【心に残るおすすめ本・漫画・映画】

【おすすめ映画】 サイタマノラッパー 大概の人のリアルな負け方。それは大切なことを教えてくれる。

 

あらすじ 冴えないラッパーの冴えない日常

埼玉のラップグループ「ショウグン」のイックとトムとマイティは初ライブに向けて活動中、メンバーのひとりからライブが決まったと報告を受けたのは役所主催の「若者の声を聞こう」という会だった。。

当日集まったのはこの3人だけのなか、冷めた目で見る役所の方々に向けて渾身のライムを披露。

仕事もロクにしていない彼らの中途半端な活動に、現実の厳しさをこれでもか突きつける社会。

それでもラップへの気持ちを胸にラップを続けていく。

【予告編はこちら】

【 アマゾンビデオはこちら】

感想 負けっぷりが共感できるリアリティ

イックは太めのラッパー。

高校時代の同級生に偶然出会い、お前がラッパー?ウケるなんて言われるような冴えない高校時代を過ごした彼のラッパー姿は画面上からもカッコよくは見えない。

昼過ぎまで寝て、何をするでもなく、ラップを口ずさみながら街に出る。

何をするでもなく、コンビニの駐車場でおでんを食べている。

すると電話が鳴り、おでんを置いて話し込む。そこにガラの悪いグループの車が駐車場に、おでんを踏みつけてしまう。

イックは悪絡みされて、ボコボコにされる。

そんな一連をイックは武勇伝のようにトムに話す。

トムは歩道橋から下を走るトラックにエアガンを打って楽しむような奴。

少し痛い彼らもラップが大好きでいつか自分のグループでデビューする日を夢見る。

けれど、他のメンバーは彼らがグループにいることはネタだと言い置いて、東京に上京してしまう。

後輩のマイティは彼らを慕うも、他のメンバーの方が可能性があると、一緒に上京する。

残された2人、イックは居酒屋でバイトを始める。

トムはガードマンの仕事を始める。

残された2人はもうラップは諦めたのか。

偶然イックのバイト先の居酒屋で、トムが会社の人達と来店する。まだ諦めてねぇぞ、とイックは突然フリースタイルをイックにぶつける。

 

あらすじをほぼ書いてしまいましたが、どうしようもない冴えなさっぷりと痛さが共感出来てなかなか直視できませんでした。

負けに負ける彼らの姿が、自分にも同じように負けた経験と重なるからです。

ただ最後に見せられたフリースタイルラップは、それまでの負けっぷりの全てがラップに込められて直視せざるえないシーンでした。

物語の始めこそファッションのように軽く薄かった彼らのラップ。

ラストに掛け合うフリースタイルラップには、彼らのパッションが聴こえ胸に刺さってきます。

彼らの負けはラップとして表現され、負けていれば負けているほど、これまでの様々なシーンを思い浮かべ、さらに刺さってきます。

これまでの負けっぷりは全てこの最後のシーンのフリでもあったのかのように思え、作品や表現は背景を知っていれば知っているほど深く刺さるものだなと思いました。

人生のうち負けることは多くあり、いかに負けるか。負けた後にどう起き上がるか。それを痛々しくも教えてくれる作品でした。

どんな人におすすめか

冴えない人
痛い人
負けっぷりに自信がある人
そんな人達を寒い痛いと一言で片付けてしまう人

次はこの作品はどうでしょう

【キッズ・リターン】
北野武監督作品

若者2人のそれぞれの挑戦。不甲斐なく情けなくどうしようもない負けっぷり。それでも「まだ始まってねぇ」とうそぶく背中がなぜか勇気を湧かせてくれます。

【MROHA】
ラップとギターの二人組。ポエトリー・リーディングとヒップホップの語り口がアルペジオのギターと重なるシンプルだけでも言葉が刺さる表現。歌詞はおそらく自身の胸の内。自身の不甲斐なさと周りへの感謝が溢れる音楽。

