【心に残るおすすめ本・漫画・映画】

【おすすめ短編小説】西加奈子「炎上する君」【全編あらすじと感想】

“奔放な想像力が紡ぎ出す愛らしい物語”又吉直樹

西加奈子さんの短編、設定や物語が自由闊達にどこに転がるか、そもそも彼や彼女は人間なのか?すら分からなくなってくる。けれどもコミカルに愛らしく、紡ぎ出される物語達。それを読むことができることが唯一できる「人間」として生まれて良かったと思える人間賛歌な短編集。

 

太陽の上 西加奈子

外に出ていきたくなる短編

太陽という中華料理店の上に住み3年間家を出ていない女性。床が薄く、階下の中華料理店の店主と奥さんが住む部屋の声が聞こえてくる。性交を重ねる声も聞こえる。しかし、それは時に店主と奥さんではなく、お店のスタッフと奥さんである。性交を聴きながら、彼女はきょうが誕生日であることをふと思い出す。コミカルに強く、誰の孤独も「太陽」は照らす物語。

空を待つ 西加奈子

作家の女性は創作の合間に散歩をしてた夜道で、決して上手くは撮れていない空の待ち受け画面の携帯電話を拾った。明日交番に届けよう。そう思いながら家に持ち帰った携帯電話に「あっちゃん」からメールが届き返信してしまう。

【おすすめ短編小説】「空を待つ」 西加奈子 空を眺めるようにひとの心象を眺める短編【あらすじ感想】

甘い果実  西加奈子

ああ、好きだ。好きだ。好きだ。 私は、山崎ナオコーラに、ラブレターを書いた。長い、長い、ラブレターだった。 それが、私のデビュー作になった。 生年月日も家族構成も山崎ナオコーラと同じ。作家を目指していた彼女は、山崎ナオコーラに嫉妬と憧れを抱く。山崎ナオコーラに対する気持ちは膨らみに膨らむ。当初の寂しさや卑屈の向こうにあった愛好が、勇気とデビュー作を与える。

炎上する君 西加奈子

梨田と浜中は、高校の同級の親友、男子には学徒動員、火垂るの墓と揶揄されるほど男性にはあまり好かれないルックスと、それに反比例するような知性を持つふたりがバンドをはじめ、街なかで突如噂になった足が燃えている男を探す冒険。

【おすすめ短編小説】「炎上する君」西加奈子 彼女たちがみつけた冒険と戦闘【あらすじ感想】

トロフィーワイフ  西加奈子

“まごちゃん。忘れないで。私は、私の人生が好きよ。幸せだったと思うわ。でも、私は、生まれ変わったら、蟋蟀を捕まえたいの。鼠を爪でしとめたいの。血だらけになっても、傷を負っても、立派な馬を、乗りこなしたいのよ”

トロフィーワイフとは、男性が成功して年老いた時にこれまで連れ添った妻を捨て、若い女性を妻とすること。そんな呼ばれ方をする彼女とその孫まごちゃんとの会話。これまでの人生に後悔はない。ただ、もう一度生きるとしたら、どうするだろうか?一回性の美しさ、尊さ、愛おしさの物語。

私のお尻  西加奈子

‬ ‪”私の目から、涙が溢れてきた。‬ ‪これは、私のお尻だ。私の。私の。ああ、なのになぜ、愛せないのだろう。いいえ、こんなにも、愛している。なのに、憎くて仕方がない。‬ ‪私を決定的に変えてしまった。私のお尻。”‬  ‪

お尻のパーツモデルをする女性。そのお尻は彼女に幸せと不幸せを与えた。仕事も恋愛、そのお尻のおかげで上手く行ったが、求められていたのは、「私」ではなく、「お尻」だった事実。ある日、見知らぬ男に、自分が忌み嫌う自分のものを保管できる不思議な場所に案内されて。

舟の街  西加奈子

とことん参った時に読みたい短編

“あなたの腕は、力強く風を切ったが、風とあなたの間に境界はなかった。しばしば自分の体から意識が抜け出すことがあったが、世界と自分との境界が曖昧になればなるほど、あなたは自分の存在を強く感じた。”

途方にくれたあなたは、誰かから聞いた「舟の街」に行こうと思い立った。いつの間にか、ついてしまったその街は自分の意思のまま、いつの間にか家があり、食べ物があり、人がいる。快適なその街であなたは自分を取り戻し、再びもとの街へ戻る。

ある風船の落下 西加奈子

ひとに会いたくなる短編

身体が風船のように膨らみ、宙に浮き上がる奇病が流行する。自殺願望を抱いた人が患う仮説に、罹患者は追い込まれる。空高く浮き上がり、重力や人間関係に解かれ、ただただ浮かび続ける世界に、彼らはひとつの答えを見出す。人間賛歌。

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編漫画】「地上はポケットの中の庭」田中相 全編あらすじと感想

