アインシュタインの厳選57の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アインシュタインは、理論物理学者、 ノーベル物理学賞を受賞 。「20世紀最高の物理学者」「現代物理学の父」とも評されています。それまでの物理学の認識を根本から変えた科学的功績を遂げています。ユーモラスで哲学的な言葉は科学を知らないひとにも知られ、いまでも魅了し続けています。アインシュタインの解剖を行った解剖学者が脳を持ち帰り、世界各地の博物館・科学館でアインシュタインの脳の切片の展示が行われるようになったそうです。このエピソードには狂気を感じる点もありますが、それほど彼の知性に魅了された人が多かったことが伺いしれます。彼がこの世から去ったあとでも、様々なエピソードとともに語り継がれる「アインシュタイン」の言葉。人間の知性や好奇心、そして愚かさについて読者に心に語り続けてくれます。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的なアインシュタインの言葉から厳選した名言集を紹介します。

アインシュタインはどんなひと?

アルベルト・アインシュタインは、ドイツ生まれの理論物理学者である。それまでの物理学の認識を根本から変え、「20世紀最高の物理学者」「現代物理学の父」とも評される。光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞。

Wikipedia

アインシュタインの人生の名言 -絶望しても希望を持ちたくなる言葉

アインシュタインの幼少期は、言葉を理解し話すことについてできたそうですが、言葉を出すのには時間を要す子供だったそうです。5歳のときに父親からもらった方位磁針により、自然界の仕組みに対する興味を持ち、9歳のときにピタゴラスの定理の存在を知り、自力で定理を証明したように数学に才能を開花させていたそうです。「宇宙について最も理解しがたいことは、それが理解可能だということである。」「人間性について絶望してはいけません。なぜなら、私たちは人間なのですから。」自然や宇宙に想いを馳せ、その美しさを解くことに夢中だった彼の言葉には、人間の愚かさについて悲観的な言葉で語られることもありますが、彼の生きてきた足跡をたどると、人間はそれぞれに多種多様な可能性が秘められているのだと思わせてくれる希望も彼の論理的な言葉のなかには含まれていると感じさせてくれます。絶望のなかに希望を見出す名言を紹介します。

一見して人生には何の意味もない。しかし一つの意味もないということはあり得ない。

自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

神はいつでも公平に機会を与えてくださる。

異性に心を奪われることは、大きな喜びであり、必要不可欠なことです。しかし、それが人生の中心事になってはいけません。もしそうなったら、人は道を見失ってしまうでしょう。

蝶はモグラではない。でも、そのことを残念がる蝶はいないだろう。

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

兵役を指名された人の2%が戦争拒否を声明すれば、政府は無力となります。なぜなら、どの国もその2%を越える人を収容する刑務所のスペースがないからです。

愚者と天才の違いといえば、天才には限度があるということだ。

同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。

愛は、義務より良い教師である。

人が恋に落ちるのは、万有引力のせいではない。

可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思える。熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いはずだ。相対性とはそれである。

男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。お互いに失望することは不可避だ。

無限なものは二つあります。宇宙と人間の愚かさ。前者については断言できませんが。

科学はすばらしいものだ。もし生活の糧をそこから得る必要がないのなら。

宇宙について最も理解しがたいことは、それが理解可能だということである。

私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。

真実とは、経験という試練に耐え得るもののことである。

すべての宗教、芸術、科学は、同じ一つの木の枝である。

神の前において我々は平等に賢く、平等に愚かである。

正規の教育を受けて好奇心を失わない子供がいたら、それは奇跡だ。

たとえ国家が要求しても良心に反することをしてはいけない。

普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらお目にかかりたいものだ。

宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教は盲目である。

この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。

人間性について絶望してはいけません。なぜなら、私たちは人間なのですから。

アインシュタインの人生の名言 -いかに生きるかという方法を教えてくれる言葉

アインシュタインは、アインシュタインは大学の講義にはあまり出席せず、自分の興味ある分野だけに熱中していたそうです。彼は教師には反抗的で、授業をよく休んでいて、卒業後も大学の助手になって研究に集中しようと考えていましたが、彼の学生生活から推測できますが、もちろん物理学部長と不仲であったために叶わず、保険外交員や教員や家庭教師のアルバイトで収入を得つつ、論文の執筆に取り組んでいたそうです。その後のキャリア形成を考えて忖度する行動をとる選択肢はアインシュタインになく、生計を別に立てながらも、自分のやりたいことにをやり続けたアインシュタインの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。いまの自分の生き方はやりたいことをやっているかと、考えてみたくなる言葉・名言を紹介します。

