【言葉・名言】きのうの言葉は明日のヒント

ヘレン・ケラーの厳選44の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

ヘレン・ケラーは、社会福祉活動家。 視覚と聴覚の重複障害者でありながらも世界各地の障害者への教育や福祉の発展に尽力した。ヘレン・ケラーは福祉活動だけでなく、婦人参政権やコンドームの使用を主張するなど当時では先進的な思想で政治的発信もしていました。また、人種差別反対論者であり、若年労働、死刑制度、戦争反対など社会的にも強い影響を与えていました。目が見えないことを障害でなく神に感謝していたとも語られる言葉には、彼女だからこそ見ることができたより良い世界があったのかもしれません。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的なヘレン・ケラーの言葉から厳選した名言集を紹介します。

ヘレン・ケラーはどんなひと?

ヘレン・アダムス・ケラーは、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。 視覚と聴覚の重複障害者でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。

Wikipedia

ヘレン・ケラーの人生の名言 目に見えないものを大切にしたくなる言葉

ヘレン・ケラーは幼少期の病で聴力と視力を失いました。話すこともできず、しつけを受けるすら出来ない状態から、わがままな気性に育ってしまったそうです。しかし、家庭教師のサリヴァンとの出会いが彼女を変えていきます。サリヴァンも小さい頃に弱視だった経験を活かし、ヘレン・ケラーに「しつけ」から「指文字」や「言葉」を教えていきました。ヘレンは「話すこと」ができるようになったそうです。「人々の思いやりがあれば、小さな善意を大きな貢献にかえることができます。」「いく先々で出会うみなさんの思いやりのおかげで、ものごとがいつもうまく進んでいきます。」彼女の言葉には、周囲の善意への感謝にあふれています。サリヴァンとの出会いによって、目は見えずとも人々の心の美しさに触れた彼女には、目には見えない大切なものが見えていたのかもしれません。見えないものを見ることについて考えさせられる名言を紹介します。

顔をいつも太陽のほうにむけていて。影なんて見ていることはないわ。

世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。

もしもこの世が喜びばかりなら、人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう。

安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。

盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです。

幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。

人々の思いやりがあれば、小さな善意を大きな貢献にかえることができます。

孤独な魂に出会うと、自由と知性のあふれる世界にかならず導いてあげる、それが愛。

いく先々で出会うみなさんの思いやりのおかげで、ものごとがいつもうまく進んでいきます。

目に見えるものは移ろいやすいけれど、目に見えないものは永遠に変わりません。

心ある人々が悪魔との戦いに長い時間を費やしています。これは素晴らしいことですが、その人たちが同じエネルギーを人々のために使えば、悪魔は退屈してすぐに退散してしまう。

私たちにとって敵とは、「ためらい」です。自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。

あきらめずにいれば、あなたが望む、どんなことだってできるものです。

人の苦しみをやわらげてあげられる限り、生きている意味はある。

闇と沈黙の中でさえ、すべてのものは、驚嘆すべきものを持っています。私はどんな状況にあっても、その中に充足があることを学んでいます。

世界で最も哀れな人とは、目は見えてもビジョンのない人だ。

喜びとは、目的をあたため続け、知性を輝かせ続ける神聖な炎である。

私は正義のために戦っている人すべてに共感を覚える。

科学は、たいていの害悪に対する解決策を見出したかもしれないが、その何にもまして最悪のものに対する救済策を見出してはいない。すなわち人間の無関心さに対する策を。

人生は胸おどるものです。そしてもっともワクワクするのは、人のために生きるときです。

ヘレン・ケラーの人生の名言 -いかに生きるかという方法を教えてくれる言葉

ヘレン・ケラーは、触れた手でその人物や心象を理解するそうです。握手の握り方や力具合などで、その人物の性格や気分、自分に対する感情までも言い当てたと言われています。視覚以外の感覚でもコミュニケーションができることを彼女は教えてくれます。「世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません。それは、心で感じなければならないのです。」彼女の言葉の多くは、凝り固まった思い込みから、少し離れて考えてみると、人生が思いもよらぬ良い方向へ開かれることを伝えてくれます。ヘレン・ケラーの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分の既成概念に気づき、視点を変えてみようと思える言葉・名言を紹介します。

世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません。それは、心で感じなければならないのです。

うつむいてはいけない。いつも頭を高くあげていなさい。世の中を真っ正面から見つめなさい。

自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。

結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。

人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。

幸せとは、視野の広い深遠な知識をもつことです。その知識とは、嘘と真実、低俗なものと高尚なものを見分ける力です。

第六感は誰にもあります。それは心の感覚で、見る、聴く、感じることがいっぺんにできるのです。

もし幸福な生活を送りたいと思う人々がほんの一瞬でも胸に手を当てて考えれば、心の底からしみじみと感じられる喜びは、足下に生える雑草や朝日にきらめく花の露と同様、無数にあることがわかるでしょう。

