【言葉・名言】きのうの言葉は明日のヒント

高田純次の厳選17の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

高田純次は、日本のコメディアン、タレントです。高田純次=適当のイメージが浸透し、その小ボケな発言がお茶の間を楽しませてくれる存在です。タモリは高田純次について「ああいう人がちゃんと成立する分野がないと、やっぱり社会はおもしろくない」と評しました。 高田純次 は適当という言葉について、「“適当”― 辞書で調べると適材適所という意味なんだよ」と語りました。適当な?言動で賑わす高田純次ですが、その奥にある真面目に向き合った言葉には普段とのギャップにあり、より哲学的に聞こえます。数少ない?高田純次の人生や仕事に対しての哲学的な言葉から厳選した名言集を紹介します。

高田純次はどんなひと?

高田 純次(たかだ じゅんじ、1947年1月21日 – )は、日本のコメディアン、俳優。 芸能事務所・テイクワン・オフィス所属で、代表取締役も務める。

Wikipedia

高田純次の人生の名言 -人生そこそこ、肩肘張らない大切さを教えてくれる言葉

高田純次は、デザインを学ぶかたわら、俳優を志します。しかし、劇団の収入では生活できないこともあり、26歳の時に宝石営業とデザイナーの掛け持ちとなりました。 妻子を養うために「警察に捕まるようなこと以外の職は、一通りやった」とも本人は語っているとおり、現在のタレントとしての姿の以前には、妻子を養いながら下積み、不遇な時代がありました。ただ高田純次には持ち前の気楽さのようなものがありました。「人並みの努力をしたかといえば、そんなこと全くない。ただ一つ、他人よりも少しだけ「楽しく生きよう」と思っていたかもしれません。」高田純次の、楽しく生きようとする意識は、誰しも持っておくとよい考え方のひとつでもあります。高田純次の言葉は人生に対して、肩肘貼らず楽しむ大切さを教えてくれます。自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

苦しい時は苦しいんだから、ふざけてる余裕なんかないっていうのももっともだけど、泣いても笑っても借金が減るわけじゃないんだから、ふざけてみる。笑ってみる。冗談をいう余裕もなくなると人は死んじゃうって考えるのは、単純すぎかな?少なくとも「今日電車に飛び込むのはや〜めた。明日にしよう」くらいの効用はある気がするけど。で、明日になったら、宝くじ3億円が当たったりして。あるかもよ。

僕だって、なぜ自分がちょいと成功しちゃったのかなんてわからない。人並みの努力をしたかといえば、そんなこと全くない。ただ一つ、他人よりも少しだけ「楽しく生きよう」と思っていたかもしれません。

「人生いろいろ」って言うけれど、僕の場合は「人生そこそこ」を目指してるつもり。そこそこ仕事があって、そこそこお金があって、そこそこの車に乗って、あとはそこそこのムヒヒがあって。そんなところでいい。人間の欲は限りないというけれど、お金持ちになりたいと思ってそうなったとしても、それに完全に満足できる人はなかなかいない。そうなったらそうなったで、ピーピー言ってる貧乏人の暮らしが妙に羨ましく見えてきたり。隣の芝生っていうか、ないものねだりをするのが人間ってものだから。

思うようにいかないのが人生というもの。「願いが叶う」とか「夢が叶う」っていう類の本がいっぱい出ているけれど、あれはいかにみんなの夢や願いが叶わないかっていう証明みたいなもの

よく“テキトー”なんて言われますが、僕自身はそう思ってやってきたことはないんですよ。言葉が独り歩きすると、何がテキトーなのか分からない

“適当”― 辞書で調べると適材適所という意味なんだよ

高田純次の人生の名言 -思い切って決めてしまうことの大切さを教えてくれる言葉

高田純次は、20代のキャリアはタレントでなく、営業やデザイナーなど一般的な仕事をしつつ、劇団員・俳優など芸能活動をされていました。妻子がいるなか、家計も維持しつつ、先行きわからない芸能の世界に飛び込むことは迷いもあったことでしょう。「やってよかったことをひとつ挙げれば、やっぱり30代で自分の道を選んだことかな。人生でやりたいことは早く決めたほうがいい、というけれど、俺はなかなか決められなかった。」と語るように、30代でエイヤッと芸能に両足で飛び込みました。他の発言や一般社会経験もあるように、彼はバランス感覚に長けた人物でもあったのかと思います。だからこそ、決断できずにいる状況に迷われた経験もあったのかもしれません。すぐに決められないことであっても、最後の最後は覚悟を持って決断することの大切さを教えてくます。 高田純次の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分を信じ生きようと思える言葉・名言を紹介します。

