きょう、 9月27日 に生まれたひとの言葉

室生犀星の厳選10の名言と5つの詩から学ぶ【人生と仕事の哲学】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

室生犀星は、日本の作家です。

俳句、詩、小説まで幅広い作品をつくりました。

芥川龍之介も室生犀星の感性溢れる言葉に一目置いていました。

「人は決して倖(しあわ)せを避けて通る者ではない、花を見ないで道を通ることはできない。」

「抒情小曲集」の故郷への想い、「愛の詩集」の周囲のひとびとへの愛に触れた作品など瑞々しい感性をもつ室生犀星が上京し、都会に揉まれていく様も言葉にしていきます。

どんな場所や環境であれ、道に咲く花のそばを通らないひとのほうが少なく、小さな幸せに気づくことは誰にでもできる、彼の言葉はひとにとって大切なこと、そのことに気づくことについて、多くのことを教えてくれます。

室生犀星の人生や仕事に対しての哲学的な言葉から厳選した名言集を紹介します。

Books365オンラインショップについて

Books365では、オンラインショップで言葉と本を扱っております。

室生犀星はどんなひと?

室生 犀星は、日本の詩人・小説家。別号に「魚眠洞」、「魚生」、「殘花」、「照文」。石川県金沢市生まれ。別筆名に「秋本健之」。 姓の平仮名表記は、「むろう」が一般的であるが、犀星自身が「むろう」「むろお」の双方の署名を用いていたため、現在も表記が統一されていない。

Wikipedia

参考:Wikipedia

室生犀星の人生の名言 -小さな幸せに気づくことの大切さを教えてくれる言葉

室生犀星の言葉と詩は小さな幸せについて教えてくれます。

自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

けふ(=きょう)はえびのように悲しい

ふるさとは遠きにありて思うもの そして悲しくうたうもの

もし平静に死にたかったら、人間は有名にならないほうが良い。

他人を正視しない目は卑怯だ。わざとらしい凝視をする奴は、内面に虚偽を持った奴だ。

一人の喜びは、決して一人のみに限られたものではない

だめな人間をだめだというふうに打っちゃって置いても、そいつが一人で歩いて行くのをさまたげてはならない。

人は決して倖(しあわ)せを避けて通る者ではない、花を見ないで道を通ることはできない。

明日のことが分からないということは、人の生きる愉しさをつないでゆくものだ。

われ張りつめた氷を愛す、かかる切なき思いを愛す、われその虹のごとく輝けるを見たり、かかる花にあらざる花を愛す、われ氷の奥にあるものに同感す、その剣のごときもののなかにある熱情を感ず、われはつねに狭小なる人生に住めり、その人生の荒涼のなかに呻吟せり、さればこそ張りつめたる氷を愛す、かかる切なき思いを愛す

お金というものは人間の悲しみに必要である。

 

続いて、室生犀星の4つの詩を紹介します。

 

朝を愛す

僕は朝を愛す
日のひかり満ち亙る朝を愛す
朝は気持が張り詰め
感じが鋭どく
何物かを嗅ぎ出す新しさに餓ゑてゐる
朝ほど濁らない自分を見ることがない、
朝は生まれ立ての自分を遠くに感じさせる
朝は素直に物が感じられ
頭はハツキリと無限に広がつてゐる
木立を透く冬の透明さに似てゐる。
昂奮さへも静かさを持つて迫つて来るのだ。
朝の間によい仕事をたぐりよせ、
その仕事の精髄を掴み出す快適さを感じる。
自分は朝の机の前に坐り、
暫らく静かさを身にかんじるため
動かずじつとしてゐる。
じつとしてゐる間に朝のよい要素が自分を囲ひ。
自然のよい作用が精神発露となる迄、
自分は動かず多くの玲瓏たるものに烈しく打たれてゐる。


朝の歌

こどものやうな美しい気がして
けさは朝はやくおきて出た
日はうらうらと若い木木のあたまに
すがらしい光をみなぎらしてゐた
こどもらは喜ばしい朝のうたをうたつてゐた
その澄んだこゑは
おれの静かな心にしみ込んで来た
おお 何といふ美しい朝であらう
何といふ幸福しやはせを予感せられる朝であらう

 

雨の詩

雨は愛のやうなものだ
それがひもすがら降り注いでゐた
人はこの雨を悲しさうに
すこしばかりの青もの畑を
次第に濡らしてゆくのを眺めてゐた
雨はいつもありのままの姿と
あれらの寂しい降りやうを
そのまま人の心にうつしてゐた
人人の優秀なたましひ等は
悲しさうに少しつかれて
いつまでも永い間うち沈んでゐた
永い間雨をしみじみと眺めてゐた