「地上はポケットの中の庭」がくれる心が動く多様な瞬間を感じたい方におすすめの短編

どの短編も面白くそれぞれが違う読後感であるのですが、読み終える最後のページに心が動かされるような瞬間がそれぞれあります。ときめきや憂い、悲しみや癒え、勢い、などそれぞれに心に響くものは違いますが、いろんな風が吹き抜けていくような感覚を田中相さんの物語の「庭」に楽しむことができます。

五月の庭  田中相

虫の気持ちが汲める短編

園芸部の山崎くん。いつもアルバイト先のコンビニでコガネムシを外に逃がしていたことから、ある日恩返しにコガネムシがやってきた。お茶をして、よもやま話をして。虫を大切にする人に悪い人はいない。青春時代にある恋のはじまりの予感を感じたい方におすすめです。

ファトマの第四庭園  田中相 ‪

またいつか会えることを願う短編‬

‪草の匂いがするからと盲目の王に庭師として仕え始めたファトマ。紅茶の香りがする苗を植えることを楽しみにした矢先、王が危篤に。草花を愛す王と庭師ファトマの関係性が美しい。‬  ‪

ファトマが、王の楽しみにしていた苗を取りに走り出すシーンから最後に王を偲び想うシーンまで、一瞬で心が持っていかれ涙腺が震えだす。愛は恋愛だけの感情ではなく、大好きな人に何かをしてあげたい時の感情だということを教わる。愛について知りたい方におすすめです。

地上はポケットの中の庭 田中相 ‪

いなくなる寂しさにどう向き合うかな短編‬  ‪

おじいさんの誕生日会、一族総出で大賑わいのなか、おじいさんは不機嫌。人がいなくなる寂しさを誰よりも感じているから。家族と「いま」という時間の永遠について。‬  ‪いつか誰もがいなくなるのに「いま」があり「ここ」がある。そこから離れなければならない気持ち「寂しさ」は生まれてからいつまでも消えない。だからこそ「いま」を大切にしたい。寂しさとの向き合い方について知りたい方におすすめです。

ここは僕の庭  田中相

あの頃の夏が更新されていく短編

少年の頃、近くの浜辺で毎日のように遊んだ。浜辺の思い出の場所は歩数まで分かるほど慣れ親しんだ場所。でもここにくるのは14年ぶり、あの夏に親友が水難事故に合った年から。久しぶりに立ち寄った浜辺には親友がいた。

親友を自分の力で助けることができず、逃げてしまった少年時代。その時から、その場所から、逃げていた自分と向き合い、親友と再開する。ゆっくりと時間が動き出す時、浜辺に寄せる波音が聞こえてきそうな気がする。
昔の友だちはつまり、過去の自分との再会でもある。時間を経ていろんな想いが心の深い場所に積もっていくなかで、友人との再会は大切な気持ちや余計や思い過ごしなんかを整理する機会でもある。昔の友だちに会いたくなる短編であり、過去の自分に会いたい人におすすです。

まばたきはそれから 田中相

自分より強い何かに向き合う短編

夏休みを控え、進路未定、補習決定の高校2年生の女の子は、中学の同級生であり、プロ棋士の男性が放つキラキラした何かに嫉妬する。たまたまあった二人、彼女は自信について彼に質問する。その答えは。

彼女が彼に質問した。答える棋士である彼の胸の内。それは、誰の心にもある不安や恐れと勇気。彼と同じものが彼女の胸の内にもあり、読者の自分にもある。それが分かるだけでも人はまた次に進もうと奮い立たされる。不安や恐れを感じている人、そのそばには希望や勇気の火種があることに気づかせてくれるおすすめの短編です。

 

 

【この記事を読んだ方にはこちらもおすすめ】

【Kindleおすすめ漫画】千年万年りんごの子  妻を神様から守る夫の一世一代の愛

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめビジネス書】「なめらかなお金がめぐる社会」 家入一真 小さな経済圏とクラウドファンディングの可能性について【あらすじ感想】

「なめらかなお金がめぐる社会」
家入一真

小さな経済圏と、クラウドファンディングの仕組み、日本人の経済人としてのメンタリティなど、マッチョな資本主義でなく、小さな経済圏について過去から現在、未来まで見つめた本をご紹介します。

「なめらかなお金がめぐる社会」がこれからより求められる

なめらかなお金とは固定的、流動的というような言葉よりももっと小規模に、人間的にお金が巡られている小さな経済圏のことであり、クラウドファンディングという仕組みにより益々お金はなめらかに巡るようになってきました。

そんな現在の小さな経済圏と、クラウドファンディングの仕組み、日本人の経済人としてのメンタリティなど、マッチョな資本主義でなく、小さな経済圏について過去から現在、未来まで見つめた本です。

ギブアンドギブの精神や態度であろう

“give&giveといえば、バーニングマンというイベントを思い出す。バーニングマンの10の原則は21世紀型の手がかりになる”