やってよかったことをひとつ挙げれば、やっぱり30代で自分の道を選んだことかな。人生でやりたいことは早く決めたほうがいい、というけれど、俺はなかなか決められなかった。30代になっても、ずいぶん迷ったよ。でも迷った末に、エイやっ!と思いきったのがよかったのかもしれないね。ただそのときは、自分なりにアウトローとして生きる覚悟はしていたと思うよ

毎年目標を聞かれると、『ただ生きる』と答えています。これが僕の哲学、目標ですよね

「説教」、「自慢話」、「思い出話」、この3つを抑えていかないと自分は伸びない。

苦手な人は受け流しちゃうな。だから、ストレスはゼロ

何もかも上手くいかないと気が済まない完璧主義者は、それがいいことだと思っているフシがあるけれど、それで周りが迷惑することもあるんじゃないかな。

高田純次の仕事の名言 -「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」仕事について考えさせられる言葉

高田純次のテレビデビューは32歳の時でした。ビートたけしの冠番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』には、番組が終了するまでの11年間レギュラー出演し、破天荒なレポーター役で高田の人気と知名度は大ブレイクしました。「この仕事をもらった時は、他に仕事もなく生活もきつかったので思い切りやった。ロケはほとんどがぶっつけ本番だったよ」と高田純次は語ってます。「まあ何でもやればいいし、やってることを天職だって思い込むことも重要だと思うよ。その仕事がだめだったら、また次の仕事を天職だと思い込めばいいんだから。何でも思い込みだって。」「仕事が楽しくないときは、楽しくするしかないんじゃないかな。どうするかは分からないけど。」彼の言葉にあるように、仕事自体がどうとかよりも自分がどう考えるかでできることは沢山ある、と高田純次は教えてくれます。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

「なんで俺はダメな人間なんだ」そんなふうに思いはじめたらキリがない。それよりもはじめから、「イチローだって7割近くは失敗する。3割成功すれば一流なんだから」と思った方が気が楽になる。

やる気が出るのはちょっと不安なときだし、逆に大金持ちになると気が緩んじゃう。そう考えると、今やる気がない状態だっていうのは歓迎すべきことかもしれないよ?次のジャンプが相当高くなるはずだもんね

まあ何でもやればいいし、やってることを天職だって思い込むことも重要だと思うよ。その仕事がだめだったら、また次の仕事を天職だと思い込めばいいんだから。何でも思い込みだって。オレは世界一男前に生まれちゃって幸せだし、うちの女房は世界一きれい、俺の脚は日本一長いし、足の裏はバラの匂いがする。とにかく思い込む

やっぱり人間は難しいことに挑戦したほうがいいよ。オレはいやだけど

1番、2番を目指すんじゃなくて、4番、5番を目指す

仕事が楽しくないときは、楽しくするしかないんじゃないかな。どうするかは分からないけど。俺自身はほとんど楽しくなかったことがないから。きつかったことはあっても、まあそのうち終わるしね

高田純次の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

適当日記

発言の「適当さ」「無責任さ」が魅力となり、一般視聴者はもちろん、各界の著名人にもファンの多い高田純次。本書は、還暦を迎えた2007年1月21日から“無理やり書かされ始めた”彼の日々の生活がすべてわかる日記。

Amazon

自伝 高田純次 適当男が真面目に語った〝とんでも人生〟

波乱万丈なその反省をユーモラスにそれでいて結構真面目に振り返っている自伝。

Amazon

高田純次のテキトー格言

“適当男”の第一人者、高田純次が贈る“名迷言集”。テキトーながらも思わず納得の珠玉の格言。不景気、法改正、戦争の危機などなど……、訳のわからない不安に呑まれ、なんとなく閉塞感を感じるこの世の中。でも、悩んでばかりじゃ仕方ない! そんな息苦しい現代を生きるヒントを見つけられる“テキトー格言”の数々。笑いと感動の50編!

Amazon

適当教典

日本中の老若男女のあらゆる悩み89連発に日本一のテキトー男が快刀乱麻の大回答!秘蔵写真をあしらったポエム、エッセイ、高田純次流・直筆人生訓もちりばめられ「笑っていつの間にか救われる究極の癒し本」とファンに噂された(らしい)幻の名著!本人によるあとがき「コンサートよりもインサート」を収録。

Amazon

高田純次の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、45名、1921の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入時のメールアドレスにURLを送付いたします。
・解約は当店宛にご連絡ください。申請翌月から解約となります。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人 アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルト・ディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
武田信玄
野村克也
矢沢永吉

     

ご購入はこちら

     

落合博満の厳選36の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

落合博満は、元プロ野球選手。日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王も達成した日本を代表する野球選手です。多くのプロ野球選手とは違ったキャリアや独特の野球観は哲学すら感じさせます。「最も厄介なのは、言葉は悪いが、感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。そんな勢いは決して長続きしないことを覚えていてほしい」その言動からは一見理解しずらい理論にも聴こえる落合博満の言葉は実は考えつくされた結晶であり、努力の裏打ちから語られた言葉。その言葉は、考え努力する王道の頑張り方に気付かされます。人生や仕事に対しての哲学的な言葉が魅力的な落合博満の言葉から厳選した名言集を紹介します。

落合博満はどんなひと?

