きょう、 生まれたひとの言葉

【言葉・名言】77歳、これからの人生に胸がワクワクしている。加藤一二三 棋士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 “いま77歳、これからの人生でもいろんなことが私を待っていると思うと胸がワクワクしている。”

出典:棋士 加藤一二三 NHK 加藤一二三という男、ありけり

 

対局数2505局1324勝1180敗

60年棋士であり続け誰よりも負けた棋士の、引退しても心踊らす姿に勇気が湧く。

好奇心が人を強くする。

彼の溢れ出る好奇心が将棋に注がれ続けたからこそ、誰よりも負けた実績があったのだろう。

なぜなら誰よりも負けたということは、誰よりも勝負ができる場に居続けない限り成し得ない実績であるから。棋士としての実力はそのひたむきな好奇心の元に磨かれてこその実力であり、引退しても、とどまることのない好奇心に人間としてのエネルギーというか強さを感じる。

仮に自分が77歳になったとして、ワクワクすると言えているだろうか。好奇心が溢れ出ている心持ちでいられているだろうか。少し先の自分を想像すると、加藤氏のこの言葉はとても素敵な言葉としてより心に刺さる。

そして、いま自分はワクワクしているか?そう少し先の未来の自分から問われているような気がしてくる。好奇心を忘れずに。

1180敗、最も負けた男の凄さ

トップレベルで活躍した人の大半は負けが続いたり、階級が落ちると引退を決意する。しかし加藤氏は続けることを選んだ。

これがどのくらい凄いことかというと、相撲の横綱が十両に落ちても相撲を取るようなことだそうだ。

十両でも続ける力士を知らないし見たことはないが、それがつまり、将棋界で実在した加藤氏そのものの在りようだと思うと、凄いとしか言いようがないものがある。

誰よりも敗けたことがあるという実績が、将棋そのものではなく、人間としての強さを物語る。どんなに勝ち続けた人であろうともいつかは負けるときがくるならば、その負ける姿にこそ人は自身の負ける時の心情を重ね、よりその姿に惹かれていくのかもしれない。

散り際の美しさ。花はいつでも美しいもの

“加藤一二三は桜の花びらのようです。満開の桜も水面に散った桜も花びらは変わらずに美しいでしょ。”

加藤一二三の妻の言葉

加藤一二三氏の妻が語った氏の印象。桜の美しさに例えるそれ自体が美しい。満開に咲く桜はもちろん、散り際の桜も、散り落ちた桜の花びらも等しく美しい。人で言い換えるなら、成功していても失敗していても老若男女、過去未来、いつでも人はその時のその時の美しさがある。

つい、勝ち負けにだけにとらわれてしまいそうになる世界に、この一言で救われる人は多くいると思う。

思いやる暖かさに心が温まる

言葉ではないが、心温まるエピソードで終わりにしたい。

冬場の対局に、加藤氏は自前のストーブを用意し暖をとりながら将棋を指していた。対局中盤に対戦相手が急に「熱いんですけど」と怒った。

加藤氏は相手も寒いだろうと自分のストーブを相手に向けていたそう。

思いやりが招いた結果にこちらも温かくなる。

彼の人柄や人生観は、将棋を知らない人々にも愛される「美しさ」がある。

それは、誰よりもただただ敗けを重ねた男のはずがないひとつの証左だろう。

【書籍紹介】

通算1100敗超―14歳で史上最年少棋士としてプロデューするや18歳でA級八段に昇段するなど「神武以来の天才」と称された加藤一二三九段は、将棋界の寵児として活躍し、数多くのタイトルを獲得する一方、じつは歴代で最も多くの敗戦を記録している棋士でもあった。「将棋の負けに無駄な負けはひとつとしてありません」と断言する著者が、現役生活60周年を迎え、初めて自身の敗戦を振り返り「負けて強くなる」秘訣、そして「敗れてもなお積み重ねていくことの大切さ」を語る。

「剛毅であること」「謙虚であること」「柔和であること」「美しいこと」など、生きていく上で大切なことを、歴史に残る数々の名局と聖書の言葉を織り交ぜながら、天才・加藤一二三が語り下ろした「元気の源」そして「21世紀の幸福論」。

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権(フルボリューム)