著者はこれからの個々の経済観をアメリカのお祭りの原則をヒントとします。

バーニングマンというアメリカの祭りにはバーニングマン10の原則があります。

  • どんな者をも受け入れる共同体である
  • 与えることを喜びとする
  • 商業主義とは決別する
  • 他人の力をあてにしない
  • 本来のあなたを表現する
  • 隣人と協力する
  • 法に従い、市民としての責任を果たす
  • 跡は何も残さない
  • 積極的に社会に参加する
  • 「いま」を全力で生きる

上記原則これからの社会に忘れずに意識したい行動指針になると説きます。

この行動指針がそのままお祭りの魅力であることから、人が潜在的に求めている世界観がここにはあります。

この世界観に根付く価値観は「ギブアンドギブ」であり、日本的にいうと利他主義、互助精神、助け合いなんかが当てはまるかと思います。

世界規模で経済は膨らみ、格差が日々広がるなかで、人間が本来もつ他者を思う感覚でお金を扱おう、またはお金を介さなくてもできることはしてみようといった視点が見えます。

それが実現されている社会を著者は「小さな経済圏」と言っております。

具体的に挙げた企業や人をご紹介します。

小さな経済圏な企業や人々

海士町に住む若者


出典:http://oki-ama.org/ama

海士町は多くの若者が集まってきて最近人気の街になっております。

もともと住んでいた老人や地域の方々と移住してきた若者とのつながりは孫や親のように人間的なつながりが発生しています。

ここでは生活にかかる費用も少なく、若者は収入的にも最低限必要な収入が低く設定することができます。それが要因ともなって、著者が合う若者の顔は余裕に満ち溢れています。

good shares

シングルマザー限定で、月四万円の家賃を払えば、お米が食べ放題なシェアハウスを運営している企業。
http://mother.pre-share.com

 

HASSADAI

ヤンキーインターシップという独自のインターシップしている企業。
16~22歳の中卒高卒限定、東京のシェアハウスで生活しながらインターンをする。生活費は無料かつ給与も支給される。インターシップ期間が就職活動でもあり、就職を目標とするインターシップ。
https://hassyadai.com/service/yankee_intern/

 

小さな経済圏な人

大阪西成地区に50円玉を50円で売っているホームレスがいるそうです。

経済価値は変わらないが、そこに発生するコミュニケーションの分プラスであるとホームレスは言ったそうです。

アグリバディ

アグリテック企業。アグリテックとは、農業とITを掛け合わせた新しいビジネススタイル。ソーシャルファイナンス事業としては、日本でお金を集めて、カンボジアの農家に融資しています。新興国の融資制度の整備が遅れは資金調達も遅れ成長と遅れます。今後の経済的成長を促す社会的意義のある事業です。

https://www.agribuddy.com/

 

ソーシャルインパクトボンド

ソーシャルインパクトボンド(社会的インパクト債)とは、

官民連携の社会的インパクト投資の手法の一つである。行政サービスを民間のNPOや企業に委託し、民間の資金提供者から調達した資金を基に事業を行い、事業が予め合意した成果を達成した場合にのみ行政から資金提供者に報酬が支払われる。民間資金によって社会的コストを削減する事業が実施できれば、行政コストも削減されるうえ、資金提供者がリターンを受けることができるという仕組みであり、事前に設定された目標が達成されない場合、行政から資金提供者への支払いは発生しない。対象とする社会課題の性質、施策を行う事業者、目標の設定、評価機関、そしてそれらを管理する中間支援組織のいずれもが重要な要素となる。

日本のソーシャルインパクトボンドの一例として、

横須賀市と日本財団、児童養護施設

への取組をスタートしたことを紹介しています。

http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2015/40.html

 

レモネード

アメリカの家財保険を提供するインシュアテックのベンチャー企業。

P2P保険
顧客から集めた保険料から保険金を支払った剰余金は、一般的には、保険会社の利益ですが、レモネードはその剰余金を貧困問題、病児問題など社会的課題に寄付する仕組みになっています。どんな領域に、寄付するか選べるので、グループができ、お互いに協力して保険料を下げようとするインセンティブが働いているそうです。

https://www.lemonade.com/

InsurTechの本命、Lemonadeのビジネスモデル

本当の自立は助けてくれる人を見つけること

 

“本当の自立っていうのは一人で生きていくことじゃなくて、いざというときに助けてくれる人を見つけることなんだよ”

熊谷晋一郎  難病を抱えた車椅子の医者

 

著者は自立について、上記の言葉を紹介してくれました。

人は子供から大人になって自立を足されていきます。自立とは経済的自立が主に自立と言われているのですが、彼の言う自立は経済的自立や身体的自立等において困難をきたした時に誰がそばで助けてくれるかということです。

