ビル・ゲイツの厳選45の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

ビル・ゲイツは、マイクロソフトの創業者。PCのOSであるWindowsの開発で世界有数の実業家になった人物です。現在は自身の財団で貧困問題や世界課題に取り組んでいるそうです。学生時代より、プログラミング開発に取り組み、ある企業に需要があるとみた未開発のものに対し、ビル・ゲイツは「現在開発中であり、間もなく完成する。御社に伺ってお見せしましょうか。」と言って鎌をかけたそうです。需要があることを受けて、彼らは開発を開始しました。このときから、すでにビジネス感覚に優れた人物であり、実際に開発してしまう技術もあったことから彼の成功の未来はうかがえたのかもしれません。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的なビル・ゲイツの言葉から厳選した名言集を紹介します。

ビル・ゲイツはどんなひと?

ウィリアム・ヘンリー・”ビル”・ゲイツ3世は、アメリカ合衆国の実業家、慈善活動家、技術者、プログラマ、作家、教育者。 マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者兼共同会長。

Wikipedia

ビル・ゲイツの人生の名言 -合理的な判断の大切さを教えてくれる言葉

ビル・ゲイツは倹約家でも知られいます。あるインタビューで、エコノミークラスを好む理由について「会社の金でも個人の金でも、無駄なことに金を使うことは理解できない。ファーストクラスの料金に(エコノミークラスの)何倍もお金を払ってみたところで、到着する時間は同じなのだから」と答えたそうです。ビル・ゲイツの成功は、驕りがなく、つねに客観的に物事をとらえるところにあるのかもしれません。「成功ってのは、やっかいな教師だ。やり手を臆病者に変えてしまうからね。」彼の言葉には、自身を律するというよりも合理的に判断した結果に得られる効果を考えれば、贅沢や怠惰のような私欲は取るに足らないものに思えるのかもしれません。人生について何を得たいのかを考えさせられる名言を紹介します。

私たちはいつも、今後2年で起こる変化を過大評価し、今後10年で起こる変化を過小評価してしまう。無為に過ごしてはいけないんだ。

なぜファーストクラスに乗らないかって、だってエコノミーでも到着する時間は同じだろ。

成功ってのは、やっかいな教師だ。やり手を臆病者に変えてしまうからね。

人生には学期は無い。夏休みもないし、「自分探し」を手伝ってくれるような雇用主もほぼ皆無だ。

自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。

人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された。

私は教える人間ではない。学ぶ人間だ。学ぶことが大好きな人たちと一緒に仕事ができることを大いに気に入っている。

人間にはものを考える時間が必要だ。

人生は公平ではない。そのことに慣れよう。

もしGMがコンピューター業界のように技術を追い求めていたのなら、私たちは、1ガロンで1,000マイル走行する、25ドルの車を運転していただろう。

テレビは、現実の世界ではない。実際には、人はコーヒーショップにいつまでもいられるわけはなく、仕事に行かなくてはいけないのだ。

子供のころからたくさん本を読んで自分でものを考えろと言われて育った。両親は、本や政治や、その他いろいろなことについて、子供たちを交えて話し合った。

この20年間は、信じられないような冒険の日々だった。

金持ちだからといって、それで得することはあまりない。

私は富を社会に還元せねばならぬと、10年ほど前に気がついた。想像できないほどの額の財産は、子供たちに継がせないほうがいい。彼らにとって建設的ではないからだ。

すべての子供をすばらしい方法で教育し、すべてのスラム街がきれいになるまで、やることがなくなることはない。

技術は単に道具に過ぎない。子供たちをともに勉強させ、動機付けを行なうには、先生こそが最も重要なのだ。

ビル・ゲイツの人生の名言 -誰とも比べないことの大切さを教えてくれる言葉

ビル・ゲイツは、ビジネスの一線から離れ、現在財団での貧困や教育、環境問題への支援活動をしています。彼のよびかけで、資産の半分を寄付しようという取り組みもあるそうです。「富を贈ることが最高の喜び」と語っているように、これまで築いた莫大な富を彼は世界の充たされていない場所に贈っています。「問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。」「自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。」彼の言葉には、常に自分は何をしたいかの答えが含まれています。誰とも比べずに常に自分のうちにある本音に素直に生きることこそ自分の人生においての成功の近道かもしれません。ビル・ゲイツの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分にとって少しでも良い世界にしようと思える言葉・名言を紹介します。

