きょう、 5月27日 に生まれたひとの言葉

イビチャ・オシムの厳選57の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イビチャ・オシムは、サッカー元日本代表監督。

旧ユーゴスラビア代表の最後の監督、日本代表監督を歴任。

考えて走るサッカースタイルを日本で表現した彼のサッカー哲学は含蓄に溢れ、サッカーを知らないひとでも自身の人生において考えさせられる言葉が多くあります。

「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?要は準備が足らないのです。」

イビチャ・オシムの哲学にふれると、自身も「リスクを冒す」ことの大切さに気付かされます。

人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的なイビチャ・オシムの言葉から厳選した名言集を紹介します。

イビチャ・オシムはどんなひと?

イビチャ・オシムは、ユーゴスラビアのサラエヴォ出身のサッカー選手、指導者。愛称はシュワーボ。なお、より原音に忠実な表記はイヴィツァ。 旧ユーゴスラビア代表の最後の監督であり、日本でもジェフユナイテッド市原・千葉、日本代表で監督を歴任するなど、世界各国で豊富な指導歴を持つサッカー指導者である。

Wikipedia

イビチャ・オシムの人生の名言 -自分の頭で考え行動することの大切さを教えてくれる言葉

イビチャ・オシムのユーゴスラビア(現・ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエヴォ出身です。

彼の故郷は侵攻された場所でもあります。

当時ユーゴスラビア代表監督をしていたオシムはサラエヴォ侵攻とユーゴスラビア分裂に抗議する意味を込め監督を辞任したそうです。

「人の頭ではなく、自分の頭で考えなければならない。」

「私にとって、サッカーは人生そのものだ。人生からは逃げられない。」

彼は選手に指導する立場である前にひとりの祖国を想う人間として言葉の通りの姿勢を見せました。

イビチャ・オシムの言葉は自分の頭で考え行動することの大切さを教えてくれます。

自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

人の頭ではなく、自分の頭で考えなければならない。

あなたは、息子さんを「最後まであきらめずに走る子供」に育てましたか?

私には、理想とするサッカーはない。「こういうチーム」と決めてしまうとそれ以上のチームにはならないからだ。完璧と言えるチームはないと思っているし、起こりうる状況の中で常に前進して行くだけだ。

人生は100年も続かない。選手のサッカーキャリアなどもっと短い。その短い選手生命の中で、何か歴史に残ることをしようじゃないか。

大事なことは、昨日どうだったか、明日どうかではなく、今日一日を大切にすること。

サッカーの試合とは絶対に一人では成立しない。君たちの人生も同じじゃないか。

やることをやってもし負けるのなら、胸を張って帰れるはずだ。

トップクラスの選手は、シンプルにプレーするものであり、それが一番美しい。

自分を信じることだ。自信の無い者に戦う資格は無い。

サッカーとは、トータル的にこれが理想というものがない。だからこそ魅力的なんだ。

玄関を出入りするときに毎回つまずいて、転びそうになるならば、それはドアが悪いのではなく、つまずく方に問題がある。

タレント不足と言うならば、ユース時代から数年間にわたる強化が無意味だったということだ。つまり選手を否定することは彼らを選び、指導してきた人々も否定することになる。

偽物は、いつまでたっても偽物。模倣はどこまでいっても模倣なのである。

ポジティブシンキングに客観性が加わるときに、平常心は生まれる。逆に何も信じるものがなくなったときに、あらゆる可能性が泡となってその姿を消すのだ。

前に出ること。それだけでサッカーは即座に美しくなる。少しリスキーではあるが美しい。

追いつこうと思うから離されるのだ。

一生懸命探すニワトリだけが餌にありつける。

サッカーは人生のようなもの。勝敗を分けるのはほんの小さなニュアンスである。

やったことが返ってくるのが人生というもの。もっと走るべきだし、タイトにプレーすべきだ。全てが返ってくるのだからやらなくてはいけない。

私にとって、サッカーは人生そのものだ。人生からは逃げられない。

イビチャ・オシムの人生の名言 -自分の意思を信じることの大切さを教えてくれる言葉

イビチャ・オシムは、1990年ワールドカップ当時、ユーゴスラビア代表監督をしていました。

ユーゴスラビア内での民族対立が激化していくなか、メディアは各民族のスターばかりを集めた選手起用を求めました。

そんなメディアに対する当てつけとして、ワールドカップの初戦の西ドイツ戦でメディアの要求通りの選手起用で敗戦してみせ、次の試合ではオシムが本来考えた選手起用で勝利したそうです。

「いったん掲げたら堂々とそれをめざせ。戦いの前から負け犬になるな。」

「相手をリスペクトするのが負けない秘訣だ。」

相手をリスペクトすれば、スター選手ばかりの起用の結果になりえないことをオシムは自身の決断で教えてくました。

彼の言葉には、自分の意思を誰よりも信じたからこその発せられたものが多くあります。

物事の本質をとらえる思考と揺らがない意思を持つ、イビチャ・オシムの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。

