映画 「あん」 ひとはただ、この世界を見るために聞くために生まれてきたとしたら

映画 「あん」を観賞

本題ではないが、

まず、なぜ観たいと思ったのか?

映画や本の世界に入る前に、少し考えてみることはないだろうか?

自分の興味や関心の理由を探ることは、自分の思考というか志向に気付ける。それは面白いことだと思う。

例えば、本屋に立ち寄って、本棚を前に気になる本を探す。その本に手が伸びる理由を考えると、いまの自分の心境や欲しがっている感覚のようなものに気付ける。

本よりも自分自身が読める。

本屋にはそんな体験がある。映画館にもCDショップにも同じ体験があるのではないか?それが面白いと思う。
ということで、本題の映画「あん」へもどろう。

はじめにまず予告編を観たときに感じたことを思い出すと、

テーマである、どら焼きの「あん」を作っているシーン

「らい」患者である主人公の徳江さんが、桜かなにかの木々にうっとりしながら見上げているシーン

主題歌である秦基博の歌声に、魅かれた。

丹念に何かを作ること

自分の知らない社会的弱者がここに描かれていること

けれど、社会的弱者が必ずしも心まで貧しいわけではないこと。

それらが観たかったのだと思う。

『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女­が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あん­を作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。­原作は、詩人や作家、ミュージシャンとして活動するドリアン助川。映像作品で常に観客­を魅了する樹木の円熟した演技に期待が高まる。
(C) 2015 映画『あん』製作委員会 / COMME DES CINEMAS / TWENTY TWENTY VISION / ZDF-ARTE
作品情報:http://www.cinematoday.jp/movie/T0019740
公式サイト:http://an-movie.com/
配給:エレファントハウス

予告やあらすじを踏まえ、これは観ておくべきだと思ったのだけれど、

実際に映画館で見るまで、しばらく時間が経ってしまった。

大き目の映画館での上映が終わるなか、やっぱり映画館で上映しているうちに観たいと思ったのは、

映画の原作、小説「あん」の著者であるドリアン助川氏のインタビューを拝見したからだ。

「映画「あん」で問いかけた「生きる意味」とは 原作・ドリアン助川さんに聞く」

 

バンド解散後、ニューヨークに渡って別のバンドをやってたけど、2002年9月に日本に帰って来た。仕事はない。本を年4冊出しても、初版で終わっちゃうと年収200万円にもならないんだよね。子供の学費を払えるかどうか、ぎりぎりの生活でした。多摩川の土手にあるアパートで家族3人暮らしていて、あるとき気づいた。回りは高級住宅街だけど、俺には何もない。もう「所有する人生」なんて今後ないだろうという自由さ。「あっ、この多摩川は俺のものだ」。なんだ、世界ってもともと与えられてるじゃん。

地球外生命は見つかっていない、俺たちは宇宙でかなり孤立した存在らしい。ではなぜ生命が存在するのか。宇宙は認識する主体がいなければ消滅してしまうからという「人間理論」です。多摩川の土手を自転車で行ったり来たりしているとき、実感としてそれがわかった。

 

助川氏本人の体験から得た体感には、この著書の主人公である徳江さんの言葉に通じるものがある

「この世界を見るため、聞くために生まれてきた」

それは、徳江さんをアルバイトとして受け入れた店主の千太郎を救う言葉であり、生き方、在り方なのだろう。

弱者というのは、徳江さんのように「罹患者」として隔離されることはもちろんだが、

千太郎のように、罪を犯し、他者に大きな借りがあることで、自らの人生を他人に委ねなければならない生き方も、弱者といってもいいのではないか?

弱者とはつまり、他人や社会によって、自らの自由な生き方を必要以上に阻害されること。

この世界との断絶すら感じるその閉塞感に加え、徳江さんに対する社会的差別を目の当たりにした当事者として、弱者であるアルバイトスタッフを守ることができない店主として、千太郎は苦しむ。

申し訳なさを抱えながら、あるきっかけで徳江さんの住む場所を千太郎は訪れ、「らい」病患者が隔離されていたその場所に、苦しみを抱えながら生きてきた人々と時間があること知る。

その人生に何を見ていたのか?聞いていたのか?そして何を考え、何を望んでいたのか?