助けてくれる人を見つけられるか、また、助けてとSOSを出せるか。

その関係構築と相手の信頼を自身の力で作ることができるかがこれからを生きる上で必要なマインドであり、スキルであるのかもしれません。

今後の展開、日本はクラウドファンディングの可能性

5000万円のプロジェクト一個よりも、五万円のプロジェクトを1000個作りたい。従来の金融のあり方のままでは美大生の個展や若者のフリーペーパーなど相手にされないような人たちの受け皿になりたい。


出典:CAMPFIRE

クラウドファンディング保険

クラウドファンディングには、目標金額達成してもリターンが返ってこない事態があるそうで、その対応策として、クラウドファンディング保険を展開していくそうです。

クラウドファンディング保険でが実現されれば、支援者には補償金があるので今後より支援が増えることが期待されます。

ちなみに、この点で、著者は日本という国や国民性に期待しています。

なぜなら、クラウドファンディング先進国のアメリカももちろんあるが保険料が高いまたはリターンが返ってこない数が半数にのぼるそうです。

しかし、日本はほとんど返ってこない事例がほとんどないそうで、これは国民性に起因しているのではないか、日本には古くから融資や支援制度が内輪でされている文化があります。

例えば、

頼母子講(たのもしこう)無尽(むじん)などの内輪で資金調達ができる慣習があります。

また、生協の仕組みが上手くいった数少ない国としていまでいう「シェアリングエコノミー」の成功国としても日本は誇れる実績がありますし、日本は言わずと知れた保険大国です。

「備えあれば憂い無し」の備えの部分が日本では、先述のような形で根付いています。

最後に

ITの進化にともない、人々のつながる量や速度も日々進化してます。クラウドファンディングを一例に挙げた書籍ですが、今後いろいろな形でこのような「なめらかなお金」が巡る社会が実現されていく予感を味わった読後感でした。

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

絵本を作りました。夢を食べるバクの話。初心者からのストーリーと絵の作り方について。

夏休みに妻と絵本を作ってみました。なぜ絵本を作ったか、どう作ったか、など初心者が絵本を完成するまでの作成過程を解説します。

絵本を作ってみて感じたのはモノ作りの「面白さ」が味わえたことや妻との共同作業・同じ趣味で同じ時間を過ごせた充実感です。大人になると、仕事次第、休日次第ではモノ作りすることの時間は減ります。

それでも問題がない人もいれば、モノ作りの面白さをまた体感したいと心のうちで思ってる人もいるかと思います。私はこの夏休みの時間から後者のモノ作りの「面白さ」を思い出してしまった人だと思います。

 

なぜ絵本を作ろうと思ったのか?はじまりは夢の話。

妻とふたりで夜眠る前に横になりながら少し話をしたりします。

最近見た夢の話をしたりするので「人の夢が見れるようになるといいね」といった話から、将来、人の脳が描いたイメージや夢の映像がコンテンツになったら面白いね、夢の話の映画や小説なんかもあるし、絵本ならできるかもねということになり、ひとの夢が見られるテレビや、咲いた花がテレビのような映像を映し夢が見られるなんてどう?と夢といえばバクって動物が夢を食べるね、バクが夢を食べに来る話はどう?とあーだーこーだ話して眠りにつきました。

後日、バクが夢を食べる話を絵本の文にしてお話を作ってみました。

それを妻に送り、妻も知り合いに読んでもらい、「絵本になったら読みたい」と言われたので、じゃあほんとに作ろうかと妻が絵を描くことにやる気を出してくれました。

ストーリーはどう作ったか?寝る前の話がきっかけ。

雑談やアイデア出しをとっかかりに。

ストーリーは、先述の夢の話がもとです。

バクが夢を食べる話。ひとりで考えることももちろん大前提ですが、話しているとアイデアが出てきたり精緻化されたりすることがよくあるので、どんどん話してボールを相手に投げてみる。相手のボールを受け取ってみることで、ひとりで面白いと思うものでも伝えてみると響かなかったり、予想以上に響いたり、さらにこうしたら?なんて想像を超えるアイデアが交換されます。

今回、夜眠る前の雑談なので、テンションはややおかしいですが、盛り上がるだけ盛り上がったアイデア達を朝の自分が自虐的に笑えればそれで十分ですし、それだけでなく、実際に話を作ってみて、妻に読んでもらうのも面白いかもと思いはじめました。

しかし夢を食べるバクは、自分が小さい頃からある寓話?でもあるほどなので、もうすでに世の中に溢れているよなと思いながらどのくらいあるのかを少し調べてみました。

世の中にどのくらいどのようなものがすでにあるか調べてみる

検索Wordは「バク 夢」など、出てきたサイトから、バクは獏とという架空の生き物で

獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の夢を喰って生きると言われるが、この場合の夢は将来の希望の意味ではなくレム睡眠中にみる夢である。悪夢を見た後に「(この夢を)獏にあげます」と唱えるとその悪夢を二度と見ずにすむという。

