【セブンルール】要約文字起こし【7つのルールと仕事・名言】

【セブンルール】かつお食堂店主 永松真依 要約文字起こし【7つのルールと仕事・名言】

概要 【セブンルール】かつお食堂店主 永松真依

今回の主人公は、2017年渋谷にオープンした珍しいかつお節ご飯の専門店「かつお食堂」店主の永松真依、31歳。「かつお食堂」のメインは、削りたてのかつお節を山盛りにかけた“かつおぶし飯”。ただし、削りたての新鮮なかつお節をかけるのはもちろん、自身で日本全国のかつお節産地を巡り、月ごとにかつおの産地を変える程のこだわりぶりだ。

大学を卒業すると企業の受付嬢になった。仕事は「お金をもらうためのもの」と割り切り、勤務を終えると毎晩のように六本木に繰り出して遊んでいたという。そんな日常を送っていた彼女が、突然“かつお節”に入れ込むようになったきっかけは、一体何だったのか?彼女の部屋にある本はかつおに関するものばかりで、壁にはかつおの飾り付けがびっしり。「かつおの生き様がかっこいい」「かつおになりたい」など、会話の端々からユニークな“かつお愛”を感じることが出来る。

かつお漁が盛んな沖縄県・伊良部島を訪ねた際には、漁師や加工工場を丹念に取材し、本来は女人禁制のかつおの一本釣り漁をも経験する。かつおを知りたいという彼女の本気度は、工場の男性にも「最初に連絡をもらった時は、とんでもねぇ奴が来たと思った」と言わしめる程。そして“オオバンマイ”という、漁師たちが放る、かつおの切り身争奪戦に、地元の人に混じって飛び込んでいく…。彼女をそこまで駆り立てるかつおの魅力とは?そして、“かつお愛”溢れる彼女のセブンルールとは?公式サイト

永松真依 プロフィール

神奈川県出身の31歳。大学卒業後に夜遊びに夢中になっていた頃、田舎の祖母がかつお節を削る姿に感動し、“かつお節”に目覚める。それ以降、かつおの新たな情報を聞きつければ、全国どこへでも足を伸ばし、情報収集に励む日々を送る。そんな彼女に付いたあだ名は、そのままズバリの「かつおちゃん」。2017年11月には渋谷・道玄坂に「かつお食堂」をオープンし、連日、多くのファンが訪れる。

 

かつお食堂店主 永松真依のセブンルール

  1. 削る前に甘いものを食べる
  2. 3日に1回 髪をかつおブルーに
  3. 営業中はかつおのことをしゃべり続ける
  4. 年に一度 祖母に削る姿を見てもらう
  5. 旅先では口を慎む
  6. 現場で感じ 現場で学ぶ
  7. 止まらない

 

誰しも自分自身に課しているルールがセブンルール。今回の主人公はかつお食堂店主、永松真依。

東京渋谷の路地裏に連日行列が、そこが彼女が一人でいたかつお食堂。削りたての鰹節を溢れるほどにのせる究極のねこまんま鰹節めし。

昨年11月にオープンしたばかりだか、女性誌でも取り上げられ、食通たちも多く通う。そんな鰹で人々を虜にする彼女自身もカツオノトリコ。

「自分が目立とうって思わず相手を引き立てて、相手のことを考えて行動する鰹節、感動しますよね」

かつお愛は尋常ではない。

「かつおは生き様も内面もかっこいい」

 

セブンルール1. 削る前に甘いものを食べる

夜はバーを営む店を間借りして営業しているため、毎日全ての食材を自宅から運び込む。

仕込みの準備でも、ご飯に乗せる鰹節はまだ削らない。

「芳香ないい香りを楽しみたいならやっぱり削りたて」

職人イチオシの鰹節を取り寄せるのはこだわりだ。慌ただしく準備を終え開店5分前 、甘いものを食べていた。

「甘いものを食べて、幸せな気持ちで、穏やかなテンションでかつお節を削りたい」

心を穏やかにするのか。開店前の日課。

「昔、恋人と別れたあとにかつお節を削るとうまく削れなかった。心の状態を保って削ることが大事」

微妙な力加減で、厚さが変わり、香りや食感が落ちてしまう鰹節。いい頃合いの薄さに削れば、豊かな香りと優しい舌触りが生まれるという。幸せな気分で削った鰹節はふんわりと薄く艶やかに仕上がった。

セブンルール2. 3日に1回 髪をかつおブルーに

営業時間は午前8時から鰹節がなくなるまで。箸置きは鰹節。鰹のぬいぐるみにかつおの漫画やカツオの映像を流すカツオシアターまで、店内はまさにカツオ一色。そして両親と暮らす自宅に帰っても部屋の壁には360度カツオが泳いでいた。

「カツオ見てて落ち着くんですよ。一緒に黒潮を泳いでる気分」

そんな彼女が必ず行っていることが3日一度の染髪、彼女がカツオブルーと言う青色に染めるそうだ。

セブンルール3. 営業中はかつおのことをしゃべり続ける

仕入先のカツオ漁師のこと、かつおの生態について語り始めた 。

「鰹のことをもっと知ってもらって食べてもらいたいなということと、自分が単に鰹の話をするのが好きで」

セブンルール4. 年に一度 祖母に削る姿を見てもらう。

福岡県久留米市に永松真依の姿はあった。90歳のおばあちゃんに会いに来たのだ。

鰹節の道に突き進んだのはおばあちゃんがきっかけだった。大学を卒業後企業の受付嬢をしていた彼女、

「仕事に対しては単純にお金をもらうだけの瞬間というか、遊び呆ける日々でしたね。」

見かねた母からある日、福岡の祖母を訪ねてみるよう勧められた。そこで人生が急転した。

「帰った先でおばあちゃんが鰹節を削ってお味噌汁を作ってくれて、その時のおばあちゃんの削る姿がものすごいかっこよくて、女性として本当に素敵だなって思いました。内面から美しいってこういうことかなっていうのがそのときに腑に落ちたというか、素敵だなって思ったんですよ」

半年後、彼女は仕事を辞め、削り器を持って鰹節の生産地を巡る旅に出た。そしてたどり着いたのが、かつお食堂のオープン。30歳の時だった。運命を変えた日から6年。彼女は毎年一度、かつおを削る姿を見てもらうために祖母のもとを訪ねる。

「おばあちゃんみたいになれるように頑張ります」

セブンルール5. 旅先では口を慎む

沖縄県伊良部島にいた。目的はもちろん鰹。休みの日は今も鰹を学ぶ旅へ。ここ佐良浜地区はカツオ漁で栄えた町。店をオープンした今でも足を運び続ける理由は、

「回数を重ねて来れば来るほど毎回新しい勉強であったりとか、発見があったりとかする」

現場に出向き、自分の中の「鰹辞書」を更新するという彼女。この日向かったのは以前から交流のあるかつおの加工工場の友利さん。

「3年前ですかね、とんでもねぇ奴が来たと思いました。」「この鰹節の良いところはここだと、表現して伝えてくれる人がいるとすげぇ嬉しい」と友利さんはいう。と友利さんは語る。

鰹を知るためならどこへでも突っ込んでいく彼女。しかし自分の店では喋り続ける彼女だが、生産者の話を終始聞いていた。

IC レコーダーを手にし、カツオ漁師の家を訪れたときも、漁師たちの中でも、彼女はじっと聴き入っていた。

「そこに行ったら、そこの土地の人とか風習とか文化歴史とかよりやっぱ多くのこと学びたい。そこに自分自身はいらない。」

ICレコーダーに彼女の声はほとんど入っていなかった。

セブンルール6. 現場で感じ 現場で学ぶ

永松麻衣は伊良部島伝統の海神祭に参加した。すると漁師がカツオの切り身を来た人に向かって投げる。これが祭りのメインイベント。永松麻衣は鰹の血にまみれて全身でかつおを感じていた。

「鮮度がいいから全然くさくない」

「私はそのまま勉強が苦手なのもあるんですけど、書いてあることじゃなくってやっぱり自分が大事にしたいなって思う。現場で食べてる人だったり釣ってる人だったり、あるいはその地域だったりををかつお食堂で伝えられるように全身で感じたい。」

さらにこの日、彼女は初めての事に挑んだ。念願の鰹漁を体感する。グルクンの稚魚を餌に伝統の一本釣りが始まった。体験した彼女も9時間に及ぶ漁で船酔いにも襲われた。

「かつお食堂に食べに来てくれるひとは生きてる姿を見れないけど、自分が体感したことを全身であの食堂で伝えていきたいし、みんなにもそれを感じて食べてもらいたい」

漁師にさばき方も教わった彼女は、カツオに出会うまで料理もしたことがなかったと言う。彼女の鰹への愛が全てを変えた。

セブンルール7. 止まらない

店ではノンストップでしゃべり続ける彼女。自宅でも鰹の研究をしていた。

「鰹のエキスが日本の調味料の始まりなんですよ。」ノートにまとめながら鰹の独自に研究を続けていた。

「もうカツオはずっと泳ぎ続けるんで、私もずっと追い続けないと」

永松麻衣は止まらない。ただ遊びに明け暮れていた日々もあったけどそういうことで人生が動き出した。

「生きてる鰹から漁師さんがいて、鰹節職人がいて、鰹節があるという文化や魅力を守っていけたらなと思っています。」

止まると死んでしまう。鰹のように彼女もまた泳ぎ続ける。

「やってて楽しいんで、止まっちゃいけないって思うんじゃんなくて、止まれない、楽しくって」

「かつおと鰹節のために生きたい」

どこまでもまっすぐに彼女は泳ぎ続ける。

 

かつお食堂店主 永松真依のセブンルール

  1. 削る前に甘いものを食べる
  2. 3日に1回 髪をかつおブルーに
  3. 営業中はかつおのことをしゃべり続ける
  4. 年に一度 祖母に削る姿を見てもらう
  5. 旅先では口を慎む
  6. 現場で感じ 現場で学ぶ
  7. 止まらない

 

その他の
【セブンルール】要約文字起こし【7つのルールと仕事・名言】
はこちら

 

【この記事を読んだ方におすすめ】

自分の仕事の作り方のヒントをくれる50の言葉・名言集。【日々更新】

【セブンルール】かき氷喫茶バンパク店主 伏野亜紀 要約文字起こし【7つのルールと仕事・名言】

概要 【セブンルール】かき氷喫茶バンパク店主 伏野亜紀

 

かき氷に注目!今週の主人公は三軒茶屋で、ライブバーを昼間だけ間借り営業しているかき氷店「かき氷喫茶バンパク」の店主・伏野亜紀、34歳。フワフワのおいしさに加え、インスタ映えするかわいい見た目のかき氷で、開店と同時に満席になることもある。
和歌山県で生まれ、スタイリストになりたくて上京。アシスタントからの挫折、再スタートなどを経て、ようやく一人前のスタイリストとして仕事が入り始めた矢先、膝を痛めて仕事を辞めなくてはならなくなってしまった。絶望に打ちひしがれていた彼女が、全く畑違いの「かき氷」を職業とするようになるまでには、どんな経緯があったのか?
メニューには“すもも杏仁みるく”や“チョコミント”など、独創的なラインナップが並ぶ。日々の仕事を追ったVTRからは、「いつ辞めても悔いはない」というほどかき氷に全力を傾けた彼女の、おいしいかき氷をお客に楽しんでもらうための、さまざまなこだわりや工夫が見えてくる。その中にはスタイリスト時代に師匠から学んだことも生かされていた。
スタジオの出演者たちから半ば悲鳴に近い声も聞こえた、伏野の休日の過ごし方とは?そして出演者4人が騒然とした彼女のセブンルールとは?
公式サイト

伏野亜紀 プロフィール

和歌山県出身の34歳。スタイリストになる為に上京したものの、膝を痛めてその夢を断念。その後、小さい頃から「食べまくっていた」というかき氷好きが高じて、かき氷店を開くことを決意。2015年に東京・三軒茶屋でかき氷店「かき氷喫茶バンパク」をオープンさせた。フワフワな氷の触感、丸みを帯びた可愛い見た目に加え、地元・和歌山の旬のフルーツを使ったメニューが大人気となっている。自他共に認める“かき氷マニア”。

かき氷喫茶バンパク店主 伏野亜紀のセブンルール

  1. かき氷は丸く盛りつける
  2. シロップに和歌山産の食材を使う
  3. 借りたときより綺麗にして返す
  4. かき氷を食べるとき ごはんは後回しにする
  5. 毎日1万歩 歩く
  6. 8月はしっかり休む
  7. カウンター席にはお客さんを入れない

