【言葉・名言】”前向きな考え方は技術”  難病PLSを抱える 落水洋介さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

“前向きな考え方は技術。 ネガティブイメージは、自分で自分の心を傷つける。出来ないことが増えていく「いま」に感謝が溢れてくる。” 

難病PLSを抱える 落水洋介さん
NHK ハートネット 

落水洋介さん 公式ブログ

難病PLSとはALSとどう違うのか?

今回は難病PLSを  難病PLSとは何か。

難病ALSはよく聞くようになりましたが、PLSは初めて知りました。

ALSとは  PLSとは  ざっくりいうとALSよりも進行が緩やかなことと落水さんは説明しております。

難病ALSとは

まず、よく聞くようになった難病ALSから調べてみました。

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語Amyotrophic lateral sclerosis、略称: ALS)は、重篤な筋肉萎縮筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。極めて進行が速く、半数ほどが発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡する(人工呼吸器の装着による延命は可能)。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。Wikipedia

 

筋肉の萎縮により、身体が動かせなくなる。呼吸を司る筋肉まで機能が落ちるので、生死に関わる難病。1年間に人口10万人当たり1〜2人程度が発症し、現在治療法は見つかっていない病気です。

最近ではアイスバケツチャレンジや漫画「宇宙兄弟」などで、急速に認知度を高めております。

宇宙兄弟ALSプロジェクト「せりか基金」

 

難病PLSとは

1.原発性側索硬化症とは
原発性側索硬化症(primary lateral sclerosis: PLS)とは、大脳から脊髄にいたる運動神経が障害されるために、通常は45才を過ぎた頃より下肢のツッパリ感、歩行障害を自覚症状として発病します。その後、徐々に上肢の症状、しゃべりにくい、飲み込みづらいという症状が加わってきます。病気の進行は、筋萎縮性側索硬化症に較べて緩徐とされていますが、正確な診断が困難であるため、病状・経過については今後も検討する必要があります。参照:http://www.nanbyou.or.jp/entry/92

 

上記引用から私自身の不正確な解釈ではありますが、運動神経の障害により運動能力の低下がゆるやかに進行する病気といえます。原因や治療法は見つかっておらず、薬やリハビリテーションにより症状を和らげることが現在できることと上記サイトに記載があります。

難病PLSは Peace Love Smile

落水さんは、難病PLSのアルファベットを

peace
love
smile

の3つだと答えておりました。

平和と愛と笑顔の宝物を自分にもたらしてくれたと語ります。

病に対し、ポジティブな気持ちで受け止められることの心の強さを感じるとともに、それは、一朝一夕で得た気持ちではないことが想像できます。

現にインタビューでは、発症した当時は、あらゆるネガティブな感情に押しつぶされ「死にたい」とさえ思ったとも語っています。感情のどん底があるとしたら、落水さんが見てきた景色こそがどん底なのかもしれません。

どん底からPLSを前向きに捉えられるまでになった発症から現在までの落水さんの時間は、物事に対する前向きな捉え方を会得していくために必要だった時間です。

どうしてそのような前向き思考ができるか、それには何度も何度も前向きに捉えようとする。繰返し繰返し思考するのだと語っています。繰返し、思考し、その思考をさらに思考し、変えることができたいま、彼は「前向きは技術」だと語ります。

前向きは天性でなく、性格でなく、技術である。

時間を掛け、意識を変えるは取り組めばできるのだと、落水さんの抱える状況から出た言葉には説得力だけでなく、希望が湧いてくるほどの力があります。

思考は変えられる。それはどう捉えるかによります。

前向きな思考は捉え方、言語化することで技術になる

例えば、ウンチを踏んだこともラッキーだと捉えれると豪語?しています。それには、運を踏んだ、ブログのネタとして書けるなど捉え方で良かったことに変えることができると説明していまます。

ここにヒントを見つけるとすれば、

・はじめのネガティブな感情の物事に対し、もう一度、前向きな捉えなおしてみる。

・言語化してみる。言語化は、ひとに心良く伝わるようなネタに変換する。

などです。この習慣が技術として培われているのかなと考えます。

落水さんのこれからの活動や活動報告であるブログを覗くと、その思考の技術が散りばめられいますので、是非ご覧ください。

 

“前向きな考え方は技術。 ネガティブイメージは、自分で自分の心を傷つける。出来ないことが増えていく「いま」に感謝が溢れてくる。” 

難病PLSを抱える 落水洋介さん
NHK ハートネット 

落水洋介さん 公式ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。