という寓話の情報や、検索Wordで「バク 絵本」を画像一覧で調べみます。下記は結果画像です。

たくさんありました。完成後のいま改めて画像一覧にあるそれぞれを覗いてみても近いものが有る気がします。

ストーリーを作るまえにGoogle検索をした理由には大きく2つあり、

・どのくらい過去に作った人がいるかを調べる量的な検索

・どんなものが実際にあるか調べる質的な検索

をして、いま自分がやろうとしていることの立ち位置を掴もうとしました。

メリットは、

作る人や世の中の実際を知れるので、それを参考にして取り入れたり、あえて避けたりなど進行方向を確かめる地図が得られること。

デメリットは、

自分が考えていることを自分以上の質でこれでもかという数を浴びせられモチベーションが落ちかねないこと。

デメリットのモチベーション低下のスパイラルはこうです。どんなものがあるかな?検索したらたくさんありました。。もう自分がやらなくてもよくね?となります。

Googleは知の高速道路を開通させもしたし、行動の一般道路のハードルすらあげもしたことを知る瞬間です。

なので、メリットよりもデメリットの影響度が大きいので、ここはあえてGoogleで調べてみても画像一覧でざっくり見ただけに留め、もう調べることをやめました。

Googleが教えてくれえる一番の情報は、行動できなくなるくらいなら調べない方がいいかもしれませんし、調べて調べてそれでも行動できるほどの熱が自身の内にあることに時間をつかうべきということかもしれません。

設定を作る。イメージをつなげる。

ストーリーは、まず「夢を食べるバク」がいて、先述の「ひとの夢が見られる花が咲く」あたりをつなげてみようといった感じでラフに設定し、考えていきました。

設定:夢を食べるバク

イメージ:夢が映る花。

設定を掘り下げる

・・・なんだか講釈垂れ流してますが、初心者がどう作ったかの解説なので、適当に読み流して下さい。

はい。続けますが設定をもう少し具体的に掘り下げてみます。

設定の夢はどんな夢か?夢は楽しい夢もあれば怖い夢もあるな。夢を食べるなら夢はどんな味か。楽しい夢は甘そうだし、怖い夢は苦そう。なんて連想していきます。

夢:楽しい夢は甘い。怖い夢は苦い。

つぎに夢が映る花はどうか?

夢が映るのはちょっと伝わりづらそう。もう少し違う切り口の花はどうか?バクは動物だし、食べた夢はうんちになる。そのうんち、つまりを夢を養分にして育つ夢の花というだけで十分かもしれないと色々考えます。

花:バクのうんちで育つ夢の花

先の夢と花をつなげると、

楽しく甘い夢のうんちと怖く苦い夢のうんちで育つ花。

となり、楽しい夢のシーン、怖い夢のシーン、とその夢で育つ花の過程がストーリーになりそうです。

それから、バクはこどもで、楽しい夢はもちろん大好物で、怖い夢を食べることで苦さを経験する。花だけでなく、バクの成長過程も描けそうとなります。

怖い夢の苦さはビールや珍味、ビターな味が好きなオトナの味としてお父さんバクが登場。また、楽しい夢だけでは咲かず怖い夢の養分もあって咲く花にしようとなりました。

楽しく甘い夢のうんちと怖く苦い夢のうんちで育つ花と、楽しく甘い夢や怖く苦い夢を食べることで成長するバク。

といったような感じでストーリーができてきました。

このストーリーをト書きで妻にメールを送り、いよいよ絵を描いてもらいます。

 

 

絵はどう書いた?透明クレヨンは、クレヨンと水彩絵の具の淡い絵が描ける

 

絵は妻に描いてもらいました。文は私が作りましたが、どのような絵になるかは、妻もいろいろイメージしてもらったり、分かりづらいところは話し合ったりしました。このあたりで、共同作業でモノ作りが始まった感覚を体感していました。


透明クレヨンの詳細はこちら

 

さて、絵ですが、まず何で描いていったか。これは透明クレヨンです。透明クレヨンにした経緯は、以前に訪れた本屋「Readin’ Writin’ BOOKSTORE」で購入しました。

クレヨンぽさに水彩絵の具の淡さがまじったような色合いが特徴です。ほんわかした絵が描けそうな素材なので妻にも合っていそう気がしました。

透明クレヨンに出会う前は、ちょうどエリック・カール展にも訪れていたのですっかりエリック・カール調に魅せられ、鮮やかな色合の切り絵やtupera tupera(ツペラ ツペラ)のようなセンスのある感じでやろうよと気軽に提案してみましたが、真似てるし、切り絵は大変というごもっともな意見が経緯でありました。話し合いは大事です。

実際に描いてみると、それぞれのクレヨンを混ぜわせたり、描き方で色の広がりや重なり具合に変化が出せるのでいいと言っておりました。

一点、使用した素材は、クレヨンだけでなく、ボールペンも使ってます。クレヨンの淡いだけでは輪郭が描きづらいので、下にボールペンで輪郭を描き、その輪郭周りをぼかしながら色をのせていくような描き方をしてました。

絵本作成に参考にした書籍紹介

これらのことをネットで調べてみたり、絵本のつくり方が分かる本をいくつか参考にしてみたりしました。参考にした書籍は2点です。

絵本つくりかた (プロの現場から学ぶ!)

