【心に残るおすすめ本・漫画・映画】

【Kindleおすすめ漫画】ブルーピリオド  好きなことをする努力家最強説

あらすじ 美大受験のスポ根漫画

遊びも勉強も卒なくこなす高校2年生の矢口は、それなりの大学に進学し堅実な企業に就職するだろうと将来に達観していた。しかし、ある日美術の授業の課題制作が褒められ、絵を描くことで人と繋がった気がし、生きていると実感したことから日本唯一の国立美大、東京藝大を目指すことにした。絵を描き始めたばかりの天才でもないただの人が倍率60倍の受験に挑む。

by moai

感想 スポ根の爽快感と美術を愛する人々の世界観に没入できます

一言で説明するなら美術のスポ根漫画と言ってしまうかもしれません。

美術という一見天才肌しかいないような世界のなか、素養もない素人が飛び込んだらどうなるか。

やっぱり努力することでたくましく成長していくその成長っぷりがスポーツ漫画を読んでるような爽快感がありました。

加えて、先の天才が数多くいる世界に対し、天才と凡人の葛藤が美術の世界ならではの描かれ方でスポ根ではありますがスポ根だけではない漫画です。

それは例えば、美術好きな人間の独特なキャラクターが色濃くこの漫画にも描かれ登場人物の個性が際立っています。

矢口が入部した美術部には男性なのに女装しているキャラや一見男性に見える女性?がいたりと、美の世界に多くいる中性的な人物が普通にいる感じも美術の世界を映し出してくれています。

by moai

美術を論理的に解説してくれ審美眼すら養われる

この漫画は読む前と読んだあとで大きな違いは、美術が少し身近になっていることでした。

例えば、美術でよくあるデッサン。

これは対象を忠実に描くことで、形、空間、質感、を把握し観察力と技術力をあげる修練法であることという解説をしてくれます。

また、絵に立体感を見せるための遠近法などの手法の解説や影の作り方で立体的に見せることができる「らしさ」の作り方なども説明されています。

この説明が、美術は感覚だけでなく論理的なアプローチでも上手くなれることがを教えてくれますし、もしかしたら自分もある程度は上手くなれるかもしれない気さえ思わせてくれます。

それと作中に出てくる絵にはそれぞれ上手下手や個性があり、講評するシーンはそれぞれの絵の解説により審美眼が養われていく気さえします。

スポ根漫画に論理的な成長方法が加えられており、幼い頃に読んでいたものよりも確実にタメになるスポ根漫画ではないかと驚きました。

いまこれを読める少年少女の美への伸びしろが勝手に楽しみにもなってくるほど論理的でためになりました。

さて、この作中の絵で面白い試みだなと思った点があります。

それは登場人物が描いた絵は実際に現実に美術に触れている方々が描いており、それを貸してもらい作中に使っている点です。脚注に誰誰と名前が明記されており、あとがきに貸してくれたことへの感謝文が添えられており、別の視点からも絵を楽しむことができます。

今後の天才と凡人の切磋琢磨が楽しみ

一巻から天才がどんどん出てきますが今後もどんな天才が出てくるか楽しみです。

スポ根漫画は主人公の努力からの成長記録が一番の醍醐味ですが、彼を取り巻く周囲の圧倒的な天才と個性の存在もこの漫画には楽しみにしたい一つの見どころです。

作中に出てきた熱い言葉

作中に出てくる人物は天才もいれば凡人もいます。どちらにも言えることはそれぞれ真剣に切実に生きているという点です。

そんなキャラクターが発する言葉はどれも強く刺さってくるので、一部ご紹介します。

美術は文字じゃない言語だから

絵を描いてそれが人に伝わって
初めて人と話せた気がした

才能なんかないよ
絵のこと考えてる時間が他の人より多いだけ

好きなことは趣味でいい
これは大人の発想だと思いますよ
誰に教わったのか知りませんが
頑張れない子は
好きなことがない子でしたよ
好きなことに人生の一番大きなウエイトを置くのって普通のことじゃないでしょうか?