ひとつの幸せのドアが閉じる時、もうひとつのドアが開く。しかし、よく私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気付かない。

ヘレン・ケラーの仕事の名言 -「今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考える」仕事について考えさせられる言葉

ヘレン・ケラーは、自身の存在が社会に異常なまでの賛辞をもって迎えられことに違和感を覚えました。そんな障害者への無理解と歪曲された障害者像に苦しむも、周囲の認識に少しでも変化を与える存在、役割こそが自分の使命だと、世界中を訪問して「あなたたちのそばにいる障害者にこそ目を向けてほしい」と発信し続けました。「悲観論者が、星についての新発見をしたり、海図にない陸地を目指して航海したり、精神世界に新しい扉を開いたことは、いまだかつてない。」「ベストを尽くしてみると、あなたの人生にも他人の人生にも思いがけない奇跡が起こるかもしれません。」常に今日のベストを尽くし、明日を見つめ続けたヘレン・ケラーの生き方。彼女の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

はじめはとても難しいことも、続けていけば簡単になります。

大きな目標があるのに、小さなことにこだわるのは愚かです。

みんながみんなのために働く、それがほんとうの愛国心。

本当の教育は知性と美しさと善良さを組み合わせたものです。そしてこのうち一番大切なものは善良さです。

物事を成し遂げさせるのは希望と自信です。

悲観論者が、星についての新発見をしたり、海図にない陸地を目指して航海したり、精神世界に新しい扉を開いたことは、いまだかつてない。

私は素晴らしく尊い仕事をしたいと心から思っている。でも私がやらなければならないのは、ちっぽけな仕事をも素晴らしくて尊い仕事と同じように立派にやり遂げることなのだ。

あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、あきらめずにがんばれば、うまく行くのです。そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう。

私は、自分の障害を神に感謝しています。私が自分を見出し、生涯の仕事、そして神を見つけることができたのも、この障害を通してだったからです。

自分の欠点を直視し認めることです。ただし欠点に振り回されてはいけません。忍耐力、優しさ、人を見抜く目を欠点から学びましょう。

元気を出しなさい。今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。

ベストを尽くしてみると、あなたの人生にも他人の人生にも思いがけない奇跡が起こるかもしれません。

何か素晴らしいことを達成するための努力というものは、決して無駄にならないことを覚えていなさい。

個性は安らぎや静けさの中で生まれるものではありません。試練や苦しみを経験することでのみ、魂が鍛えられ、洞察力が研ぎ澄まされ、野心が鼓舞され、成功が手に入るのです。

光の中を一人で歩むよりも、闇の中を友人と共に歩むほうが良い。

ヘレン・ケラーの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝

わずか一歳で光と音を失い、七歳までことばの存在を知らなかったヘレン・ケラー。三重苦の彼女は、サリバン先生の愛に導かれ「ことばの世界」に目ざめる。そして負けず嫌いで前向きな性格と驚異的な努力により、十九歳で名門ラドクリフ・カレッジ(ハーバード大学の女子部)に合格―知的好奇心に満ちた日々を綴った若き日の自伝。大人のための新訳。

Amazon

奇跡のひと マリーとマルグリット

19世紀末のフランス・ポアティエ。聴覚障がいをもつ少女たちのための学院を併設する修道院に、生まれつき目も耳も不自由な少女マリーがやってくる。しつけも教育も受けずに育ってきたマリーは誰にも心を開かない。不治の病を抱え、近づく死の気配を感じながら日々を過ごす修道女マルグリットは、自らマリーの教育係を申し出る。限られた時間のなかで彼女に「世界」を与えようと、むきだしの魂がぶつかりあう「戦い」と呼ぶべき教育が始まった。閉ざされた世界で何も知らずに生きるマリーに根気強く向き合ううちに奇跡は起きた。マリーが言葉を理解したのだ。やがてマリーは、深い愛情とともに学ぶことの喜びを与えてくれたマルグリットと強い絆で結ばれてゆくが、マルグリットの“命の期限”はすでに目前に迫っていた―。

Amazon

私の宗教: ヘレン・ケラー、スウェーデンボルグを語る

“原書は世界20カ国で版を重ねているロングセラーの自伝『My Religion』。盲聾唖であるヘレン・ケラーのその豊かな内なる世界を形成する過程で彼女を支え導いたのは、恩師サリヴァン先生とともに、科学者スウェーデンボルグの思想であった。 生きることの真実性や実感、愛と美の本質、そして存在の根源などを、宗教観を通して掴んでいくヘレン・ケラー。本書はその情熱的で深い思索のもとにつづられている。”

