【水道橋ランチ】ラーメン勝本 「整然さ」が味わいを深めてくれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は水道橋ランチで見つけた美味しいラーメン屋勝本さんの紹介と、味だけでは説明できないお店の魅力、そしてそこから学べることについて書きました。

厨房や店内が整然とされた店は食べていても気持ちがいい

ラーメン屋といえば床が油っぽかったり、年季の入った壁紙だったり綺麗とは言えない空間をイメージされる方も多いかと思います。


出典:食べログ

ここ勝本さんは店内に入ると左に厨房、右にカウンタースペースがあります。そのカウンターも左右2つのカウンターがあり、間には広めにとられた通路スペースが全体の雰囲気がこの広さで調和されています。カウンターテーブルも奥行きがあり、1人が占めるスペースが比較的広いです。


出典:食べログ

 

厨房はカウンターからは高さが一段と高くなっており、全体は見えませんが、職人の方々がゆったりとラーメンを作っているような広々とした空間に見えます。

その空間には職人の他に、道具と食材があり、そのどれもがそこにある理由が明確に分かるような配置がなされていて整然さがカウンター越しからも伝わるようです。

出典:食べログ

そんな厨房から作られたラーメンもそれはそれは明確な整然さをもったラーメンでした。

 

食材一つ一つに明確な理由、つまりこだわりが感じられ、このしなちく、このネギはどこのものだろうか?と食に疎い私でも食通ぶりたくなるような食材の良さがあります。

つまり、整然さが終始一貫してる空間から作られたものはもちろん整然としていて、かつ、食材ひとつひとつ明確な存在価値の理由があるので、情報量が多く知的な味わいがあります。

という具合に、ない知性を振り絞り出来るだけ知的に書いてみましたように、食べる人を知的にさせる食後感があります。

行き届いた整然さは味も間違いない

整然としているから、美味しいのか。

整然さはこだわりという人の内面的な動機から形づくられています。

それは整えれば美味しくなるのでなく、美味しくなることや美味しく味わってもらうことを考えた結果整えられたといっていいでしょう。

よって、ここで出る一つの仮説は、整然とされたお店はこだわりがある職人がいる。つまり、味も期待できる。

ということです。

舌だけでなく、目でも味わえる

整然さには味への期待だけでなく、もう一つの味わいがあります。

それは目で味わえるという食体験です。

空間が作る空気というのは確実にあります。そこから得られる感覚が味覚や体感に与えてくれるものも確実にあります。

勝本という空間の整然さから得られる感覚もまた整然さです。つまり、心持ちが整えられる感覚がここにはあります。
そんな心持ちで食べるものはいつもより味覚も少しばかりは冴えているのかと思います。

 

水道橋ランチを他にもご紹介しています。ご覧ください。

【水道橋ランチ】筋肉食堂は食のジム。健康意識が上がる場所。

味覚と視覚の関係性にまつわる書籍紹介

◆味覚の科学 「おいしい」と感じるのはなぜ?
「おいしい」という感覚は、舌で感じた味覚だけで生まれるものではない。喉の奥からたちのぼる香りや食感など、あらゆる感覚が融合してつくり出される。

数万種類の匂いをかぎわける嗅覚と,口に含んだものが栄養か毒かを即座に判定する味覚。この本では,嗅覚と味覚がどのようなしくみで実現しているのかをみてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。