 

東京、三軒茶屋にあるかき氷喫茶バンパク。夜はライブバーを営む店のため、営業は昼間だけ。

定番のいちごミルク味はもちろん珍しいチョコミント味やレアチーズ味など、斬新なフレーバーのかき氷は若い女性を中心に人気を集めている。

今や行列ができる人気店となった実は彼女、元々スタイリストをしていた。しかし膝を壊して歩けなくなった。

大好きだった仕事を失った彼女、それでも好きを仕事にすることを諦めなかった

かき氷好きだから、じゃあ次はこれを仕事にしよう。道半ばで夢を絶たれた彼女が真剣勝負で作るかき氷。

セブンルール1. かき氷は丸く盛り付ける

一日の始まり、真っ先に向かったのは家の近くにある氷店氷。

一つずつ確認して氷を買うと足早に店へ。すると氷を冷蔵庫には入れずトレイの上に置いたままにした。

「冷たいままだと食べた時にキーンとなるので、表面が透明になるくらいまで溶かして使います。」

開店準備を行い、1時間後。開店を待ちわびる人が10分前には並び始め、氷が程よく溶ける12時に店がオープン。

注文を受けてからかき氷を作って行く。作り方が彼女ならでは。

ふわふわの氷を軽く手で押さえてはシロップをかける。この作業を3回繰り返すと、かき氷は丸みを帯びた愛らしい形になっていく。

「はじめは、ザクザクした形だったんですけど、作ってからお客さんに運ぶまでの距離があるので、固めておかないと潰れやすかったりしたので、この形がベストかなと思って」

最後にたっぷりシロップをかけ完成。目指すのは美味しくて可愛いかき氷。

「お客さんの前に出した時に丸くて可愛い方が楽しいかなと思って」

和歌山県で生まれ育った。

スタイリストを夢見て上京、服飾の専門学校を卒業しアシスタントとして過酷な日々を数年過ごした後、26歳の時、念願のスタイリストに。

しかしその矢先のことだった。膝を壊し当時は歩けないほど悪化していた。諦めざるをえなかった。

「30過ぎて周りと比べて何もないんだって、もう東京にいなくてもいいかな。」

そんな彼女を癒してくれたのが大好きなかき氷だった。

「それまで行けてなかったかき氷店を巡り、もう思い起こすことがないという気持ちと同時に、それが楽しくなってきて、作る方に興味を持ち始めたんですね。」

セブンルール2. シロップに和歌山産の食材を使う

「間借りでカレー屋をやっておる知り合いがいたんですけど、私も間借りだったらかき氷屋さんできるかもしれないと思って」

その後、知人に間借りできる店を紹介してもらい、2015年に自分のかき氷店をオープン。

今では開店前から行列ができる人気店になった。

見た目の可愛さはもちろん彼女の独創的なメニューが客を魅了する。

爽やかなミントが香るまるでケーキのような濃厚な味わいのはちみつレモン。レアチーズアイス。さらにキウイなど旬のフルーツを使ったかき氷も人気だ。

常時6種類以上のメニューがあるがそのうちの種類には必ずある食材を使うようにしている。

「メニューの和歌山県産の食材を必ず一つ入れてます」

「いつもメニューに和歌山って入れてることによって、ちょっとでも和歌山に興味を持ってもらえて、きっかけになればなと思って」

セブンルール3. 借りたときより綺麗にして返す

閉店時間はもう少し。時間がない中、彼女は店内を隅々まで洗い、床もきっちり拭き、部品まで分解し洗って行く。

「1日サボると、もうどうでもいいやという気持ちになりそうで毎日やってます。」

一番大切なかき氷機はもちろん、昼間は使っていないビールサーバーまで磨く。

「迷惑をかけてると思うので、店を貸してくれていることに感謝の意を込めて綺麗にする」

その心得はスタイリスト時代に培ったもの だ。

「師匠がとても丁寧な人で、借りてきて使わなかった商品もアイロンをかけて、元に戻してて、その姿勢がいいなと思って」

セブンルール4. かき氷を食べるとき ごはんを後回しにする

休日で時間が出来たときは、他店のかき氷を巡る。たこ焼きとかき氷のお店、ラーメンとかき氷のお店。

「食べ始めると悲しくなる。なくなるのがもったいなくて」

「勉強しようかなと思って行っても、食べ始めると、あぁ美味しいってなって勉強することを忘れていて」

かき氷を完食した彼女が最後に注文したのはラーメン。かき氷を食べるときはごはんを後回しにするそうだ。

セブンルール5. 毎日1万歩歩く

16時、この日3杯のかき氷を食べ、休日を満喫した。この日はおよそ1時間かけて歩いて帰った。また別の日も1時間かけて歩いて帰っていた。 聞くと帰ったあとに、歩きに行くこともあるという。目安にしているのは一日1万歩だそうだ。