Amazon

ヘレン・ケラーの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、45名、1921の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入時のメールアドレスにURLを送付いたします。
・解約は当店宛にご連絡ください。申請翌月から解約となります。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人 アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルト・ディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
武田信玄
野村克也
矢沢永吉

     

ご購入はこちら

     

パブロ・ピカソの厳選41の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

パブロ・ピカソは、画家。画家といえばピカソを思い浮かぶひとも多いほどのピカソは画家として多くの印象的な作品を作り続けました。その数は、1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器が挙げられております。ピカソは最も多作な美術家として『ギネスブック』にも記されています。余談ですが、ピカソの出生証明書の名前は、「パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・チプリアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・ピカソ」と長いです。生涯、作品を作り続け、常に新しい芸術の形を生み出し続けたピカソ。奔放な生き方、鳩を愛す人柄、ピカソ自身がひとつの作品のようにも思えるエピソードに触れつつ、人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的なパブロ・ピカソの言葉から厳選した名言集を紹介します。

パブロ・ピカソはどんなひと?

パブロ・ピカソは、スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家。 ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている。

Wikipedia

パブロ・ピカソの人生の名言 明日が楽しみになる言葉

パブロ・ピカソは幼少期より絵を描く才能に恵まれ、絵画の先生であった父も彼の才能に気づき、絵の道具を息子に譲り自らが描くことをやめたとも言われています。父の指導も受けながら、才能を開花させていくピカソ。青年期には、友人の死をきっかけに、「青の時代」と言われる、青が主調の作品群を描きはじめました。青年期特有の感傷的な心象を青で表現し、「青の時代」は青年期を称する一般名詞にもなったほどです。その後、恋愛を通じ、明るい作品を描きはじめたりと、私生活で彼が見た世界のままに作品は描かれていきます。「人生で最もすばらしい癒し、それが愛なのだ。」「すべてのものは、かぎられた量しかない。とくに幸福は。」「明日描く絵が一番すばらしい」彼の言葉には、限られた時間のなかに最大限の幸福を見出そうとする視線が含まれています。つねに明日を描き続けたパブロ・ピカソ。自身の明日について考えさせられる名言を紹介します。

人生で最もすばらしい癒し、それが愛なのだ。

人はあらゆる物や人に意味を見出そうとする。これは我々の時代にはびこる病気だ。

子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。

女の顔はキャンバスだ。毎日女は少しだけ若い自画像をそこに描いている。

すべては奇跡だ。例えば、お風呂に入ったとき、あなたがお湯に溶けてしまわないことだって。

芸術は悲しみと苦しみから生まれる。わたしは立ち止まりはしない。

昔、母は私にこう言った。お前が軍人になれば、将軍となるでしょう。修道士になれば、法王となるでしょう。そして私は画家となり、ピカソとなった。

芸術作品は、部屋を飾るためにあるのではない。敵との闘争における武器なのだ。

想像できることは、すべて現実なのだ。

今は、もう感動はない。だから、感想が湧くのである。感動には、叫びはあるだろうが、言葉はない。

すべてのものは、かぎられた量しかない。とくに幸福は。

パブロ・ピカソの人生の名言 -いかに生きるかという方法を教えてくれる言葉

パブロ・ピカソは、恋多き人であり、仕事以外でひとりでいることを嫌うひとでもあったそうです。しかし、彼が生涯愛したパートナーとして挙げられる存在が、「鳩」だったそうです。子供の頃から鳩が大好きだったピカソ。アトリエには妻さえ入れなかったそうですが、鳩は特別に入れていたそうです。「誰もが芸術を理解しようとする。ならば、なぜ鳥の声を理解しようとはしないのか。人が、夜や花を、そして自分を取り巻く全てのものを、理解しようとしないで愛せるのはなぜだろうか。なぜか芸術に限って、人は理解したがるのだ。」彼の言葉にあるように、パブロ・ピカソは人間が自然を理解せずとも愛せることについて語る言葉には、自身の鳩への愛情の確かさにおいては、理解を超えるものがこの世にあることを教えてくれます。パブロ・ピカソの生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。愛について考えてみたくなる言葉・名言を紹介します。

誰もが芸術を理解しようとする。ならば、なぜ鳥の声を理解しようとはしないのか。人が、夜や花を、そして自分を取り巻く全てのものを、理解しようとしないで愛せるのはなぜだろうか。なぜか芸術に限って、人は理解したがるのだ。