当商品は下記のリストの言葉も網羅したフルボリュームのリストです。

不定期で更新されいていきます。
現在、118名、2699の言葉が収録されています。
データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入後のダウンロードコンテンツ(PDF)にURLが記載されております。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人

アインシュタイン
「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」 ウォルト・ディズニー
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
キング牧師
ゲーテ
「人生において重要なのは生きることであって、生きた結果ではない。」 ココ・シャネル
サン・テグジュペリ
「計画のない目標は、単なる願い事にすぎない。未来とは、あなたが予測するものではなく、自分で可能にするものだ。」 シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
ソクラテス
チャップリン
ナイチンゲール
ニーチェ
ハンナ・アーレント
ピカソ
ビル・ゲイツ
ブルース・リー
「本当に人生を愛しているなら、時間を無駄にするな。人生は時間でできているのだから。」 ヘミングウェイ
「ただ動いているだけでは、行動とは言えない。」 ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
「もし私がすべてのルールを守ってたら、成功なんてしていなかったでしょうね。」 リンカーン
岡本太郎
「自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。」 夏目漱石
「あらゆる芸術の士は、人の世をのどかにし、人の心を豊かにするがゆえに尊い。」 芥川龍之介
吉田松陰
宮沢賢治
宮本常一
「結局、いい仕事をしておれば、それは自分ばかりでなく、あとから来るものもその気持ちをうけついでくれる。」 孔子
江戸川乱歩
坂口安吾
坂本龍馬
室生犀星
手塚治虫
「好奇心というのは道草でもあるわけです。確かに時間の無駄ですが、必ず自分の糧になる。」 勝海舟
西郷隆盛
赤塚不二夫
太宰治
白洲次郎
武田信玄
柳宗悦
「過去のものといえども真に価値あるものは常に新しさを含んでいる。」 柳田國男
「うずもれて一生終わるであろう人に関する知識を残すのが民俗学。」 老子
萩原朔太郎
葛飾北斎
三島由紀夫
ニュートン
福沢諭吉
斎藤茂吉

コンラート・ローレンツ
誰もが見ていながら、誰も気づかなかったことに気づく、研究とはそういうものだ。

川端康成
一人のよき友は、地上のすべての宝玉よりも、どんなに勝っていることか

チェ・ゲバラ
人は毎日髪を整えるが、どうして心は整えないのか?

フランソワーズ・サガン
もし書いてなかったら私はもっとひどい人生を送っていたでしょう。もし私が自分の人生を生きていなかったらもっとひどいものを書いていたでしょう。

ビリー・ワイルダー
真実を他人に伝えるならば面白おかしくすること。さもないととんでもないことになる。

ジョージ・オーウェル
自分の鼻先にあるものを見るためには、絶えざる奮闘が必要なのだ。

アントニ・ガウディ
オリジナリティーには起源に戻るという意味がある。オリジナルとはもともとの解決策である。シンプルさに回帰することだ。

小泉八雲
あなたの話、あなたの言葉、あなたの考えでなければいけません。

ジャン=ジャック・ルソー
私達はいわば二回この世に生まれる。一回目は存在するために、二回目は生きるために。

古今亭志ん生
貧乏はするもんじゃありません。味わうものですな。

ヘルマン・ヘッセ
ものごとは口に出した瞬間、少し違ったものになる。

フランツ・カフカ
わたしは自由です。だから道に迷ったのです。

ジャン・コクトー
私は今、生きようと努めている。というよりも、どのように生きるかを、私の中の死に教えようとしている。

円谷英二
ないものは作ればいい。金に困ったら発明すればいい。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
どれだけ歳を重ねても熱意を失わない人々。私は彼らを老人とは呼ばない。

レイモンド・チャンドラー
タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

谷崎潤一郎
悲しい時には、桜の花の咲くのを見たって涙が出るんだ。

空海
仏の教えは一言で言えば、自分の利益と他人の利益を一致させることである

ギ・ド・モーパッサン
愛国心という卵から、戦争が孵化する。

ナポレオン・ボナパルト
じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら考えるのをやめて進め

ライナー・マリア・リルケ
「旅」にはたった一つしかない。自分自身の中へ行くこと。


※記事掲載していない人物もいます。

     

ご購入はこちら

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。