【言葉・名言】悪い批評を見る。自分を変えてくれる批評があるから。行定勲 映画監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

“批評は悪い批評を見るようにしている。そのなかに自分を変えてくれる批評があるから。”

行定 勲 映画監督

出典:僕らの時代

【プロフィール】
『OPEN HOUSE』(1997年、松竹)で長編映画初監督(第2回みちのく国際ミステリー映画祭 in 盛岡で新人監督奨励賞グランプリ この頃から一部業界関係者からはポスト岩井の呼び声も高く、注目され始める[4]。その後『OPEN HOUSE』を観たプロデューサーからの依頼で、『ひまわり』(第5回釜山国際映画祭批評家連盟賞[1])で劇場公開監督デビュー[4]。『GO』(第25回日本アカデミー賞作品賞・最優秀主演男優賞・最優秀助演男優賞・最優秀助演女優賞)の成功で一躍脚光を浴び、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『北の零年』、『春の雪』などの監督作品でヒットメーカーとなった。
2006年4月からは、生まれ故郷のFM局(エフエム熊本)で月1回の生放送ラジオ番組『月刊行定勲』をスタートさせた[1]。
2010年、映画『パレード』が第60回ベルリン国際映画祭において国際批評家連盟賞を受賞。出典:wikipedia

 

映画ナラタージュの公開告知として当番組で、松本潤さん、野田洋次郎さんと語った中ででたワンフレーズ。

作品を作るクリエイターのかたに批評はつきものであり、良い批評も悪い批評もあるなか、批評という他者からの評価や意見をどのくらい見聞きし、どう受け止めているのか。三者三様のなか、映画監督の行定勲氏は上記の言葉で批評に対する解釈を提示していました。

作品において、興行的な側面も担う作品には数字や売り上げが公開され、第三者に遠慮のない評価のなかに晒されます。そのプレッシャーやストレスのなかで、なおも悪い批評に耳を傾け、自身の力にしていくエネルギーやヒントと捉えられるメンタリティの強さに感心しました。

自分にとって耳の痛い意見を聴くことの効用

行定勲氏は悪い批評に対し、自分を変えてくれる意見があると言っています。それはつまり、自分が今まで考えていなかったことや、考えていたうえで表現したことが違う形で伝わっていく様子が端的に言葉にされており、それが今後の表現の改善点になるということだと思います。

つまり、悪い批評に耳を傾ける効用は、

・自分の至らない部分への認識が深まる
・自分が想像していなかった発想が得られる
・受け手がどう捉えているかが確認できる

の3つがあります。

これら3つの効用が期待できる批評や意見は、今後の改善点としてすぐにでも活用できる情報ということです。

玉石混交の批評の山を分け入っていくなかで傷つくこともあるでしょうが、そのなかに宝があるからこそ見つけにいくことができるのでしょう。

むしろここに分け入っていくかいかないかで、今後の成長がかわっていくような気さえします。

私を含め一般人の方々でも、作品ではなくとも日々何かしらの形で表現をしています。その表現に対する悪い批評や意見といった声に耳を傾けてみるとまた違う視点が見つかるかもしれません。

批評までされない一般人が耳の痛い意見を集める方法

しかし、自身の表現に対する意見といってもなかなか一般人にはないものです。そこで、どんな形でその声を集め、自身の宝とするか考えてみました。

・同じビジネスモデルや作風、スタイルの著名人をフォローする
・取り上げられている批判を一般化し、自身に当ててみる
・思い切って知人にダメ出しをしてもらう

の、3つが挙げられます。

自身に対しそもそも認知や興味が持たれていないなかで批評を拾う方法としては、まず、

・同じビジネスモデルや作風、スタイルの著名人をフォローする

ことです。

自分がしていることの世界に、上には上がいます。
その「上である方々」を観察し、どのような評価を見つめることで自身に活かすことができます。

次に、

・取り上げられている批判を一般化し、自身に当ててみる

は、先述とは違い、自身の活動とは関係がないものもあります。しかし、賛否両論の渦中にあるものは根源的に人間が抱える何かがあるからこそ多くの人が声をあげます。これらを一般化つまり、具体性から少し抽象的な言葉に置き換えることで、自身の活動に置き換えてみます。

最後に

・思い切って知人にダメ出しをしてもらう

です。

これはシンプルにダメだしをもらってしまう。そこには、具体的かつ自身によく当てはまる意見がもらえます。悪い意見を面と向かって言われることへのメンタル的な部分さえ持てば一番良い方法だと思います。

いずれにせよ、自身が成長すれば多くの人の目に触れる機会も増えます。もちろん悪い意見やダメ出しが増えます。そこに対して一喜一憂するのではなく、強い気持ちで明日のヒントになる改善点を見つけにいくことができれば、さらに成長や変化ができる機会を得られます。

誰でも悪い声は聞きたくありませんが、向き合っていくことを行定勲氏の言葉は教えてくれます。

 

2017.10.7公開予定「ナラタージュ」

https://youtu.be/DPTVDDvEBWY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。