながら高校卒業資格を得て、ワシントン大学哲学科に進学する。
  • 勉学に励むかたわら、駐車場や大学のキャンパスで無料でクンフーを指導するようになる。
  • 体を壊し、数ヶ月間の療養生活を余儀なくされた期間、数多くの本を読み漁りそれらを合わせると図書館ができあがるほどであった。
  • アメリカの連続テレビドラマ『燃えよ!カンフー』を企画し、自ら主演を願ったが、東洋人であることなどを理由に叶わなかった。

参考:Wikipedia

西暦 日付 年齢 エピソード・実績
1940年 11月27日 0歳 誕生
1946年   6歳 香港にて子役として多くの映画に出演。
1953年   13歳 13歳ときから5年間、詠春拳の使い手である葉問のもとで修業。
1958年   18歳 18歳のときに父から渡米を命じられたブルース・リーは、わずか100ドルの所持金で単身シアトルに移住。
1960年   20歳 初めての道場『振藩国術館(ジュンファン・グンフー・インスティチュート)』をチャイナタウンに開設。
1960年   20歳 新聞配達のアルバイトをしながら高校卒業資格を得る。
1961年   21歳 ブルース・リーは新聞配達のアルバイトをしながら高校卒業資格を得て、ワシントン大学哲学科に進学。
1965年   25歳
25歳のブルース・リーが詠春拳の演武をしたフィルムがTVプロデューサーの目に止まると、TVシリーズの準主役に抜擢される。日系アメリカ人のカトー役を演じたブルース・リーは派手なアクションで人気を博した。
1971年   30歳 主演作、香港映画『ドラゴン危機一発』が公開され、一躍、香港のトップスターに躍り出る。
1973年   31歳 1973年1月から、アメリカと香港の合作映画『燃えよドラゴン』の撮影が始まる。
1973年 7月20日 32歳
逝去。頭痛を訴え昏睡状態に陥る。病院へ搬送されたが死去。『燃えよドラゴン』の完成直後。
『燃えよドラゴン』が世界各地で公開され、大ヒット。アクションスターとして世界的に知名度が上昇した時、すでに彼は亡くなっていた。

ブルース・リーの人生の名言 -強くあろうとすることの大切さを教えてくれる言葉

ブルース・リーは父親の仕事柄、幼少期から芸能の仕事をしています。13歳ときから5年間、詠春拳の使い手である葉問のもとで修業しています。

何不自由なく育ち、日々喧嘩に明け暮れ、「俳優の不良息子」として悪名を知られたブルース・リー。

将来を心配した父は、香港から渡米を命じます。そのとき、18歳のリーは、わずか100ドルの所持金で単身渡米し、シアトルに移り住んだそうです。

逆境のなか、ブルース・リーの生き方は大きく変わります。

大学進学のためにアルバイトで生活費と学費を稼ぎ、大学受験資格と大学進学を自らの力で勝ち取ります。

また、その生活のなか、路上で武術を教えていくなど武術家としても少しずつ歩みはじめます。

「簡単な人生を願うな。困難な人生を耐え抜く強さを願え。」

決して簡単ではない彼の渡米後の人生に、武術家としての肉体的な強さの前にまず、精神的な強さを誰よりも願っただろうと、この言葉には含まれているように思えます。

ブルース・リーの言葉は人生に対して、精神の強さについて教えてくれます。

自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

原理原則に縛られることなく、それに従うのだ。

失敗は、それを認める勇気さえあれば、いつでも許されるものだ。

俺はお前の期待に応えるためにこの世にいるわけではない。そしてお前も俺の期待に応えるために生きているのではない。

簡単な人生を願うな。困難な人生を耐え抜く強さを願え。

物事をあるがままに受けとめよ。パンチが必要となれば殴り、キックが必要ならば蹴るんだ。

本物の生き方とは、人のために生きることである。

賢い人は、愚かな人が賢明な答えから学ぶこと以上に、愚かな質問から多くを学ぶ。

人は、自分が考えた通りの人間になっていく。

自己実現が重要だ。 それと私が皆に言いたいのは、「自己イメージ」の実現ではなく、 「自己」の実現に向かってほしいとい うことだ。 誠実な自己表現のために、自分の内側 をよく観察してほしい。

