【おすすめ短編小説リスト】

【おすすめ短編小説】「終末のフール」伊坂幸太郎 地球最後の3年間の人々の生きる想い

短編集あらすじ
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは? 今日を生きることの意味を知る物語。公式

 

「今日という日は残された日々の最初の一日」
チャールズ・E・デデリック 実業家

伊坂幸太郎氏の短編集「終末のフール」の冒頭の言葉。地球の残り時間がわずかになった世界でも、きょう一日を生きる人々に添える言葉があるなら、上記のデリックの言葉がふさわしい。

終末のフール 伊坂幸太郎

by unsplash

終末を前にした家族との和解の短編

あらすじ
あと3年で地球は隕石衝突でなくなる。諦念に似た平穏がつつむ世界に、人々はそれぞれの現在を過ごす。老人は過去に自殺した息子と、家を出た娘との和解ができるか?久しぶりに帰省する娘との時間、亡き息子の思い出が家族を少しだけ前に進める。

籠城のビール 伊坂幸太郎

by unsplash

メディアに家族を壊された兄弟の復讐の短編 

あらすじ
妹が人質事件の被害者になった日から、メディアは彼女を執拗さと曲解や詭弁をばら撒きながら追いかけた。妹は自殺し、母もあとを追ってなくなった。残された兄弟は、3年後に地球がなくなる前にひとり、ワイドショーのMCだった男への復讐を実行する。男とのやりとりから、兄弟は妹と同じように世間に辱め殺すことが復讐ではないと気づく。死ぬことよりも生きることの方がずっと辛い。男と兄弟は約束をする。

冬眠のガール 伊坂幸太郎

by unsplash

残された時間でも目標を持つことの短編 

あらすじ
地球の残り時間はあと3年。両親はなくなった。残された娘は、この残された時間で生きる目標として、3つのことを決めた。
1つ、お父さんとお母さんを恨まない。
2つ、お父さんの本を全部読む。
3つ、死なない。
きょう、2つ目の目標を達成した。数年間、父の書斎の本棚にある本を読み切り、これからすることがなくなった彼女は、恋人を作ること決めた。父の本で読んだ「新しいことを始めるには、3人の人に意見を聞きなさい。尊敬する人、自分では理解できない人、これから出会う新しい人」のことを思い出し、人に会うことにした。彼女の人生の残り僅かな時間のはじめての恋の始まり。

鋼鉄のウール 伊坂幸太郎

by unsplash

格闘家の武田幸三氏がモチーフにもなった今日の生き方についての短編 

残された時間、あなたならどうする?と聞かれ、「昨日と同じように練習をする」と格闘家は答えた。聞いた人の驚きと笑いに、逆に聞き返した。「明日死ぬとしたら生き方が変わるんですか?あなたのいまの生き方はどれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」そんな対談記事を不意に見つけた青年は格闘家と同じように残されたわずかの人生であるきょうも練習に取り組む。

天体のヨール 伊坂幸太郎

by unsplash

それでも夜空を見つめる短編 

妻を亡くし、この世界も終わりに近づくある日、自身の人生もここで終わりにしようと首をロープにかけたが、失敗した。そのときに走馬灯のような回想が学生時代の天体オタクの友人を思い出した。電話が鳴った相手は、その友人だった。人生を終えるのは彼との再会のあとでもいい。友人は、相変わらずいまでも天体を追いかけている。もうすぐ地球に隕石が衝突するというのに。隕石が衝突する直前はどうする?との質問に友人は、「望遠鏡を覗いている。ひとつ、衝突は夜じゃないと困る」と答えた。その回答に呆れるもひと目、自分も最後に夜空を眺めることにした。

演劇のオール 伊坂幸太郎

by unsplash

彼女の演技は新しい家族をつくった短編

女優の夢を諦めて、仙台に戻った彼女。両親はなくなり、自身と同じように家族のいない人たちの疑似家族を演じながら毎日を生きていた。ある時は孫、ある時は母、姉、そして恋人を演じながら。ある日、「飼い主」として散歩に出た犬が見つけたマフラーをきっかけに、彼女の疑似家族が新しい家族になる。