こちらは、絵本のつくり方が全般的に載っています。絵本にまつわる用語解説からテーマ作りのヒント、表現方法、製本や電子書籍のつくり方まで、読み込めば絵本ができると確信できるほどの情報量です。本編とは別に、作者あとがきがこの本自体の制作苦労や絵本への情熱が溢れていていいなと思いました。

絵本作家61人のアトリエと道具

こちらは、著名な絵本作家のアトリエや道具など制作風景が伺える贅沢な本です。参考にした部分は、作家がどんな画材などを使っているかなどが分かるので、実際に手元にある作家の絵本はこんな風に作られているのかと知ることで、絵本作りのイメージがより明確になりました。個人的には長谷川義史さんの制作風景で、左手をポケットにいれながら右手で絵を描いてる写真がカッコイイとか思ったりしました。

【おすすめ短編小説】「空を待つ」 西加奈子 空を眺めるようにひとの心象を眺める短編【あらすじ感想】

西加奈子さんの短編小説「炎上する君」の収められている「空を待つ」をご紹介します。空の描写が心象風景と重なる文章、届くはずのないメールが空に溶けていくような空虚な空が可能性に満ち溢れた広がりだと気づかせてくれる短編です。

空の待受け画面の携帯電話を拾った

作家の女性は創作の合間に散歩をしてた夜道で、決して上手くは撮れていない空の待ち受け画面の携帯電話を拾った
明日交番に届けよう。

そう思いながら家に持ち帰ったが拾った携帯電話に「あっちゃん」からメールが届く。

持ち主の恋人か親しい友人か?軽い好奇心といたずらな気持ちで持ち主を装い返信をする。

持ち主からこの電話に連絡があったら返そう。

あっちゃんとのメールのやりとりが心地よく、罪悪感はあれどもう少しだけとメールは続く。

仕事のこと日々のこと、他愛のないことにもいつも自分を勇気づけてくれるあっちゃんに次第に高まる気持ちに任せ「会いたい」とメールを送る。あっちゃんから返信がくる。

空を眺めているようにひとの心の色を眺める

 

橙朱赤紫青藍と夕暮れ時をめぐり空は色を変える。

作家が生きる都会のビル群の合間に見える空の色の描写に作家の孤独感や繋がりに焦がれる心象が重なる。

空を待つ、というタイトルのなかに含まれるのは携帯の待ち受け画面だけの意味ではなく、願いや祈りのような誰もが抱える他者を求める切実な想いが込められている。

それは一番の他人とも言える自分自身さえも大切に寄り添おうとする想いだ。

誰のものかもわからない携帯電話に届く、誰かもわからない他人に自分の心が開かれていく。

他者とのやりとりに発する言葉は、自分の心にも通うことがある。

他の短編のあらすじは下記記事で紹介しております。

【おすすめ短編小説】西加奈子「炎上する君」【全編あらすじと感想】

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編小説】「河童」 芥川龍之介 世界のおかしさ。腑に落ちたかどうかわからない読後感が残る。【あらすじ感想】

芥川龍之介

河童

精神障害で収容された男が語る河童の世界。

山間の道中に男は河童と遭遇する。河童を追いかける途中に穴に落ち、気づくとそこは河童の世界だった。

河童の世界は人間と、同じような文明が存在し、同じような社会が形成されている。

ひとつ違うとすれば、河童は、人間がネガティヴと捉えることをポジティブに、ポジティブと捉えることをネガティヴに捉える。

“可笑しがることを真面目に思ふ――かう云ふとんちんかんな習慣です。たとえば我々人間は正義とか人道とか云ふことを真面目に思ふ、しかし河童はそんなことを聞くと、腹をかかへて笑ひ出すのです。つまり彼等の滑稽と云ふ観念は我々の滑稽と云ふ観念と全然標準を異にしてゐるのでせう。僕は或時医者のチヤツクと産児制限の話をしてゐました。するとチヤツクは大口をあいて、鼻眼鏡の落ちるほど笑ひ出しました。”