好きなことをする努力家はね
最強なんですよ!

藝大一択
はぁっ
やべぇな
心臓ドクドクいってる
でも今までずっと生きてる
実感が持てなかった
あの青い絵を描くまでは
俺の心臓は

動き出したみたいだ

絵を描くようになって
見えてたはずの景色が今までよりはっきりと見えるようになった
知ってるはずなのに
今まで何も知らなかったような
気さえした

本で読んでも
わからないから面白いんだ
理論は完成の後ろにできる道だ

多分コイツは天才だ
そして俺はやっぱりただの人だ
特別じゃない
天才にはなれない
やった分しか上手くならない
だったら
天才と見分けがつかなくなるまで
やればいい
それだけだ

この次におすすめする本・作品など

音楽のスポ根漫画
「ブルージャイアント」

ブルーつながりではないですが、ブルーピリオドと同じようにスポ根漫画を音楽で表現しかつ、奏でる音が聴こえ知らないうちに胸が高鳴る漫画です。

【おすすめ映画】 ジブリ 夢と狂気の王国  ジブリという才能の怖さが覗ける映画

https://youtu.be/VikVW3NCQyU

あらすじ 風立ちぬの制作期間のジブリを密着

映画「風立ちぬ」の制作期間から完成までのジブリの内側を撮影したドキュメンタリー。宮崎駿やプロデューサー鈴木敏夫などを中心にジブリとは何か、ものづくりとは?それを維持させるビジネスとは何かが垣間見ることができます。

感想 ジブリは夢のような場所であり狂気めいた場所でもある

タイトルでもある通り、ジブリは夢を具現化し作品にする夢のような場所であり、少し言い方に語弊もありますが、その夢に駆られてしまった人々の狂気めいた場所である。というのが鑑賞後の感想でした。

ジブリでは、宮崎駿氏の圧倒的な才能とその才能を具現化してくれるアニメーターという光景が日常です。

しかし、その才能自体は非日常的な存在でもあり、それを日常にしていく過程は感動もあれば辛苦も色々あります。

例えば、

宮崎駿氏は脚本を書かず、絵コンテを作ります。それも製作中にまだ結末は描けておらず、絵コンテを描き続けるのと同時に作品は作られていきます。

結末も一度では決まらず、最後の最後にあの結末に変更されたことが伺え、それは氏の内側にある葛藤や迷いからの決断があったことが見られます。

また絵コンテを全て描き終わると、アニメーターの方々が一気に形にしていく様子を宮崎駿氏が見て「みんな終わらせに言ってるな」と頼もしさと寂しさがないまぜになった言葉を発したことからも非日常が日常になっていくことへの寂しさというか、夢を作っているのに夢が終わっていくような言葉として聞こえました。

もうひとつ。

ものづくりはその作品が売れなければ次の作品を作ることが出来ません。

ビジネスとしての利益は最低条件でもあり、命題です。いかに売るか。

宮崎駿の才能が結晶化されたものを多くの人に届けるという側面をプロデューサーである鈴木敏夫氏が中心に担います。

作品の制作納期の調整やグッズの販売状況、新作グッズの開発。売るという行為により数字を作ることが求められるシーンは組織を続けることの緊張感が伝わってきます。

夢であり続けるジブリ

ジブリと言えば宮崎駿と誰もが声にすると思いますが、ジブリの成り立ちにおいて欠かせない存在はあと2人、プロデューサーの鈴木敏夫氏と高畑勲氏です。

この2人の存在があってこそのいまの宮崎駿でありジブリが出来上がっていきました。

そしてもうひとつ欠かせない存在は、彼らの夢を作品化していくアニメーターの方々です。

映画ではアニメーターの方々が映る時間は少ないかもしれませんが、スタジオの奥に座る宮崎駿氏の席に行くまでに多くのアニメーターが黙々と作品を作っており、彼らの存在なくして作品が形になることはないのだということがひしひしと伝わってきます。

