【またいつか散歩したい場所】

【まとめ】東京の本屋のトークイベント(50本以上)をまとめてみました。【定期更新】

今回は東京の本屋のイベントをまとめてみました。

最近の本屋さんは、本を販売するだけでなく、トークイベントを開催している本屋が増えています。トークイベントは体験的に知を得られ、本屋が好きな人や、その作品、作者に興味がある人の好奇心を満たしてくれるイベントです。

今回はまず、トークイベントに精力的に開催している東京の本屋をご紹介するとともに、イベント一覧的な表を作成しました。興味のあるイベントにはリンクから詳細へ飛ぶことができます。是非ご興味のあるイベントにご参加してみてください。

※当ページの本屋さんは今後も定期的に追加更新していきます。
※イベントは紹介本屋さんのWEBサイトより独自に引用させてもらっております。
※イベントは本屋WEBサイトからGoogleスプレッドシートで抽出加工し、サイト更新と同時に随時更新されます。

荻窪にある本屋「Title」

荻窪から徒歩で10分ほどにあり、古民家を改装した落ち着いた佇まいの本屋さん。店主の辻山氏が選書した本は、時間経過の流れにも埋もれない本が棚に並びながら、荻窪の街の人々の好奇心を充たす街の本屋さん。奥にはカフェがありコーヒーやフレンチトーストが楽しめ、2階にはギャラリーが設けられ、展示を楽しめます。トークイベントも実施しており、本を執筆した著者から話される言葉に読み手の新しい視点を与えてくれる機会となっているイベントは、読書の延長にあるその先の楽しみを提供してくれるお店です。


by Title

吉祥寺にある本屋「百年」

吉祥寺から徒歩で5分ほどのビルの2Fにある古本屋さん。映画関連やアートなども豊富に取り揃えてあり、新刊も取り扱ったセレクトが新しさと古さのどちらにも共通した本質的な知が詰まった本が取り揃っている印象。トークイベントも実施しており、夜、中央の棚が移動されイベントスペースに様変わりする光景はお昼に見ていた本屋の印象とは違い、著者の本音がより引き出されそうな密な空間に変わります。百年前、百年後、時間の経過にも変わらない本を届けるべく付けた店名のまま今日も夜な夜なイベントが始まります。

by 百年


下北沢にある本屋「BOOKS B&B」

下北沢から徒歩で5分ほどにあるビールも飲める本屋さん。このお店の大きな特徴はビールはもちろんですが、トークイベントを毎日実施している点です。毎日何かしらのイベントがあり、かつビールが飲める本屋。コンセプトを聞いただけでもテンションがあがる空間です。下記にイベントの一覧を列挙してみましたが、ボリュームが圧倒的です。日々たくさんの人が語り合い言葉や思考が絶えず生まれる空間は、本屋という「知の空間」を新しくかつ根源的に捉え直した文脈は、前衛的な文化が醸成される下北沢らしい本屋だと思います。

by B&B


 

以上、東京のトークイベントが盛んな本屋さんリストでした。

他にも多数の本屋さんがあるので、定期的に追記更新していきたいと思います。

本紹介 「東京 わざわざ行きたい街の本屋さん」

今回、参考にさせて頂いた本は「東京 わざわざ行きたい街の本屋さん」です。本屋それぞれの空間の雰囲気が伝わる写真が素敵な本屋さん特集。本が売れなくなっている。本屋は減ってきている。そんな声も聞こえますが、ここに紹介されているように本屋は魅力的な空間として自分の街にあり続けてほしいなと思います。

Twitterアカウントまとめ「東京 わざわざ行きたい街の本屋さん」

下記に「東京 わざわざ行きたい街の本屋さん」の店舗さんのTwitterアカウントをほぼリストにまとめてみました。


【鎌倉さんぽ】「また行こう」と強く思った鎌倉のおすすめの場所

鎌倉に来ると、「帰りたくない」「また行こう」と強く思う場所がいくつもあります。歴史ある観光地としての魅力はもちろんですが鎌倉にはひとを惹きつけ名残惜しくさせる魅力があります。今回はそのいくつかの場所をご紹介します。

レンタルサイクル

鎌倉駅のすぐそばにレンタルサイクルがあります。観光で見たい場所まで、歩いて行くとやや遠かったり、いくつもまわって見たい時に自転車はオススメです。

ここのレンタサイクルはギア付き自転車もあれば電動自転車もあり、自分の好みに合わせた自転車を選択できます。

JRバステック レンタサイクル鎌倉駅前店

なぜここがまた行きたいかというと、鎌倉は1日では回りきれないほど見たい場所がいくつもあることと、もうひとつは、レンタサイクルにいるおじいちゃんがとてもいい雰囲気だったからです。

