【おすすめ短編小説リスト】

【おすすめ短編小説】「河童」 芥川龍之介 世界のおかしさ。腑に落ちたかどうかわからない読後感が残る。【あらすじ感想】

芥川龍之介

河童

精神障害で収容された男が語る河童の世界。

山間の道中に男は河童と遭遇する。河童を追いかける途中に穴に落ち、気づくとそこは河童の世界だった。

河童の世界は人間と、同じような文明が存在し、同じような社会が形成されている。

ひとつ違うとすれば、河童は、人間がネガティヴと捉えることをポジティブに、ポジティブと捉えることをネガティヴに捉える。

“可笑しがることを真面目に思ふ――かう云ふとんちんかんな習慣です。たとえば我々人間は正義とか人道とか云ふことを真面目に思ふ、しかし河童はそんなことを聞くと、腹をかかへて笑ひ出すのです。つまり彼等の滑稽と云ふ観念は我々の滑稽と云ふ観念と全然標準を異にしてゐるのでせう。僕は或時医者のチヤツクと産児制限の話をしてゐました。するとチヤツクは大口をあいて、鼻眼鏡の落ちるほど笑ひ出しました。”

はじめは異世界に戸惑った男も次第に河童の世界に慣れ、河童の生き方を目の当たりにする。

河童の社会の仕組み、そこには資本家もいれば法律もあれば刑罰もあるし、音楽も詩も宗教もある。そして苦悩も自殺もある。

河童の友人トックの自死など河童の世界を目の当たりにした男は、ここにいることが憂鬱になり、人間の世界に戻る。

しかし、戻ってみればなぜか、人間への違和感、嫌悪感から河童の世界に帰りたくなる。戻りたくなるではなく「帰りたくなる」

河童の世界から遊びにくる河童たちと言葉を交わすことだけを楽しみにきょうも精神病院にいる男は、いつも来訪者にそんな話を聞かせて決まって最後にこう叫ぶ。

“出て行け!この悪党めが!貴様も莫迦な、嫉妬深い、猥褻な、図々しい、うぬ惚れきつた、残酷な、虫の善い動物なんだらう。出て行け!この悪党めが!」”

人間には精神障害とされ、河童の世界には帰れず、自身も人間を嫌悪する。

これは男の精神の話だが、男が話す河童の世界に入り込むほど、読み手が認識している人間の世界の輪郭を強く意識させると同時に、河童の世界があることを話す人間を精神に障害があると判断した人間がいて、それもまた物語として、ここに紡ぐ作家という存在がいる。それをいま読んでいる。何重もの意識がどうやら「世界」といわれる不思議。

河童の世界も変だけれど、人間の世界も変だよな。と腑に落ちたかどうかわからない読後感がある。

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編小説】桃太郎 芥川龍之介 退治された鬼の気持ちを知っているか?【あらすじ感想】

芥川龍之介の解釈した桃太郎。

 

働きたくないから鬼退治へ向かう桃太郎

 

桃太郎といえば鬼退治だが鬼退治をする理由が、

おじいさんやおばあさんのように働きたくないからだという軽はずみな理由で思い立つ。

それを聞いたおじいさんとおばあさんも、桃太郎の腕白ぶりに愛想をつかしており、鬼退治でも外に出ていくことは内心嬉しかったという。

犬と猿と雉の3匹の仲間を作るきっかけになった「きび団子」をあげるシーンも

1匹に対し、きび団子をひとつではなく、半分にしてあげるという、なんともセコい人柄が伺える。

童話では、立派な人格に大義ある志が宿った桃太郎だけれど、

芥川の手にかかった桃太郎は人間臭く、そこがかえって童話とのギャップが生まれ面白い。

 

桃太郎に退治された鬼の気持ち

 

童話の桃太郎は、鬼退治をして、鬼が所持していた金銀財宝を村に持ち帰って、めでたし、めでたし。

というストーリ-だけれど、本編は違う。

平穏に暮らしていた鬼たちに突如、桃太郎に理由もなく退治されてしまう。

命だけは勘弁してもらえた鬼が桃太郎に聞く。

「なぜ私たちを?あなたに何か無礼を?」

桃太郎は「特になく、思い立ったし、仲間もいるから」

といった動機の不純さすらもない動機によって、鬼は生活を奪われてしまう。

それ以後、鬼たちは桃太郎への復讐心を忘れずない。そして争いは続く。

人物の背景や立場によって、こうも物語の受け取り方は変わる。

これではどちらが正義かはわからない。

しかし、一面的でなく、物事は二面性を持っているし、それ以上に多面的にみることもできる。

その見方を提示してくれる芥川の桃太郎のほうが、とても童話として読みたかったとすら思う。

 

ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。

568d9f13-l

 

引用 http://www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2013.html

こんな広告コピーがある。

これは、芥川の桃太郎が提示したものに通じる。

物事は多面的である。

 