自分にとって本質をみつめ自分の意思を信じようと思える言葉・名言を紹介します。

偶然で日本に来た。二年目からは偶然ではない。私の意志だ。

だれの真似もする必要はない。自分たちの道を探さなければならない。

いったん掲げたら堂々とそれをめざせ。戦いの前から負け犬になるな。

1点負けていたって、まだ試合には負けていない。

奇跡といっても、自然に起きるわけではない。奇跡がなぜ起きるのか、プロセスを研究する必要がある。毎日奇跡が起こるわけではない。奇跡を金で買うこともできない。入念に準備をした上でしか、奇跡は起きない。

すべてのチャレンジに応じられるように、フィジカルとフィットネスを万全に準備し、しっかりとディシプリンを正した状態でいることが肝心だろう。

アイデアが存在する間は常にアクティブになる必要がある。同じことを繰り返すようになると人間は終わりだ。今の私には仕事なしの状況が考えらない。金のためではない。いつも金は私にとって重要じゃないことだ。

相手をリスペクトするのが負けない秘訣だ。

イビチャ・オシムの仕事の名言 -「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」仕事について考えさせられる言葉

イビチャ・オシムは2003年、Jリーグのジェフ市原に監督就任しました。

「走力」と「哲学」を備えた「賢く走る」スタイルを掲げ、リスクを意識して冒す「危険なサッカー」をキーワードとした指導をはじめ、年間通算成績3位と当時クラブ最高の成績を記録しました。

「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?要は準備が足らないのです。」

「ピッチで指示を待ち続けていたら、試合には負けてしまう。私が望んだのは、対戦相手のことを考え、敵にとって危険な地帯へ進入していくプレーだ。」

「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない、が私の原則論である。」

彼の言葉にあるように、自分で考え、自分で動き出し、自分でリスクを冒すことの大切さをイビチャ・オシムは教えてくれます。

彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。

今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?要は準備が足らないのです。

二本足で日本に来たが、杖をついて三本足で帰ることになるかも。それだけ多く足跡を残したということなら、私の財産はその杖だ。

ブラジルが一番と決まっているのだったら、ほかの国はサッカーをやる必要はない。だから、サッカーは面白いんだ。強いと言われていても、彼らが常に勝つわけではない。

リスクを負わないチャレンジはない。そういう日本人に欠けている哲学の部分を埋めたいと考えていた。

限界には、限界はありません。限界の定義は何だと思いますか。限界は個々の選手の目標で、限界を超えれば、次の限界が生まれるのです。

君たちはプロだ!休むのは、引退してからで十分だ!

負ける覚悟も含めて、すべてにおいて、完全な準備をしなければならない。準備に「やり過ぎ」などという言葉はないのだ。

相手より5歩余計に走れば、その5歩がすでに勝利の5歩だ。

サッカーに最も必要なのはアイデアだ。アイデアの無い人ももちろんサッカーはできるが、サッカー選手にはなれない。

ピッチで指示を待ち続けていたら、試合には負けてしまう。私が望んだのは、対戦相手のことを考え、敵にとって危険な地帯へ進入していくプレーだ。

監督というものは、常に何がうまくいっていないかを探さないといけない。私はブラシのようなもの。常にホコリをはらうことをしないといけないのだ。

監督というものは心理学者であり、教育者でなければならない。それにときどきは上手にウソもつかなければならない。

他人に責任を押し付けているならば、サッカーという仕事をすることはできない。

「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」が私の原則論である。

敗北は最良の教師である、と言われる通りだ。だが、「だから明日の試合で負けたい」とは私は言えない。

アイディアだ。監督にとって大事なのはアイディアだ。

いいチームとは、実は、大きな集合体が、やるべき仕事を確実にミスなく成し遂げているチームなのだ。

エゴイズムはプレッシャーへの強さでもある。エゴイストだから外す、では監督として単純すぎる。

巧い選手でも走らなければいけない。走らないぶんの借金は監督が払わなければいけない。

リーダーとは生まれつきのものだ。リーダーとして生まれるか、そうでないか。学べるものではないし、そのための学校もない。そこに難しさがある。

リスクを冒して失敗したらそれは褒めてやった。その代わり、同じ失敗は繰り返すなよ、と言った。そうすると選手は成長する。

サッカーは技術だけではなく、何かを感じる感覚-遠くを見たり、位置関係やタイミングを計る目、チャンスやピンチになりそうだと嗅ぎつける鼻-そういうものが大事だ。それを育てるためにはまわりの援助が必要だ。その上で、才能が努力によって開くのだ。

日本人はシステム論議が好きらしいが、システムは保証でしかないことを理解したほうがいい。システムの奴隷になってはいけないのだ。

本当に強いチームというのは夢を見るのではなく、できることをやるものだ。

厳しい状況に追い込まれるほど、選手は問題を解決しようと努力し、発想が豊かになるものだ。ゆえに悪条件下では、メンタルフィットネスの準備がとても重要になってくる。

古い井戸に水があるのに新しい井戸を掘るのはやめた方がいい。チームを作るならば経験のある選手たちを中心にして作らねばならない。

イミテーションを繰り返しても、彼らを超えることはできない。日本はコンプレックスから開放されて、自分たちのストロングポイントを自覚するべきだ。

一番大事なのは指導者が自分のチームの選手を尊敬すること。それから相手選手を尊敬することを選手に教えることだ。

規律を守ることとリスクを冒すことは矛盾することではない。規律を守りながら、いつ、どこでリスクを冒すかアイディアがなければならない。

イビチャ・オシムの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

オシムの言葉

言葉は極めて重要だ。そして銃器のように危険でもある―。スポーツの枠を超えて、各界の日本人に多大な教訓を与えたイビツァ・オシムの箴言。彼の言葉は、なぜこれほどまでに人の心を揺さぶるのか?祖国の崩壊から、日本代表監督就任、大病、奇跡の復活まで、激動の半生を綿密な取材でたどった、傑作ノンフィクション。

