【またいつか散歩したい場所】

【新潟 浦佐のやな】 鮎の塩焼きを頂きながら「のんびり時間」を楽しむ。

新潟の浦佐には鮎の塩焼きが食べれられる簗場(やな場)があります。獲ったばかりの鮎をその場でじっくり塩焼きする鮎を川床のように川辺で食べられる格別の体験でした。今回は浦佐のやな場をご紹介します。

信濃川から流れる鮎を食べれられる浦佐やな

妻の実家の新潟帰省をすると、義父が新潟の魅力的な場所へ連れていってくれます。感謝。

今回は、川魚を食べようと「浦佐やな」へ

妻の実家の十日町から車で20分~30分、上越新幹線浦佐駅より5分ほど、新潟県魚沼地方を流れる一級河川、信濃川の支流の一つの魚野川に隣接した場所にあります。

浦佐やな

屋外に堀があり、そこに魚野川で獲れた川魚が泳いでいました。

浦佐やな 堀

簗(やな)とは川魚を捉える仕掛け

魚野川に枝分かれするように川魚を捕まえる簗(やな)があります。

簗(やな)とは、水流をせきとめた川の瀬の一か所に簀(す)を張り、魚を捕らえる仕掛けのことだそうです。この簗という仕掛けで捕らえた魚をここで調理し、食べさせてくれる場所がやな場といいます。

浦佐やな 簗

動画をご覧になって見てほしいのですが、簗を間近で見てみると川の流れの勢いを感じます。ずっと見ていられるような絶え間ない水の流れに時折、ペチペチと魚が迷い込んで来るのでしょう。実際、簗の浅い場所に魚がいました。

この簗で定期的に流れ着いた魚を確認し、手前の箱に入れておくそうです。実際にとれているかどうかがひと目で分かり、漁の場も気軽に見せてくれる点はとても牧歌的で魅力のひとつです。

メニューはヤマメ・鰻など豊富、なかでも鮎の塩焼きが一番人気

メニューにはヤマメやウナギなど気になる魚はたくさんありましたが、今回は鮎を頂きました。義父のオススメの鮎ですので一択です。鰻は次回。

屋内は桟敷席が用意され、魚野川や山を眺めながら、川の音、鳥の鳴き声、ときたま風が吹き抜け気持ち良い場所です。ここでいましばらく鮎の塩焼きが焼きあがるのを待ちます。塩焼きはじっくり焼き上げるため時間は30分ほどは要しました。

鮎を食べることを目的に時間に余裕を持っていくことをおすすめします。ただ、場所が場所なので、気持ち良い雰囲気を味わっていれば体感が10分くらいかなと思います。

浦佐やな 桟敷

(引用元 http://www16.plala.or.jp/yanaba/ind.html)

鮎は囲炉裏でじっくり塩焼き

また、ここも牧歌というかゆるい感じでいいなと思った点ですが、実際に塩焼きする風景も見せてくれます。鮎をこうして囲炉裏で焼くシーンははじめて見たのでとても貴重な体験でした。

鮎を串刺しにして囲炉裏でじっくり焼き上げてます。おじさんは暑そうです。

浦佐やな 囲炉裏

浦佐やな 囲炉裏2

焼き上がりまでの時間は囲炉裏や桟敷、堀など見るものどこも楽しめるので、焼き上がりの20分~30分もあっと言う間です。その間は、桟敷でのんびり談笑しながら待ちます。

新潟時間が体内時計をゆっくりにしてくれる

やな場にいると、さっきまで都会にいた自分の体内時計がゆったりしてきます。

都会はファーストフードでなくても料理は早くでたりします。出す側もお客が待てる時間は7分だからそれまでにいかに出すかなど、なるべく早く出す努力をするお店も多くあります。

ここでは、それがないので待ち時間の過ごし方にはじめは少し戸惑っているのですが、ただただ時間を過ごせばいいのです。待つことに対し、イライラする必要も、待たされていると思うこともないと気付かされます。自分の時間感覚がだんだんのんびりと風景と同じように流れてくるのを感じます。

浦佐やな 景色

出来上がりをゆっくり待つ食の効用

待ち時間のもうひとつの効用は、十分に食欲を湧かせてくれることです。都会の待ち時間といえば人気ラーメン店なんかである行列がありますが、ここは焼き上がりを待つ純粋な待ち時間です。どちらも待ち時間ですが、なんというやな場の空気感は鮎が流れ着いて、やな場の人が調理をしてくれるまでの時間やストーリーを肌で感じることができ、自然と食欲が湧いてきます。自分のほんのすこしの野生な食欲が感じられる空腹感が心地良いです。

都会では早く出てくる料理に人気で人が食べ終わるのを待つ待ち時間の身動きが取れない待ち時間とは違う待ち時間がここにはありました。いよいよ焼き上がりです。

浦佐やな 鮎

鮎の口先が尖っている。これは川の流れに逆らってきた証であり天然の証拠。食し方としては、箸で背骨の部分に沿って箸で少し押しほぐす。その後、頭部から一気に背骨まるごと抜き出す。義父の解説がはじめて鮎を食べる瞬間を盛り上げてくれる。

焼き立てを頬張ると、鮎の肉がほぐれ、さっきまでの囲炉裏にあった温度と風味、そして塩が口全体に広がる。

川と山、簗場と桟敷、囲炉裏と塩、五感で味わう美味しさがありました。

 

 

【浦佐やな】

【新潟十日町】何を見て何を感じどう解釈するのか?~越後妻有 大地の芸術祭で感じたこと~

d10

 

十日町市で開催してる芸術祭に行きました。

十日町市と津南町で380カ所のアートがあるそうで、今年で6回目、三年に一度開催しており街全体がアートで賑わっていました。

大地の芸術という名前のとおり、自然豊かな景色を再認識させてくれるものや、敢えて作品の裏側を見せることも含めた表現、なかにはいまは使われていない店舗自体がアートになっていたりと、たくさんの発想に触れることができた時間でした。

d6

d7

d1

d2

d4

d8

d9

d5

d3

分からないことが分かる方向を日常は良しとしますが、アートは、分かっていたつもりが分からなかった、という体験ができることがいいのかなと。

芸術祭はまた3年後ですが、アート作品は残っているものもあるので、またふらっと見てまわるのもいいかなと思いました。