大切なことは、熱狂的状況をつくり出すことだ。

コンピューターなんて役に立たない。だって、答を出すだけなんだから。

冒険こそが、わたしの存在理由である。

芸術は日々の生活のほこりを、魂から洗い流してくれる。

明日に延ばしてもいいのは、やり残して死んでもかまわないことだけだ。

私の創造の源泉は、私が愛する人々である。

他人を模写するのは必要なことである。しかし、自分を模写するのは哀れなものだ。

自分には過去も未来もない。ただ現在に生きようが為に絵を描くのである。

絵を描くのは美的活動ではない。この敵意に満ちた奇妙な世界と我々の間を取り次ぐ、一種の魔術なのだ。

太陽を黄色い点に変えてしまう絵描きもいれば、黄色い点を太陽へと変えられる絵描きもいる。

アクシデントが起きると、人はそれを変えようとするが、人には変えることが出来ない。アクシデントが人の内面を明らかにするだけだ。

私は大金を持った貧乏人のように暮らしたい。

若くなるには、時間がかかる。

パブロ・ピカソの仕事の名言 -「 捜し求めない。見出すのだ。」仕事について考えさせられる言葉

パブロ・ピカソは多くの作品を作り続け、時代時代でまったく違う作風を見せてきました。「いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ。」 「私はいつも自分のできないことをしている。そうすればそのやり方を学べるからだ。」彼のこれらの言葉どおり、絶えず作品を描くことがパブロ・ピカソの人生そのものでした。晩年の作品には、悪評も多く、「狂った老人の支離滅裂な落書き」とも評されながらも、ピカソは、「ようやく子どものような絵が描けるようになった。ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ。」と語っていたそうです。常に明日の絵を描き続けた人生の最後に、辿り着くことができた「子供のような絵」。大人になることで、得ることのそばで何かが失われていく、その何かの取り戻し方をピカソの生き方が教えてくれているような気がしてきます。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。やりたいことをし続ける、自身の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

私は捜し求めない。見出すのだ。

優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む。

何か新しいものを作るとき、それを作るのは実に複雑だから、作品はどうしても醜くなってしまうのだ。

私は対象を見えるようにではなく、私が思うように描くのだ。

いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ。

ひらめきは、自分で呼び込めるものではない。わたしにできるのは、ひらめきを形にすることだけだ。

仕事は人間に必要だ。だから人は目覚まし時計を発明した。

芸術とはわれわれに真理を悟らせてくれる嘘である。

芸術家を何とお思いか。画家なら目、音楽家なら耳、詩人であれば心に抒情、ボクサーなら筋肉のほかに何も持たない愚か者とでもお思いか。それはとんでもない勘違い。芸術家はそれだけでなく、政治的な存在でもあり、世の中の悲しみ、情熱、あるいは歓びにもつねに関心を抱き、ただその印象に沿って自らを形作っている。

絵の玄人なんていうものは、絵描きに対してロクなアドバイスをしない。

ようやく子どものような絵が描けるようになった。ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ。

できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。

私はいつも自分のできないことをしている。そうすればそのやり方を学べるからだ。

画家は、労働者が働くように勉強しなければならない。

回教徒が寺院に入るとき靴を脱ぐように、私は仕事中、ドアの外に肉体を置いてくる。

芸術家の資格は、智慧と注意と誠実と意志のみである。

パブロ・ピカソの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

ピカソとの日々

“巨匠ピカソの素顔を明かす、唯一無二の回想録。1943年、戦時下のパリ。40歳年上の巨匠との出会い、間近で見た創作の秘密、芸術観、交友関係、そして恋愛…ともに生きた10年間を克明に記録しながら、ひとりの女性としての自らの成長を綴った比類なきメモワール、待望の新訳! ”

Amazon

ピカソの私生活: 創作の秘密

“親しき者だけが知るピカソの素顔。女性、家族、政治、金、死をテーマに、R・キャパやマン・レイによる貴重なオールカラー写真と作品でたどる巨匠の生涯。 ”

Amazon

もっと知りたいピカソ 生涯と作品

20世紀美術を代表する天才ピカソの生涯を7つの時代に分けて、代表的な作品をとりあげ多角的に迫る。絵画のみならず、彫刻・版画・陶器・舞台装置や衣装、詩作まで手がけたが、ピカソの芸術は高潔・崇高なものからは生まれなかった。「ゲルニカ」「アヴィニョンの娘たち」などの傑作も卑近なモティーフから出発し、現実を直視するところから始まる。

Amazon

青春ピカソ

二十世紀の巨匠・ピカソに、日本を代表する天才・岡本太郎が挑む!フランス留学時におけるピカソ絵画との衝撃的な出会いを冒頭に、スペイン時代から青の時代、キュービスム、そして「ゲルニカ」に到る、作品的変遷を辿りながら、その芸術の本質に迫る。さらに南仏ヴァロリスのアトリエを訪ね、ピカソ本人と創作について語り合う。熱い愛を込めてピカソを超える、戦う芸術論。

Amazon

パブロ・ピカソの人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、45名、1921の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入時のメールアドレスにURLを送付いたします。
・解約は当店宛にご連絡ください。申請翌月から解約となります。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人 アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルト・ディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
武田信玄
野村克也
矢沢永吉

     

ご購入はこちら