気さくで柔和な笑顔と接客が心地よく、自転車を返す時に声をかけられると、地元に帰ってきたような錯覚すらある居心地の良い接客でした。

また鎌倉を訪れた時は、また自転車を借りようというよりか、またこのおじいちゃんに会いにいこうと思うほどです。

由比ヶ浜に見る太平洋のおおらかさ

先日由比ヶ浜に訪れた時は、台風が過ぎた翌日でした。空は晴れわたり、海はいつもよりも綺麗に映りました。

神奈川に住んでいることもあり、小さな頃から何度も来てる場所ですが、この時に見た海をみて、神奈川っていいなと改めて思いました。

大人になれば行きたい場所に遠くでさえ何度も行っています。ここ由比ヶ浜はその遠くでなく、同じ神奈川の近くの海という感覚です。

忘れがちな近くの海に今回訪れて目にした景色は、心穏やかにさせるおおらかさがありました。「太平洋」の大きくも悠然とした波間の存在を強く感じました。

こんないい場所に、自分はいままで何度も来ていたのにまだ新鮮に感動できる不思議な場所です。

夏のシーズンでなく、秋の人が少ない浜辺は、海に入っていたいつかの夏よりも海と自分の距離が近く感じました。

鎌倉駅から大通りに出て一本道を進み、視界が突然ひらけた場所が由比ヶ浜です。

【由比ヶ浜の行き方】

しかけ絵本専門店 メッゲンドルファーで童心に

ここは仕掛け絵本の専門店です。外観から何かが待ち受けてるワクワクした気持ちになります。

店内の本棚は全て仕掛け絵本です。


by メッゲンドルファー

奥に行くと、昔の仕掛け絵本の展示なども実施されています。※有料

仕掛け絵本の面白いところは、老若男女がまず仕掛けは何かを楽しめることだと思います。それぞれの背景を飛び越えて、なるほど、といった感嘆や関心の童心に似た気持ちにさせてくれ、絵本の世界に引き込ませる力があります。

実際、小さな子もおじいちゃんおばあちゃんもみんな一緒に店内で賑わっていました。

贈りものを探すひとたちが集う空間

お母さんが子供と仕掛け絵本で遊んでいました。布絵本など珍しい絵本もあります。おじいちゃんおばあちゃんが音のなる絵本に興味深々でした。

どうやらお孫さんへのプレゼント選びにやってきてそうな会話が聞こえてきました。

ここは、誰かが大切な誰かに贈り物を選ぶ場所です。仕掛け絵本には、贈り手の想いが最後に仕掛けられていました。

 

【今回買った絵本】

しっぽ しっぽ しっぽっぽ 木曽秀夫

ねずみのしっぽがひもになっており、ページをめくると、自慢のしっぽで、いろんな騒動が巻き起こっている絵本です。

さわるめいろ2: てんじつき さわるえほん  村山純子

点字が迷路になっており、触りながら迷路を楽しめ、点字への親しみが湧く可愛らしい絵本です。
【公式サイト】

路地裏、侍、カレー

鎌倉駅に戻り、観光のメインストリートのひとつでもある小町通りを歩いて途中、路地裏に入ったあたりに侍カレーがあります。

ここは実は前回訪れた時に見つけたのですが、お昼ご飯を済ませた後だったので次回に再度訪れたカレー屋さんです。

待ち時間もリラックスできる鎌倉時間

人気店なので、土日はやはり並びます。

並んでいる時間をどう過ごすか。

鎌倉の立地がそうさせるのかわかりませんが、並んでいる人たちはゆっくりとゆるく待っている気がしました。

そのひとつの理由として、私と妻は、後ろにいた家族連れの小さな女の子の姉妹と遊んでいました。

そのくらいリラックスした待ち時間が過ごせたことは偶然かもしれませんが、その偶然が訪れることも含め鎌倉時間なのだと思います。

さて、待ち時間はあっという間に終わり、カレーを目の前にすることができました。

野菜20種てんこ盛り、野菜で満腹になれる幸福

野菜が20種入ったカレーは鎌倉や三浦半島の野菜など地元の野菜が多く使われています。

もうこのカレーで自分が普段とる野菜の何日分だろうかと思うほどの量でした。

実際、野菜でおなかいっぱいになるほどで、そんな満腹は珍しくも実はとても幸福なことかもしれないと満足度の高い満腹感を味わえます。

味はもちろん、美味しく、カレーはスパイシーさよりも甘みがあり、野菜の甘みと相まって広がります。

店内も民家が改装されており、部屋ごとに違ったインテリアがあしらわれ、空間も楽しく過ごせます。

是非一度カレーを食べてみてください。

【公式サイト】

おまけ 鎌倉の帰りはグリーン車がおすすめ

鎌倉を存分に楽しんだ帰り、多くの方は電車に乗って家路に着くと思います。

ここでおすすめしたいのがグリーン車の活用です。グリーン車をおすすめする理由は

  • 帰りは遊び疲れている
  • 電車の運行間隔に比べ、思っている以上に電車待ちのひとが増える。
  • 立ちっぱなしの満員電車に乗る可能性が高い。
  • 鎌倉気分が一気になくなる

です。

これは、観光地やひとが多い場所でよくあることですが、帰り道の人混みにより、楽しかった気分がどこかへ行き、遊び疲れがシンプルな疲れになることがあります。

これを解消できる方法がグリーン車です。

グリーン車を活用することにより

  • ほぼ確実に座れる
  • リクライニングシートに座れる
  • 眠ることができる

の3点の十分なメリットがあります。

もちろん少しばかりお金はかかりますが、鎌倉で使ったお金と満足度を思い返せば、費用対効果というのか、鎌倉気分を保ちつつ家路につけるのにグリーン車は十分に見合うと思います。

Suicaなどの電子カードがあれば、ホームですぐに購入することができるので、是非ご活用ください。

by JR公式サイト