【またいつか散歩したい場所】

【函館観光】思い悩む前に坂道を登ろう。函館の八幡坂にみる坂道の効用とススメ。

結論 坂道は、登る過程、頂上の達成感や爽快感が味わえる身近な登山。思い悩んだ思考回路を開放する効用を得られる。

先日、函館の八幡坂に行きました。坂道では有名な観光スポットのひとつですが、行ってみて感じたことは、坂道には効用があるということです。どんな効用でしょうか。3つほど挙げてみます。

八幡坂

  • 坂道を登る効用
  1. 手軽に「登る」過程を味わえる
  2. 頂上で得られる達成感を味わえる
  3. 頂上から見る景色の爽快感を味わえる

手軽に「登る」過程を味わえる

ひとは「登る」という行為に魅せられます。それは登山という趣味があることからも分かるように、その行為はひとを喜ばせる要素が多く含まれているのでしょう。

『ヤマケイ山学選書 山歩きはなぜ体にいいのか』の目次を一部抜粋する形で登山の良さを紹介します。

<目次・内容>
一部抜粋

山歩きで健康な体を手に入れる
山歩きは全身運動
筋力アップで疲れにくい体に
スタイルがよくなり、美脚効果も
新陳代謝を促し、内面から美しく
正しい姿勢で歩けば腰痛も改善
血行がよくなり肩こりも解消
無理しなければヒザ痛も恐くない

ストレス解消で心も健やか
体を動かすと心もほぐれる山歩きの効果
転地効果でリラックス
登山が生み出す前向きな心
登頂の達成感が心を開放する
出会いとつながりが活力を生む
「次はあの山へ」という目標が励みに
山歩きで病気を克服
「クオリティ・オブ・ライフ」を高める山歩き

登山は、その負荷と遅々とした足取りに、時にひとは人生をなぞらえることもあるくらいです。

登山の似たシチュエーションがもし住まいの近くにあるとしたら、「坂道」がそれです。

手軽に登山、つまり「登る」ことを味わえるのが「坂道」です。

頂上で得られる達成感を味わえる

「登山」の目的といえば山頂です。頂上に登ったときの達成感といったら、途中の疲れが吹っ飛んでしまうほど代え難い達成感を与えてくれます。

登山は、身体を鍛える目的で運動をすることと似ており、身体に負荷をかけたあとの解放感に心地よさを感じることができますし、さらに言うと、目標をやり遂げたという事実を、頂上という場所にいるという目に見える形で感じることができるので、一層の達成感を感じるのではないでしょうか?

坂道を登ることも自分に負荷をかけて、登りきった頂上から振り返り、眺めた景色は少なからずの達成感を感じるはずです。その景色が美しければ、よりいっそうの達成感を感じることでしょう。坂道には登山の魅力の2つの要素「登る」と「頂上」が手軽に得ることができます。

 

頂上から見る景色の爽快感を味わえる

先述しましたが、頂上で眺める景色が美しければ美しいほど、ひとは何かしらを感じ得ます。

頂上から眺める景色の要素には、見晴らしの良さや、町並みや自然を一望し、独り占めするような気持ちにさせます。さらに360度に障害がほぼない場所には風が吹き抜け、いつもより空が大きく広がっています。頭上にも眼下にも視線を遮るものがない「抜け」具合いにひとは爽快感を感じるのでしょう。

サイズは違えど、「坂道」の頂上にもこの爽快感が少なからずあるのではないでしょうか。

爽快感は時に、さっきまでの考え事をどこかに飛ばしてしまったり、前向きな気持ちを与えてくれます。「登る」「頂上」「眺める」ことで、いつまでも答えのない思い悩みも、じつはそれは思い悩むほどでもない問題であり、そもそも問題にもならない。なんて気持ちにしてくれます。

 

思い悩む前に「坂道」を登ろう

もしあなたが住む街に「山」がなく気軽に「登山」ができなかったとしたら、「坂道」を「登る」ことをオススメします。

適当な「坂道」をみつけ、「頂上」から「眺める」先に、あなたがさっきまで思い悩んだり考えていた場所を見つけてみれば、また違った考えや、そもそも考える必要もなく、むしろ考える前に答えは自分のなかに見つけることができるかもしれません。

坂道にはそんな効用がある。

ということを、

空も山も海も港も街も一望できる八幡坂で感じました。

八幡坂

hakobura

公式観光情報 はこぶら

【函館観光】函館をより楽しむためにタクシーを活用すべき4つの理由

結論 函館のタクシー運転手はひとが良く、車中で十分に地元の人との交流を楽しめるので、
タクシーを活用することで旅行がより楽しめる。

 