問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。

成功の鍵は、的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。

積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ。

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。

私は物事をとことん突き詰めるのが好きなんだ。そうすれば、たいてい良い結果が出るから。

同じ決断を二度するな。最初の決断に充分時間をかけて確固たる決断を下せば、同じ問題を二度考えずにすむ。

成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。

しばしば、直観が頼みの綱になる。

満点をとったことは自慢にならないよ。本当に大切なのは知識を丸暗記したり、教えられたとおりのことを答案に書くことではなくて、先を見る洞察力だ。

ビル・ゲイツの仕事の名言 -「顧客の需要を先に満たすこと」仕事について考えさせられる言葉

ビル・ゲイツは、夕食のお皿を洗うのが好きでほぼ毎晩洗っているそうです。「他の人がやってくれようとするが、わたしは自分のやり方が好きなんだ」と語っているようにビル・ゲイツは自分のやり方に強くこだわります。「ビジネスは非常に簡単だと思う。売上からコストを引けば、大きな黒字が出る。計算は極めて簡単だ。」「あなたの顧客の中で一番不満をもっている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ。」ビジネス原理をシンプルに抑えながら、「世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。世間は、君が自尊心を満たす前に、君が何かを成し遂げることを期待している。」とも語り、顧客の需要を先に満たすことで全ては始まるとも聴こえます。ビル・ゲイツの考えは、彼のビジネスのはじまりでもあった企業の需要を確認して開発しはじめたようときから何も変わりありません。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

マイクロソフトの行動は非常に迅速だ。我々は顧客のニーズに応じて優先順位を決めている。

スピードこそが企業にとって最も重要になる。

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。

グーグルでも、アップルでも、フリーソフトでも、すばらしい競争相手だし、僕らの気を引き締めてくれるよ。

あなたの顧客の中で一番不満をもっている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ。

リスクを引き受ける気があるなら、悪いニュースに多少目をつぶることは必要だ。不安はあっても、「上手くいく保証はないが、ベストを尽くしてみようじゃないか」というぐらいの勇気がなくてはならない。

私は起業家という言葉をいつも拒否してきました。「会社を始めよう、何の会社にしようか」では決して成功はないと思います。

最初から、我々の目標は「すべての机と、すべての家庭にコンピュータを」だった。

一心不乱に働くこと、ベストを尽くすことが嫌だというなら、ここは君のいるべき職場ではない。

我々次第で会社がつぶれる可能性さえあるということを、常に念頭に置きながら毎日会社に来ている。常に気を引き締めて、重要な変化をもたらす革新的な研究に長期的な投資をしなければならないと考えている。

変化の速い産業で成功している企業は、カギとなるトレンドの最先端を行き、その新しい応用に価値を付加できる企業だ。

若い人を優先的に雇っている理由は、若い人の方が向上心があるし、新しいアイデアがどんどん出てくるからだ。

ノートパソコンの素晴らしいところは、どれだけ詰め込んでも、大きくなったり、重くなったりしないことだ。

徹底的な話しあいは、ムダに終わることが多い。

ビジネスは非常に簡単だと思う。売上からコストを引けば、大きな黒字が出る。計算は極めて簡単だ。

世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。世間は、君が自尊心を満たす前に、君が何かを成し遂げることを期待している。

難しい仕事があるとき、私は怠け者に任せる。だって怠け者は、仕事を簡単に片づける方法を見つけ出すからね。

成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだよ。

必要なのは強力なチームだ。なぜなら、どんなに良く管理されようと、平凡なチームからは平凡な結果しか生まれないからだ。

ビル・ゲイツの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

人生で大切にすること

世界一の億万長者ビル・ゲイツ。マイクロソフト創業者はどんな家庭で育て上げられたのか。ゲイツの実父が、その家族生活と教育方針、生きる上で大切にしてきたこと、そして子供たちへ贈る人生のアドバイスをつづる。

Amazon

ビル・ゲイツ未来を語る

“まだ大学2年生だった頃に「パーソナルコンピュータ」の登場にひどく興奮した男は、パソコンの世界をリードする大革命児となった。パソコンから情報ハイウェイへ、ビル・ゲイツが近未来のビジョンを語る。 ”

Amazon

ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢

“マイクロソフトのもう一人の創業者、ついに語る。ビル・ゲイツとの出会い。アイデアのポールと現実主義のビル。裏切りと離別。その後のアイデア・マンとしての人生―NBAやNFLなどのスポーツ、宇宙旅行、音楽、人工知能、脳地図―好奇心の飽くなき探求。新しい時代を創ったアイデアの人ならではの夢への挑戦を描いた自伝。 ”