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編小説】「水仙月の四日」 宮沢賢治 童心に戻り、雪景色にトリップさせてくれる童話【あらすじ感想】

 

あらすじ 水仙月の四日 宮沢賢治

水仙月の四日に、二匹の雪狼を従えた雪童子と赤い毛布をかぶった子供が雪山で出会うところから物語が始まる。目には見えない雪童子は子供にヤドリギの枝を投げてからかう。子供は不思議そうに枝を拾って家路を急ぐが、天候が急変し、雪婆んごが別の雪童子を連れてやってくる。雪童子は鞭を鳴らし仕事にとりかかるが、雪婆んごの目をごまかして、子供の命を取る事を見逃してやる。夜になって吹雪はおさまり、雪婆んごは満足して東に去ってゆく。だれもいなくなってから、雪童子は雪に埋まった子供を掘り出して救ってやる。しかし子供は最後まで雪童子の存在に気づくことはない。by Wikipedia

幻想的な雪景色が広がる宮沢賢治の世界観

子供が雪の丘陵を駆けおりる光景や吹雪が吹き荒れるシーン、その吹雪が止み、晴れ間が広がるシーンと雪の様々な表情が、雪の妖怪、雪婆と雪童子、雪狼によってめまぐるしく彩られていく。

太陽と空と雪が掛け合わさり、映り変わる雪景色のなかに様々な白が表現される。

そんな幻想的な風景を想像するだけで楽しめる本編。

宮沢賢治の詩的表現が楽しめる

童話であり、ひとつひとつの文章は短くも宮沢賢治の詩的な表現が垣間見れる。

お日さまは、空のずうっと遠くのすきとおったつめたいとこで、まばゆい白い火を、どしどしお焚きなさいます。
その白い光はまっすぐに四方に発射し、下の方に落ちて来ては、ひっそりした台地の雪を、いちめんまばゆい雪花石膏の板にしました。

目には見えないなにかに童心はくすぐられる

本編は吹雪を吹かすことが仕事の雪の妖怪達が登場する。

ひとから見た自然の猛威である吹雪は、実は妖怪の仕業だった。そして妖怪には優しい奴もいる。なんて情感が込められる設定に童心はくすぐられる。

いまは見えない何かがあの頃は見えていた。童心に対する憧憬。

宮沢賢治はそれを物語で見せてくれる。

 

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編小説】「炎上する君」西加奈子 彼女たちがみつけた冒険と戦闘【あらすじ感想】

西加奈子さんの短編小説「炎上する君」の収められているタイトル編でもある「炎上する君」をご紹介します。モテずともキレキレの親友女子ふたりがバンドを組み、音楽で男をなぎ倒していく。そんなある日、足が炎上している男を見つけ2人は恋をする。女性ふたりが織りなす存在と恋愛、闘いの冒険譚。

炎上する男が現れた

梨田と浜中は、高校の同級の親友、男子には学徒動員、火垂るの墓と揶揄されるほど男性にはあまり好かれないルックスと、それに反比例するような知性を持つふたり。

女を外見で判断する男を敵とみなし、知性を武器に一流大学を卒業し、安定したキャリアを築くふたり。
ある日、「安定」ではなく血が滾るような「冒険」を求めて浜中は梨田とバンドを始める。

バンド名はふたりのあだ名から大東亜戦争とつける。

大東亜戦争は順調に人気を高めるが、求めていた「冒険」が見つからない。

そんなある日、街に足元が燃えている男が現れるという噂を耳にする。

噂はどうやら真実味を帯びており、ふたりは一度でも目にしたいと好奇心を頼りに探しまわる。

ついぞ見つけられないふたりの近くに、男が現れた。

彼女らが探していたものは冒険ではなく戦闘だった

男を敵視し、

確かなキャリアとスキルで女ひとりで生きていく強さ、

0から始めた音楽で駆け上がることができたのは、

ひとえに持ち前の知性に裏付けられた探究心があってこそだが、

最大の動機は敵視した男の存在のように感じた。

男を敵視し、

自分の世界のそばに寄せ付けなくすればするほど、心のうちにいつも男はいる。

愛の反対は無関心だとしたら、

好意の反対もまた無関心であり、実は嫌悪は好意の近くにあるものかもしれない。

嫌いと意識する以上の否定の概念は意識すらしないということと同じように。

きっと彼女たちが、ずっと探していたものは、案外近くにあったのだ。

それは炎上男を見て、変化するふたりの内面と、ふたりの友情のありかたに見てとれる。

彼女らは、冒険の前途多難を求めていたのでなはく、戦闘の照準を絞り射抜くその目標物を求めいていたのかもしれない

それはくしくも彼女らの敵視した男という存在だったその反動がさらに物語を加速させる。

文章から人柄や物語、音楽も聞こえてくる

 