その苦しみを自分の苦しみに重ねながらも、徳江さんのいう

「私たちは、この世界を見るために、聞くために生まれてきた」の言葉に救われる。

この世界を見るために、聞くために。

それはただ、この瞬間の世界を慈しむように生きる。ちょうど桜の木々を見上げる徳江さんの姿そのものだ。

それだけでいい、何かになろうとしなくても、何にもなれなくても、ここにただ在るだけでいいのだ。

そう思えることは人間を、弱者や社会、世間という言葉や価値観を越えるひとつの「強さ」を見出してくれる。

強くあろうとしなくてもいい。ただただ感じて生きる。

それは千太郎だけでなく、この世界に生きる人々を救いうる言葉だと思う。

 

 

参考図書

【長編小説】中村文則「教団X」世界の端から端、人間の奥の奥、フィクションがノンフィクションに出現する物語

619ticsOWaL._SX348_BO1,204,203,200_

 

テレビで紹介されてから、気になり書店を覗いたが、そのお店には在庫がなく、しばらく諦めていた本。

そのことを覚えていた奥さんが
「辞書みたいに分厚いよ」
と重い思いをして買ってきてくれました。感謝。

確かにそれは辞書のようで、以前にこの分量を読んだのはいつだったかと考えるほど今の自分にとっては分厚く、読むことに少し勇気がいる量だった。

結論から言うと、読み始めて3日で読んだ。具体的に言うと10時間くらいだったろうか。

その分厚さこそ、物語の世界観を担保する文量に相応しい量だったと読後のいまは納得している。

この物語の世界観とは、筆者あとがきから引用すると

“世界と人間を全体から捉えようとしながら、個々の人間の心理の奥の奥まで書こうとする小説”

とあるように、読者が想像する世界観という言葉では括れないほど、広範囲で、奥行きがある。

世界とはなんだろうか?

アマチュア思想家を名乗る松尾。松尾の思想を慕う人々。松尾の思想の一端を聞ける講演は、何千年も前の宗教の教えと最先端の科学的見地が重なる実例がいくつもあると説く。

“その実験では、指を動かそうと反応した0.35秒後に、意識、つまり「私」が指を動かそう、という意志をもつ。実際に指を動かしたのは、その意識、つまり「私」が指を動かそうと意志をもってから0.2秒後です。
~つまり意識「私」というものは、決して主体ではなく、脳の活動を反映する「鏡」のような存在である可能性があるのです。”

“「<われを考えて、有る>という<わせる不当な思惟>の根本をすべて制止せよ」
ブッダさんは科学的な実験もせず、脳も解剖せず、ただ意識を見つめ瞑想し続けることで、この意識「私」が本当は実体のないものだと気づいたことになるかもしれません。”

“銀河が1000億個あると言いましたが、この全体を遥か遥か遠くから見ると、どことなく蜂の巣のようになっているのがわかっています。~この構図を見ていると、あるものに似ているように感じるのです。実は脳の神経細胞です。”

科学と宗教。対立するように見える二つの目指すものや、これまで辿ってきたものはどうやら同じものかもしれない。

人間が科学の世界で辿りついた現在の答えは、この世界は素粒子の集合であり、人間もそれに違わないということ。

素粒子という人間の構成物質は解明できたけれど、意識や心という人間特有の存在の不思議さはいまだ解明されていない。

人間の心理の奥の奥とはどんなものなのだろうか?

そして人間の心を知る上で欠かせない宗教とはなんだろうか?

教団X。そこは、かつて松尾と同じ師の元にいた沢渡を教祖として崇める宗教組織。ある事件を起こしてからは身を潜めながら活動を続ける。教団Xの教義のひとつは、性行為を解放すること。そこでは誰もが性欲を解放する時間と場所が提供される。

かつての同門ではあるけれど異なる思想の2人。そのもとに集う、彼らを慕う人々、崇高する人々が交差する物語。

人は、心の奥で孤独感や飢餓感を抱えながらも、家族や友人、恋人など人間関係の豊かさや、神のような信仰心をを持つことで、なんとか光のある場所に立てているのかもしれない。

では、人間関係が途切れ、信じる神が不在であると知ってしまった時、人はどうすればよいのか?

ここには、孤独感、飢餓感と向き合わざるを得ない人々を惹きつける松尾と沢渡。そして彼ら2人が見つめる神と人間の存在価値が提示される。

松尾は、この世界のシステム全体を神として捉え、その全体のなかにある多様性を愛し、生きることを肯定する。

沢渡は、人間の知性を越える存在である神に惹かれながらも、神でさえ癒せない孤独感を試すように性衝動を解放し、怠惰の究極である破滅を望む。

人間の奥の奥、つまり、光が当たらない場所を言語化すること。

それこそが作家の仕事だと思うし、文学の存在理由だと思う。その姿勢と作品に感嘆。