Amazon

ビル・ゲイツの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、45名、1921の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入時のメールアドレスにURLを送付いたします。
・解約は当店宛にご連絡ください。申請翌月から解約となります。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人 アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルト・ディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
武田信玄
野村克也
矢沢永吉

     

ご購入はこちら

     

トーマス・エジソンの厳選44の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

トーマス・エジソンは、発明家であり起業家。生涯に1,300もの発明から発明王王とも称されました。また実業家としても大きな功績をあげ、アメリカの電力系統を寡占した電力王でもあります。彼の言葉には、過激で痛烈なものもありますが、彼ほどの成功を収めるためには、それ相応の努力が必要なのだということを教えてくれます。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的なトーマス・エジソンの言葉から厳選した名言集を紹介します。

トーマス・エジソンはどんなひと?

トーマス・アルバ・エジソンは、アメリカ合衆国の発明家、起業家。スポンサーのJPモルガン、秘書のサミュエル・インサル、そしてメロン財閥と、アメリカの電力系統を寡占した。

Wikipedia

トーマス・エジソンの人生の名言 なぜ?は新しい世界を開く種と思える言葉

トーマス・エジソンは幼少期、正規の教育を受けられませんでした。それでも彼は、図書館などで独学し、新聞の売り子として働き、お金をコツコツと貯め、自分の実験室を作ったそうです。「われわれは何事についても1パーセントの100万分の一も知らない。」「成功に不可欠なのは、肉体的にも精神的にも疲労を溜めずに、ひとつの問題にエネルギーを注ぎ込める能力である。」彼の言葉には、万物への好奇心と新しいものをつくることに夢中であったことがうかがえます。好奇心をとめるな、ひとつの関心にすべてを注げ、そんなことを考えさせられる名言を紹介します。

失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ。

もちろん、生まれつきの能力の問題もまったく無視はできない。それでもやはり、これはおまけみたいなものだ。絶え間なく、粘り強く努力する。これこそ何よりも重要な資質であり、成功の要といえる。

困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。

絶えず変化を求める気持ちと不満こそが、進歩するために最初に必要となるものである。

完全に満足しきった人がいたら、それは落伍者だ。

私はこれまで、偶然のひらめきで、価値ある発明をしたことなど一度もない。全ての発明というのは、その発明に関わった人の想像を絶するような熱意が注ぎ込まれているものなんだよ。

人生に失敗した人の多くは、諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。

成功に不可欠なのは、肉体的にも精神的にも疲労を溜めずに、ひとつの問題にエネルギーを注ぎ込める能力である。

他の発明家の弱点は、ほんの一つか二つの実験でやめてしまうことだ。わたしは自分が求めるものを手に入れるまで決してあきらめない。

ほとんどの人がチャンスを逃す理由は、チャンスは作業着を着て、大変そうに見えるからだ。

作ったものが計画通りに機能しないからといって、それが無駄とは限らない。

わたしは、決して失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。

それは失敗じゃなくて、その方法ではうまくいかないことがわかったんだから成功なんだよ。

人間は思考する努力を省きたいために、ありとあらゆる方便に頼ろうとする。

私の発明は、すべての人にとって役に立つ物でありたい。そして、世界の平和に貢献するような物でありたい。もし私の発明で一人でも人が死んだとしたら、私には人生を生きる意味も資格もない。

機械は生活を便利にした、将来はもっと便利になるだろう。しかし、用心しなくては人間が機械に使われるようになってしまう。

自然界の秘密を解き明かすのに、人間の理性に頼っていては駄目だよ。

権威ある本といっても、すべては人の書いたものだ。

待っている間もがんばる人にすべてのものはやってくる。

われわれは何事についても1パーセントの100万分の一も知らない。

われわれが何かを成し遂げようとしているとき、ルールなどない。

もし我々が自分にできることを全て実行すれば、自分自身に対して文字通りびっくりすることだろう。

トーマス・エジソンの人生の名言 -いかに生きるかという方法を教えてくれる言葉

トーマス・エジソンは、夜間電信係として、1時間おきに勤務に就いていることを示す信号を送るという仕事をしていました。エジソンは、時計を使って電信機が自動で電信を送る機械を発明し、勤務中に寝ていたところを上司に見つかり怒られたそうです。これがエジソンにとって最初の発明でした。この発明は、指示通り作業する仕事と本来の目的である勤怠報告について「もっと良い方法がある」と考えたらかこそ生まれたものです。何事にもなぜを見出し、不満を糧に発明する彼の言葉を伝えてくれます。トーマス・エジソンの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分の既成概念に気づき、少しでも良い世界へ発明してみようと思える言葉・名言を紹介します。