【おすすめ短編 映画 】セロ弾きのゴーシュ 宮沢賢治原作 高畑勲監督

あらすじ チェロ弾き青年が音楽家になっていく

楽団でチェロを弾くゴーシュ。技術やリズム、自信のなさからダメ出しを受ける日々。悔しさと怒りを抱え家で練習していると、猫がやってきた。不躾にあの曲を弾けと言われ、ゴーシュは猫が嫌がりそうな不協和音満載の曲を弾く。次の日はカッコーがやってきて、次の日狸が、また次の日はネズミが弾いてくれとやってきた。

感想 真夜中に動物達がやってくるシーンがワクワクします

ジブリと言えば宮崎駿ともう1人、高畑勲です。彼の代表作は多数あり、いくつか観ていましたが、この作品は宮沢賢治の原作が映画化され、しかも高畑勲が監督であり、TSUTAYAのジブリの棚で妙に光って見えたので借りました。

冒頭ゴーシュが楽長にダメ出しされるシーンから静かに少し暗いトーンで始まります。

このまま続いたら見てられるかなとほんの少し心配しましたが、真夜中に猫がやってくるシーンから物語が加速していくというのか、音楽でいう転調していく感じがして次々と、動物がきてゴーシュの表情や音楽が変化していく過程が楽しく見られました。

動物達が教えてくれた音楽

ゴーシュが動物達の無茶振りに応える音楽はゴーシュをより音楽家にします。

猫からは自分が想う素直な感情を表現すること、
カッコーからは一音一音単調であれ弾き続けること、
狸には自分が持つリズムの特徴を、
鼠には音を響かせることを

動物たちそれぞれと交わした音楽が、最後のシーンである、楽団の演奏会でゴーシュの音楽は一つになり結実します。

楽団の演奏会は成功を収め、鳴り止まないアンコールの歓声に楽長はゴーシュをソロで弾かせることにします。

ゴーシュは以前ダメ出しを受けた延長の嫌がらせかと腹を立てながら、

「いっそこの会を壊してやる」という怒りの想いを、

あの猫に弾いた楽曲とともに観客にぶつけます。

ゴーシュの弾く音楽はゴーシュの内面に溢れ出る怒りが音になり、喚き叫び悲鳴をあげるように鳴り響きます。

演奏が終わり、静まる観客を目の前にし、素に戻るゴーシュ。

その沈黙をかき消すように、観客の拍手喝采が会場に広がります。

楽長はじめ楽団のみんなが褒め称えるなか、ゴーシュは自分が以前よりも音楽を奏でられていることに気づきます。

真夜中に訪れてきあの動物達に、感謝にも似た感情を最後に物語は締めくくられます。

音楽は技術だけではない「何か」がより一層音楽を音楽にする不思議なものであること。

それを言葉にするでもなく、全身で奏でることで身につけていく。

この物語は、時間を芸術にしていく「音楽」を愛した青年が音楽家になっていく過程という「時間」が芸術に昇華された物語です。

カッコーが言った言葉が印象的

最後に、カッコーが言った言葉が印象的でしたので紹介します。

カッコーと鳴き続ける彼らにも音楽があり、いかに鳴き続けるかが大切だそうで、カッコーという単調のメロディを弾くことをすぐやめてしまうゴーシュに対し、

なぜやめたんですか。
意気地のないやつでも喉から血が出るまで鳴き続ける。
なぜやめたんですか。

カッコーと鳴くだけだろと軽んじるゴーシュを、真っ直ぐな目でこう返すカッコー。

ゴーシュの足りない何かに気付かせる言葉に聞こえました。

物語の最後、ゴーシュと、彼の歩く頭上の空を次の場所へ飛んでいくカッコーの姿が重なるシーンと合わせて印象的でした。

こんな人におすすめ

音楽を愛するひと
動物を愛するひと(特にたぬき)
自分の大好きなことに自信が少し持てない人
自分の大好きなことに対し、続けることをためらっている人

次はこの作品はどうでしょう

【平成狸合戦ぽんぽこ】

セロ弾きのゴーシュに出てくる狸がとても可愛く、高畑勲さんが描く狸の魅力を存分に楽しめるぽんぽこは、すでに見ている方も多くいるでしょうがおすすめです。