はじめは異世界に戸惑った男も次第に河童の世界に慣れ、河童の生き方を目の当たりにする。

河童の社会の仕組み、そこには資本家もいれば法律もあれば刑罰もあるし、音楽も詩も宗教もある。そして苦悩も自殺もある。

河童の友人トックの自死など河童の世界を目の当たりにした男は、ここにいることが憂鬱になり、人間の世界に戻る。

しかし、戻ってみればなぜか、人間への違和感、嫌悪感から河童の世界に帰りたくなる。戻りたくなるではなく「帰りたくなる」

河童の世界から遊びにくる河童たちと言葉を交わすことだけを楽しみにきょうも精神病院にいる男は、いつも来訪者にそんな話を聞かせて決まって最後にこう叫ぶ。

“出て行け!この悪党めが!貴様も莫迦な、嫉妬深い、猥褻な、図々しい、うぬ惚れきつた、残酷な、虫の善い動物なんだらう。出て行け!この悪党めが!」”

人間には精神障害とされ、河童の世界には帰れず、自身も人間を嫌悪する。

これは男の精神の話だが、男が話す河童の世界に入り込むほど、読み手が認識している人間の世界の輪郭を強く意識させると同時に、河童の世界があることを話す人間を精神に障害があると判断した人間がいて、それもまた物語として、ここに紡ぐ作家という存在がいる。それをいま読んでいる。何重もの意識がどうやら「世界」といわれる不思議。

河童の世界も変だけれど、人間の世界も変だよな。と腑に落ちたかどうかわからない読後感がある。

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編小説】桃太郎 芥川龍之介 退治された鬼の気持ちを知っているか?【あらすじ感想】

芥川龍之介の解釈した桃太郎。

 

働きたくないから鬼退治へ向かう桃太郎

 

桃太郎といえば鬼退治だが鬼退治をする理由が、

おじいさんやおばあさんのように働きたくないからだという軽はずみな理由で思い立つ。

それを聞いたおじいさんとおばあさんも、桃太郎の腕白ぶりに愛想をつかしており、鬼退治でも外に出ていくことは内心嬉しかったという。

犬と猿と雉の3匹の仲間を作るきっかけになった「きび団子」をあげるシーンも

1匹に対し、きび団子をひとつではなく、半分にしてあげるという、なんともセコい人柄が伺える。

童話では、立派な人格に大義ある志が宿った桃太郎だけれど、

芥川の手にかかった桃太郎は人間臭く、そこがかえって童話とのギャップが生まれ面白い。

 

桃太郎に退治された鬼の気持ち

 

童話の桃太郎は、鬼退治をして、鬼が所持していた金銀財宝を村に持ち帰って、めでたし、めでたし。

というストーリ-だけれど、本編は違う。

平穏に暮らしていた鬼たちに突如、桃太郎に理由もなく退治されてしまう。

命だけは勘弁してもらえた鬼が桃太郎に聞く。

「なぜ私たちを?あなたに何か無礼を?」

桃太郎は「特になく、思い立ったし、仲間もいるから」

といった動機の不純さすらもない動機によって、鬼は生活を奪われてしまう。

それ以後、鬼たちは桃太郎への復讐心を忘れずない。そして争いは続く。

人物の背景や立場によって、こうも物語の受け取り方は変わる。

これではどちらが正義かはわからない。

しかし、一面的でなく、物事は二面性を持っているし、それ以上に多面的にみることもできる。

その見方を提示してくれる芥川の桃太郎のほうが、とても童話として読みたかったとすら思う。

 

ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。

568d9f13-l

 

引用 http://www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2013.html

こんな広告コピーがある。

これは、芥川の桃太郎が提示したものに通じる。

物事は多面的である。

 

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ絵本】「おならうた」 谷川俊太郎 おならは最低?理屈なく笑えるおなら最高説【あらすじ感想】

「おならうた」 谷川俊太郎

 

いもくって ぶ

くりくって ぼ

すかして へ

ごめんよ ば

おっふろで ぽ

こっそり す

あわてて ぷ

ふたりで ぴょ

谷川俊太郎作の「おならうた」に飯野和好が新作を加えた絵本。

最低で最高な「おなら」

 

いもくって ぶ

おならをするシーンが続く。それだけ。

それだけのことだし、もう大人なのだから「おなら」で笑うことはないな、なんて読み始めると笑っている。

考えてみれば、生活に欠かせない「おなら」がきっかけで笑いになることはあるんだよな。

音も「ぶ」とか「ぷ」とか、濁音半濁音で滑稽だし、ニオイも臭いし、なにより生理的でとても人間的な一面がわかる行為だ。緊張から緩和に空気を変えてしまう「おなら」は人間関係を実は良好な関係にしてくれるくらい、良い意味でそのひとの「隙き」を見させてくれる。

一見、最低だと思われている行為が実は最高だった。おならも一例のひとつかもしれない。

 

リズムとコミカルに、大人も子供も一緒に笑える絵本

 

くりくって ぼ

短いことばに、飯野氏の絵が想像も笑いも超えてくる。

リズミカルな詩とコミカルな絵が互いの良さを存分に引き立てる。

読み手はページをめくっては笑い、めくっては笑う。それだけでいい。

あっとういう間に読み終わったあと、もういちどあの音と絵に触れたくなる。

そこで気づくのか。コミカルな絵ではあるけれども、よく見ると、いくつもの意味や物語が含まれたている。だから何度でも楽しめる。

大人も子供も楽しめる笑いを誘いに誘う絵本。

 