Amazon

オシム 終わりなき闘い

不可能と言われた民族融和を果たし、ボスニア・ヘルツェゴビナをW杯初出場へと導いたイビツァ・オシム。病に倒れ帰還した祖国での闘いとは―人間オシムの「その後」を長期取材で追ったノンフィクション。

Amazon

急いてはいけない ~加速する時代の「知性」とは~

本書は日本の皆さんから、イビチャ・オシムに聞いてみたいことを募り、オシムがその質問に答える、という形の企画としてはじまった。質問の内容はサッカーに限らない。仕事でも恋愛でも生き方でも何でもいい。毎日を生きるうえで、人生を生きるうえで直面しているさまざまな問題や、今日の日本社会を覆い尽くしている閉塞感の中で、希望を見いだそうとしている人々の悩みに、オシムなら応えられるのではないかという思いがあった。そして…意図した形とは違えど、オシムは我々の問いに「答え」を授けた―その中身とは。

Amazon

考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか?

「なぜ日本人はゴールの前で責任を放棄するのか? リスクを負わない者は勝利を手にすることができない。リスクとは負けることによって認識すべきものではない。だが日本人は、誰もが敗戦を恐れすぎているのだ」。名将が書き尽くした珠玉の戦術論・組織論・日本人論。

Amazon

Number PLUS オシム語録 人を導く126の教え

「言葉には、人間を変える力がある。運命を切り開く力がある。元サッカー日本代表監督イビチャ・オシム。監督としての手腕もさることながらヨーロッパ、とりわけ出身地である旧ユーゴスラビアでは、その人間性と品格・知性から偉大な人物として尊敬されてる。オシムの言葉には、道に迷い行き先を見失った人々に、勇気と希望を与える力がる。」知将・オシムの含蓄に満ちた126の言葉に学ぶ! 第1章部下を動かす言葉/第2章リーダーシップに必要な言葉/第3章組織を構築する言葉/第4章人生に効く言葉/第5章日本人に告ぐ

Amazon

イビチャ・オシムの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

同じく指導者、独自の考え方が関心を集めるけれど、その実、地に足の着いた行動のひと。

基本に忠実に、普通のことを普通にさせた。見る方はつまらないかもしれないが、それが上達の一番の近道

落合博満の厳選36の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

落合博満の厳選36の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

同じく指導者、緻密に練られた先にある直感を信じ、リスクを取った攻めのひと。

選手によく話すんですけど、究極のエンジョイってのは、自分の責任でリスクを冒すことだと。要するに、…

岡田武史の厳選23の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

岡田武史の厳選23の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、53名、2088の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」 ウォルト・ディズニー
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
キング牧師
ゲーテ
「人生において重要なのは生きることであって、生きた結果ではない。」 ココ・シャネル
サン・テグジュペリ
「計画のない目標は、単なる願い事にすぎない。未来とは、あなたが予測するものではなく、自分で可能にするものだ。」 シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
ソクラテス
チャップリン
ナイチンゲール
ニーチェ
ハンナ・アーレント
ピカソ
ビル・ゲイツ
ブルース・リー
「本当に人生を愛しているなら、時間を無駄にするな。人生は時間でできているのだから。」 ヘミングウェイ
「ただ動いているだけでは、行動とは言えない。」 ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
「もし私がすべてのルールを守ってたら、成功なんてしていなかったでしょうね。」 リンカーン
岡本太郎
「自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。」 夏目漱石
「あらゆる芸術の士は、人の世をのどかにし、人の心を豊かにするがゆえに尊い。」 芥川龍之介
吉田松陰
宮沢賢治
宮本常一
「結局、いい仕事をしておれば、それは自分ばかりでなく、あとから来るものもその気持ちをうけついでくれる。」 孔子
江戸川乱歩
坂口安吾
坂本龍馬
志村けん
室生犀星
手塚治虫
「好奇心というのは道草でもあるわけです。確かに時間の無駄ですが、必ず自分の糧になる。」 勝海舟
西郷隆盛
赤塚不二夫
太宰治
白洲次郎
武田信玄
柳宗悦
「過去のものといえども真に価値あるものは常に新しさを含んでいる。」 柳田國男
「うずもれて一生終わるであろう人に関する知識を残すのが民俗学。」 老子
萩原朔太郎
葛飾北斎
三島由紀夫
ニュートン
福沢諭吉


※記事掲載していない人物もいます。

     

ご購入はこちら

     

SNSでもご購読できます。