深海のポール 伊坂幸太郎

by unsplash

最後まで生きると決めた短編 

地球の最後まで残り2年となった。ビデオ屋の店主は、10年も前からのビデオと延滞料金の回収にある家を訪ねた。彼のこれまでの10年と、自身の10年を思い出す。学生の頃に苛められて死にたくなった時に言われた父の言葉「生きろ。これは命令だ。」この歳まで生きて、結婚し、子どもが一人いる。残りわずかな時間ではあるけれども、昔、父に言われた言葉のように、自身にも小さなな子どもに対しても最後まで生きることを決める。

 

 

 

【伊坂幸太郎の短編小説作品が気なる人におすすめ】

【おすすめ短編小説】伊坂幸太郎作品のおすすめ短編小説リスト

【朗読におすすめ】青空文庫で1分で読める。無料おすすめ短編小説・詩・エッセイリスト

青空文庫とは、作者の死後50年の著作権保護が切れた作者作品を対象にした作品をWEB上で無料公開しているサイトです。当サイトから短編小説・詩・エッセイを中心に1分で読め、かつ面白い作品リストを公開します。50年以上前の作品は現在の作風とは違う面白さが楽しめます。また、短い作品なので、朗読にもおすすめできる作品リストです。是非ご活用ください。

お母さん 小川未明

お母さん 小川未明

unsplash

海を見たときの気持ちを思い出す短編 

子どもが海が見えることをお母さんに伝える。その青や白の光景を目にし、白い波は応える。目にしたものすべてが、まるで生きているかのように映るのを横目に、お母さんは大人な少し温度の低い応対が親子の小さな記憶として共感できる歌。
お母さん 小川未明

星めぐりの歌 宮澤賢治

星めぐりの歌 宮澤賢治

unsplash

宮澤賢治の世界観が1分で楽しめる歌。

星座それぞれが空で生きているかのように、歌いながら次の星座次の星座へと巡っていく。360度一面に広がる星々とそこで営みがあるような広がりをみせながら、足元の地球や星座を眺める人々の営みまで歌に込めれられているような生命賛歌な歌。
星めぐりの歌 宮澤賢治

海と太陽 小川未明

海と太陽 小川未明

unsplash

海と太陽の秘密 

海が静かなに波を打つ様子を、海がイビキをかいて眠っているという。でもそんな穏やかな海もいつかの日には、大きな口をあけて、人々や命を飲み込もうとしたそうだ。それを見た太陽が海に魔法をかけた。海と太陽の秘密。
海と太陽 小川未明

明日 新美南吉

明日 新美南吉

unsplash

誰にでも明日がある。当たり前の尊さ。 

明日がある。どんな生き物にも明日がある。それぞれの明日を歌いながら、明日という希望が静かに穏やかに読み手の生命力を沸き立たせてくれる新美南吉らしい朗らかな生命賛歌。
明日 新美南吉

山の歓喜 河井酔茗

山の歓喜 河井酔茗

unsplash

山の良さ、空の良さを歌う

近くにも遠くにも見える山々を見ることそれ自体が喜びに思えるのは、山自身も生きていて山も谷もありながら営んでいるから。その営みを強く美しくみせるのは、山稜の山と空の境の境界線であり大地と空がつながる場所。山には空が似合う。思い描くだけで清々しくなる。
山の歓喜 河井酔茗

空の美 宮本百合子

空の美 宮本百合子

unsplash

都会の空も美しい 

空の美しさは広々と青く澄む空だと答えるひとが多いかも知れないが、ここでいう空は、都会のビル群に切り取られた三角形の空だったり、人が介した出来た小さな空。それは、都会の独特の寂しさ悲しさが含まれた美しさを空が見せてくれるから。いつでもどこでも人の心を映す空は美しいと。
空の美 宮本百合子

