【水道橋ランチ】筋肉食堂は食のジム。健康意識が上がる場所。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



ランチに筋肉食堂の水道橋店に行きました。高タンパク、低糖質でかつ美味しいお肉が食べられるお店として胃袋だけでなく健康意識まで高めてくれるお店だったのでご紹介します。


出典:筋肉食堂

筋肉食堂は日々トレーニングしている方はもちろん、本格的にダイエットをしたい方やボディーラインをキープしたい方など、カラダづくりを志す全ての人たちのための、美味しい高タンパク低カロリー料理専門の食堂です。引用:筋肉食堂

一度テレビで拝見してから、水道橋で偶然見つけて、何度も何度も行こうか迷い、本日初めてランチに行きました。

筋肉食堂水道橋店は地下にあります。店内の様子が外からは見えずどんなところだろうか想像が膨らみに膨らみました。


もし武骨で荒々しいマッチョな空間だったらどうしようかと恐る恐る入った店内は、オシャレな内観でマッチョでスポーティな人もいますし、ご婦人もいたので安心しました。


出典:筋肉食堂



一人だったので、カウンターに通してもらい、メニュー表を見ると、肉肉肉。筋肉食堂の名の通り好きなだけお肉が食べられることが一目で分かります。

でも決して肉肉しく脂脂(あぶらあぶら)しい感じではなく、グリルのお店のような料理が並んでおり、見た目も野菜の色合いが添えられ品のある料理ばかりでした。

また全ての料理にカロリーや脂質、糖質が明記され、ここに来た人がどんな目的で食べに来てるか明確でした。つまり、健康意識の高い人が喜ぶ料理を、提供するお店です。コンセプトが明確なお店は行く前から来店動機を明確にしてくれます。

よって筋肉食堂は、健康に意識的な人には特におすすめです。

私は豊富なメニューから選びきれず、無難に初回ということでランチセットを頼みました。

ウェルカムドリンクはプロテイン。


はじめに提供された小さなドリンクは、なんとイチゴ味プロテインでした。


はじめにプロテインを出してくれるお店は早々ありません。あくまでも筋肉のためにある食堂という世界観を提供してくれる点にとても好感を持ちました。

「これなら、行く前にスクワットでもしてからくるとなお良いのでは」

と飲食店に来て初めて感じる種類の後悔を覚えつつ、地下にある理由は大腿四頭筋に刺激を与えてくれていたのかと勝手に納得することにしました。

脂が少なく仕上がる調理法でさっぱり食べやすい


日替わりランチの鳥のムネ肉は脂もより少なく調理されているそうです。


少し薄味なのかなと思ったらソースがしっかりかかっているし、別のソースもお好みで楽しめます。



ライスは白米玄米の他、「キャベツ」が選べます


ライスは白米と玄米、キャベツの三つが選択肢が用意されています。

白米と玄米は分かりますがキャベツと来ました。糖質制限をしてる方には拍手喝采な選択肢が用意されています。

プロテインにキャベツ、どこまでも明確なコンセプトはお客さんのニーズすら明確にしてくれる一例として勉強にすらなります。

外食ランチは糖質制限が難しい理由

最近の流行の糖質制限ですが、これを外食ランチでやってみると、なかなか難しいのが悩みかもしれません。


個人的な悩みの例でいうと、

・ライスや麺などの糖質を抜くことはオプションとしてあるかないか分からない
・あった場合や頼んでみたとしても、金額は変わらずの場合が往往にしてある。
・よって、糖質抜きのランチは割高な感じがしてコンビニに切り替える

があり、コンビニで糖質制限食を試みます。コンビニで糖質以外の商品といえば、

・サラダ
・揚げ物
・卵
・チーズ
・乳製品
・スープ
・おでん

などの組み合わせが一般的かと思います。これで味にもお財布にも満足する組み合わせを選んでみるのですが、ただ、だんだん飽きてきます。すると外食でコンビニで食べられない美味しいものを食べたくなります。そして、はじめの外食ランチの悩みに戻るループが少なからずあります。

キャベツの選択肢は外食ランチを解決してくれる


ここで、上記の悩みに対して、外食と糖質制限の2つのニーズを満たしてくれるのが、ライスをキャベツにする選択肢です。

この選択肢の見せ方というかパッケージの上手さがとても勉強になりました。

キャベツもこの量で言えば、とんかつ屋さんでごはん抜きとお願いすれば、おそらく同じ量感で楽しめますが、とんかつ屋さんでごはん抜き、またはごはんをキャベツにという提案のパッケージはまだあまり見たことがありません。目新しさがあった筋肉食堂の提案に納得感を感じることができたのだと思います。

このライスをキャベツに変更できる選択肢は牛丼チェーン店もあったら頼むと思いますし、今後増えていきそうな選択肢かなと思います。
※既にサラダと牛皿などで、ニーズを、満たす組み合わせはありますが、少し牛皿が量と金額の兼ね合いが個人的には高く感じています。


手軽にストイックを楽しめ、健康意識を高めてくれるお店。


・ウェウルカムドリンクのプロテイン
・お肉をたらふく美味しく食べられかつカロリーも抑えられる
・ライスでなく、キャベツという選択肢


と3つの魅力をあげていきましたが、ここでもう1つ、これが実は最高の魅力かもしれない点を挙げます。

それは、健康意識の高い人が集まる空気感が与えてくれる刺激です

これは、来店しないと分かりませんが、店員さんもスポーティな方々なのはもちろん、右隣にはマッチョな男性、左隣には健康的で若々しいマダムな女性と、ヘルシーな食事を求めてきたであろう方々に囲まれて自分も食べることになります。


これは肉肉しいお店として先の牛丼チェーン店と比べても、筋肉食堂は少し客層が違い、気のせいか食器が必要以上にぶつかる音や食べる口元の音が必要以上に聞こえてきません。

筋肉食堂にいるみなさんは食べることに意識的でありかつ集中してます。その意識には周りに不快感を覚えさせないよう配慮も含まれているような気さえする空気感です。

これは例えていうと、ジムの空気感です。お互いのトレーニングに配慮しながらも自身と向き合う集中と尊敬が生み出す空気感と同じでした。筋肉食堂はそれこそ食事というトレーニングのジムです。


そして、ここにいると、ジムと同じように、食事やトレーニングをもっと頑張ってみようと刺激を与えてくれます。

この効用を理由に、モチーベション管理として通ってる人もいるはずだと、先にお会計をしていた何人かのお客さんと店員さんとの挨拶や会話なんかからも伺えます。

食事だけでなく、刺激を心地よく貰いに来店する方がいる。筋肉食堂はコンセプトが終始一貫した場所でした。

水道橋ランチを他にもご紹介しています。ご覧ください。

【水道橋ランチ】ラーメン勝本 「整然さ」が味わいを深めてくれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。