大事なことは、君の頭の中に巣くっている常識という理性を綺麗さっぱり捨てることだ。もっともらしい考えの中に新しい問題の解決の糸口はない。

最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる。

人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる。

トーマス・エジソンの仕事の名言 -「仕事場に時計がなかったおかげ」仕事について考えさせられる言葉

トーマス・エジソンは、エジソンは、発明のための研究に時間を忘れて没頭し、睡眠時間も3時間ほどしか取らず、ほぼ24時間体制と言ってよいスケジュールで仕事を続けていたたそうです。彼は80歳を過ぎてもなお「私にはまだやらなければならない仕事がある。少なくともあと15年は働かなければならない」と言いながら1日16時間のペースで仕事を続けていたそうです。「一日8時間労働制に感じた危機感は、労働時間の不足などではない。働くということが、ただの決まりきった作業になってしまうということだ。」「私が成功することができたのは、仕事場に時計がなかったおかげである。」という言葉もありますが、本当にしたいことをしている状態においてはひとは時間の概念はなくなるのかもしれません。「ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに。」常に目の前のことに勝負を挑み続け探究し続けたトーマス・エジソンの生き方。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに。

一日8時間労働制に感じた危機感は、労働時間の不足などではない。働くということが、ただの決まりきった作業になってしまうということだ。

自分は毎日、18時間働くことにしている。

最初のひらめきが良くなければ、いくら努力してもダメだ。ただ努力だけという人は、エネルギーを無駄にしているにすぎない。

成功できる人っていうのは、「思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ」という前提を持って挑戦している。

私は、ひとたび自分が正しいと思う道を歩きだしたら、ゴールに到達するまでペースを崩さない。

発明とは、それが人類にとって本当に必要なものなのかを判断する能力である。

朝6時に起き、夜中の2時まで働くこと。これを最初に描いた図面が形になるまでやり続けるのだ。すぐにはうまくいかなくても、睡眠時間を減らし、起きている時間は精魂こめて働くようにする。このルールを守れば、発明家として成功できるだろうし、もっと言えば、どんな分野においても成功できる。

首から下で稼げるのは1日数ドルだが、首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。

天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。

私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。何をやっても楽しくてたまらないからだ。

売れないものは発明したくない。売れることが実用性の証明であり、実用性が成功を意味する。

私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

朝7時に起き、夜11時に就寝すれば、たっぷり16時間ある。大抵の人は一日中なにか仕事をしている。ただ一つ違うのは、彼らの仕事は非常に多岐にわたり、私はたった一つの仕事に全てのエネルギーを集中する点だ。

成功しない人がいたとしたら、それは考えることと、努力すること、この二つをやらないからではないだろうか。

今取り組んでいることに関心を持ち、全力を傾けてそのことだけを考える。時計を気にせず、ひたすら続け、休みたくなったら必要なだけ休む。休んだあとは、また同じ集中力で作業に取り組む。熱心に働くことの価値と満足感を知っている人に世間は高い評価を下すものだ。

まず世界が必要としているものを見つけ出す。そして、先へ進み、それを発明するのだ。

私が成功することができたのは、仕事場に時計がなかったおかげである。

トーマス・エジソンの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

トーマス・エジソン 神の仕事力

“あなたが何も持っていないのなら小学校を3か月で中退したエジソンに学べ! ”

Amazon

エジソン―20世紀を発明した男

“本書は従来あるエジソン伝のように、単なる成功物語であったり、超人・奇人ぶりだけにスポットを当てたものではない。衆知の業績や、有名なエピソードの、その背景までもが丹念な筆致で描き込まれた細密画である。そこには、ごく普通の人間が、人並みに悩み、傷つき、失敗しながら非凡な人生を獲得していく様が浮かび上がった。 ”

Amazon

トーマスエジソンの「ビジネスと人生を逆転させる魔法の名言集」 偉人の格言から学ぶ勝利の方程式シリーズ

“偉人の格言から学ぶ勝利の方程式シリーズ トーマスエジソンの「ビジネスと人生を逆転させる魔法の名言集」”

Amazon

トーマス・エジソンの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、45名、1921の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入時のメールアドレスにURLを送付いたします。
・解約は当店宛にご連絡ください。申請翌月から解約となります。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人 アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルト・ディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
武田信玄
野村克也
矢沢永吉

     

ご購入はこちら