ぼろぼろな駝鳥 高村光太郎

ぼろぼろな駝鳥 高村光太郎

unsplash

ダチョウを歌いながら人間を憂う 

動物園のダチョウを短い言葉で鋭利に描写しながら、それはダチョウでもなんでもない。人間が作り出したダチョウに似たものであり、それを作る人間の存在を鋭く憂う。
ぼろぼろな駝鳥 高村光太郎

老境 河井酔茗

老境 河井酔茗

unsplash

老いについて、じっとそっと受け入れる歌。

老いても驕らず、清貧を心に置きながら暮らす。「世にあづけたるわが寿いのちは 時来らば世に返さむ。草の生命はわが生命より短く 樹の年輪はわが年輪より多し。」天寿を全うする意思のみ強くそこにある老いの心境を歌う。
老境 河井酔茗

早春散歩 中原中也

早春散歩 中原中也

unsplash

春の訪れは冬や過去との別れ 

早春に春が来るのを感じる描写には日の光のみでなく、そこに影を映す。それは、心象風景にも来たようにひらひらと過去をはためかす。春がただただ希望のみを歌う季節ではない違った歌い方として、中原中也氏らしく憂いのなかに春を見出す。
早春散歩 中原中也

食物として 芥川龍之介

食物として 芥川龍之介

unsplash

食べ物として「ひと」を見たとしたら。

金沢では方言で肥った人をうまそうな人ということを聞いた芥川龍之介は、肥った知人を食べものやどう食べるかを想像し、うまいだのまずいだの語る。「谷崎潤一郎たにざきじゆんいちらう君は西洋酒で煮てくへば飛び切りに、うまいことは確たしかである。」室生犀星を食べることは難しいと述べたり、芥川龍之介の当時の人間関係や笑いがわかるエッセイ。
食物として 芥川龍之介

春の詩集 河井酔茗

春の詩集 河井酔茗

unsplash

誰しもある青い春の詩集について 

「感傷的で無分別で、あさはかで、つきつめて」いる言葉が連なり、歌わずしてはいられない詩のような塊を誰しもが抱えている。それは決して抱えるものでなく、広げて声にして歌ってしまいなさい、と優しく語りかけてくれる詩。
春の詩集 河井酔茗

猿の顔 寺田寅彦

猿の顔 寺田寅彦

unsplash

比較を論じることについての一石投じたエッセイ 

人間は老齢になると親ザルの顔に似てくる。人間は猿よりも優れているのか、老いていくことは退化なのか。そもそも人間と猿を比較して何かを論じることこそ愚問ではないか。こんな比較論が蔓延している世間に投じるエッセイ。
猿の顔 寺田寅彦

狸と与太郎 夢野久作

狸と与太郎 夢野久作

unsplash

化ける狸のおそろしさとはオチが秀逸な短編 

「あの森は狸がいていろいろのものに化けるから、日の暮れぬうちに帰らぬと怖ろしいぞ」と言われた与太郎は森で化物に化けた狸に出会った。しかし、いっこうに怖がらない与太郎に対し、狸は諦めた途端、与太郎は怖がった。オチが和みます。
狸と与太郎 夢野久作

ここが楢山 〈母を語る〉 小津安二郎

ここが楢山 〈母を語る〉 小津安二郎

unsplash

小津安二郎が語る母のエッセイ 

小津安二郎は5人兄弟でひとり生涯独身だった。人生の最後が近づいている母と暮らしながら、彼女はこの地を楢山、つまり姥捨て山だと語る。それはそれで、捨てに行く必要もないなど言って、いつまでもここにいていいよと語る小津安二郎の母への優しさが伝わうエッセイ。
ここが楢山 〈母を語る〉 小津安二郎

 

【もっと朗読に読みたい方におすすめ】

【朗読におすすめ】青空文庫で2分で読める。無料おすすめ短編小説・詩・エッセイリスト

青空文庫で5分で読める おすすめ短編小説リスト100【作品ほぼ毎日更新】