  • タクシーを活用すべき理由
  1. メーターを早めに切ってくれる
  2. 方言が癒やされる
  3. 美味しいお店を知っている
  4. みんな函館が好き

メーターを早めに切ってくれる

お昼時、函館空港に着いて、お目当てラーメン屋「滋養軒」へ直行。

空港でタクシーに乗り込んで、ラーメン屋の名前「滋養軒」と住所「松風町…」を伝える。

「ナビに入力っと、OK、いけー」

とご機嫌な運転手さんに車中が湧く。

松風町は函館駅の近くに位置し、空港から函館駅に向かう道は海岸線沿いを走って気持ちがいい。

15分くらい走り、松風町の近くまでは来たのけれど、目的の「滋養軒」はなかなか見つからない。

松風町を少し走って「滋養軒」が見つからない空気になるかならないかのタイミングで、
すぐに運転手さんはメーターを切ってくれた。

5分ほど走り、「滋養軒」は見つかった。

安堵と歓喜の車中もさることながら、
早めにメーターを切る運転手さんの品の良さに早速来て良かったなと思った。

滋養軒」はもちろん美味しかった。

img_4865

方言やイントネーションに癒やされる

函館には、東京にもある蔦屋書店がある。

本好きの身としては函館の蔦屋書店もチェックしたくタクシーへ。女性の5,60代の方が停まってくれた。

「蔦屋書店までお願いします。」

「蔦屋書店?ツタヤだよね~?ここらへんには2つあるんだよね~?石川町の方かな~?」

「どっちですかね?蔦屋書店ていう名前で本がたくさんあるような…」

「じゃあ石川町の方かな~?石川町でいってみようかな~」

語尾が「~」という波線をうつイントネーションが帰省したのかと勘違いするくらい心地よい。

「孫がさ~、蔦屋で遊んでてさ~、おばあちゃん迎えにきて~て、車でよく行くの~」

「私もはじめはさ、若いひとが行く場所だと思ってたけど、何回か行ってみると大好きになっちゃった~」

運転手さんは、普段はおばあちゃんで、孫を迎えにいったり、自分の楽しみに蔦屋書店にいくと。

「楽しんでね~」タクシーは蔦屋書店をあとにする。またあの人のタクシーに乗りたい。

書店内は、老若男女が空間を楽しんでいて、函館に根付いていた。

その土地に暮らし、生活を楽しんでいる人が
そこで楽しんでいる場所に連れてってもらえたような観光スポットとは少し違う。

リラックスした函館を見ることができた。

tsutayahakodate

画像引用元:函館蔦屋書店

 

美味しいお店を知っている。それも各店舗の味事情まで。

旅行にいけば、3食すべて美味しいお店で楽しみたい。

誰もが同じ気持ちで、ガイドブックやネットで情報を収集する。

お寿司屋の「函太郎」が美味しい。

そんな情報を得て、タクシーに乗り込み目的の店舗名「函太郎 宇賀浦本店」を伝える。

「宇賀浦か~、あそこより美原店の方が美味しいよ~、なんでかって、
美原には新北斗から異動した店長がいるから美味しいんだよね~」

美味しいお店だけでなく、美味しい店舗まで知っている。
しかも店舗の人事事情まで知っている事情通の運転手さんだった。

少し遠くなるけれど、急遽、美原店に向ってもらう。

もちろん「函太郎 美原店」は美味しかった。

img_4980

4人に2人はIターン運転手。みんな函館が好き

上記3台のタクシーともう1台、
合計4台のタクシー運転手さんと話してわかったことは、2人の運転手はIターンだったこと。

これは函館の良さを物語る数字ではないか。

4台目のタクシー運転手さんは、名古屋に8年いたけれど、
住心地を求め、函館に帰ってきたそうだ。

「ごはんも美味しいし、涼しいし、…」

運転手さんが語る函館の良さに、

函館に3日いたけれど、その気持ちが少し分かる気がした。

タクシー運転手の方々と話して、感じたのは、
みな函館が好きで、ここでの暮らしを楽しんでいること。

ごはんも美味しいし、涼しいし、…

そして何より「ひとが良い」

乗ったタクシーすべての運転手さんがそう思わせてくれた函館。

函館に来たら、タクシーに乗ってみることをオススメします。

 

 

hakobura

公式観光情報 はこぶら