「梨田よ、君とバンドを組みたい」

私はビールをゆるく噴いた。

~省略~

「バンド、ということか」

私が聞くと、浜中は、

「そう。バンド。組まないか。」

と、まっすぐな目で言った。

「どうして私なのだ。」

「では聞くが、どうして私が梨田以外の人間と、バンドを組めるのか。」

わたしははっきりと、その言葉に胸を打たれた。

浜中が梨田をバンドに誘うシーン、この会話に彼女達の性格や関係、理性的な口調とは裏腹の純粋な心象が伺える。

「大東亜戦争」のふたりの会話は戦況報告のような臨場と硬さを思わせる。

それは女性の会話とは思えない面白さが流れる。

そんな独特のリズムでシーンが転がり広がり飛んでいく様は音楽を聴いてるような、それこそ大東亜戦争というバンドの魅力なのかもしれない。

 

目次

  • 太陽の上
  • 空を待つ
  • 甘い果実
  • 炎上する君
  • トロフィーワイフ
  • 私のお尻
  • 舟の街
  • ある風船の落下

他の短編のあらすじは下記記事で紹介しております。

【おすすめ短編小説】西加奈子「炎上する君」【全編あらすじと感想】

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編小説】「約束」石田衣良 大切なひとを失った悲しみと生きるすべてのひとへ【あらすじ感想】

「約束」石田衣良

親友を目の前で亡くした少年、不登校の少年が出会った不思議な老人、事故で片足をなくして以来心を閉ざしてしまった兄との絆――。大きな悲しみを乗り越え、もう一度前を向いて歩き出す決意をした人々の再生を描いた、心温まる感動作品集。by Amazon

 

幼馴染との突然の別れ

幼馴染の小学4年、カンタとヨウジ。

いつまでもふたりの仲が続くと思っていた矢先、不意に別れは訪れる。

カンタの目標であり憧れであり自慢であり夢でもあった幼馴染ヨウジが通り魔に殺された。

その日から何を食べても砂の味しかしない。

ふと気づくと自分自身を傷つけてしまう自傷行為を繰り返してしまう。

ヨウジのいない世界に生きる意味を見出だせないカンタ。

台風吹き荒れる真夜中、抱えきれない喪失感に死に場所を彷徨い歩くカンタの前にヨウジが現れた。

ふたりはある約束を交わす。

その約束は、カンタに生きる理由をもたらした。

身近なひとの死を抱え生きるということ

知人の死は、自分のなかのどこかに穴をあける。

身近であればあるほどその穴は大きい。

関わりあった記憶が現在進行形から過去形に変わり思い出になることは「なる」という自然な流れでなく「強いられる」という大きな負荷を与える。

いくつになってもその負荷はキツく、まして少年が当事者だとしたら計り知れない。

本編は、その計り知れなさを描写しつつ、ふたりの約束を物語の希望にかえて、締めくくられる。

それはヨウジに憧れたカンタが、

死をもってヨウジのそばにいくことを願うことなく、

カンタで在り続け生き続けることでヨウジをそばに感じることができるよう、

悲しみと寄り添いながら生きる人間の生を肯定する著者のささやかな提案のように感じた。

その提案から再度見つめ直す悲しみや、

喪失のぶんだけ深く大きな穴は、亡くなった人がまた自分のなかに訪れることができる通り道なのかもしれない。

だから、いまを確かに生きることで、亡くなったひとが見られなかった景色を見せてあげられる。

それだけで十分に生きようと思えてくる。

少しだけ見方を変える。解釈を変える。

これは生きているひとにしかできない明日を生きるための技術だ。

物語は、その技術、方法論を教えてくれる。

 

 

「約束」目次

  • 約束
  • 青いエグジット
  • 天国のベル
  • 冬のライダー
  • 夕日へ続く道
  • ひとり桜
  • ハートストーン

他の短編のあらすじは下記記事で紹介しております。

【おすすめ短編小説】石田衣良「約束」【全編あらすじと感想】

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編小説】「とかげ」 吉本ばなな 秘密を共有することでふたりはより深くなる【あらすじ感想】

吉本ばなな著

「とかげ」

希望とまでいかないけれど確かな肯定の物語

精神科医の彼と、「とかげ」と彼に呼ばれるその彼女。

不意にプロポーズを口にした彼に対し、彼女の返事はない。

返事にかえて彼女が口にしたのは、悲しい過去とその後の秘密。

真夜中にふたりは成田山に向かいながら、悲しい過去を打ち明け合うことで、互いが強く惹かれる理由に気づく。

幼少期の暗い過去をいまでも抱える二人の、それでもいまを明日を生きていく、希望とまではいかなけれど確かな肯定の物語。

ふたりでいる理由は秘密を共有するほど増える

個人的な経験から述べると、現実は小説よりも奇なりなんて奇をてらってるとしか言えないような現実を生きている。物語に値する悲しい過去はない。それでむしろ良かったと思っているのだけれど。