「一万歩歩くといいよみたいな事を聞いて、そっからそれを目安に歩くようになりました。本当は膝を壊して、そこから病院で足の筋力を落とさないように軽い運動した方がいいよって言われて、歩き始めたんですけど、それきっかけで歩くのが楽しくなってきたので」

歩き続けること、すでに1時間。歩数計を確認してみると今日も目標達成していた。

セブンルール6. 8月はしっかり休む

きょうは店はお休み。まずは砂糖を買いにスーパーへ。

次に向かったのは青果店、この日は岡山県産の桃を購入。

膝の病気のため一度に重い荷物を運べない。そのため数回に分けて買い出しをする。

荷物を運び終わると、ようやくシロップ作りに取り掛かる。

店の休みは週3日ほど、しかし仕込み作業などで出勤していることが多い。

「事務作業してたり、休みの日でもついつい仕事をしてしまう」というそんな彼女には毎年欠かせないルールがある。

昨年8月。店のSNSにアップされていたのは2週間の夏季休業のお知らせ。

和歌山に帰ってのんびりしているそうだ。

「仕事はやりすぎていつもどこかで体に不調が出て、仕事ができなくなる。かき氷ではそうならないように8月は休むことにしてます。」

8月はかき氷店にとって繁忙期、しかし、納得のいく接客やかき氷が作れないというジレンマもある。

「それなら夏は他のお店もやってるんで、うちは休んでもいいかなと」

セブンルール7. カウンター席にはお客さんを入れない

店内を見渡すとなぜかカウンターが全て空席。その理由は、

「かき氷作りは時間との勝負。早く作らなければすぐに溶けてしまう。かき氷は作り直しが効かなくて、ちょっと間違えると一からやり直しになっちゃうんですね。シロップかけちゃうと元には戻せないので、気を緩められない。」

素早さが問われるかき氷作りで、見た目の美しさも追求し一つ一つ丁寧に作っている。

「お金払ってきてくれてるので、全力で応えようって」

彼女のかき氷を求め、多くの客が訪れる。今では満席になることも多い。そんな時かき氷を最高の状態で提供するために決めているルールがある。

店内を見渡すと何故かカウンターが全て空席に。

「カウンターに座って、こちらに話しかけてくれるんですね。お話するのは楽しいんですけど、かき氷作る作業に入っちゃうと、ちょっと話しかけられると何度も失敗しちゃってからは使用しないってことに決めて営業してます。」

売上だけを考えればカウンターは使った方がいい。でも自分の納得のいくいっぱいを食べてもらいたい。だからこそカウンター席に人は入れない。

「申し訳ない気持ちはあるんですけど、納得のいかないものは出したくない。」

夢を叶えた矢先に味わった挫折。それでも好きを仕事にすることを諦めなかったそしてあなたに情熱を注げるものに出会えた。

「かき氷のおかげで、幸せになったかな」

あっという間に溶けてしまうからこそ、その一瞬一瞬をめいっぱい楽しんでもらいたい。食べに来てくれた人の笑顔が彼女を幸せにする。

 

かき氷喫茶バンパク店主 伏野亜紀のセブンルール

  1. かき氷は丸く盛りつける
  2. シロップに和歌山産の食材を使う
  3. 借りたときより綺麗にして返す
  4. かき氷を食べるとき ごはんは後回しにする
  5. 毎日1万歩 歩く
  6. 8月はしっかり休む
  7. カウンター席にはお客さんを入れない

 

その他の
【セブンルール】要約文字起こし【7つのルールと仕事・名言】
はこちら

 

【この記事を読んだ方におすすめ】

自分の仕事の作り方のヒントをくれる50の言葉・名言集。【日々更新】