 

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

【おすすめ短編小説】「水仙月の四日」 宮沢賢治 童心に戻り、雪景色にトリップさせてくれる童話【あらすじ感想】

 

あらすじ 水仙月の四日 宮沢賢治

水仙月の四日に、二匹の雪狼を従えた雪童子と赤い毛布をかぶった子供が雪山で出会うところから物語が始まる。目には見えない雪童子は子供にヤドリギの枝を投げてからかう。子供は不思議そうに枝を拾って家路を急ぐが、天候が急変し、雪婆んごが別の雪童子を連れてやってくる。雪童子は鞭を鳴らし仕事にとりかかるが、雪婆んごの目をごまかして、子供の命を取る事を見逃してやる。夜になって吹雪はおさまり、雪婆んごは満足して東に去ってゆく。だれもいなくなってから、雪童子は雪に埋まった子供を掘り出して救ってやる。しかし子供は最後まで雪童子の存在に気づくことはない。by Wikipedia

幻想的な雪景色が広がる宮沢賢治の世界観

子供が雪の丘陵を駆けおりる光景や吹雪が吹き荒れるシーン、その吹雪が止み、晴れ間が広がるシーンと雪の様々な表情が、雪の妖怪、雪婆と雪童子、雪狼によってめまぐるしく彩られていく。

太陽と空と雪が掛け合わさり、映り変わる雪景色のなかに様々な白が表現される。

そんな幻想的な風景を想像するだけで楽しめる本編。

宮沢賢治の詩的表現が楽しめる

童話であり、ひとつひとつの文章は短くも宮沢賢治の詩的な表現が垣間見れる。

お日さまは、空のずうっと遠くのすきとおったつめたいとこで、まばゆい白い火を、どしどしお焚きなさいます。
その白い光はまっすぐに四方に発射し、下の方に落ちて来ては、ひっそりした台地の雪を、いちめんまばゆい雪花石膏の板にしました。

目には見えないなにかに童心はくすぐられる

本編は吹雪を吹かすことが仕事の雪の妖怪達が登場する。

ひとから見た自然の猛威である吹雪は、実は妖怪の仕業だった。そして妖怪には優しい奴もいる。なんて情感が込められる設定に童心はくすぐられる。

いまは見えない何かがあの頃は見えていた。童心に対する憧憬。

宮沢賢治はそれを物語で見せてくれる。

 

 

聴く読書のすすめ

明かりを消して本が楽しめる「オーディオブック」なら - audiobook.jp


オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます
・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに
・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ

オーディオブックを無料体験する

     

Amazon利用者はこちらがおすすめ

Amazon Audible


Amazon Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。
・最初の1冊は無料
・現在、30日間無料体験中 ・毎月お好きな1冊があなたのものに
・購入した本の返品・交換が可能
・追加料金なしの会員向けコンテンツあり
・単品購入は30%OFF

Amazonオーディブルを無料体験する

           

短編映画「 赤とんぼ 」 懐かしさを思い出させてくれる原風景

短編映画「 赤とんぼ 」

 

童謡「赤とんぼ」の作詞家 三木露風氏が生まれ育った町、兵庫県たつの市の旧市街を舞台に作られた短編映画ーーー龍野地区の文化遺産を活かす会 主催 :複合作品展 パラダイムⅢ上映作品https://www.facebook.com/Paradigm2?re…STAFF 撮影 : 上田敬祐録音 : 倉貫雅矢スチール : 中塚小百合プロデューサー : 淺井良昭 白柳淳企画・監督・撮影・編集 : 菅原孝司www.kojisugawara.com

リコーダーの音が懐かしさをもたらす

童謡、赤とんぼは日本人の誰もが聴いたことがある曲のひとつ。

聴いただけでなく、歌ったたり、楽器で演奏したりしたことがあるひとも多いのではないか。

本編は、赤とんぼの作詞家、三木露風氏の故郷を舞台に赤とんぼが流れる原風景が描写されている。

少女が町で赤とんぼをリコーダーで吹き歩く。

その音を耳にしたおじいさんは、ハーモニカで赤とんぼを吹き、

その音を耳にした奥さんは歌詞を口ずさむ。

少女の吹く赤とんぼは聴くひとの思い出をよみがえらせる。

いつまでの歌い吹き継がれる童謡の景色と、作詞家の故郷の風景が重なる。

故郷の映像美が受け手の思い出すら、よみがえらせる。

夕やけ小やけの 赤とんぼ
負われて見たのは いつの日か

山の畑の桑の実を
小篭に摘んだは まぼろしか

十五で姐やは 嫁に行き
お里のたよりも 絶え果てた

夕やけ小やけの 赤とんぼ
とまっているよ 竿の先