作成時の打ち合わせや、完成後の祝福など、みんなで作品を囲むシーンに多くの方の力で一つの作品が出来ているのだと実感できます。

夢はつまり狂気でもある

夢を具現化することはそれ相応の労力が必要ですし力量が常に試されます。

それは傍目から見れば狂気すら感じさせる光景であり、そんな狂気のさなかにいる人々の辛苦はジブリにももちろんあります。

全クリエイターが抱える矛盾

「風立ちぬ」の題材は、飛行機設計を仕事にする男の空への憧れと戦争の時代に飛行機を作ることの「矛盾」が描かれています。

自分の大好きなものが人を殺める存在でもある。

ただ良いものを作りたい気持ちと、それを作ることは誰かを傷つけることが共存しているその「矛盾性」に作り手は苦しめられます。

宮崎駿氏はこの「矛盾」は、その時代の主人公だけが抱える「矛盾」ではなく、全クリエイターが抱える「矛盾」だとも劇中に語っています。

自身も飛行機が好きで、いくつも作品として描いてきたアニメ自身にも誰かを傷つける可能性を含んでいる矛盾があると。

ブラックなユーモアを効かせる彼の言葉を借りるなら

「アニメーターは呪われている」

と夢を描いた瞬間に狂気の呪縛から解かれることはないと語りながらも作品を作り1日の終わりを迎えます。東京は武蔵野に広がる夕焼けを見ながら、そんな一日を終えていく彼の後ろ姿に、偉大な作り手としての憧れと同時に才能という狂気を抱えた寂しさが映っていた気がしました。

宮崎駿の世界を作る人々

宮崎駿の夢は多くの方を引き寄せますが、同時に去っていく人もいます。

「求められるレベルの高さに身も心も疲弊してい夢の場所から去ることを選ぶ人もいる」

とアニメーターのスタッフさんが話しているシーンはジブリにも日常はあるのだと感じさせます。

息子 宮崎吾朗について

宮崎駿氏には同じように監督として「ゲド戦記や」「コクリコ坂」を作った息子の宮崎吾朗氏がいます。

彼の制作の様子も撮影されており、ある打ち合わせのシーンに制作が難航している様子が伺えます。

吾朗氏の語り口はある意味ジブリの狂気の一端を思わせる部分として個人的には見ていました。

その様子は、少し目も潤んでおり、心内にある想いを言葉にしているようでもありますが、「個人」として言葉にできない葛藤を精一杯なんとか「仕事人」として語っているように見え、これ以上誰かがひとつ不用意な発言をしたら全てが崩れそうな緊張感すらありました。

そんな張り詰めた空気のなか、最後に担当プロデューサーと吾朗氏の話し合いを見かねた鈴木敏夫氏が

「悪いのは全部おれだ」

と責任を全て請け負う言葉には、

その場をしのぐでも本心を取り繕うでもなく、過去から現在までのジブリの狂気に対する言葉とも取れました。

恐ろしいほどの才能をビジネスにして経済活動をまわすことの異常さを鈴木敏夫氏は自覚しつつ、それでもまた明日という日常を迎える。これはこれで狂気だよなと感じました。

 

監督 砂田麻美について

これを映画にした監督の砂田麻美氏しいてはそれを許可したジブリも含め、モノづくりに対する真摯な姿勢やある種の畏敬のようなものがあってこそ、ここまで映すことができたのかなと思いました。

砂田麻美氏は過去の作品に「エンディングノート」という実父の最期の時間を切り取った映画があります。

人間が真剣に生きている姿は映画そのものだなと思わせる力量と被写体のありのままを映す視線が当作品同様、監督の特徴です。

次の映画・作品など

【砂田麻美監督作品】
「エンディングノート」 実父の最期の時間を切り取った映画