たいした過去を持たないとしても、誰かを見つけてしまった直感は未だに鮮明だし、惹かれていた理由にあとになって気づかされることもある。

それは自分の内にある秘密に値しないようなコンプレックスなんかのジメジメした感情を打ち明けたり、共有したりすることで一層の気づきを得る。

希望とはいかなくても、肯定されるだけで、きょうも明日も生きていける。

そう思える確かな力をもらっている。

ふたりでいることの理由は、秘密の共有によってより増えていく。

精神科医が見せる少年のような心象のギャップ

精神科医の彼が、自身の仕事に対し語る場面。患者の内面に寄り添う、技術的に言えばシンクロするという共感を通して、患者の肯定感を高めるカウンセリング手法は時に、「ひとあたり」のように他者のエネルギーによって自身にダメージを追うケースもある。そうならないよう、適度な距離感を取りながらカウンセリングを計ることが彼の生業だ。

そんな彼でも、恋愛のさなかにみせる少年のような心象のギャップもひとつの読みどころ。

 

他の短編のあらすじは下記記事で紹介しております。

http://books365.biz/b_yoshimoto_tokage/

 

 

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編小説】「突然ノックの音が」 ~嘘の国~ 嘘が教える一つの真実【あらすじ感想】

「突然ノックの音が 」 エトガル ケレット を拝読。

イスラエルを代表する人気作家による驚きと切なさとウィットに満ちた38篇。人の言葉をしゃべる金魚。疲れ果て た神様の本音。ままならぬセックスと愛犬の失踪。噓つき男が受けた報い。チーズ抜きのチーズバーガー。そして突然のテロ――。軽やかなユーモアと鋭い人間観察、そこはかとない悲しみが同居する、個性あふれる掌篇集。映画監督としても活躍する著者による、フランク・オコナー賞最終候補作。by Amazon

嘘つきなロビーがある日、嘘の国と出会う

今回の短編は「嘘の国」。

嘘つきなロビーがある日、夢の中で、昔ついた嘘のエピソードの続きに出会う。

母に買い物を頼まれたロビーは、途中でアイスクリームを買ってしまい、お釣りの小銭を石の下に隠す。母には前歯の欠けた赤毛の男の子にぶん殴られ取られたと嘘をつく。

夢の中で母はガムを買ってくれとせがむ。小銭を探すロビーに「あの石の下にまだあるだろう」と探してくるよう言う。

夢から覚めたロビーは、小さい頃に小銭を隠した、あの石の下に行く。

石をどけると、小銭はなかったが、穴がある。その穴に手をいれると・・・。

穴の中に迷い込んだロビーが出会ったのは、昔自分がついた嘘につかった人や動物だった。

「君は誰?」目の前に立っている赤毛に聞いた。

「おまえの最初の嘘だよ」

前足しかない犬が興奮してこちらにやってくる。車に轢かれて骨盤から後ろがなくなった犬の嘘を思い出す。

その傍には両腕のない老人が寄り添っていた。この老人は自分がついた嘘の人物ではない。どうやら誰かの嘘の人物だった。

名前をイゴールというその老人は

ロビーがついた嘘の犬と一緒にいることができ孤独ではなくなったと

ロビーに感謝の言葉を伝える。

現実に戻ると、ロビーは人々が信じる程の大げさで悲しい嘘をつくのをやめ、嘘をつくとしてもせめて肯定的な嘘をつくように心がけ、そして次第に嘘をつくこともやめた。

嘘が教えてくれる1つの真実

大人になったロビーは、たまたま同僚ナターシャが会社を休む口実を耳にする。

「叔父のイゴールが心臓発作で倒れたの・・・」

ロビーは昔穴の中で出会ったイゴールを思い出し、彼女をあの場所に連れて行くと・・・。

ロビーとナターシャが嘘の国で見つけた真実で幕を閉じる。

 

嘘と現実がパラレルに存在する世界。もちろんそれこそ「嘘」なのだけれど、嘘だからこそ語ることができる真実があるような気がする。

なぜひとが嘘をつくときは、大げさで悲しくネガティブな嘘をつくのか。

なぜ肯定的な嘘をつくことを選ばず、選んでも次第に嘘自体をやめてしまうのか。

そして、嘘をつく自分や嘘をつかれた他者に共通してあるのは、

その嘘を「信じる」ということ。

嘘はもちろん嘘だけれども、その嘘を信じたという事実は真実であること。

嘘をつくことで真実はもうひとつできる不思議。

人間がこれまでもこれからもずっと付き合っていく「嘘」に対する付き合い方を考えさせられ教えられた気がする短編。

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する