江戸川乱歩おすすめ作品リスト_青空文庫で5分で読める詩・小説・エッセイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小学校の教科書にも載っている作品を残す江戸川乱歩の作品。青空文庫掲載のなかから5分で読めるものをまとめました。あらすじや名言も紹介してますので、読書選びにご活用ください。

江戸川乱歩のプロフィール

江戸川 乱歩は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家である。また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所に勤務していた経歴を持つ。 by wikipedia

江戸川乱歩という「ひと」がわかる 名言

孤独に徹する勇気もなく、犯罪者にもなれず、自殺するほどの強い情熱もなく、結局偽善的に世間と交わって行くほかはなかった
会話を好まず、独りで物を考える、よくいえば思索癖、悪くいえば妄想癖が、幼年時代からあり、大人になっても、それがなおらなかった

ー孤独であることと思索や妄想など、内的な世界観の醸成が彼の作家性を高めていたのかもしれません。ー

男というものは、少々陰険に見えても、根性はあくまでもお人よしにできているものだ。そして、女というものは、表面何も知らないねんねえのようであっても、心の底には生まれつきの陰険が巣くっているものだ

ー人間の内面のおぞましさや滑稽さを切り取ってみせる江戸川乱歩の作品にある志向性が垣間見える言葉。表面と内面の矛盾こそがそのまま面白さにつながる作品の不思議さと、その矛盾を面白いと感じる人間の感受性の不思議について考えさせられます。ー

たとえ、どんなすばらしいものにでも二度とこの世に生れ替って来るのはごめんです

ー厭世的とでもいうのか。江戸川乱歩のアイロニカルな部分が言葉にされたのでしょうが、二度とこの世に戻りたくないという言葉に、人間の存在の懐疑心や違和感が滲み出ているような、それがまたこの人間が暮らす世界の奥行きをつくっている不思議で矛盾で感性が、江戸川乱歩の魅力なのかもしれませんー

指環 江戸川乱歩

指環 江戸川乱歩

unsplash

盗んだ指輪の行方は 短編

以前電車で一緒だった男二人。再開早々あの電車の出来事、一人の男が指輪を盗んだ疑いにかけられ、その様子をもう一人が目撃したことを振り返り、指輪の行方を種明かす。
指環 江戸川乱歩

指 江戸川乱歩

指 江戸川乱歩

unsplash

ピアニストの右手の最後 短編

不慮の事故で失った右手をピアニストはまだ知らない。病院で左手と合わせて、新曲の練習をするピアニストを横目に、手術室に残した彼の右手を確認した親友の医者。培養液に浮かぶ右手が少し動いたように見えた。
指 江戸川乱歩

白昼夢 江戸川乱歩

白昼夢 江戸川乱歩

unsplash

愛する嫁といつまでも一緒にいるために 短編

町中で男が真面目な調子で「妻を愛するあまり殺めた」と語る。気が狂ったと誰も信用しない笑いが起こるが、ある一言を頼りに女は本当に殺され蝋人形になっている真実を知った白昼夢。
白昼夢 江戸川乱歩

妻に失恋した男 江戸川乱歩

妻に失恋した男 江戸川乱歩

unsplash

by unsplash

妻に失恋した男との真実 短編

見合い結婚で一緒になった二人。夫は次第に妻を愛し始めたが、妻の愛情は感じられず苦悩していた。そんな矢先、夫は銃で自殺を図った。真相を解明すべく妻の身辺を探る刑事は遂に突き止めた。
妻に失恋した男 江戸川乱歩

一人二役 江戸川乱歩

一人二役 江戸川乱歩

unsplash

いたずらが現実に、夫婦愛の不思議 短編 

男は家庭をもつも家に帰らないし、他の女と遊びふけている自由奔放。やがてそれにも飽きた男はあるイタズラを思いつく。夜更けに変装して妻に違う男と寝床にいるように思わせるイタズラ。バレないのをいいことに何度も重ねると妻は次第にその変装した架空の人物に恋心抱いてしまった。このイタズラをやめるか。考えた男は別人として妻と新しい恋をすることに決めた。
一人二役 江戸川乱歩

モノグラム 江戸川乱歩

モノグラム 江戸川乱歩

unsplash

青春の淡い恋心を思い出す中年男性 短編

街で会った男に声をかけられた、「どこかで会ったことがありますね」記憶を辿ると、どこかで会った気もする。思い出したのは学生の頃に恋をしていた女性。その弟さんだった。彼から彼女のその後の話を聞くと亡くなったそうで、形見に見つけた写真に自分の写真が大事にされていたそうだ。淡い恋心が再燃し、彼女の墓参りでも行きたくなってしまった頃合い、妻がその写真を見つけてしまい、ある事実を口にした途端、淡い恋心がすべて溶けてなくなった。笑い話。
モノグラム 江戸川乱歩

夢遊病者の死 江戸川乱歩

夢遊病者の死 江戸川乱歩

unsplash

夢遊病者が抱える自分への疑い 短編

夢遊病者の彦太郎は自身が知らぬ間に度々しでかしてしまうことに苛まれている。仕事も見つからず、父親との不仲も重なり、精神的に不安定なある日、父親が倒れていた。もしかしたら自分が寝ている間に。。恐怖が彼を追いかけただた逃亡をはかる。事件の真相は意外な事実で終わるが、彼が心のうちを知るひとはついぞいなかった。
夢遊病者の死 江戸川乱歩

火星の運河 江戸川乱歩

火星の運河 江戸川乱歩

unsplash

火星の光景が奇想にめぐる短編

浮遊感がある世界観と詩的な描写で異世界の惑星が広がる。次第に自身の姿もその世界観に様子を変える。ミステリー色の強い江戸川乱歩の奇想な部分が垣間見れる掌編。
火星の運河 江戸川乱歩

日記帳   江戸川乱歩

日記帳   江戸川乱歩

unsplash

“世にも辛抱強い恋文だったのでしょう。彼はこの「私はあなたを愛する」というたった一言を伝える為に、たっぷり三ヶ月の日子を費やしたのです。”

あらすじ:
病で亡くなった弟の日記帳を読んだことから、取り返しのつかない事実に触れてしまった兄。弟が兄の妻を愛していた事実。弟、妻。自身の大切な存在である二人の関係が形見である日記を通して知ってしまう。兄の胸に宛てのない虚しさが残るほど、読者の脈拍は少し早くなっている。引き込まれる短編。
日記帳   江戸川乱歩

 

【江戸川乱歩の世界をもっと読みたい方におすすめ】江戸川乱歩全集

AmazonKindleで夢野久作の154作品がひとつになった全集があります。自分も購入しましたが、全集なんかは紙で買うとかなりの量になりますが、データだと簡単に保管できますし、読み出しも気軽にできます。

 

【青空文庫のおすすめ作品】

青空文庫で5分で読める おすすめ短編小説リスト100【作品ほぼ毎日更新】

芥川龍之介おすすめ作品リスト_青空文庫で5分で読める短編小説・エッセイ

青空文庫で5分で読める。宮沢賢治のおすすめ児童文学リスト【作品ほぼ毎日更新】

青空文庫で5分で読める中原中也おすすめ作品(詩・エッセイ・小説)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。