大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。

私は、先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから。

過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。

自分自身のことについて誠実でない人間は、他人から重んじられる資格はない。

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。学ぶとは自分と向き合うこと

人生には、二つの道しかない。一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。

ある年齢を過ぎたら、読書は精神をクリエイティブな探求から遠ざける。本をたくさん読みすぎて、自分自身の脳を使っていない人は、怠惰な思考習慣に陥る。

シンプルで控えめな生き方が、だれにとっても、体にも、心にも、最善であると信じています。

アインシュタインの仕事の名言 -「 永久の未完成これ完成である 」仕事について考えさせられる言葉

アインシュタインは大学卒業後に大学に残り研究を続けることが叶わず、職を転々としながらも研究を続けました。特許庁の審査官を務めていたころ、「君ほどの人物が大学に残れないのは納得がいかない」と言われたことがあったそうです。彼が返した言葉は「研究は大学でしかできないわけじゃないよ。だって、こうして君とお茶を飲みながらでも議論ができるじゃないか。ここは私にしてみれば、実に立派な研究室だよ」だったそうです。 「挫折を経験したことが無い者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。」 という彼の言葉にあるように、すべての時間を研究に注げない生活だとしても、彼の頭の中ではつねに研究がなされていたのかもしれません。「空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。」「天才とは努力する凡才のことである。」彼のこの言葉どおり、ひとの心や頭は誰にも奪うことはできない、自由なものです。その自由を自分自身で制限せず大きく広げていこう、そんな生き方をアインシュタインは体現していました。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。やりたいことをし続ける、自身の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

天才とは努力する凡才のことである。

挫折を経験したことが無い者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。

私は、それほど賢くはありません。ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけなのです。

私には特別な才能などありません。ただ、ものすごく好奇心が強いだけです。

成功という理想は、そろそろ奉仕という理想に取って替わられてしかるべき時だ。

教えるということは、こちらが差し出したものがつらい義務ではなく貴重な贈り物だと感じられるようなことであるべきです。

一見して馬鹿げていないアイデアは、見込みがない。

困難の中に、機会がある。

人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。

手段の完璧さと、目的の混乱。この2つが私達の主な問題に見える。

知識人は問題を解決し、天才は問題を未然に防ぐ。

優れた科学者を生み出すのは知性だと人は言う。彼らは間違っている。それは人格である。

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。

空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。

知的な馬鹿は、物事を複雑にする傾向があります。それとは反対の方向に進むためには、少しの才能と多くの勇気が必要です。

大切なのは、自問自答し続けることである。

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。

成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい。

ものごとはできるかぎりシンプルにすべきだ。しかし、シンプルすぎてもいけない。

誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。

アインシュタインの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

アインシュタイン150の言葉

人間性について絶望してはいけません。なぜなら私たちは人間なのですから-。人生について、世界について、洞察力と機知、知恵に満ちたアインシュタインの言葉を集めた本。

Amazon

アインシュタインの言葉 エッセンシャル版

“アルバート・アインシュタインは、20世紀でもっとも優れた科学者として知られています。 アインシュタインは、数学や物理学だけではなく、人生そのものに飽くなき好奇心を持ち、その個性、ユーモアのセンスによっても愛されていました。彼は、さまざまなときに、さまざまなところで、さまざまな発言を残しています。そのいずれもが、20世紀最大の天才でありながら、きわめて常識的で、良識的で、そして、謙虚で、ウィットに富んでいます。実際その豊かな人間性は、多くの著名人をも魅了していました。その彼の言葉を読むことで、自分について新たにユニークな視点を持つことができるでしょう。”

Amazon

アインシュタインにきいてみよう アインシュタイン150の言葉

『アインシュタイン150の言葉』の第2弾、待望の登場です。20世紀最大の天才が、「生き方」や「自分自身」「家族」、もちろん「科学」などさまざまなことについて残したウィットに富んだ発言を集めました。

Amazon

無限の可能性を引き出す! 超訳こども「アインシュタインの言葉」

“ことばの伝道師・齋藤孝先生が「大科学者」アインシュタインの教えを8歳で理解できるように超訳しました。 世の中を生き抜くヒントがつまった1冊を親子で学ぶ! アインシュタインのもつ「独創性」「先見性」「創造性」、アインシュタインの思考を身につけるための28の言葉。”

Amazon

奮い立たせてくれる科学者の言葉90

“古今東西の偉大な科学者たちの言葉には、心を揺さぶる力がある! アインシュタイン、糸川英夫、ダーウィン、ホーキング、湯川秀樹、ピタゴラス、フロイト……。 歴史に残る大きな業績を残した科学者たち。 その言葉には、私たちにエネルギーを与え、心を奮い立たせてくれる強い力がある。 過去から現在に至る偉大な科学者たちの言葉を90個紹介し、それらに対する解説を添えた。 情熱を持って自分の道をひたむきに追い続けた結果、偉大な発見、発明を成し遂げた科学者たちの言葉は、私たちに勇気を与えてくれる。 偉大な科学者たちの偉人伝として、また歴史に残る業績を残した人物たちの力強い名言集として、1冊で2度楽しめる本。”

Amazon

アインシュタインの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、45名、1921の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入時のメールアドレスにURLを送付いたします。
・解約は当店宛にご連絡ください。申請翌月から解約となります。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人 アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルト・ディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
武田信玄
野村克也
矢沢永吉

     

ご購入はこちら

     

SNSでもご購読できます。