ブルース・リーの人生の名言 -目標にシンプルに行動することの大切さを教えてくれる言葉

「日々何かを増やすのではなく、日々何かを減らすのだ。重要でないものを切り落とせ。」

「自分の目標に向かって、最低1日に1回は具体的な行動を起こせ。」

ブルース・リーは目標を達成するために、シンプルに行動に落とし込めと言葉にしています。

あるとき、体を壊し、数ヶ月間の療養生活を余儀なくされた期間、数多くの本を読み漁りそれらを合わせると図書館ができあがるほどであったそうです。

思うようにいかない状況でも、いまできることをし続けたことがうかがえます。

思考を深めることで、ますます彼の武術は磨きがかかり、ひとを惹きつけます。

ブルース・リーの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。

自分を信じ生きようと思える言葉・名言を紹介します。

考えるな、感じろ。

何かを得るには、心の中でそれを思うことから始まる。

日々何かを増やすのではなく、日々何かを減らすのだ。重要でないものを切り落とせ。

幸せであれ。しかし決して満足するな。

自慢したり見せびらかすのは、栄光をはき違えた愚か者の考えだ。

自分を知るということは、他人の振る舞いから自分を学ぶということだ。

風が吹けば堅い木ほど簡単に折れる。だが、竹や柳は曲がることで生き残るということに注目せよ。

目標は必ずしも達成されるためにあるのではない。目指すべき何かを与えてくれることも多い。

誰が正しくて誰が間違っているのか、誰が優れているのかなどと考えるな。賛成も反対もするな。

不滅の秘訣とは、まず記憶に値する人生を生きることだ。

知識は力を与え、人格は尊敬をもたらす。

すべての行動に制限を設けてしまえば、それはいつか仕事や人生にも波及してしまうだろう。

常に自分らしくし、自分を表現し、自分を信じろ。どこかの成功者のお手本なんてマネするな。

人生を大事にしているなら、時間を浪費してはいけない。人生は時間の積み重ねなのだから。

ある人物のことを知りたければ、他の誰かと一緒に行動している時の様子を観察すればよい。

モノが入るように、あなたのコップを空にしておこう

自分の目標に向かって、最低1日に1回は具体的な行動を起こせ。

自分をコントロールするためには、我に逆らわず受け入れなければならない。

周囲を見ろ。日々が勉強だ。自分自身を研究するんだ。

柔軟であれ。人は生きている時は柔軟である。死ねば人は固くなる。人の肉体であれ、心であれ、魂であれ、柔軟が生であり、硬直は死である

心を空にしろ。形なきものとなれ。水のように無定形に。水をコップに入れれば、コップの形となる。ボトルに入れればボトルの形に、茶瓶に入れれば茶瓶の形となる。水はゆらゆら流れる。水は破壊することもできる。水になれ、友よ

知るだけでは足りない。応用せよ。決意だけでは足りない。実行せよ。

本当に人生を愛しているなら、時間を無駄にするな。人生は時間でできているのだから。

明日間違えたくなければ、今日真実を話せ。

ブルース・リーの仕事の名言 -「水になれ」仕事について考えさせられる言葉

「すべての定形化された型では、適応することや柔軟に対応することができない。真理は定形化された型の外にあるのだ。」

ブルース・リーは、アクションスターではありましたが、決して順風満帆ではありません。

アメリカの連続テレビドラマ『燃えよ!カンフー』を企画し、自ら主演を願ったが、東洋人であることなどを理由に叶わなかったそうです。

彼の名が世界に知られることになる『燃えよドラゴン』が世界各地で公開され、大ヒットします。しかし、そのとき、すでに彼は亡くなっています。

「境遇なんてクソくらえだ。俺は自らチャンスを創りだす。」

「考えているばかりでは、決して成し遂げることはできない。」

ブルース・リーは絶えず逆境のなかにいたようなひとですが、目標を見据え、考えて立ち止まるのではなく、行動し続け、自らの人生を切り開いていきました。

「考えるな、感じろ」「水になれ」といった言葉のなかには、淀むまずに流れていけ、というしなやかな強さを思わせてくれます。

彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。

今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

成功する戦士は、レーザーのような集中力を身につけた、ごく普通の人間である。

覚えてろよ、俺は世界一の中国人スターになる。

境遇なんてクソくらえだ。俺は自らチャンスを創りだす。

わたしは一万種の蹴りを一度だけ練習した男は怖くないが、一つの蹴りを一万回練習した男は恐ろしい。

すべての定形化された型では、適応することや柔軟に対応することができない。真理は定形化された型の外にあるのだ。

短気な人間はすぐに笑いものになる。

限界などない。踊り場があるだけだ。そこに居座ってはいけない。それを越えて行くのだ。

敗北はココロの声である。真に負けを認めるまで、誰も敗北しはしない。

武道家は2つの問いかけをする必要がある。自分が何をしたいのか。何が最速で、もっとも効率的かつ効果的に目的を達成できるか。

考えているばかりでは、決して成し遂げることはできない。

失敗を恐れるな。失敗することではなく、目標が低いことが罪なのだ。大きな挑戦ならば、失敗さえも栄光となる。

あることについて、考えることに時間をかけすぎれば、成し遂げることは到底不可能だろう。

パンチとは目標を「打つ」のではない。「打ち抜く」のだ。

パンチに予備動作を加えてはいけない。瞬時に打て。

何でもいい。うまくいく方法を見つけて、それだけを突き詰めろ。

私は「できると思うからできる」という古くからの格言を重視し始めている。思っていることに対し、強固な目的意識、忍耐力、そして思いを実現したい燃えるような情熱を加えれば、誰でも必ず目標を達成することができるだろう。