 

汚れにも生きられる

凡ては僕の中にあるのだ
高いものや 善良よきものや 深いものや
また卑しい低いものさへ潜んでゐるのだ
僕は毎日いやしいものを追ひ出す
清潔なさわやかなものをとり容れるのだ
この宇宙のさまざまな感情
さまざまな汚れたものの一部に
その空気にも生き泳いでゐるのだ

 

パンを求めゆくの道なり
狂気にもなる道だ
電車と自働車とに埋るるの道なり
道は正直なり
人間が人間の
たましひの踏み潰されるところだ
太陽と月光との道であり
われと君との道であり
むしけらの道でもある
ときにふるさとの愛
あきらかに夏は
その道の上に落ちる
母と父と
愛の湧くところの道だ

 

室生犀星の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

愛の詩集

わたしは何を得ることであらう わたしは必らず愛を得るであろう…どんなに永い間 寂しかつたといふことを しづかに物語り感動するであろう 初刊のデザインを模した装丁で再刊。

Amazon

室生犀星詩集

“本書では、“ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの”のフレーズで知られる「小景異情」に代表される初期抒情詩を集めた『抒情小曲集』をはじめ、『愛の詩集』『女ごのための最後の詩集』など十四の詩集から百五十二篇を収録。七十二年に及ぶ詩人の生涯とその魅力を伝えるオリジナル版。 ”

Amazon

室生犀星句集

“犀星が生前編んだ四句集及び随筆集収戴の句を中心に610句を収録。”俳魔”を友とした生涯! 現代の読者に捧げる待望の犀星句集! ◆特別書下ろし 犀星俳句観賞収録 川上弘美・作家「隣人になりたいひと」”

Amazon

室生犀星の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

室生犀星のおすすめ作品を紹介しております。

室生犀星おすすめ作品リスト_青空文庫で5分で読める詩・小説・エッセイ

室生犀星と芥川龍之介は親友です。

互いに友人であることの喜びと、同時に作家として鼓舞される存在でした。芥川龍之介の死はその後の室生犀星の作家人生にも大きく影響を与えます。

幸福とは幸福を問題にしない時をいう。

我々はしたいことの出来るものではない。ただ、出来ることをするものである。

芥川龍之介の厳選12の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、66名、2700の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」

アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルトディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
「人生において重要なのは生きることであって、生きた結果ではない。」

ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
「もし私がすべてのルールを守ってたら、成功なんてしていなかったでしょうね。」

リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
「「いかに戦うか」は大局観にかかわるが、その具体的な戦略は事前研究が決め手になる。事前にしっかり準備して万全の態勢で、対局に臨んでくる人は強い。」

岡田武史
岡本太郎
「自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。」

夏目漱石
「あらゆる芸術の士は、人の世をのどかにし、人の心を豊かにするがゆえに尊い。」

芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
高田純次
坂本龍馬
手塚治虫
「好奇心というのは道草でもあるわけです。確かに時間の無駄ですが、必ず自分の糧になる。」

所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
長渕剛
武田信玄
野村克也
矢沢永吉
落合博満
明石家さんま
白洲次郎
松本人志
西郷隆盛
吉田松陰
老子
ソクラテス
志村けん
勝海舟
ブルース・リー
「本当に人生を愛しているなら、時間を無駄にするな。人生は時間でできているのだから。」

サン・テグジュペリ ※
「計画のない目標は、単なる願い事にすぎない。未来とは、あなたが予測するものではなく、自分で可能にするものだ。」

ヘミングウェイ ※
「ただ動いているだけでは、行動とは言えない。」

キング牧師 ※
「人は死んでも、その人の影響は死ぬことはない。」

ハンナ・アーレント ※
柳田國男 ※
「うずもれて一生終わるであろう人に関する知識を残すのが民俗学。」

宮沢賢治
柳宗悦 ※
「過去のものといえども真に価値あるものは常に新しさを含んでいる。」

室生犀星 ※
宮本常一 ※
「結局、いい仕事をしておれば、それは自分ばかりでなく、あとから来るものもその気持ちをうけついでくれる。」

赤塚不二夫 ※


※記事掲載していない限定リストになります。

     

ご購入はこちら

     

SNSでもご購読できます。