ボブ・マーリーの厳選33の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ボブ・マーリーはレゲエミュージシャン。レゲエ音楽の先駆者でもあり、音楽を通してジャマイカ内部の和平にも貢献、「ONE LOVE」という言葉にあるように平和を愛するひとでもあった。彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。彼の言葉には、自身の半生、経験から生まれた音楽のなかには、現実世界を乗り越えるための言葉に溢れています。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的なボブ・マーリーの言葉から厳選した名言集を紹介します。

ボブ・マーリーはどんなひと?

ボブ・マーリーは、ジャマイカ出身のレゲエミュージシャン。レゲエの先駆者の一人とみなされており、レゲエ、スカ、ロックステディの要素を融合した曲作り、滑らかで独特な歌声と宗教的・社会的な作詞スタイルで知られる。

Wikipedia

ボブ・マーリーの人生の名言 -自分の声を聴くことの大切さを教えてくれる言葉

ボブ・マーリーは、イギリス人の父とジャマイカ人の母のもとに生まれ、父とは幼少期から別れて育ちました。その容姿はジャマイカ人のそれとはどことなく違うので周囲からは「ドイツ人」と揶揄されることもありました。彼の音楽のなかにある「ONE LOVE」の世界平和の願いが込められた思想の成り立ちには、幼少のころに経験したこともひとつあるのかもしれません。ボブ・マーリーの言葉を読んだあと、自分の心の声に耳を傾け本心のままに行動することの大切さに気づかせてくれる名言を紹介します。

指をさして人を非難する前に、君のその手がよごれていないか確かめてくれ。

誰もが自分の運命を決定する権利を持っている。

世界を手に入れるために自分の魂を失うな。賢明さは金銀よりも価値がある。

心配しなくていいんだよ。どんな些細なことでもすべてうまくいくからさ。

俺たちには学はないけど、インスピレーションがある。もしも教育なんて受けていたら、とんでもない愚か者になっていたさ。

飢えた群衆は、怒れる群衆なんだ。

これからの明るい未来のなかでも、君は過去を忘れることはないんだ。だからもう、涙をふいて。

君の命には、黄金なんて比べ物にならないほどの価値がある。

起きろ、たちあがれ、己の権利のために。起きろ、たちあがれ、決してあきらめるな。

俺は死を信じない。肉体的な死、精神的な死、いずれもだ。

目を開いて自分自身を見つめろ。自分の生き方に満足しているか?

ひとつの愛、ひとつの心。みんなで一つになれば、いい気分になれるさ。

1つの愛、1つの心、1つの運命。

一体誰が僕の生き方を否定できるのか?自分が完璧じゃないことは分かっているし、そうなろうともしていない。

ボブ・マーリーの人生の名言 -いかに生きるかという方法を教えてくれる言葉

ボブ・マーリーのエピソードは尽きませんが、当時のジャマイカの情勢から「二大政党の対立により混迷するジャマイカに微笑みを与えたい」という趣旨のもと慈善コンサートを企画したが、リハーサル中に襲撃を受け、ボブ・マーリーは胸と腕を撃たれたそうです。しかし、二日後のコンサートに出演し、「僕は人々の愛のためだけに演奏したかった」「この世界を悪化させようとしているやつらは休みを取っていない。なのになぜ僕に休むことができるか?」と語ったそうです。平和への願いを愛を大切にすることで世界は変わっていく、それは言葉だけでなく彼は傷を負った状態でライブを開催したように、行動でも示しました。ボブ・マーリーの言葉には、生き方のヒントになる言葉があります。いまの自分の生き方に愛はあるのかと、考えてみたくなる言葉・名言を紹介します。

批判するな。自分自身を批判する前に。批判するな。批判する覚悟がないのなら。

どうやって生きるかなんてことは、誰も他人に教えられないよ。それは、自分自身で見つけるものだ。

ひとつのドアが閉まっている時、もっとたくさんのドアが開いているんだよ。

偉大な神が空から舞い降り、すべてを取り除き、みんなをハイな気分にさせてくれると言う奴もいる。でも、どんな人生に価値があるのか分かっているなら、君自身のものをこの世で探すんだ。

後ろ向きなやり方では、とても生きては行けないよ。分かるかい。前向きに進むんだ。毎日が新しい日なんだから。

自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。

誰もが、自分が望む生き方で、自分の人生を、精一杯生きていこう。

混乱でいっぱいの家の中に住むより、屋根の上で生きた方がいいね。

自分の精神を解放できるのは、自分自身だけだ。

自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。

批判するな。自分自身を批判する前に。批判するな。批判する覚悟がないのなら。

後ろ向きなやり方では、とても生きては行けないよ。分かるかい。前向きに進むんだ。毎日が新しい日なんだから。

ボブ・マーリーの仕事の名言 -「 もう、言葉は充分だろ。今すぐ、行動に移そう 」仕事について考えさせられる言葉

ボブ・マーリーはレゲエ音楽の先駆者であり、ジャマイカ音楽を世界のポップミュージックのシーンに示した存在です。音楽にとどまらず、彼の思想にも多くの若者が影響を受けました。「音に打ちのめされて傷付くものはいない。それが音楽のいいところさ。」「ひとつの愛、ひとつの心。みんなで一つになれば、いい気分になれるさ。」「もう、言葉は充分だろ。今すぐ、行動に移そう。」音楽に乗せて人々を鼓舞してくれた彼の活動は、彼のなかにある愛を誰隔てなく分けていた行為なのかもしれません。愛は与えても減らず、むしろ増えていくようなところがあります。自分の仕事を愛とわけるように誰かのために与えていければ、より良い循環、経済が広がるかもしれません。まずは愛を与えることから始めたくなる言葉をご紹介します。

音に打ちのめされて傷付くものはいない。それが音楽のいいところさ。

雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる。

ひとつの愛、ひとつの心。みんなで一つになれば、いい気分になれるさ。

もう、言葉は充分だろ。今すぐ、行動に移そう。

播いた種は刈らねばならない。と言うのは安っぽい話だ。しかし、戦いに熱中することは勝利と同じくらい楽しいものだ。

俺の音楽は、生き方や死に方を教えるシステムに対抗するものなんだ。

お前は逃げる。でも、自分自身からは逃げられない。

ボブ・マーリーの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

“ボブ・マーリーの没後25年にあたる2006年、『レゲエの神様としてでなく、人間ボブ・マーリーの素顔を伝えていきたい』という、ボブ・マーリーに最も近い存在のフォトグラファー『デニス・モリス』の熱い思いに端を発したメモリアル企画『ボブ・マーリー アイコン』プロジェクトの第一弾。 14歳と28歳で出会ってからの8年間、心をかよわせた2人の間だけの感動のストーリーをデニスが初告白。”

Amazon

レゲエの代名詞、永遠にして不滅のヒーローであるボブ・マーリーの音楽と強烈な生の軌跡を多面的にさぐりながら、その魅力の秘密とレゲエの未来にせまる待望の書。

Amazon

ボブ・マーリィ、魂のバイブル。人々の魂に届けた伝説の新訳詩集。

Amazon

ボブ・マーリーの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、45名、1921の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入時のメールアドレスにURLを送付いたします。
・解約は当店宛にご連絡ください。申請翌月から解約となります。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人 アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルト・ディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
武田信玄
野村克也
矢沢永吉

     

ご購入はこちら

     

SNSでもご購読できます。