落合 博満は、秋田県南秋田郡若美町出身の元プロ野球選手・監督、野球解説者。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ・中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツ・日本ハムファイターズの計4球団に在籍。ロッテ時代には史上4人目の三冠王を達成したほか、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王も達成している。

Wikipedia

落合博満の人生の名言 -目標は高くすることの大切さを教えてくれる言葉

落合博満は、野球選手として身体が大きい訳ではないですが、3度の3冠王に輝くほどの実績をあげました。誰よりも野球について自分の能力について考え、練習してきたからこその実績でもあります。「志の低い人間は、それよりさらに低い実績しか挙げられない」「今日の試合が終わった時点で、明日の試合は始まる。」落合博満の、目標を常に高く設定し、達成するためにすべての時間をつかうことについて学ぶことが多くあります。落合博満の言葉は目標設定の大切さを教えてくれます。自分の人生について考えさせられる名言を紹介します。

何でもできる人はいない

悪いとわかっていても、人間がどうしても捨てられないものに先入観がある

「獲りたい」などと言っていてはだめ。「獲る」と決めれば取れる

俺、負けたからっていちいちしょげていないからな

志の低い人間は、それよりさらに低い実績しか挙げられない

打率だけ狙うなら4割を打つのは簡単だ。でも3つ全部取らなきゃ意味がないから

壁にぶち当たった時に、自分のやってきたことを否定してしまうとすべてがスタートに戻ってしまう

人間がやること。何でスーパーマンみたいなことを期待するかなあ

代打で始まった俺の野球人生。最後も代打で終わりたい

今日の試合が終わった時点で、明日の試合は始まる。

自分の調子がいいときにあきがない、あきができたときに下降気味では何ともならない。いつお呼びがかかってもいいように、2軍の選手は1軍選手以上に体調管理が必要になる。

落合博満の人生の名言 -根拠を持って自分を信じることの大切さを教えてくれる言葉

落合博満は、キャリアは多くの野球選手とは少し違ったものがあります。体育会系の風習が嫌いで高校時代は退部と復帰を通算7回繰り返していたそうです。大学時代も体育系に嫌気が差し中退。社会人野球から25歳でのプロ入りと遅いキャリの始まりながら2000本安打を達成するなど抜きん出た実力で功績を挙げました。周囲の環境に振り回されず自分の意思を貫く姿勢が落合博満にはあります。「最も厄介なのは、言葉は悪いが、感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。そんな勢いは決して長続きしないことを覚えていてほしい」「信じて投げて打たれるのはいい。信じて投げて打たれたのなら、それは結果。一番いけないのは、やる前から打たれたらどうしようと考えること」根拠を持って自分を信じる、落合博満の生き方や言葉は多くのヒントが含まれています。自分を信じ生きようと思える言葉・名言を紹介します。

自分は頭を下げないと生活できないと思っているから、媚も売るし、喧嘩もできないんだ。人間、自分に自信があれば喧嘩もするのよ

信じて投げて打たれるのはいい。信じて投げて打たれたのなら、それは結果。一番いけないのは、やる前から打たれたらどうしようと考えること

良い時も、悪い時も同じ態度で接してくれた人だけ信じられんだ、そういう人と一生つきあっていきたい

最も厄介なのは、言葉は悪いが、感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。そんな勢いは決して長続きしないことを覚えていてほしい

精神的なスランプからは、なかなか抜け出すことができない。根本的な原因は、食事や睡眠のような基本的なことにあるのに、それ以外のところから原因を探してしまうんだ

どんなにいいヒントを貰っても、それを実行しなければ成果は上がってこない

落合博満の仕事の名言 -「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」仕事について考えさせられる言葉

落合博満は、プロ野球選手時代においても自身を貫く姿勢は変わりません。初めての1億円プレーヤーとなったことでも知られますが、球団との交渉に引かず適正に自分の商品価値を提案しました。その結果、プロ野球選手の給与水準があがったとされています。ひとりのこだわりでなく、野球界をすら変えてしまう主張ができた落合博満は野球選手としてでなくビジネスマンとしての貢献も私達に考えさせてくれる人物です。「皆さんも仕事をしてお金をもらっているならば、その道のプロ。その仕事を全うしなきゃ。」「40本塁打してくれる大砲が貴重な戦力なら、送りバントを100パーセント決めてくれる選手も大切な戦力だ」彼の言葉にあるように、プロフェッショナルとして誠実に仕事を全うする姿と適正な報酬をいただく健全さを落合博満は教えてくれます。彼の言葉には、仕事についてヒントになる言葉も多くあります。今日と明日の自分の仕事について考えたくなる言葉をご紹介します。