重要なのは日ごとに技量が増えることではなく、減らすのを心掛けることだ。つまり実質に関係ないものはどんどん捨てることである。

勝つか負けるか、戦いの結果を予測することは大いなる間違いだ。自然に任せていれば、ここぞという時に武器がひらめく。

無知な人間がいくら暗闇を彷徨っても、一生光は見つからない。

ブルース・リーの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

ブルース・リー伝

“生誕80年を迎えた今蘇る ブルース・リーとその時代 ―― 100人を超える関係者への濃密な取材が生んだ結晶。 第一級の史料価値を持つ“ 李小龍””評伝の決定版。 ※貴重なカラー・モノクロ写真多数収録 知られざる幼少時代、激動の60年代を過ごした米国時代、輝かしい香港凱旋からその死に至るまでのセンシティブな真相に新たな光を当てる。”

Amazon

ブルース・リーノーツ―内なる戦士をめぐる哲学断章

“知られざるブルース・リー思想を解明する世界初の本格的研究書。ブルース・リーの直筆ノート、イラスト、未公開写真など、図版60余点を収録。 ”

Amazon

現代思想 2013年10月臨時増刊号 総特集=ブルース・リー 没後40年、蘇るドラゴン

“自らの肉体を武器としながらも、闘わないための武術を追い求めた思索者ブルース・リー。 ドラゴンと呼ばれた男は、その巨大な思想的遺産を私たちに残していった。その遺産は映画のみらなず世界に変革の可能性を示し続けている。 没後40年、尽きることのないその可能性を問う。”

Amazon

友よ、 水になれ——父ブルース・リーの哲学

“やわらかく、そして強く――。 32年の短い生涯を閉じるまで、実父ブルース・リーがその胸に問い、また信じ、全身全霊で実践してきた人生哲学を、実娘シャノン・リーが迫真の筆致で読み解いた話題作! ”

Amazon

ブルース・リーの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

思慮深く、ストイックな姿勢で共通点があるアスリート。

何より大事なのは、何が必要かを自分で考えることだと思います。

中田英寿の厳選31の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

ブルース・リーは大学で哲学を専攻していました。おそらくこの哲学者についても思慮を深めたのではないでしょうか。

自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い。

ソクラテスの厳選53の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

ソクラテスの厳選53の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、53名、2088の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」 ウォルト・ディズニー
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
キング牧師
ゲーテ
「人生において重要なのは生きることであって、生きた結果ではない。」 ココ・シャネル
サン・テグジュペリ
「計画のない目標は、単なる願い事にすぎない。未来とは、あなたが予測するものではなく、自分で可能にするものだ。」 シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
ソクラテス
チャップリン
ナイチンゲール
ニーチェ
ハンナ・アーレント
ピカソ
ビル・ゲイツ
ブルース・リー
「本当に人生を愛しているなら、時間を無駄にするな。人生は時間でできているのだから。」 ヘミングウェイ
「ただ動いているだけでは、行動とは言えない。」 ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
「もし私がすべてのルールを守ってたら、成功なんてしていなかったでしょうね。」 リンカーン
岡本太郎
「自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。」 夏目漱石
「あらゆる芸術の士は、人の世をのどかにし、人の心を豊かにするがゆえに尊い。」 芥川龍之介
吉田松陰
宮沢賢治
宮本常一
「結局、いい仕事をしておれば、それは自分ばかりでなく、あとから来るものもその気持ちをうけついでくれる。」 孔子
江戸川乱歩
坂口安吾
坂本龍馬
志村けん
室生犀星
手塚治虫
「好奇心というのは道草でもあるわけです。確かに時間の無駄ですが、必ず自分の糧になる。」 勝海舟
西郷隆盛
赤塚不二夫
太宰治
白洲次郎
武田信玄
柳宗悦
「過去のものといえども真に価値あるものは常に新しさを含んでいる。」 柳田國男
「うずもれて一生終わるであろう人に関する知識を残すのが民俗学。」 老子
萩原朔太郎
葛飾北斎
三島由紀夫
ニュートン
福沢諭吉


※記事掲載していない人物もいます。

     

ご購入はこちら

     

SNSでもご購読できます。