【おすすめ短編小説】「空を待つ」 西加奈子 空を眺めるようにひとの心象を眺める短編【あらすじ感想】

西加奈子さんの短編小説「炎上する君」の収められている「空を待つ」をご紹介します。空の描写が心象風景と重なる文章、届くはずのないメールが空に溶けていくような空虚な空が可能性に満ち溢れた広がりだと気づかせてくれる短編です。

空の待受け画面の携帯電話を拾った

作家の女性は創作の合間に散歩をしてた夜道で、決して上手くは撮れていない空の待ち受け画面の携帯電話を拾った
明日交番に届けよう。

そう思いながら家に持ち帰ったが拾った携帯電話に「あっちゃん」からメールが届く。

持ち主の恋人か親しい友人か?軽い好奇心といたずらな気持ちで持ち主を装い返信をする。

持ち主からこの電話に連絡があったら返そう。

あっちゃんとのメールのやりとりが心地よく、罪悪感はあれどもう少しだけとメールは続く。

仕事のこと日々のこと、他愛のないことにもいつも自分を勇気づけてくれるあっちゃんに次第に高まる気持ちに任せ「会いたい」とメールを送る。あっちゃんから返信がくる。

空を眺めているようにひとの心の色を眺める

 

橙朱赤紫青藍と夕暮れ時をめぐり空は色を変える。

作家が生きる都会のビル群の合間に見える空の色の描写に作家の孤独感や繋がりに焦がれる心象が重なる。

空を待つ、というタイトルのなかに含まれるのは携帯の待ち受け画面だけの意味ではなく、願いや祈りのような誰もが抱える他者を求める切実な想いが込められている。

それは一番の他人とも言える自分自身さえも大切に寄り添おうとする想いだ。

誰のものかもわからない携帯電話に届く、誰かもわからない他人に自分の心が開かれていく。

他者とのやりとりに発する言葉は、自分の心にも通うことがある。

他の短編のあらすじは下記記事で紹介しております。

【おすすめ短編小説】西加奈子「炎上する君」【全編あらすじと感想】

【おすすめ短編小説】「河童」 芥川龍之介 世界のおかしさ。腑に落ちたかどうかわからない読後感が残る。【あらすじ感想】

芥川龍之介

河童

精神障害で収容された男が語る河童の世界。

山間の道中に男は河童と遭遇する。河童を追いかける途中に穴に落ち、気づくとそこは河童の世界だった。

河童の世界は人間と、同じような文明が存在し、同じような社会が形成されている。

ひとつ違うとすれば、河童は、人間がネガティヴと捉えることをポジティブに、ポジティブと捉えることをネガティヴに捉える。

“可笑しがることを真面目に思ふ――かう云ふとんちんかんな習慣です。たとえば我々人間は正義とか人道とか云ふことを真面目に思ふ、しかし河童はそんなことを聞くと、腹をかかへて笑ひ出すのです。つまり彼等の滑稽と云ふ観念は我々の滑稽と云ふ観念と全然標準を異にしてゐるのでせう。僕は或時医者のチヤツクと産児制限の話をしてゐました。するとチヤツクは大口をあいて、鼻眼鏡の落ちるほど笑ひ出しました。”

はじめは異世界に戸惑った男も次第に河童の世界に慣れ、河童の生き方を目の当たりにする。

河童の社会の仕組み、そこには資本家もいれば法律もあれば刑罰もあるし、音楽も詩も宗教もある。そして苦悩も自殺もある。

河童の友人トックの自死など河童の世界を目の当たりにした男は、ここにいることが憂鬱になり、人間の世界に戻る。

しかし、戻ってみればなぜか、人間への違和感、嫌悪感から河童の世界に帰りたくなる。戻りたくなるではなく「帰りたくなる」

河童の世界から遊びにくる河童たちと言葉を交わすことだけを楽しみにきょうも精神病院にいる男は、いつも来訪者にそんな話を聞かせて決まって最後にこう叫ぶ。

“出て行け!この悪党めが!貴様も莫迦な、嫉妬深い、猥褻な、図々しい、うぬ惚れきつた、残酷な、虫の善い動物なんだらう。出て行け!この悪党めが!」”

人間には精神障害とされ、河童の世界には帰れず、自身も人間を嫌悪する。

これは男の精神の話だが、男が話す河童の世界に入り込むほど、読み手が認識している人間の世界の輪郭を強く意識させると同時に、河童の世界があることを話す人間を精神に障害があると判断した人間がいて、それもまた物語として、ここに紡ぐ作家という存在がいる。それをいま読んでいる。何重もの意識がどうやら「世界」といわれる不思議。

河童の世界も変だけれど、人間の世界も変だよな。と腑に落ちたかどうかわからない読後感がある。