【言葉・名言】欲張りは何も取れない 徳山浩明 発酵料理人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

徳山浩明  発酵料理人

滋賀の山野に山菜取り、 「あれもこれもと欲張ると山菜は逃げる。もちろん逃げはしないが目に映らない。欲張りは何も取れない。」

出典:情熱大陸

徳山浩明 発酵料理人とは
昔ながらある熟鮓(なれずし)が食べられる料理宿「徳山鮓」を営む発酵料理人。

滋賀県の湖北地方、周囲6キロほどの小さな湖、余呉湖のほとりに「徳山鮓(とくやまずし)」という一風変わった名の隠れ家料理宿がある。亭主で料理人の徳山浩明が守り続けるのは日本古来の鮨の原点“熟鮓(なれずし)”だ。塩漬けした魚を米飯と共に漬け込み熟成させる調理法で、乳酸発酵による独特の酸味と匂いが特徴。代表的な“鮒ずし”作りを基本に、徳山は千年以上前からこの土地に伝わる食文化を忠実に受け継ぎつつも塩サバ、豆腐、からすみなど変化に富んだ食材を使って全く新しい現代の熟成発酵ワールドを切り開く発酵料理のパイオニア的存在だ。時ならぬ発酵食品ブームの今、日本は勿論世界の食通からも注目を集め、小さな隠れ宿は数ヶ月先まで予約が入る世界的オーベルジュとなった。

公式サイト:徳山鮓

 

【ひとこと】

例えば、はがきを投函したい時に、街なかの郵便ポストを探すと、赤いものがよく目に留まるようになる。そして「こんな場所に郵便ポストがあったのか」と驚くことがある。つまり、人は見たいものを見ており、意識してるからこそ見つけることができるそれを心理学で「カラーバス効果」という。

しかし、この「カラーバス効果」に沿った意識でも対象が見つけられないことがある。それには、「欲張る」ことで、対象の複数化が起きている。つまり故事でいうと、『二兎を追う者は一兎をも得ず』が同時に起きているので、カラーバス効果は複数形になると効果が落ちる。これは脳内現象でも一部解明されており、「二重課題干渉」と言われ、例えば、運転しながら携帯電話で会話するなど、二つの課題を同時にするとどちらも上手くできない状態が起きている。

この2つの脳の状態を氏は身体的に感じ、端的に言い得る凄みを感じる。

 

人生が変わる法則!? カラーバス効果

参考:『二兎を追う者は一兎をも得ず』を脳で解明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。