【おすすめ小説】君の膵臓を食べたい 関わることで生きていることを実感する【あらすじ感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

妻との共通の趣味と言えば本屋に行くこと。そこで本、小説や漫画、絵本なんかを買って読むことだろうか。

どこかに出掛けに行けば最寄りの本屋に立ち寄る。

もともと一人でも自然に足が向く場所に、いま二人の時間でも立ち寄ることができることは大変有難い。

タイトルが気になるね、なんて買ってみた本著。おそらく恋愛小説で、男女のどちらかが不治の病なのだろう。どうせ泣かされてしまうのだろう。聞いたことあるような話を予想し高を括る。
どちらが買ったかは忘れたが、ひとりでは買わなかった本かもしれない。二人でいることはそれだけで世界が広がる。

彼女の秘密を唯一知るクラスメート

夏が終わる頃、彼はクラスメートである山内桜良にメールを送った。二人にしか分からないあるメッセージを込めて。
4ヶ月前、もし彼女の秘密を知らなければ、彼はまだひとりでいることを選んでいたのかもしれない。

家族以外には知らせていない秘密、膵臓に不治の病を抱える山内桜良、余命宣告をされてから書き始めた秘密の日記「共病文庫」を彼は偶然見つけてしまう。
ひとりを好み交友を必要としない彼と、周囲を明るくし花を咲かせる彼女と対照的な二人。

彼は彼女の秘密を知った唯一の知人として、彼女の残り時間を謳歌することに協力する。二人だけの秘密の関係がはじまる。
焼肉屋にいき旅行にいき、他愛のない彼女の願いに付き合う彼のなかには、人との関係を築く煩わしさや怖さを覚えさせると同時に、人への好意や尊敬、そして彼女が鏡として自分自身を映すことで気づかされた本心。

君にとって生きてるってどういうこと?

彼は彼女に問いかける。

私にとって生きてるって誰かと関わっていること、もしこの世界に自分ひとりだけだったら自分自身に気づくこともないし、生きてるって自覚することもない。

彼はこの質問の答えに彼女の人生観を知り、いま自分が彼女といることはただ、秘密を共有する知人だからといった理由ではない、自分の心の声に気づく。

クラスメートから友人に、そして互いを掛け替えの無い存在として心を通わせ始めた二人だけの時間は、それこそ掛掛け替えのない時間になっていた。
余命を知りつつも、どこかでそんな時間がいつまでも続くと思っていた。

しかし、彼女は突然とこの世から消える。

ふたりつなぐ共病文庫

高を括っていたはずの涙腺が緩んでしまった。

恋愛と死、出会いの幸福も別れの悲しみも最大限に表現する二つの事柄は、これまで何度も読んできた在り来たりな話なのだけれど、いかにその在り来たりを単調に感じさせないか。作者の腕の見せ所だ。

最後まで読んでしまった本作で際立つ特徴は名前と死、その2つに含まれた意味を回収していくように読み明かされる共病文庫という遺書。

本作は主人公の彼が語り口となった一人称の文体で構成されておりページを2.3めくると気づくが、彼が他人に呼ばれる名前は「地味なクラスメイト」くん、「秘密を知った知人くん」なんて呼ばれている。これはつまり彼目線から他人が自分をどう思っているかを名前に当てはめており、彼の世界観そのものが表現されている。

彼女との関わりによって、次第に彼を呼ぶ名前が変わることで彼女との距離感や世界観の変化が伝わってくる。

もうひとつ、死が迫る彼女の残された時間はつまり、彼が彼女と過ごせる時間であり、彼の世界が見違える時間そのものだ。人間は「いま」しか生きられない。彼もまた「いま」を生き始めていたのだろう。

見違えた時間は有限であることが分かっているのにどこか無限かのように感じてしまうのは彼だけではない。読み手が彼に感情移入をし、突然の別れに途方に暮れる。この物語はどう閉じられるのか。彼女が記した共病文庫が彼を、そして彼女に関わる人々の喪失に一助をもたらす。

どうだった?泣いたよ。妻とひとつふたつ感想を話す。

人と関わることは、確かにそれだけで生きてる気がする。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA