【またいつか散歩したい場所】

【水道橋ランチ】新潟タレカツ丼 少しかためのお米が旨さの秘訣

水道橋でガッツリとそれでいて優しい気持ちになるランチをしたいとしたら、一度は行ってみて欲しいお店があります。
「新潟カツ丼 タレカツ」です。

水道橋駅東口を出て、右手にまっすぐ5分ほど歩いたあたりにあります。

タレカツ丼を扱っている東京ではあまり馴染みのないトンカツの食べ方かもしれません。新潟の出身の方が、タレカツ丼を東京にという想いから、東京でお店を開いたそうで、使っている食品もほととんど新潟産だそうです。

by http://tarekatsu.jp/ 

新潟の食材が味わえるカツ丼

新潟カツ丼って?
開港五港のひとつ「みなとまち」新潟市は、古くから西洋料理の盛んな街。
その新潟市で長いあいだ食されてきたのが卵でとじない「タレかつ丼」です。
タレかつ丼は、揚げたての薄めのとんかつを“甘辛醤油ダレ”にくぐらせて、ご飯にのせただけのシンプルなもの。
日本人の大好きなタレ味と西洋料理のとんかつとが、炊きたての新潟米の上で一つになった新潟市発祥のかつ丼です。by http://tarekatsu.jp/ 

和豚もちぶた、岩船産のお米、下総産の醤油が見合わされたさっぱりとしながらもお肉の味と油の旨味が楽しめるカツ丼です。今回は定食を頼みました。

美味しさを引き立たせる「少しかため」のお米

下総産の醤油をベースに作られたタレが染み込まれているカツはしっとりとしていて、かつ、お肉そのものの味が楽しめます。

肉厚はうすめでかつタレもさっぱりとしています。

よくあるトンカツとは少しイメージが違いますが、その厚さが食べやすく、さっぱりとしたタレは肉の味を舌先に残しながら引き立てる醤油と砂糖の甘みがほのかにします。

これなら何枚でも食べられる気になりますし、実際三枚食べてもまだ食べられそうでした。

サイズや味付けもそうですが、丁寧な仕事の延長線に作られた優しい味がします。

お口直しのキャベツは細かく刻まれ、独自のドレッシングに絡めつつ、このトンカツに合わされたサイズと味付けでした。

すこしかためのお米がもたらす旨さの効用

お米はあえて少しかために炊いてるそうです。

それはおそらく、タレがかかったトンカツを引き立てるためのかたさなのかなと推測します。

実際、かためのお米は、水分がその分少なく、タレカツのタレの味が引き立ちますし、噛んだお肉の味も感じることができます。

肉厚がそれほどなくてもお肉の味がしっかりと舌に伝わるのはお米のかたさの、絶妙さもあると思いました。

それともう一つ、かためのお米の効用として、噛む回数増えることです。

噛む回数が増えると、その分味わう時間が単純に増えます。

そして噛めば噛むほど、唾液は分泌されますので、甘みがいつもより増している気がします。

これは作ることだけにとどまらず、どう食べられて、どう味わってもらうかまで考えられてると思うと、そのキメの細かい仕事ぶりがタレカツをいっそう美味しくさせてくれます。

全体的に感じるのは品です。カツ丼を食べる空間としてあまり馴染みのない品が良い意味でミスマッチで空間を際立たせていました。

音楽まで行き届いた空間づくり

最後に、この空間を演出するひとつとして、BGMがジャックジョンソンでした。

このリラックスな空気感が特徴のジャックジョンソンを聴きながら、優しいトンカツを頬張る。
とてもいい時間が過ごせるランチであることは間違いないお店です。

 

公式サイト

【横須賀さんぽ】海を望みながら芝生で遊べる横須賀美術館

絵本作家のツペラツペラの展示を観賞に横須賀美術館にいきました。美術館から望める海の青と広場の緑のなか、子供も大人も遊びまわる風景はただただ美しいと思いましたので、今回は横須賀美術館を紹介します。

横須賀美術館へは浦賀駅からバスで15分

美術館への最寄駅は京浜急行線の浦賀駅です。そこからバスで15分ほどの海が見える岬に近いバス停を降り、歩いて5分ほどで見えてきます。

浦賀は終着駅なので、ここまで電車を乗ったあとに降りる駅のホームは着いた達成感が心地よいです。

京浜急行の終着 浦賀駅

最寄りバス停は岬 海辺でバーベキューを楽しめる

岬に近いバス停を降りると海が見えます。浜辺でバーベキューをしている人もいて楽しそうです。バーベキューを横目に少し歩けば美術館が見えてきます。

岬付近でバーベキューをや海遊びを楽しんでいました。

緑の芝生がひろがる横須賀美術館

芝生がひろがる横須賀美術館

正面から見た美術館は緑の芝生が広がって子供が遊んでいる風景が広がります。

展示が絵本作家だからということありますが、おそらく、子連れの方々は子供を連れて行きたい、連れて行って良かったと思えた美術館だろうなと感じました。

小さい頃の記憶として、美術館の記憶は私自身はありませんが、退屈な印象だったことを、覚えています。

子供にとってはこの緑が一番の遊び場でしょうし、それを見つめるお母さんやお父さん達の視線が乱反射しており、海辺の青と芝生の緑と、相まってキラキラとした愛の溢れた空間でした。

この光景こそが美ではないかと美術鑑賞モードの目にはすっかり美しく映りました。

tuperatuperaの展示

亀山達矢と中川敦子からなるtupera tupera(ツペラツペラ)は、2002年に活動を開始し、2017年に結成15周年を迎えます。絵本やイラストレーションの仕事に加え、舞台美術やアートディレクションなど、新しいことに次々と挑戦し続ける彼らは、近年ますます活躍の幅を広げ、国内外で注目の存在となっています。 初めての大規模な展覧会となる本展では、第18回日本絵本賞読者賞を受賞した『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)や『パンダ銭湯』(絵本館)などの人気絵本はもちろん、これまで手がけた数々の絵本原画や雑貨、手づくりおもちゃなどを一堂に展示します。

ツペラツペラは色鮮やかな切り絵が特徴的な二人組です。制作道具や、これまでの作品が展示されています。有名な本ばかりでなく、初期の作品なども見ることでツペラツペラの発想の豊かさを再認識しました。

レストラン ACQUA MAREで海を見ながらランチ

美術館に併設されているお洒落なレストランがACQUA MAREです。

展示とのコラボレーションで、ツペラツペラの絵本に出てくる野菜たちの量が期間限定メニューとしてあったので注文してみました。

メニューはどれも美味しく、店員さんも優しく、想定外に優雅なおもてなしの空間に少し恥ずかしいほどでしたが、とてもリラックスさせて頂きました。

野菜が優しく煮込まれた期間限定メニュー

野菜とパスタの甘み、ほのかな塩気。海を横目にたべる格別。

今回はかなり人が多かったのか、飲食ができる場所が美術館や近くにここしかないので、混み合っていました。

予約リストもかなりの人数だったので、待ち時間も1時間は待ったと思います。

親子連れであれば、美術館が許せばですが、事前にお弁当を持ってきて芝生でピクニックをしてみてもいいかもしれません。

それか午前に行ってお昼は別の場所で食べるという計画がスムーズかもしれません。

青と緑と笑顔が溢れる美術館

美術館の効用として、アートを見たあとはしばらく、何もかもが新鮮に、いつもより美しく見える、という自身の視力が良くなった気がします。

横須賀美術館で展示を見終わり外に出てみると、青と緑と笑顔で溢れる光景に、いつもよりも世界が美しく見えました。

是非一度行ってみてください。

 

横須賀美術館公式サイト