いいんじゃない、うんと苦しめば。そんな簡単な世界じゃないよ

「まあ、しょうがない」と思うだけでは、しょうがないだけの選手で終わってしまう

素振りを1本でも多くやったヤツが、勝つ世界

40本塁打してくれる大砲が貴重な戦力なら、送りバントを100パーセント決めてくれる選手も大切な戦力だ

どうやってこのチームを、強くするしか考えていない。預かった以上は、俺のやり方でやる。周囲の声は、俺には関係ない

基本に忠実に、普通のことを普通にさせた。見る方はつまらないかもしれないが、それが上達の一番の近道

欠点を直すこと、それはよい部分が失われることでもある

最終的にこうなってくれればいいという形を示し、その人にあったやりやすい方法を探す。方法論は何も一つだけではない

うまくなるヒントは、なんぼでもその辺に落ちている

自分の好き嫌いで選手を使ってはダメ。自分で自分のクビを絞めることになる。勝負は勝たなくてはいけない。勝たなきゃみんな納得しないでしょ

理由をきちんと説明して納得させることができれば、どんな選手にも正しくやらせることができる

役割がはっきりしていれば、あとは全員で目標を目指して前進するだけだ。難しいことは何もないだろう

本当にその選手を育てたいと思ったら、「負けるなら負けてもいい。この試合はおまえに任せた」と言ってやるのが大切

自分のベンチで監督と戦ってもしょうがない。選手達には「戦う相手を間違えるなよ」と言っている

一番ブーイングを受ける場所、一番嫌な役割っていうのは、監督がしなきゃいけない

皆さんも仕事をしてお金をもらっているならば、その道のプロ。その仕事を全うしなきゃ。

働き場を与えれば、人は動く

はじめにマイナス思考で最悪の結果を想定し、そうならないような計画を立ててから組織や集団を動かす。そして、全体の流れが軌道に乗ってきたと見るや、プラス思考に転じて攻めて行く

上司という立場にいるのなら、任せる部分はきちんと部下に任せておいて、あとはうまくそれらを機能させるというやり方を取るべきだ

落合博満の人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍

采配

チームを53年ぶりに日本一に導き、2004年の就任以来8年リーグ優勝4回、2011年は史上初の2年連続リーグ優勝を果たす等脅威の数字を残した、中日ドラゴンズ監督・落合博満。常にトップを走り・育て続けた名将が初めて明かす、自立型人間の育て方、常勝チームの作り方、勝つということ、プロの仕事ついてetc.

Amazon

決断=実行

教える側・教わる側ともに知っておきたい。名将が明かす、人・組織・ルールetc.本質をとらえる「考え方」とは。42万部『采配』7年ぶりにアップデート!

Amazon

落合博満 バッティングの理屈―――三冠王が考え抜いた「野球の基本」

すべての打者に共通する「理屈」がある。三冠王が考え抜いた「野球の基本」が一冊に!プロ・アマ問わず、すべての選手、指導者、野球関係者必読のバイブル!!

Amazon

コーチング―言葉と信念の魔術

選手が勝手に育つまで指導者はひたすら我慢すべき。「そんなことは常識だ」という前に納得できる理由を説明する-。選手(部下)に対する禁句集、組織の中で自分を生かす術など、一般社会でも活用できるテーマで具体的に語る。

Amazon

落合博満 アドバイス――指導者に明かす野球の本質

短期決戦の戦い方・データ活用の落とし穴・チームマネジメント・適性の見極め・実践的練習法・コミュニケーションの流儀

Amazon

落合博満の人生と仕事の名言では学び足りない方へ

【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権


Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。
・ほぼ週次で定期更新されいていきます。
・現在、45名、1921の言葉が収録されています。
・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。

・購入時のメールアドレスにURLを送付いたします。
・解約は当店宛にご連絡ください。申請翌月から解約となります。

ご購入はこちら

     

現在収録の著名人 アインシュタイン
アントニオ猪木
イビチャ・オシム
ウォルト・ディズニー
ウサイン・ボルト
エジソン
オードリー・ヘップバーン
ガンジー
ゲーテ
ココ・シャネル
シェイクスピア
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
タモリ
チャップリン
ドラえもん
ナイチンゲール
ニーチェ
ビートたけし
ピカソ
ビル・ゲイツ
ヘレン・ケラー
ボブ・マーリー
マザー・テレサ
マリリン・モンロー
リンカーン
伊坂幸太郎
羽生善治
岡田武史
岡本太郎
夏目漱石
芥川龍之介
宮崎駿
宮沢賢治
孔子
坂本龍馬
手塚治虫
所ジョージ
松岡修造
相田みつを
太宰治
中田英寿
武田信玄
野村克也
矢沢永吉

     

ご購入はこちら